« 映画『カンダハール』より | トップページ | 今朝、目が覚めたとき »

2002.02.22

映画『バガー・ヴァンスの伝説』より


     人は誰でも、どこかに自分のスイングを持っている。

     持って生まれたもので 

     教えたり、学んだり出来ないスイングだ。

     大切にしないと それは体のどこかに埋もれ、見失ってしまう。

     あとに残るのは、後悔だけ。

     スイングの形さえ忘れる。

     打ち続けろ 球の行方はどうでもいい

     感じをつかめ 目を閉じて

     球は自分から入る

     クラブの感じと重さを つかめ

     球をそっとホールに落とす

     夜の音を聞きながらスイングを

     人は誰でも、どこかに 唯一のスイングを持っている

     宇宙の一部になるまで打ち続けろ

     持って生まれたものだ

     スイングを自分の体の一部にするんだ
     

|

« 映画『カンダハール』より | トップページ | 今朝、目が覚めたとき »

言の葉・好きな言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/8091164

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『バガー・ヴァンスの伝説』より:

« 映画『カンダハール』より | トップページ | 今朝、目が覚めたとき »