« 2002年4月 | トップページ | 2003年6月 »

2003.05.31

 

  「命」宮越由貴奈(小学四年)

   命はとても大切だ
   人間が生きるための電池みたいだ
   でも電池はいつか切れる
   命もいつかはなくなる
   電池はすぐにとりかえられるけど
   命はそう簡単にはとりかえられない
   何年も何年も月日がたってやっと
   神様から与えられるものだ
   命がないと人間は生きられない
   でも「命なんかいらない。」と言って
   命をむだにする人もいる
   まだたくさん命がつかえるのに
   そんな人を見ると悲しくなる
   命は休むことなく働いているのに
   だから、私は命が疲れたと言うまで
   せいいっぱい生きよう

           詩集「電池が切れるまで」すずらんの会編 角川書店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.05.26

人生も・・・・

  人生も、ファッジ・スフレのように崩れることがある。

  すべての材料・・・・融かした良質のチョコレート、泡立てた卵白、それに砂糖と
  バニラエッセンス少々・・・・をうまくまとめ上げたと思ったのも束の間、グシャリ。

  しくじるにはそれなりの理由がある、と夫は言う。
  そりゃあトムならそう言うでしょう。警官だもの。

        『クッキング・ママの真犯人』ダイアン・デヴィドソン著 加藤洋子訳 集英社文庫



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年4月 | トップページ | 2003年6月 »