« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.28

えっ、今年初めて?!

昼前にラブ&セントをトリミングに連れて行く。

最近、ラブもセントも普通に歩いているのにガクンとずっこけたりする。

原因は明らかに「足の裏の毛の伸び過ぎ」で滑ってしまうから。

とにかく仕事が忙しくてトリミングが延び延びになっていた。毛が伸びて目を覆うようになったんで先月末だったか初めて顔から頭部は散髪してやった。けど足裏の爪と毛は伸び放題のまま。ペット用の爪切りはあるんだけど、恐いんです。血管まで切ってしまいそうで・・・

そういうわけで放置も限界に来て、ようやくトリミングへ連れていった。

maruri ラブとセントを預けてから、とにかくお肉が食べたくて、その名もズバリ『ビフテキ屋 まるり』(荻窪)へ。

ここ数日1日1食が続いていたんで、体の奥から「肉、肉、肉、肉食いて~!」の叫び声が。きっと本能的に体が足りない栄養素を要求しているのだと、その声に素直に従ったというわけ(笑)

お昼の「特選ビフテキ定食」を注文。レアでしかもニンニクたっぷり付きで焼いてもらう。

ねっねっ、これなら一挙に元気が出そうでしょう!

ご飯・味噌汁つきで990円にしてはお肉はボリュームあるし、レアにしたおかげで柔らかくて(ミディアムにしたらお肉が硬くなりそうな予感がしたんだけど、ミディアムでも美味しかったかも)大満足。

しかし、意気込んだ食べ始めた割には肉の量が多すぎて1/3は残してしまった。

お店の人、ごめんなさい<(_ _)>

さて、明日から世の中はGW。

その間、私は次ぎの企画のためにお仕事っす・・・(-。-)y-゜゜゜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.27

久々に二日酔い(^_^;)

半日、ボ~ッ(^_^;)

昨日は夕方から恵比寿の某社で打ち合わせ。
地下鉄とJRで行ったんだけど、尼崎の事故もあり電車に乗るのにちょっと緊張してしまいました。

夜9時過ぎに打ち合わせが終わってから、役者のOさんに電話して10時に東中野でご対面。

Oさんは3月に私のHPを見て、同じ郷里出身ということでメールを下さった。でメールのやり取りで高校の後輩だったことが判明!
一度会いましょうということになっていたけど、仕事の都合で延び延びになっていた。それで、急遽、昨夜お会いすることになったというわけ。

サラリーマン経験もあり30歳から役者を目指しはじめたというOさんは「なりたい」という意欲と意志と希望に溢れており、話していてこっちもエネルギーをいただく。

初対面なのに、初めて会った気がしないのは同じ郷里の高校の先輩・後輩だから?
こうなったら、中野に住んでいる売れっ子脚本家のNさんに電話しないわけには行かない。このNさんも同じ高校出身者なんですわ。
12時頃、Nさんに電話したところ彼女の家で飲むことになり、二人でNさんのマンションに押しかける(笑)

年齢は違えど三人でミニ同窓会となった。
で、OさんとNさんは実家が近くでOさんのお兄さんとNさんが同級生ということも判明。話は弾み、結局、Nさんのところを出たのは午前4時頃だったか・・・(酔っててハッキリ覚えてない・・・(^_^;))

同郷というだけで、どこか家族みたいな親近感が沸いてきたり、人との出会いは面白いっす。

ちなみに大姉(私)・小姉(Nさん)で、この業界の仕事の厳しさをOさんに説いたような・・・

大姉・小姉の脅しにも負けず、我が道を突き進め、Oさん(笑)

ポジティブパワー全開のOさん、役者の仕事が順調に行きますよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.26

公演ご案内 『月下美人』

moon 『月下美人 ムーンライト・ハニー』

知り合いの浜野秀昭さん出演のお芝居です。

若い浜野君が頑張ってます。

ぜひご覧ください(^^♪

  4/28 4/29 4/30 5/1

場所 麻布 die Pratze
チケット 前売り2800円/当日3000円 
作・演出 POCHI田中   
出演 白川 空司 桃乃 すもも 
駱駝瘤 オイル 真我 佐助
山口 晴志郎 他

 お問い合わせはこちら →booyan100rolingspecial@yahoo.co.jp

詳細は公式HPへ http://setsugekka.tv/raccoondog/index3.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンラインDVDレンタル

便利そうなことは知っていたが、なかなか利用する気になれなかった。

お散歩コースには三軒もレンタルビデオ屋さんがあるし、それでなくても閉じこもりがちな日々、強制的に外に出るにはレンタルビデオ屋さんの存在は有効だった。

だがだがだが、4月に入ってレンタルビデオ屋さんに出かける時間さえもったいない状況に・・・

それでついにオンラインDVDレンタルを利用する決心をした。

大手三社を比較してみたところ

★TSUTAYA DISCAS(2週間無料)借り放題 2,079円(他コースあり)
★DMM(1ヶ月無料)          借り放題 1,980円
★ぽすれん(2週間無料)      借り放題 2,079円(他コースあり)

迷いに迷った挙句、無料期間を利用して三社全部に入会登録と各社二枚づつレンタル申し込みをしてみた。(計六枚無料で借りられたことに^_^;)

引越し16回の経験からして、業者を選ぶ場合かならず3~5社には見積もりに来てもらって一番安いところを選んでいたし、今回もそれに準ずることにしたわけ。

で、一番レスポンスが早かったのはぽすれん。

メールでの反応も、DVDの到着も他の二社と一日の差があった。他の二社はほぼ同時の対応だった。

返却時の応対もぽすれんが一番早い。

よって、オンラインレンタルはぽすれんに決定。

TSUTAYA DISCASは、一挙に多量の資料作品が見たい時のために月会費のかからない休会設定に。DMMも休会などの選択肢があればそうしたかったけど、涙を飲んで退会。

ぼすれんにはすでにもう何度かオンラインレンタルでDVDを借りているが、現物は郵便ポストに届いているし、返す時は我が家の目の前にあるポストに投函すればいいし、いやはやこれは便利っす。

これでますます、出不精になりそう・・・(^_^;)

※DVDの到着にかかる時間は住んでいる地域によって違うと思いますので。上記は我が家(東京23区内)の場合です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大惨事に・・・

気がつくと4月ももうすぐ終わり。

携帯連載脚本とスペシャルドラマ脚本の執筆で閉じこもって仕事しているうちに4月は過ぎてしまいました。

au携帯連載脚本『闇夜の花』は昨日、最終の12話目をUP(現在配信中)

朝から仕事をしていてると、隣のリビングのテレビから「脱線・・・」という言葉が聞えるようになり、ニュースは「脱線」一色になった。

昼すぎに初めて画面で脱線事故の映像を見て、仰天してしまった。

車両がマンションの駐車場に突っ込むなんて、どんなに想像力を巡らせても普通はあり得ない事だ!

現実はやすやすと虚構を超える・・・

相次ぐ大地震、そして今度の大事故。

天災、そして人災を目の当たりにして、人間がいかに脆い存在かを思わないではいられない。

26日午前7時16分現在、死者71人、負傷者441人

亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると同時に、まだ車内に残されている方々が一刻も早く救出されることをお祈りいたします。

原因についてはいろいろと考えられるようだけど、早い解明と再発防止の対策を!

<参考>尼崎脱線事故:なぜ起きた? 脱線のメカニズムを推測

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.04

神様に最も近かった人

現地時間4月2日午後9時37分(日本時間4月3日午前4時37分)、神様に最も近かった人間の一人であるローマ法王がお亡くなりになりました。享年84歳。
20050403romanus_pontifexヨハネ・パウロ二世





1920年 ポーランド生まれ
1978年 第264代教皇に選出。ヨハネ・パウロ2世と名乗る。
1981年 2月23-26日 日本訪問。東京・広島・長崎を訪れる。
2000年(大聖年)聖地エルサレムを訪問。ユダヤ教との歴史的和解への一歩を踏み出す。
2004年 東方正教会に2人の聖人の遺物を返還。長年の東西教会の分裂を乗り越える心からの望みを示す。

「空飛ぶ法王」と言われたように、世界の平和と人々の幸福を願い法王が歴訪した国は133カ国。移動した距離はのべ120万6975km(地球30週分ないし地球と月のあいだの距離の3倍に相当)。教皇就任時に国交をもっていたのは85カ国だったが、現在は174カ国(2003年時点)。
その数字からも世界の和解と平和の実現を願った法王のお心が伝わってきます。

2005年「世界平和の日」教皇メッセージ で今なお続くアフリカやパレスチナ、そしてイラク戦争を非難した法王。

 ・・・平和という善に至るためには、暴力は絶対に受け入れることのできない悪であり、決して問題解決にはならないことを、はっきりと自覚し、認めなければなりません。「暴力は虚偽です。なぜなら、わたしたちの信仰の真理、わたしたち人間性の真理に反するものだからです。暴力は、人間の尊厳と生命そして自由を守ると主張しますが、実はそれを破壊しているのです。・・・

私はプロテスタントの不良クリスチャンですが、偉大な宗教者・ローマ法王とのお別れを心から悲しむと同時に、神様のもとで永遠の安息のうちに憩うことができますよう、心からお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »