« 日本の時代劇 | トップページ | ブルーカードプロジェクト »

2005.05.10

秋田・青森に行ってきました!

4月9日から始まった17年度の秋田小坂町『康楽館』のお芝居、やっと観に行ってきました。

秋田小坂町『康楽館』

http://www.town.kosaka.akita.jp/kourakukan/kourakukan.htm

050507-1

5月7日午前1時過ぎに車で東京発。約650キロを走り午前9時過ぎに小坂町着。

そのまま午前10時と12時の公演を見て、宿へ。

座長の伊東元春さんの渾身の舞台。何度観ても、役者として人間として尊敬の念が湧き起こります。

5月8日は再び『康楽館』のお芝居を観て、午後からは隣町の青森県平賀町へ『消えし足音・・・』というお芝居を観に行きました。

『消えし足音・・・』は横須賀在住の俳優・山崎之也さんがブレヒトの詩を土台に書き下ろした脚本で演出も担当。山崎さんと共に親しくさせていただいている斎藤千恵子さんが朗読を担当。オーディションで選んだ4才から19才の地元の子供たち45人が主役という、とても感動的でパワフルな舞台でした。

この↓HPに詳しく書かれています。

http://www.h7.dion.ne.jp/~northern/hyousi/news.html

5月9日は十和田湖へ。前回は乗れなかった遊覧船に乗ったりとゆっくりと散策。

数時間でしたが、仕事から離れて旅気分のひと時。

午後4時頃、現地発。再び650キロを走って10日午前2時過ぎ無事、東京の我が家着。

『康楽館』3公演、『消えし足音・・・』と2泊3日で4公演観て、とても濃い2泊3日の旅でした。

今回はまたラブ&セントも同行。9日以外はほとんど旅館の中でお留守番のラブ&セントでしたが、昨年と同じく鹿角の元の湯旅館さんには快くペット同伴を受け入れていただき、大助かりでした。

それからそれから、今回は役者で郷里の高校の後輩のOさんが同行してくれました。

伊東元春さんの役者魂に惚れ込んでいる私の話を聞いて『康楽館』に行ってみたいということで、同行が実現。当日落ち合うまでOさんが車の運転が出来ると知らなかったけど、結果的には往復ほとんどすべてOさんが運転してくれて、今回の東北行きは私には何とまあ楽だったか(^^♪

おかげで、時間が有効に使えて、平賀町の近くの弘前までも短時間だったけど足を伸ばせたし、弘前城址の見事な桜(東北地方は今年は桜の開花が遅かったそうで)も見ることが出来ました。

Oさんには大感謝です<(_ _)>

さて、日常に戻って東北行きで遅れてしまった仕事、頑張らねば(^_^;)

観劇記・旅行記は一段落したらUPしますので(^.^)/~~~

|

« 日本の時代劇 | トップページ | ブルーカードプロジェクト »

WORKS」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/4066665

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田・青森に行ってきました!:

« 日本の時代劇 | トップページ | ブルーカードプロジェクト »