« 2003年9月 | トップページ | 2003年11月 »

2003.10.18

生きるとは


   生きるとはーみずからの中に巣くう暗き力と戦うこと。

   詩作するとはーおのれみずからの上に審をくだすこと。

                   イプセン(山室静訳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.16

<近松門左衛門・浄瑠璃作りの秘訣

  「虚実皮膜論」

   「芸といふものは実と虚との皮膜の間にあるもの也」

   有名な「虚実皮膜論」(普通は「きょじつひまくろん」と読むが、原本には
   「きょじつひにくろん」と振り仮名があるという)の文句です。

   芸は、実際に似せて演じるが、同時に美化する。
   ある御所方の女房が、恋人と寸分違わぬ姿をした木像を作り、彩色させたところ、
   あまりに似すぎて、かえって興ざめ、恋もさめてしまったそうだ。
   実際すぎても、いけない。

   「虚(うそ)にして虚にあらず、実にして実にあらず、この間に慰(なぐさみ)
   が有るもの也」


   虚と実との微妙な境目にこそ、芸の面白さがあり、観客は魅了されるものである。

   浄瑠璃の文章も、その心得を忘れてはならない。

         http://homepage2.nifty.com/hay/hiketu.html より

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2003年9月 | トップページ | 2003年11月 »