« 2002年1月 | トップページ | 2002年4月 »

2002.02.22

映画『バガー・ヴァンスの伝説』より


     人は誰でも、どこかに自分のスイングを持っている。

     持って生まれたもので 

     教えたり、学んだり出来ないスイングだ。

     大切にしないと それは体のどこかに埋もれ、見失ってしまう。

     あとに残るのは、後悔だけ。

     スイングの形さえ忘れる。

     打ち続けろ 球の行方はどうでもいい

     感じをつかめ 目を閉じて

     球は自分から入る

     クラブの感じと重さを つかめ

     球をそっとホールに落とす

     夜の音を聞きながらスイングを

     人は誰でも、どこかに 唯一のスイングを持っている

     宇宙の一部になるまで打ち続けろ

     持って生まれたものだ

     スイングを自分の体の一部にするんだ
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『カンダハール』より

    (イランのアフガン難民キャンプで、アフガニスタン帰還を目前とした少女たちに授業が
     行われている。少女たちへ、先生の言葉・・・) 

     皆さんよく聞いて。明日はアフガンに帰ります。

     アフガンに帰ったら、家からは出られません。

     でも希望は捨てないで。

     たとえ塀が高くても、空はもっと高い。

     いつか世界の人々が助けてくれるでしょう。

     もし、助けてくれなかったら、自分でなんとかするんです。

     そして家が窮屈に思えたら、そっと目を閉じて、虫のアリになってみなさい。

     家が大きく思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年1月 | トップページ | 2002年4月 »