« グレープフルーツ・ジュース(4) | トップページ | 障害者は・・ »

2001.11.18

ピンチはチャンス

  ぼくが、卒業生に贈る言葉を「ピンチ」は「チャンスなのだ」と書いたのは、ぼく自身の今までの
  経験から生まれた言葉だから。

  「だめだ」と思うときこそ人は、変われる。
  そんなことを伝えたかった。

  (中略)

  ぼくは、卒業生に書いた言葉と同じ意味で、一年を終了する生徒たちに、「障害」を「Challenged」
  と表現されることがあることについて話した。

  どんな不利な状況も、受け入れて前向きに生きていく運命に挑戦するのだ。
  このチャレンジ精神こそ、人生にとって最も大切なことなのだということを話した。

                             『夢 追いかけて』河合純一著
  

|

« グレープフルーツ・ジュース(4) | トップページ | 障害者は・・ »

言の葉・好きな言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/8091141

この記事へのトラックバック一覧です: ピンチはチャンス:

« グレープフルーツ・ジュース(4) | トップページ | 障害者は・・ »