« 2001年5月 | トップページ | 2001年7月 »

2001.06.13

一生、ちっちゃいところでいばってれば?


オレさま・ワタシさまの法則として、自分の都合の悪いことは、全部人のせいなんだよね。
いいかげんにしろよって。
   ・
   ・
精神的にはまったく育ってない。
すべてを傷つきやすい自分がかわいそうだ、とかばって生きてきたんだと思う。
自分は不幸だ、とね。
でも、決してそうは言わない。見栄があるからねえ。
ストレートに傷ついた、つらかった、って言える人間は強くなれるけど、隠して見栄はって、何とかごまかして生きてるヤツは決して強くはなれない。

オレさま・ワタシさまってやつは、どんなにごまかしても自分勝手な部分が出て、人に「???」って思われてしまって、結局避けられるようになるんだわ。
で、自分を認めてくれる人間を探してそいつにすがる。
あたし達って仲良しよね、みたいにさ。誰にでもすぐにオレ達親友だよな、を連発したりさ。それは男女問わずにね。
小さなところでいばってればいいよ。
一生ね。
つまんねー人生。

             『オレさま・ワタシさまってやつは。』藤臣柊子+青柳和枝著
                               (サンマーク出版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一生、ちっちゃいところでいばっていれば?(1)

分析するとオレさま、ワタシさまってすごくわかりやすい。
つまり「自分を大切にしてくれる存在が欲しい」とか思ってるんだが、実のところは「自分が自由に使える人間が欲しいだけ」なんだよな。

見栄っぱり。それはかまわん。好きにいればいいと思う。そのうち誰にも相手にしてもらえなくなるだけだ。
だけど他人を、自分の手下のように使うことでしか満足が得られないって、どういうことなんだろう。

よほど幼少の頃とか、若い頃に思い通りに行かない出来事が山ほどあったんだろうなあ。
・・・って、普通はそんなん当たり前なんだよ。
それをくやしい! とか落ち込んだ! とかいろんな感情を経てクリアしつつ人間成長するもんじゃないんだろうか。
・・・と、この人たちに言ってもまったくムダだけどな。

             『オレさま・ワタシさまってやつは。』藤臣柊子+青柳和枝著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001.06.12

大事な時間

 僕は、サッカーでも、人生でも、これから起こる現実をきちんと見つめてい
 きたい。

 現実を見つめる勇気がなくなったら、その時はサッカーやめますよ。

             『まるごと中田英寿』全日本サッカー記者連・著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2001年5月 | トップページ | 2001年7月 »