« 柳沢の出身地って・・・ | トップページ | 日本人3人、イラクで人質 »

2004.04.08

改正虐待防止法成立

仕事のほう、かなり切羽詰った状態。
締め切り直前なもので、今週一杯はこんな状態が続きそう・・・

内容的に子供の問題を取り上げているので、今まで以上に子供の虐待の
ニュースは気になってしまう。

NEWS@niftyによると・・・

★3年前には四男も?埼玉・長女虐待死の父親を再逮捕へ(読売新聞)

★塾通い嫌がる小2長男を絞殺、37歳母親を逮捕…川崎市(読売新聞)

★乳児の下腹部切る=重傷、24歳母逮捕−「男性不信」とかみそりで・大阪(時事通信)

ここ数日でも上記のように次々に虐待のニュースが・・・

★虐待で脳死や重度障害負った子、この5年で129人(読売新聞)

虐待で脳死状態になったり、重度の障害を負ったりした15歳以下の子供が、
全国の小児科施設と救命救急センター計65か所で、最近5年間に129人
いたことが、日本小児科学会の調査でわかった。

「虐待が疑わしい」というケース(一部軽症を含む)も204か所で
1452例あった。虐待の判定は難しく、同学会は小児からの脳死臓器移植
のための法改正について「虐待の有無をチェックする第三者機関が必要だ」
と指摘している。

学会認定の小児科研修病院467か所と救命救急センター170か所に
アンケート調査したところ、それぞれ223か所、51か所が回答を寄せた。

明らかに虐待で脳死状態や重度障害になったと見られる129人の子供のうち、
8割以上は小児科の診察で虐待が発見されていた。半数以上が1歳以下の乳幼児で、
頭を激しく揺さぶられて脳障害や脳内出血を起こす「揺さぶられっこ症候群」
(SBS)が相当含まれている可能性があるという。

「虐待が疑わしい」症例の診療経験も、1施設平均5・5例で、30例以上が
13か所、29―10例も18か所あった。

上記は病院に運ばれたケースについての数字であり、病院に運ばれずに
日々虐待を受けている子供たちはもっともっと多いということになる。

もう10年位前になるが、友人の家族(夫婦と4歳と5歳の子供)と一緒に
サンフランシスコを旅した時、子供のことで現地に住む友人から厳しく
注意されたのは「子供を泣かせ続けると幼児虐待で通報される」という
ことと「子供と歩く時は必ず手を繋ぐように。(場所によっては)誘拐の
危険があるから」ということ。
誘拐は、特にアジア系の子供は頭が良いということで“高く売れる”のだそうだ。

その注意を聞いた時、アメリカと日本の違いをしみじみ感じたものだが・・・

アメリカでは幼児の泣き声が続いていると、隣近所・赤の他人でも
「幼児虐待の疑い」で即通報するらしい。
日本は「向こう三軒両隣」のお付き合いなんてなくなって、他人に対する
無関心度はますます強くなっているような気がする。

昔の日本の「長屋的地域関係」は子供の生育環境としては最高だったという。
イケナイことをしていると近所のオジサン、オバサンが子供たちをちゃんと
叱った・・・という環境ね。

今は他人の子供に口を出すと、母親から睨まれてしまう時代。
改正虐待防止法は幼児虐待の歯止めになるんだろうか・・・

★改正虐待防止法成立

深刻な児童虐待が相次ぐ中、被害を受けた子供を発見した国民の通告義務拡大や、
児童相談所と警察の連携強化などを柱とした児童虐待防止法改正案が7日、参院
本会議で可決、成立した。施行は10月1日。改正法は、虐待を子供の「著しい人権侵害」
と明記。虐待の防止、早期発見から心身に傷を負った子供の自立支援までの全段階
を国と自治体の責務とし、総合的に対策強化を図る。[共同通信社:2004年04月07日]

|

« 柳沢の出身地って・・・ | トップページ | 日本人3人、イラクで人質 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/484773

この記事へのトラックバック一覧です: 改正虐待防止法成立:

« 柳沢の出身地って・・・ | トップページ | 日本人3人、イラクで人質 »