« すーーーっきりっ! | トップページ | ★スマトラ沖大地震緊急募金 »

2005.01.05

泣いたーーーーーっ!

PCをリカバリしている間の待ち時間に 『Deep love(特別版) パオの物語』を読んだ。

pao2『Deep love(特別版) パオの物語』

著者: Yoshi

出版社:スターツ出版
発行年月: 2003年 07月
本体価格:857円 (税込:900円)

【内 容】
パオは都会の片隅の1軒家に生まれた。パオの母親のネロは、3匹の子犬を産んだ。3匹の名はパオ・コロ・トトだった。とてもささやかで暖かな家族だった。しかし、パオたち兄弟は離れ離れに…そして、そこで起こるさまざまな出来事…。パオは強くなっていく…。
2000年、春。ケータイサイトで発表され、アクセス数2000万件を突破した連載小説『Deep Love』シリーズ。その第1部『アユの物語』に登場したパオがアユと出会うまでのもう一つの物語。
楽天ぶっくすより

【感 想】
『Deep love』3部作は買ったまま、まだ読んでない。
本当は第一部を読んでからのほうがいいらしいんだけど、一番近くに置いてあった『パオの物語』から読んでしまった。

とにかく泣きましたですよ、この本。

しかし、ず、ずる~~いっ!
だってね、内容は動物好きだったら泣かずにはいられないようなことばかりなんだもん。

この中に描かれていることは、本当にすべてその通り。
弱者に厳しい世の中・・・現実はそういうこと。
でも、おじさん、おばさんが「現実は・・・」とか「命の重さは同じ」とか「命を大切に・・・」とか言っても若者の心にストレートに伝わるとは限らない。
その点、この本の作者、Yoshi が言うときっとストレートに若者たちの心に届くんだろうな。

その意味では、多くの若者たちに読んでほしいなぁ。
ただ、物語の最後に救いがないのは辛いけどね・・・
(第一部を読めば、なんらかの救いが描かれているのかな)

昔、勤めていた診療所の隣が区の保健所で、捕獲された犬たちの鳴き声がよく聞えていた。その犬たちの、少し将来の運命を想像すると辛くて「可哀そう」と思うことしかできなかった。
人間の勝手で放り出された動物たちに何もしてやれなかった自分が痛い・・・そんなことを思い出し、また泣いてしまったよ。

|

« すーーーっきりっ! | トップページ | ★スマトラ沖大地震緊急募金 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/2481470

この記事へのトラックバック一覧です: 泣いたーーーーーっ!:

« すーーーっきりっ! | トップページ | ★スマトラ沖大地震緊急募金 »