« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004.04.29

対チェコ代表 1:0

久保のゴールを守りきり、勝利。よかった!

といっても、今回は見てないんだけどね。
事前のニュースでは中田ヒデが「グロインペイン」で欠場とのこと。

グロインペイン症候群・・サッカー選手ならではの「職業病」。骨盤関節周囲の
過負荷による痛み。慢性的に負担がかかるとなるとのこと。
ヒデはここ数カ月の超人的スケジュールで内転筋炎、そけい部痛を併発してい
たらしい。
5月末からのイングランド遠征、6月のインド戦も欠場、セリエAの残り試合も
欠場の可能性が高いとか。

かつては中山雅史が1年を棒に振ったというグロインペイン症候群。
休めば治るそうなんで、今はとにかくゆっくりと静養して欲しい。
先は長いんだから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.27

『ザ・シェフ スペシャル』

theshef2.jpg『廉価版ザ・シェフスペシャル~思いやりの味編』

 飲み仲間だったり、サッカー観戦仲間だったりの
 剣名舞さん作の『ザ・シェフ』。

 傑作集第3弾がただいま、コンビニで発売中!
 定価380円です。ぜひ読んでみてね~!

 コンビニに行ったついでに買ってきました。
 3話目の「ぬくもり」の“おにぎり”の話には、ちょっとギクッと
 しました。

 そうか、ほんのちょっとしたことで、おにぎりの味もそんなに
 違ってしまうのか・・・

 今度からは気をつけて作ろうっと(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

注意信号だ

昨夜はまたひどい眼精疲労。
目を開けていると(光を感じると)、頭がズキズキ痛む。

アイマスクをして光を遮り、頭と目を冷やして、ひたすら痛みが過ぎて
くれるのを待つしかない。
結局、昨夜は仕事が出来ず、今朝もまだ目と頭の痛みが続いている。

ここ数日間ほとんど外に出てなくて、パソコンの前にいるかテレビ
の前にいるかどっちか・・・
「これ以上酷使せんといてくれっ!」っていう注意信号なんだろうね。

よしっ、今朝はラブ&セントを連れて外の風に当たりに、お散歩に行こう・・・
と思ったら雨だ・・・

とにかく、長時間パソコンの前で仕事する人、遊ぶ人、適度な休憩
をお忘れなく。
眼精疲労は、ホント、辛いよぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.26

マドンナの絵本

注文していたマドンナの絵本が届きました。
歌手であり女優のあのマドンナによる子供たちのための5冊のうちの2冊です。

madonna1.jpg『イングリッシュ ローズィズ』
 作:マドンナ 絵:ジェフリー・フルビマーリ
 訳:江國香織,

 4人と1人の女の子の物語。自分と違うもの、
 自分より優れていると思うものを妬み、仲間
 はずれにしてしまう女の子たち。そこに太っちょ
 の妖精が現れて・・・。

 相手の立場に立ってみてごらん・・・今の自分を
 好きになろうよ、とマドンナが優しく教えてくれます。

 
 


madonna2.jpg 『ピーボディ先生のりんご』
 作:マドンナ 絵:ローレン・ロング
 訳:村山由佳,

 大好きなピーボディ先生にとんでもない噂が。
 噂を広めてしまった少年に先生は言います。
 
 「どう見えたか、というのはどうでもいいことなんだよ。
  大切なのは、ほんとうはどうか、なんだ」

 見た目だけで判断してしまうこと、そして、噂の怖さ・・・
 2冊とも身近に良くある話を、短いながらも、子供たちに話しかけるように語っています。

 特に、『ピーボディ先生のりんご』の・・・

 「それと、よーく覚えておくんだね。自分の口から出る言葉に宿る、
  ものすごく大きな力のことをね」

 書くことも含めて(ネットでも)、自分の言葉には責任を持たなくては・・・
 当たり前のことだけど、改めて、考えてしまいました。

 2冊とも絵もすばらしくて、“宝物”になりそうな絵本です。

 (発売 集英社 定価 1995円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.25

あとひと頑張り!

昼帯、最後の担当週(といっても、担当は2週分ですが)にとりかかってま~す。
ここ1週間は缶詰っす。

そんな中、昨夜、女子サッカーを見はじめたら、ついついで最後まで見てしまった。
「勝つ」「勝ちたい」という強い意志が見えた試合だった。
久々に、スカッとした勝利を見たようで、こっちまで元気をもらった。

続いて放送されたU―23日本代表とギリシャ選抜との対戦。
この試合は公開じゃなかったのかしらん。
客席に人影がなかった・・・
ただ、どこからか応援の音楽が聞こえていたような・・・

女子の試合が行われた国立競技場の応援席との落差に、あらら。
サポーターがいるといないとじゃ選手の士気も違うんだろうな、当然。

2点先取まで見て仕事に戻ったけど、2―1で勝ったとのこと。
良かった良かった!

スポーツって、見ている人に元気とファイティングスピリッツを喚起してくれるよね。
うしっ、私もガンバラにゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.24

引越し完了!

お引越しが完了しました。

画像などがきれいに収まっていませんが、そこらへんは大目に
見てくださいね。

また、以前は黒が背景のため、カラー設定で「黄色」の字などは
かなり読みにくくなっています。

仕事が一段落したら、手を入れようと思ってますので。(いつになる
やら・苦笑)

新 「See-Saw日記」と「しだらでん」 よろしくお願いします(^^♪
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.22

無神経なのはどっち?

ゆっくり書く時間が取れないので、中途半端に書くのはやめようと
思いつつ、ちょっと一言。

昨日ね、テレビのニュースでサマワから一時帰国した陸自の佐藤隊長が、
石破さんにサマワのことを報告しているシーンを見たのね。

佐藤さんはね、「復興支援活動を継続する環境は維持されており」
そして「・・・楽しくやってます・・・」と言った。

「楽しく」って・・・今のイラクの現状を見たなら、これほどふさわしくない
言葉はないと思うんだけど。

サマワの自衛隊もいろんな意味で気の毒な存在だとは思うし、佐藤さんが
嫌いなわけじゃないけど、でも、佐藤さん、石破さんに媚びてそんな
不適当な言葉使っちゃいけないよぉ。

私はね、開放された直後の高遠さんが「またイラクに戻りたい。イラク人
を嫌いになれない」と言った言葉、その気持ちはとてもよく分かった。

私自身かつて毎日子供たちと接する仕事をしていて、いろんな辛い
ことがあっても、子供たちと接することで励まされてきたし、子供たち
の笑顔って打算抜きに、本当にこの笑顔のためならガンバッちゃうって
思わせる力があるんだよね。

だから、高遠さんの言葉を「また落ち着いたらイラクに戻りたい」と
言うふうに受け止めていた。

ところが、自己責任論で元人質たちを責める人たちは「イラクに戻りたい」
という言葉を「自覚がない」と責めている。
えっ、高遠さんは今すぐ、このまま残るなんていってないのに・・・と
唖然としながら成り行きを眺めていた。

自衛隊派遣(政府方針)に反対する人の言葉だからと勝手に解釈して
責め立てるなんて、この国の政治家はおかしいよ。

だったら、佐藤隊長の「楽しくやってる」という不適切な言葉、
ちゃんと問題にしてよね(怒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.21

眠眠打破

VX0sh0088.jpg今日の仕事の味方

| | コメント (2) | トラックバック (0)

W杯インド戦 予約受付開始!

ほぼ、1日おきに締め切りというかなりハードなスケジュールが続いて
おりまする。

そんな中でも気になっていたのがW杯アジア地区予選 対インド代表戦。
やっとチケット販売方法が発表された。
     ↓
財団法人日本サッカー協会(JFA) 

むむ、先行予約(登録抽選制)はファミリーマートだと?!
前回はローソンだったんで、わざわざローソンのカード会員(有料)に
なって、この日を待っていたのに・・・(涙)

つうことは、JFAの先行予約は大手コンビニの持ち回りってこと???

まあそんなこんなで、とりあえず先行予約しました。
抽選に外れたら、5月1日からの一般予約にトライ(これも抽選)。
それも外れたら、テレビ観戦ということで・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.18

「ファルージャの目撃者より:どうか、読んで下さい」

・・・私からも、どうか、読んでみてください。

「ファルージャの目撃者より:どうか、読んで下さい」
http://www.onweb.to/palestine/siryo/jo-fallujah.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Iraq Body Count・・ただの数字ですが・・

米国防総省が13日、発表したところによると、昨年3月20日の開戦
以来の米兵の死者数は計678人だそうです。

それに対してイラク人(民間人を含む)の戦死者数は下記をご覧ください。

「イラク・ボディ・カウント」(Iraq Body Count)

「イラク・ボディ・カウント」はイラクにおける戦争犠牲者を記録し戦争の悲惨さを世界に
発信している英の市民団体です。
4月に入ってのファルージャでの死者数が入っていません。MinとMaxの
数字に約600を足してください。

なんのための占領か?
自衛隊に帰って欲しいと、あのような形でしか世界に発信できない
彼らの今の状況がこの数字から見えてきませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己責任・・・

人質になっていた3人に続き2人も解放・・・
無事な姿で戻って来れて本当に本当によかった。

仕事で時間に追われている間に「自己責任論争」がかなり飛び交っていたよう。

幾つかの意見を読んで、こんな会話を思った。

父 親「危険だからイラクへ行くのはやめなさい」
子 供「行きます! 自分の目で見、感じたことを人々に伝えたい。
    それに、私を必要としている人々がいるから」
父 親「感情だけで世界を動かせるほど、世の中、甘くないんだ。
    わしゃ絶対に、許さん!」
子 供「お父さんがいくらダメといっても、私はもう大人、自分の
    生き方は自分で決めますから」
父 親「自分のことだけ考えるんじゃないよ。お父さんはね会社
   (日本国株式会社)のことを考えて、お前が行くことに反対
    してるんだ。お前もちょっとはお父さんの立場も考えなさい!」
子 供「会社会社って言うけど、お父さんは本社(米国)の顔色
    ばかり見て、ちっとも社員のことは考えてないじゃない。
    結局、自分の立場が大事なんでしょう」
父 親「本社に気に入られるために、これまでお父さんがどんな
    苦労をしてきたと思う。反対派を押し切り、本社や系列
    会社などあっちこっちに根回しして、やっとイラクに支店
    を出したんだよ」
子 供「イラクに支店を出しても、それがイラクの人々のために
    なっているのかどうか、そこをちゃんと確かめてきたいの」
父 親「余計なことをするな! お前はお父さんの顔に泥を塗り
    たいのか!」
子 供「結局、お父さんは自分の立場だけが大切なんだ。私の命が
    どうなったってかまわない、イラクの人の命がどうなった
    ってかまわない、本社に気に入られるかどうかしかないんだ、
    お父さんの頭の中は」
父 親「お前は何にもわかっとらん! 本社の機嫌を損ねたら
    どうなる、石油はどうなる!」
子 供「今まで、どこの国よりお父さんの会社は経済的にイラクを
    支援してきたじゃない。イラクの人たちはだから日本を
    友人と思ってくれている。もっと自分にプライド持ちなさいよ!」
父 親「うるさい、わしゃ社長じゃ! わしの反対を押し切って
    勝手に行くならいけ! しかし、何があっても自己責任だからな。
    会社はタッチせんからな」

でも実際、子供は人質になってしまいました。
父親ははらわたが煮えくり返るような気持ちです。

父 親「わしの計画を・・・わしの人生をぶち壊すつもりかっ!」

父親のモノローグ「自己責任なんだから、死のうが生きようが勝手
にすりゃいいんだ。それが本音なんだが、本音は死んでも口に出し
ちゃいかん。まっ、これで本社も「日本株式会社」の人間も危険な目に
遭ってるというアピールにもなるか。そうだ、何事もプラス思考で
考えないとな」

ん、ここまで書いたら言いすぎ?
ついつい筆が走ってしまって・・・(苦笑)

ちなみに、今回の「自己責任」に関する外国からの反応。

★アメリカ国務長官パウエル氏
「誰も危険を冒さなければ、私たちは前進しない。より良い目的のため
危険を冒した日本人がいたことを私はうれしく思う」
(たまりさんところから引用させていただきました)

★仏紙ルモンド・フィリップ・ポンス東京支局長の論評
「事件は、外国まで人助けに行こうという世代が日本に育っていること
 を世界に示した」
 「日本、人道主義の勢い」と題した長文記事は「軽率で無邪気すぎ
るかもしれないが、ネクタイ・スーツ姿と夜遊びギャルの間に、激変する
社会に積極的にかかわろうとする者がいることだけは分かった。
彼らは自分なりに世界を変えたいと考えている」と、元人質の行動に理解を示す。

また「親の世代のように企業社会に服従することを拒み、新たな感受性
を見つけた若者たち」を束ねる「10万の非政府組織(NGO)」の
活動にも注目。「阪神大震災以降、人道・奉仕活動に身を投じる子供
たちが増えている。日本人の人質たちは一つの象徴だ」と結論づけている。
                (04/17 11:09)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.04.16

かなりハードな日々

半日遅れで、昼過ぎに5本分の直しUP。

送信してから、とりあえず横になる。
昨日は完全徹夜。
書きながら意識が遠のきウツラウツラ・・・ハッと目が覚め、眠気を何とか
吹っ飛ばす・・・ガムを噛む、冷たい飲み物を、ベランダで冷たい風に当たる
・・・などなどで。
撮影が始まってしまっている状態では、時間的猶予がないため、締め切り
厳守なのです。

短い眠りの中で、なぜか仮屋崎省吾が夢に出てきた。なぜに、仮屋崎省吾が?
アハハ、シナリオの中で彼の名前をもじって、「華道家・金ケ崎修吾」って
のを使わせてもらったんだよね。そのせい?

2時間ほど仮眠して、車で砧のスタジオへ。
昨年後半出していた2Hの企画がOKになったとのことで、スケジュールの
打ち合わせに。
こちらのほうも、それほど時間的ゆとりがない。
今の仕事が終わり次第、即2Hに取り掛かることに。

帰りに食料とラブセンのおやつを買い込んで、9時前に帰宅。
とりあえず、本日は爆睡・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.15

首相官邸よりメール

先に送ったメールに対して、首相官邸より返信メールが来ました。

以下転載。

小泉総理大臣あてにメールをお送りいただきありがとうございました。
いただいたご意見等は、今後の政策立案や執務上の参考とさせていただきます。
 皆様から非常にたくさんのメールをいただいておりますが、内閣官房の職員が
ご意見等を整理し、総理大臣に報告します。あわせて外務省、外務省、
内閣官房安全保障危機管理担当、防衛庁へも送付します。
 今後とも、メールを送信される場合は官邸ホームページの「ご意見募集」
からお願いします。
            内閣官房  官邸メール担当

形式的だとしても、こうして返信くださったことには良い意味でちょっと
驚きました。

言っても無駄だ、自己満足だ、相手に迷惑だ・・・
なんて諦めてしまわないで、声を上げてもいいんですよ。
たとえ小さな声でも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャキッと目覚めに

VWUsh0087.jpgモカビタミン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひゃあ、かわゆかった!

かなりヘロヘロでやんす。
ここ数日、1日の境目がワカラン事態に突入しとりました。

シナリオを書いて書いて書いて、疲れたら横になり、目が覚めると
また書いて書いて・・・

締め切り前は、多分みんなこんな状態?

まともに眠らず、体は疲れているのに、頭の中は「締め切り!」に
追われて書き続けるっきゃない・・・この状態が続くとどうなる?

脳内麻薬に侵されて、超ハイになる・・・ん、これは私だけ?
これでお酒でも飲もうなら、ヘロヘロじゃなくてヘラヘラなっちまいます。
い、いかん・・・酒も飲んでないのにヘラヘラになりかかってる(~_~;)

1週間分30分×5本(ペラ350枚分くらい?)、予定より数日
遅れて、昨夜UP。

本日直し打ち合わせでTBS緑山スタジオへ。
ここは遠いのです。
電車だとバスも含めて3回くらい乗り換えしなきゃならないんで、
車で行くことに。
車で行くのは初めてなんで、かなり早めに家を出る。
用賀から東名川崎へ。あとは地図と睨めっこで一般道をクネクネ。
1時間ほどで着いた。思ったより遠くない。(帰りは1時間かからなかった・・・)

5本分の直し、約4時間半で終了。
セットを見せてもらうために収録中のスタジオへ。
撮影はちょうど休憩に入ったところで、出演者とご挨拶。
主役は「同情するなら金をくれ」のあの女優さん。
23才の役。実年齢もそれくらいだよね。
だけどだけど、「ホントに大人?」と言いたくなるほど、かわゆかったよ。

明日中に直し締め切り。
帰りに「モカビタミン」というのを買って帰る。
効果あるんかいな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.11

とりあえず、こちらで

ブログ日記、営業中です。

http://blog.livedoor.jp/see_saw/?blog_id=5082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田小坂町『康楽館』始まりました! 

秋田小坂町『康楽館』の常設公演が始まりました。
初めて大衆演劇の台本を書きました。
20分ほどの時代劇ですが、自分なりの想いを込めたつもりです。

十和田湖方面に行かれた時は、どうぞお立ち寄りください!

康楽館常設公演
■出 演
  東京浅草 伊東元春と小坂剣誠会
■演 目
●痛快時代劇

『編笠由良之介 〜江戸桜合鏡〜』
(あみがさゆらのすけ えのどさくらあわせかがみ )

悪人の世と人の心は明と暗の合鏡。浮世の悪を一掃、汚れた心を清い涙で
洗い流し、命の尊さを謳う痛快人情時代劇。

●即興劇『あなたが主役』お遊びコーナー
  お客様の1人が舞台演技を体験していただきます。

●アラカルト  舞踊・太鼓を中心に艶やかなショーをご覧頂きます。

■公演期間
  平成16年4月10日(土)〜平成16年12月12日(日)

■開演時間(公演時間約60分)
  10:00〜
  12:00〜
  14:00〜
  ※1日3回の公演となっています。

■開館時間
  午前9時〜午後5時
  休館日:平成16年12月29日(土)〜平成17年1月4日(日)

参考:
日本最古の現役木造芝居小屋『康楽館』
『康楽館常設公演』
『芝居小屋・康楽館と役者・伊東元春さん』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報、24時間以内に人質解放声明!

NEWS@niftyより

【バグダッド=岡本道郎】カタールの衛星テレビ局「アル・ジャジーラ」は
10日午後10時(日本時間11日午前3時)ごろ、イラクの日本人人質事件で、
誘拐を実行した武装グループとされる「サラヤ・ムジャヒディン(戦士隊)」
が同テレビ局に、人質3人を24時間以内に解放することを決めたとの声明を
送ってきたと伝えた。

 イスラム法学者団体の要請に応じたためという。声明は同日、バグダッドから
カタールの同局にファクスで送られてきたという。

 声明はさらに、「日本国民に自衛隊の撤退に向け日本政府に圧力をかけるよう
要請する」との内容も盛られていた。

 武装グループに日本人人質の釈放を促していたイラクのイスラム教スンニ派
法学者の連合体「イラク・ムスリム・ウラマー協会」の代表者は本紙の取材
に対し、「我々の呼びかけに対し、回答があった。米国と協力していない外国人は
条件をつけずに釈放するという意味だ」と述べた。
           [読売新聞社:2004年04月11日 03時57分]

まずは、とにかく、よかった。
あとは、無事な姿を確認できれば・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.10

自衛隊撤退に関する、ある意見

「自衛隊は即時撤退しても日米同盟は壊れません」

これは、村上龍さんが主宰するメルマガ・JMM [Japan Mail Media]に寄せられた
米国ニュージャージー州在住の作家・冷泉彰彦さんの『from 911/USAレポート』
第140回のご意見です。

ぜひ読んでみてください。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

「イラクの日本人拘束に関する緊急のお願い」

数人の脚本家から、上記のタイトルで転送メールが送られてきました。

賛同いただける方は、ぜひ行動を起こしてください。

(以下転送メール)

ご存じの通り、イラクに於いて邦人3人が拘束されました。
時間がありませんので、もったいぶった文章は書きません。
緊急行動を呼びかけたいと思います。
今晩中に私はできる限りの友人、知人にこのメッセージを送ります。

受け取られた方は、可能な限り早く、以下のメッセージを転送し、
行動を起こしてく下さい。私は今晩中に100名以上の方にこのメッセージ
を送ります。その100名の方がさらに100名の方に送って下されば、100
万人の方に届きます。

これは、緊急です。可能な限り早く、お願い致します。

          呼びかけ人 
          緑の市民 大野拓夫
          Eメイル greens@wg8.so-net.ne.jp

■3人の若者たちを救うための100万人緊急行動を!■

ーあなたのお友達100人に行動を呼びかけて下さい!
このメッセージにあたなのお名前を添え、24時間以内に100人の
お友達、お知り合いに流して下さい。
そして、行動して下さい。


皆さんご承知の通り、イラクに於いて日本人民間人3名が人質にな
り、3日以内に自衛隊が撤退しなければ3名を殺害するというメッセー
ジが発せられました。拘束された郡山総一郎さん(東京都杉並区在住
32才)今井紀明さん(札幌市西区在住、18才)、高遠菜穂子さん
(北海道千歳市出身 、34才) は、共に日本とイラクの平和のため
に活動したり、報道活動を行なってきた若者たちです。

日本政府のコメントは「自衛隊は人道支援を行なっているのであり、
撤退する必要はない」というものです。これは建前論で、本音は「そ
んな無様なことはできない」というものでしょう。このままでは3名
が犠牲になる可能性は高いと言わざるを得ません。

しかし、日本政府の役割が国民の生命を守ることであり、自衛隊の
目的も国民の生命を守ることであるならば、自衛隊撤退は、臆病な行
為などではなく「人名を守るための、勇気ある撤退」と言えます。

そうした選択が、国民に支持されること、「圧倒的な世論」である
ことを伝えることで、政府の対応も変えることができます。ぜひ、あ
なたの貴重なお時間を、3名を救うため、日本の進路を間違わせない
ためにお貸し下さい。

■以下の行動をお願いします。
(1)電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを政府に
   伝えて下さい。
(2)メッセージの基本は、
 「イラクで拘束された3人の邦人を救うため、自衛隊のイラ
 クからの勇気ある撤退をお願いします」というものです。
 もちろん、あなたなりのメッセージに書き換えて頂いて結構です。
 メッセージにはおなたのお名前、住所、できればお立場(肩書き、
 職業など)を伝え、また書き添えて下さい。

※無言電話や嫌がらせは逆効果です。一人の良識ある国民として
  真摯な対応をお願いします。

■電話・ファックス・Eメールの送り先

●総理大臣 小泉純一郎
 03−3581−5111(衆議院議員会館代表)
 03−3508−7327(衆議院議員会館直通)
 03−3502−5666(  〃 直通FAX)

●防衛庁長官 石破 茂
 03−3581−5111(衆議院議員会館代表)
 03−3508−7525(衆議院議員会館直通)
 03−3502−5174(  〃 直通FAX)
 g00505@shugiin.go.jp(Eメール)

●官房長官 福田康夫
 03−3581−5111(衆議院議員会館代表)
 03−3508−7181(衆議院議員会館直通)
 03−3508−3611(  〃 直通FAX)

●外務大臣 川口順子
03−3580−3311(外務省)

●自由民主党
電話 03−3581−6211
  Emailはここから入ってください
 http://www.jimin.jp/jimin/main/mono.html

●公明党
電話 03−3353−0111
 FAX 03−3225−0207
 Emailはここから入ってください
 https://sss.komei.or.jp/komeihp/voice/form.php

●民主党 電話 03−3595−9988
 Emailはここから入ってください
 http://www.dpj.or.jp/mail/0310.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.04.09

日本人3人、イラクで人質

イラクでは、もうなんでもアリの状態になってしまったんだろうか・・・

6月末に政権移譲が(ほぼ)決まっているというのに・・・
もう1日も待てないほど、イラクの人々は占領軍に耐えているのだろうか・・・

彼らの望みどうりに、もし、「今」、占領軍&同盟軍が一挙に撤退したとしたら、
イラクはどうなるのか・・・

イラクの暫定評議会にはどんな力があるのか・・・
これほど諸派バラバラなイラクを一つにまとめられるのだろうか・・・

宗教・民族諸派の権力争いは聞こえてきても、イラク国民一人一人の声が
聞こえてこない・・・

他国の民間人を人質にして、要求を突きつける・・・そんな「今」のイラクに
国民一人一人の自由なんてあるのだろうか・・・

「拉致」は暴力でありテロである。
北朝鮮問題でいわれていた言葉が、「今」ここにも当てはまる。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004.04.08

改正虐待防止法成立

仕事のほう、かなり切羽詰った状態。
締め切り直前なもので、今週一杯はこんな状態が続きそう・・・

内容的に子供の問題を取り上げているので、今まで以上に子供の虐待の
ニュースは気になってしまう。

NEWS@niftyによると・・・

★3年前には四男も?埼玉・長女虐待死の父親を再逮捕へ(読売新聞)

★塾通い嫌がる小2長男を絞殺、37歳母親を逮捕…川崎市(読売新聞)

★乳児の下腹部切る=重傷、24歳母逮捕−「男性不信」とかみそりで・大阪(時事通信)

ここ数日でも上記のように次々に虐待のニュースが・・・

★虐待で脳死や重度障害負った子、この5年で129人(読売新聞)

虐待で脳死状態になったり、重度の障害を負ったりした15歳以下の子供が、
全国の小児科施設と救命救急センター計65か所で、最近5年間に129人
いたことが、日本小児科学会の調査でわかった。

「虐待が疑わしい」というケース(一部軽症を含む)も204か所で
1452例あった。虐待の判定は難しく、同学会は小児からの脳死臓器移植
のための法改正について「虐待の有無をチェックする第三者機関が必要だ」
と指摘している。

学会認定の小児科研修病院467か所と救命救急センター170か所に
アンケート調査したところ、それぞれ223か所、51か所が回答を寄せた。

明らかに虐待で脳死状態や重度障害になったと見られる129人の子供のうち、
8割以上は小児科の診察で虐待が発見されていた。半数以上が1歳以下の乳幼児で、
頭を激しく揺さぶられて脳障害や脳内出血を起こす「揺さぶられっこ症候群」
(SBS)が相当含まれている可能性があるという。

「虐待が疑わしい」症例の診療経験も、1施設平均5・5例で、30例以上が
13か所、29―10例も18か所あった。

上記は病院に運ばれたケースについての数字であり、病院に運ばれずに
日々虐待を受けている子供たちはもっともっと多いということになる。

もう10年位前になるが、友人の家族(夫婦と4歳と5歳の子供)と一緒に
サンフランシスコを旅した時、子供のことで現地に住む友人から厳しく
注意されたのは「子供を泣かせ続けると幼児虐待で通報される」という
ことと「子供と歩く時は必ず手を繋ぐように。(場所によっては)誘拐の
危険があるから」ということ。
誘拐は、特にアジア系の子供は頭が良いということで“高く売れる”のだそうだ。

その注意を聞いた時、アメリカと日本の違いをしみじみ感じたものだが・・・

アメリカでは幼児の泣き声が続いていると、隣近所・赤の他人でも
「幼児虐待の疑い」で即通報するらしい。
日本は「向こう三軒両隣」のお付き合いなんてなくなって、他人に対する
無関心度はますます強くなっているような気がする。

昔の日本の「長屋的地域関係」は子供の生育環境としては最高だったという。
イケナイことをしていると近所のオジサン、オバサンが子供たちをちゃんと
叱った・・・という環境ね。

今は他人の子供に口を出すと、母親から睨まれてしまう時代。
改正虐待防止法は幼児虐待の歯止めになるんだろうか・・・

★改正虐待防止法成立

深刻な児童虐待が相次ぐ中、被害を受けた子供を発見した国民の通告義務拡大や、
児童相談所と警察の連携強化などを柱とした児童虐待防止法改正案が7日、参院
本会議で可決、成立した。施行は10月1日。改正法は、虐待を子供の「著しい人権侵害」
と明記。虐待の防止、早期発見から心身に傷を負った子供の自立支援までの全段階
を国と自治体の責務とし、総合的に対策強化を図る。[共同通信社:2004年04月07日]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.06

柳沢の出身地って・・・

富山県射水郡小杉町・・・なんだ。し、知らなかったなぁ・・・

この町へは行った事がある。
以前、「女子高生・OL連続殺人事件」の起こった町。
『赤いフェアレディZの女』(主演は確か室井滋さん)とかいうタイトルでドラマ化された事件。
すでに事件は解決、男女二人が逮捕。男性は無罪、女性には死刑の判決が出ている。

その男性に対する判決が出る前、ある月刊誌に佐木隆三氏が『五人目の弁護士』
いう作品を発表。五人目というのは、息子の無実を信じる母親のこと。
この作品をドラマ化しようという話があって、私は企画書を書くために、一人で
小杉町に向かったんだよね。

男性が住んでいた住宅や、聖高原の遺体が捨てられていた場所を取材して回った・・・

結局、判決前で、どんな判決が出るか分からないとかなどの理由で企画は実現
しなかったけど。
今でも、山林の死体遺棄現場などはありありと覚えている・・・

1980年に起こった事件だから、柳沢はまだ3歳になったばかり。
そうか、あの町で生まれ育ったのか・・・とちょっとばかり柳沢に親しみを
感じてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒデとヤナギの違い

たまたま偶然、初めて柳沢の公式HPを開いてみた。
で、YANAGI'S VOICEを読んでちょっと驚いた。

先日のシンガポール戦について・・・
W杯予選のシンガポール戦については特に言う事は無い。これがW杯予選の
難しさだと言われればそれまでだけど、僕自身は決してチームの状況が悪い
とは思わない。 今は忍耐が必要な時で、試合を重ね、勝つことによって
もっと素晴らしいチームになると信じてるよ。

あのぉ〜・・・「忍耐」という意味が分からないんだけど・・・
試合を重ね、(今までは)勝ったとしても、あんな危うい勝ち方じゃ、これから先の
長い戦いが不安とみんな心配しているんであって・・・
今の状態で「忍耐」が必要って・・・マスコミにいろいろ書きたてられることに?

これから数ヶ月で来年の身の振り方が決まるけど、サポーターの皆さんは
今の僕の状況をどう見てるんだろうか?!そしてどうして欲しいと思って
るのかな?
最後に決めるのは、チームであり僕だけど、サポーターあっての僕、皆さんの
意見も僕にとっては重要な事なんだ。

う〜〜む、ヒデの姿勢とあまりにも違いすぎる。
移籍に関しては「マスコミ報道は信用しないで欲しい。決まったら、僕自身が
HPにきちんと報告するから」
の旨をずっと言い続けてきたヒデ。ヒデは決して
マスコミやサポーターの意見に左右されることはない。

ヒデとヤナギ、性格も個性も全く違って当たり前だけど、こんなにも顔を
向けてる方向が違うということ改めて知った・・・

やっぱ、私はヒデのサッカーに向き合う姿勢のほうが好きだ、ということも
改めて分かった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.04.03

フォトアルバム

これは便利だ!

これまで写真の保存に使っていたSONYのイメージステーションが
間もなく使えなくなってしまうらしい。
なので、フォトアルバムは大助かり。

まあ、ごゆるりと、ご覧下さいませ。
まだ、写真は少ないけどね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブママは見たっ!

ベランダでガサゴソ音がすると思ったら・・・
犯行現場を押さえた!

犯行現場1

犯行現場2

犯行現場3

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2004.04.02

ファルージャの残虐映像

黒焦げの遺体を小躍りしながら足げにし、車で引きずり回し、挙句、宙に吊りに・・・
そのニュース映像を見て吐き気がこみ上げるほど、気分が悪くなってしまった。

人間のやることとは思えない。まるで悪魔に取り付かれた集団のよう。

イラク・ファルージャでの米国民間人4人殺害の生々しい映像だ。
この4人は連合国暫定当局(CPA)の請負業者の米国人だったという。
イラク国民の「占領国・アメリカ」に対するイライラと憎悪が、最悪の形で現れて
しまった・・・

もし、日本人に犠牲者が出て、こんな残虐行為を受けたとしたら・・・理由はどうであれ、
ファルージャの人々に言いようのない激しい怒りを感じるだろう。アメリカの人々の
反応はどうだろうか・・・。
報復などと今以上に最悪の事態に陥らねばいいが、とイラク情勢がすごく心配になってしまった。

米主要各紙は1日、犠牲者が宙づりにされた生々しい現場写真を一斉に掲載したという。
しかし、今朝の日本のニュースでは、米政府はテレビの映像に関して、各局に放映自粛を
呼びかけたという。

報道規制か・・・とそれはそれで、割り切れない気持ちがこみ上げた。

しかし、その意図は間もなく分かった。
1993年、ソマリアでも同じようなことが起きた。米兵の遺体を住民が引きずる映像が
テレビに流れ、その映像が国内世論に火をつけて米軍はソマリアから撤退せざるを
得なくなった。
今回も米政府は、イラク占領に対する(撤退)世論の高まりを恐れているらしい。

これを機に復興の主体をイラク国民に返し、世界中でバックアップしていく方向に向かって
くれればいいんだけど・・・。

日本の自衛隊の復興支援は(サマワの人々の期待にこたえているかどうかは別にして)、
自らのスケジュールどおり進んでいるようだが・・・
ただ、身内だけで進めていくんじゃなく、イラクの人々をたくさん雇って(仕事を作って
あげて)、共に進めていく形になぜならないんだろう。

他の国がやってないから、はたまた、米国がどう思うか・・・そんなことばかり気にして、
日本による復興支援のオリジナリティが全く見えないような気がする。
日本に対する期待が大きかっただけに、自衛隊に対して、サマワ市民からは失望の声も
上がっていると聞く。

異文化、異宗教の国での活動は難しいかもしれないけれど、どんなことがあっても、
ファルージャのような事態が、二度と絶対起こらないよう、ただただ祈るしかない。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

連続投稿したら

どんな感じになるんだろう?
というわけでTest

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず変更してみる

プロに変更して、デザインを変更してみた。

うむ、だいぶ、イメージに近くなってきた。
けど、まだなんかイマイチ・・・

お引越しは、もう少し先だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.01

撮影IN・・さて・・

6月から放送予定の某局昼のドラマ、本日IN。

初日は二子玉川のロケということで、Pが全員そちらにいるため、私の担当週の
打ち合わせは二子玉川で。

今回、局Pは女性、制作会社の2人のPのうち1人が女性。そしてライター2人
も女性。きっときっと、女性の感性をふんだんに盛り込んだドラマになるだろう
・・・ん、きっとなる!

ドラマの詳しいことは制作発表が済むまでは公にできないけど、とっても元気で
楽しいドラマです。これだけは間違いないっ!

さて、撮影が始まってしまうと、脚本作りは時間との闘いになる。
なりふり構わず、とにかく「書く」生活の始まりだいっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯1次予選 対シンガポール

辛勝・・この言葉しか思い浮かばないね、昨日の試合<`〜´>

立ち上がりはゴールへの意欲満々、もしかして、大量得点もありかも、
などと期待度100%。が、20分経ち30分経ち、嫌なパターンが見えてくる。
相も変わらず決定力不足・・・
高原のゴールにやっとホッとしたものの・・・

で、私もいつものパターンに陥ってしまった。
後半に入ると、猛烈な眠気に襲われて(昨日寝てなかった)寝てしまったです、ハイ(ーー;)
こんな辛い試合展開、寝てしまって、よかったかも(ーー;)

辛うじてグループ首位をキープしたものの、先が思いやられるよ。

選手個人個人の能力は優れているとしても、チームとしては、今の状態が
日本代表の実力と認めるしかないんかなぁ。

個人的感想としては・・・ジーコは何でいつも柳澤をスタメンに入れるの? 
別に柳澤が嫌いじゃないんだけど、ボールが来た時のモタモタはいつも
いつもイライラさせられる。
代わるFWが不在というのが現状なんかなぁ。
 
中田ヒデは試合後のインタビューで、「内容としては最低。いい形に
なっても点が入らないのは技術的な問題ではない」
と語った・・らしいが

わしもそう思う・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »