« あとひと頑張り! | トップページ | 注意信号だ »

2004.04.26

マドンナの絵本

注文していたマドンナの絵本が届きました。
歌手であり女優のあのマドンナによる子供たちのための5冊のうちの2冊です。

madonna1.jpg『イングリッシュ ローズィズ』
 作:マドンナ 絵:ジェフリー・フルビマーリ
 訳:江國香織,

 4人と1人の女の子の物語。自分と違うもの、
 自分より優れていると思うものを妬み、仲間
 はずれにしてしまう女の子たち。そこに太っちょ
 の妖精が現れて・・・。

 相手の立場に立ってみてごらん・・・今の自分を
 好きになろうよ、とマドンナが優しく教えてくれます。

 
 


madonna2.jpg 『ピーボディ先生のりんご』
 作:マドンナ 絵:ローレン・ロング
 訳:村山由佳,

 大好きなピーボディ先生にとんでもない噂が。
 噂を広めてしまった少年に先生は言います。
 
 「どう見えたか、というのはどうでもいいことなんだよ。
  大切なのは、ほんとうはどうか、なんだ」

 見た目だけで判断してしまうこと、そして、噂の怖さ・・・
 2冊とも身近に良くある話を、短いながらも、子供たちに話しかけるように語っています。

 特に、『ピーボディ先生のりんご』の・・・

 「それと、よーく覚えておくんだね。自分の口から出る言葉に宿る、
  ものすごく大きな力のことをね」

 書くことも含めて(ネットでも)、自分の言葉には責任を持たなくては・・・
 当たり前のことだけど、改めて、考えてしまいました。

 2冊とも絵もすばらしくて、“宝物”になりそうな絵本です。

 (発売 集英社 定価 1995円)

|

« あとひと頑張り! | トップページ | 注意信号だ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/495715

この記事へのトラックバック一覧です: マドンナの絵本:

« あとひと頑張り! | トップページ | 注意信号だ »