« 「イラクの日本人拘束に関する緊急のお願い」 | トップページ | 速報、24時間以内に人質解放声明! »

2004.04.10

自衛隊撤退に関する、ある意見

「自衛隊は即時撤退しても日米同盟は壊れません」

これは、村上龍さんが主宰するメルマガ・JMM [Japan Mail Media]に寄せられた
米国ニュージャージー州在住の作家・冷泉彰彦さんの『from 911/USAレポート』
第140回のご意見です。

ぜひ読んでみてください。

|

« 「イラクの日本人拘束に関する緊急のお願い」 | トップページ | 速報、24時間以内に人質解放声明! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

…問題は、政府が自衛隊の『人道支援活動』にあげた給水活動を続けるより(実際はゲリラの迫撃砲の攻撃で、駐留地に篭るしかないらしいが)人質の
3人の「日本国民の命」を、軽視しているということです。

…いってしまえば「日本の自衛隊じゃなくても、水汲みぐらいはできる!」
「撤退しろ!」とイラクの人が言うんなら。さっさと帰ってくれば良い。

…「アメリカを支持する」という意思表示より、「日本国民の命」のほうが
日本政府や日本人には、大事じゃないかと。私は単純に、そう思うのです。

投稿: たまり | 2004.04.10 16:42

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>…「アメリカを支持する」という意思表示より、「日本国民の命」のほうが
>日本政府や日本人には、大事じゃないかと。私は単純に、そう思うのです。

同感です。

メディアの報道を見る限りでは、昨日の小泉さん・政府の無神経ぶりには
唖然としています。

○小泉さん、人質家族に面会拒否・・・撤退はしないといってる小泉さんだから人質家族に会って
 撤退をお願いされても困るんでしょうが、それにしても「面会拒否」された家族の気持ちを
 思うと・・・

○チェイニー米副大統領とあさって(12日)昼会談、日本人人質事件を含むイラク情勢について
 意見交換・・・人質問題の期限は11日夜でしょう? 水面下で人質問題の話し合いがあった
 (あると思いたい)としても、「12日昼会談」なんて、この事態にノー天気過ぎませんか?

投稿: ラブママ | 2004.04.11 02:11

懸念するのは。アメリカの対テロ・対人質作戦は、強攻策しかないこと。
つまり、テロリストが全面降伏するか、あるいは彼等を全員射殺するか、
いずれかしか選択はないというのが、アメリカ的な考え方だと思います。

「犯罪者たちと交渉の余地はなく、彼らの要求を受け入れることはない。
要求に応じたら、再犯を誘発する。人質に取られたら、死を覚悟せよ」
これが「アメリカ流」と理解しています。

小泉・チェイニー会談の中身が、軍事衛星でテロリストの居場所を発見し
アメリカの対テロ部隊の投入を要請することでないことを希望しますが、
人質が危険になっても、彼らと取引しないのが、アメリカの常識ですよ。

むしろ「人質が殺傷されたら、突入をためらわない」のが、彼らの常識。
日本では、人質事件で『人質の犠牲者が出ない』ことが評価されますが、
アメリカ流なら『テロに屈しない』ことが評価の対象になると思います。

このへんに「日米のメンタリティーの違い」があると思います。心配。

投稿: たまり | 2004.04.14 20:22

仮定の話ですが……

アメリカ(とアングロサクソニア四カ国)が撤兵し、それ以外の国が駐留を続け政権移譲までの治安維持にあたる、という選択肢はありうるだろうか? という事をふと思いました。

その場合、はたして日本が積極的に「平和維持軍」の一旦を担うことを国民の大多数が賛成するでしょうか?
たぶん「アメリカとの国交維持と無関係なら出す必要なし」というのが日本国民のコンセンサスだろうと、僕は想像してます。

今回の日本人人質事件での大方の日本人の反応はかなり冷淡なものです。
政府の反応の冷淡さは、国民のコンセンサスをおおむね反映したののだと僕は感じていて、だからなおのこと、その「民主主義の冷淡さ」に少々慄然としています。

投稿: 鹿野浩史 | 2004.04.14 22:37

11日は1日中テレビつけっ放しで仕事していました。
人質開放を信じて・・・

それから今日まで、テレビやネットのニュースをチョコ
チョコチェックしていましたが・・・

今は怒りと虚しさと情けなさでいっぱいです。

怒りは、アメリカに対して。そして日本の報道に対して。
先に殺されたアメリカの民間人4人が戦争のスペシャリスト・
傭兵であったことを、なぜ日本はちゃんと報道しない?
確か、南アフリカには規模の大きい傭兵の会社があり(ここの
傭兵もイラクに雇われているらしい)、殺された4人の
プラックウォーターという会社は、傭兵産業を「埋める」程度
の小規模な会社とか。
自国兵士以上に危険な仕事をさせていた傭兵(だから日当がめちゃ
くちゃ高い)が殺され、それを「民間人」としか言わず、攻撃の
材料にするアメリカ。

日本の報道は(アメリカよりの国はみんなそう?)、アメリカ兵士
の死亡数は伝えるけど、イラク人(民間人だよ)の死者数は
たま〜にしか伝えない。

4月に入ってからのファルージャでの戦闘でアメリカ側の死者は
数十人と聞いて、それでも1週間でそんなに、と心が痛んだ。
でもでも、同じ期間のイラク人の死者は子供や女性、お年寄りを
中心に600人、負傷者は1000人以上と聞いて、涙が出てし
まったよ。

石油利権をそんなに支配したけりゃ、武力でなくビジネスで戦えよ!
と今は叫びたい。

一昨日(だったよね)のブッシュの演説も、聞いていて奇妙だった。
加害者が自己を正当化するために延々と言い訳しているようにしか
聞こえなかった。

虚しく情けないのは・・・
人質に関するイラクの関係者の声明文。
イラクも、そして日本に好意的な多くの国は、日本が原爆を体験した
国であり平和憲法をもっていることを知っている。
その日本が、原爆を落とした国の飼い犬になっていることが解せない
のは当たり前だと思う。

日本は・・・というより、小泉さんはなぜ独立国「日本」に誇りをもて
ないのだろうか。なぜわざわざ、平和憲法をどぶに捨てるようなことを
するんだろうか。
情けない・・・

たまりさんの「カエサルのものは、カエサルに」
単純明快にいうと、一刻も早くそうなってほしい。

しかし、アメリカが撤退したとしても治安維持は必要になるだろう。

>アメリカ(とアングロサクソニア四カ国)が撤兵し、それ以外の国が
駐留を続け政権移譲までの治安維持にあたる、という選択肢はありうる
だろうか?

アメリカに代わって国連軍ということになりますね。
その国連軍に参加するかどうか・・・うむ、たぶん参加するでしょうね。
国民の中には反対論も出てくるだろうけど、今回の自衛隊みたいに
結局は派遣する。
なぜなら国連軍といえども、アメリカの発言力、影響力は大きいから。

とりあえず、ここ数日溜まっていること、ちょこっと書いてみました。
ちょっと疲れてて、まとまりないかも(スミマセン)

投稿: ラブママ | 2004.04.15 02:09

南アの民間軍事会社とは「エグゼクティブ・アウトカムズ」のことでしょうか?
この会社、93年アンゴラの内戦で、旧ソ連の支援を失い劣勢に陥った(共産)政府側から「内戦の収拾業務」を請負いましたが、このとき反政府ゲリラの拠点を破壊するため、燃料気化爆弾デイジーカッターを使用した経歴があります。
さすがのアメリカもこの時ばかりは非難の声をあげたそうですが、要するにそういう会社ですね。捕まれば焼かれて吊るされる事くらい覚悟のうえでイラクに乗り込んでいるでしょう。
米側もイスラム側も、こういう化け物のような連中がひしめいているのが今のイラクの現状でしょう。

このスレッドの本題に戻りますと、こんな化け物たちの跋扈する戦場で、自衛隊が宿営地から(ほとんど)出られなくなった今、「自衛隊を出している」という政治的ポーズ以上の理由は無くなったと、僕個人は思います。

が、残念ながら「日本国民のコンセンサス」は、「自衛隊戻す必要無し」だと思います。

本心から「イラクの復興のため自衛隊出すべし」という意見は、それはそれで良いと思います。
ですが現実は違う。

「ウチの利益=現状維持=対米関係の悪化は拙い=死者は出るかもしれんが自衛隊出しとけ」

今の日本人の「同胞意識」は世界でも最低レベルに低いですよ。
自衛隊に戦死者が出ても、NGOに死者が出ても、それは大多数の日本人にとって「ヨソの話」なんですよ。

僕がいま一番気になっているのは、正直言ってイラク人の問題よりも、このような日本人自身の精神のありようの問題です。


P.S.ご多忙のご様子。どうぞご自愛ください。

投稿: 鹿野浩史 | 2004.04.15 20:39

>南アの民間軍事会社とは「エグゼクティブ・アウトカムズ」のことでしょうか?

ファルージャの民間人殺害の報道で、ニュースソースは忘れたんですが、ブラックウォーター社のトップに
インタビューしている記事があったんです。
そこに南アフリカの会社のことも出てました。具体的な名前は出てなかったんですが、南アフリカの民間
軍事会社といえば「エグゼクティブ・アウトカムズ」のことでしょうね。ただ、この会社は現在廃業・・・
らしいです。(イマイチ具体的な情報でなくてすみません。)

改めてアメリカの傭兵産業を調べてみたら、アメリカ国内だけでも35社近くあるよう。いろんな国の元兵士
たちを雇っているようです。ネパール、フィージー、チリ、ボスニア、フィリピン、オーストラリア、
南アフリカ・・・等など。
傭兵たちの日当は正規の兵士の数倍、例えばアメリカの特殊作戦兵出身者なら、イラクで年間30万ドルは
稼げるらしい。

人質となった殺されたイタリアの民間人も、テレビのニュースで家族は「ヨーロッパのある国に傭兵として
いってるはずで、イラクにいるとは知らなかった」と言ってました。
また、連れ去られるところが放送されたアメリカの民間人、トーマス・ハミルさんも、彼が住む町の女性市長
さんが「お金がどうしても必要でイラクに働きに行った」といってました。
※ハミルさんは奥さんの心臓手術のためのお金が必要だったようです(涙)

世界中のもと兵士たち(1万〜2万人)が、そして民間人が、お金のために集まっている・・・
それが今のイラクのよう。

ちなみに、米軍の04年度会計イラク駐留、復興予算の総額875億ドル(約九兆六千億円)のうち、
約3分の1が民間企業に支払われるとのこと。もちろん、傭兵企業もその中にバッチリ。

もし、6月30日に政権が委譲し、国連軍のもと治安維持と復興事業が始まったら、各企業のための
警護ビジネス(傭兵企業による)が今よりもっと必要とされるらしい。

これだけでも、誰のための戦争や!?

と泣きたくなってしまいます・・・

>このスレッドの本題に戻りますと、こんな化け物たちの跋扈する戦場で、
>自衛隊が宿営地から(ほとんど)出られなくなった今、「自衛隊を出し
>ている」という政治的ポーズ以上の理由は無くなったと、僕個人は思います。

同感! まったく同感です!

>が、残念ながら「日本国民のコンセンサス」は、「自衛隊戻す必要無し」だと思います。

私の周りは「自衛隊撤退」の意見のほうが多いような気がするんですが・・・
ただ、うちは産経新聞なんですが、あまりにも右寄りのコラムが時々あって、一人でむかっ腹を
立ててること多いです。(もうヤメたる!とタビタビ思ってしまいますぅ)
しかし、産経のような意見が国民のコンセンサスなんでしょうかね・・・

私は絶対納得できないっ!
こういったところで、こういったことを書くしか対抗方法はありませんが・・・

投稿: ラブママ | 2004.04.18 14:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/484770

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊撤退に関する、ある意見:

» カエサルのものは、カエサルに [たまり’Bar]
アメリカの世界戦略は、崩壊しつつあるようです。 9・11テロも、ブッシュ政権は知ってたらしい。 どうも「甘く見た」ようです。「孤立主義」による イラク統治も同じです。国連や、他の安保理事国を 無視した、アメリカ中心の「統治」は失敗してる。 >南アの民間軍事会社とは「エグゼクティブ・アウトカムズ」のことでしょうか? ファルージャの民間人殺害の報道で、ニュースソースは忘れたんですが、ブラックウォーター社のトップに インタビューしている記事があったんです。 そこに南アフリカの会社のことも出てました。具体的な名前は出てなかったんですが、南アフリカの民間 軍事会社といえば「エグゼクティブ・アウトカムズ」のことでしょうね。ただ、この会社は現在廃業・・・ らしいです。(イマイチ具体的な情報でなくてすみません。) 改めてアメリカの傭兵産業を調べてみたら、アメリカ国内だけでも35社近くあるよう。いろんな国の元兵士 たちを雇っているようです。ネパール、フィージー、チリ、ボスニア、フィリピン、オーストラリア、 南アフリカ・・・等など。 傭兵たちの日当は正規の兵士の数倍、例えばアメリカの特殊作戦兵出身者なら、イラクで年間30万ドルは 稼げるらしい。 人質となった殺されたイタリアの民間人も、テレビのニュースで家族は「ヨーロッパのある国に傭兵として いってるはずで、イラクにいるとは知らなかった」と言ってました。 また、連れ去られるところが放送されたアメリカの民間人、トーマス・ハミルさんも、彼が住む町の女性市長 さんが「お金がどうしても必要でイラクに働きに行った」といってました。 ※ハミルさんは奥さんの心臓手術のためのお金が必要だったようです(涙) 世界中のもと兵士たち(1万〜2万人)が、そして民間人が、お金のために集まっている・・・ それが今のイラクのよう。 ちなみに、米軍の04年度会計イラク駐留、復興予算の総額875億ドル(約九兆六千億円)のうち、 約3分の1が民間企業に支払われるとのこと。もちろん、傭兵企業もその中にバッチリ。 もし、6月30日に政権が委譲し、国連軍のもと治安維持と復興事業が始まったら、各企業のための 警護ビジネス(傭兵企業による)が今よりもっと必要とされるらしい。 これだけでも、誰のための戦争や!? と泣きたくなってしまいます・・・ >このスレッドの本題に戻りますと、こんな化け物たちの跋扈する戦場で、 >自衛隊が宿営地から(ほとんど)出られなくなった今、「自衛隊を出し >ている」という政治的ポーズ以上の理由は無くなったと、僕個人は思います。 同感! まったく同感です! >が、残念ながら「日本国民のコンセンサス」は、「自衛隊戻す必要無し」だと思います。 私の周りは「自衛隊撤退」の意見のほうが多いような気がするんですが・・・ ただ、うちは産経新聞なんですが、あまりにも右寄りのコラムが時々あって、一人でむかっ腹を 立ててること多いです。(もうヤメたる!とタビタビ思ってしまいますぅ) しかし、産経のような意見が国民のコンセンサスなんでしょうかね・・・ 私は絶対納得できないっ! こういったところで、こういったことを書くしか対抗方法はありませんが・・・ [続きを読む]

受信: 2004.04.15 20:51

« 「イラクの日本人拘束に関する緊急のお願い」 | トップページ | 速報、24時間以内に人質解放声明! »