« 映画『誰も知らない』を観た | トップページ | 今日の夕景 »

2004.10.13

映画『キル・ビル』&『座頭市』

kill_bill.jpg    zatoichi.jpg

見終わって後悔した。この2本、続けて見るんじゃなかった・・・
いやはや、両作品とも血しぶきは吹き上がるは、腕が切り落とされるは(『キル・ビル』は頭は切り落とされるはでもっとスゴイ!)
両作品ともまるで深作欣二監督に捧げる・・・って感じ。

『キル・ビル』
ストーリーは単純。ユマ・サーマン演じる主人公が復讐を決意するまでの回想の入れ方が、説明的でなく、息詰るような緊張感とインパクトがあって、さすがタランティーノ。

それにしても、沖縄からあの刀どうして運んだんだろう?
あんなの飛行機で持ってきたとしたら、銃刀法違反ですぐ捕まるはずじゃ・・・ってずーーーーーっと気になってしまった(笑)
細かいことは抜きにして、全編タランティーノ監督の趣味趣向をぶち込んでるって感じで、エンターティメントとして何も考えずに見る分にはいいのかもね。
好きな女優さんが二人・・・ユマ・サーマンとルーシー・リュー・・・も出ていることだし。

パート2も見るぞっ!

『座頭市』
こちらもストーリーは単純。ビート・たけしらしい映像美&音楽の使い方も良かった。
が、が、が、私は役者としてのたけしさんが、あんまり・・・なんっす。
竹中直人さんと同じで、どの役やっても金太郎飴・・・

しかし、『キル・ビル』と同じく、自分の作りたいように趣味趣向をぶち込んでエンターテイメントに仕上げる才能はすごいです。

|

« 映画『誰も知らない』を観た | トップページ | 今日の夕景 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/1526552

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『キル・ビル』&『座頭市』:

« 映画『誰も知らない』を観た | トップページ | 今日の夕景 »