« 犬の十戒 | トップページ | ウェンディとティンカー・ベル(2) »

2001.05.18

ウェンディとティンカー・ベル(1)

 ピーターパン人間に惹かれる女性には、二つのタイプがある。

 一つは男たちの面倒を見るのが上手で、すぐに過保護の母親の役割を担ってしまうウェンディ・タイプ。

 もう一つは特定の男性と、お互いが協力しあって生き生きとした成長を遂げたいと願うティンカー・ベルタイプ。

 ウェンディ・タイプは、もともと自分に自信がないので、ピーターパン人間に頼られると心が満たされる。自分がしっかりした人間になったような錯覚に陥る。
 問題が起こっても、いづれ直るだろうと、自分に言い聞かせる。
 仲良くやっていけば、自分の愛の力で、きっと彼も幸せになると思い込んでいる。もちろん、それは夢に過ぎないのだが。

 ティンカー・ベル・タイプは、ピーターパン人間の未熟さに気づくが、その向こう見ずな態度に惹かれている。
 彼女もまた、彼が少年くさい振る舞いから、もっと大人になるだろうと期待してはいるが、いよいよ見込みがないと分かるとサッサと別れてしまう。
 しかし、終わりにしたあとで自分にガッカリして、幻滅と悲哀を味わう。

              『ピーターパンシンドローム』ダン・カイリー著

|

« 犬の十戒 | トップページ | ウェンディとティンカー・ベル(2) »

言の葉・好きな言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/8091101

この記事へのトラックバック一覧です: ウェンディとティンカー・ベル(1):

« 犬の十戒 | トップページ | ウェンディとティンカー・ベル(2) »