« さようなら、多田先生 | トップページ | 終わりの始まり »

2006.06.20

●わざわざ猛暑の試合を選んだ日本?!

ani_up13 6/20 ブログ『しだらでん』 c_09●W杯②怒りは続くよ・・・
 
ani_up13 6/20 ブログ『しだらでん』 c_09●W杯①もう聞きたくないっ!!!

|

« さようなら、多田先生 | トップページ | 終わりの始まり »

●ブログ『しだらでん』」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

サッカーにはまったく興味がなく、
D通にもまた、良い印象を持っていない者です。

が、今回の時間変更の件について。

もしもこの試合に勝っていたら
D通は大手柄。国民のおよそ68.6%かそれ以上には
間違いなく感謝されたのでしょう。

あるいは、勝っていたにも関わらず 日本で放送できない、
もしくは深夜早朝の放送であったら…?
よい時間をセッティングできなかったD通にも、
テレビ局側にも、そして連盟にも
非難が集中したのではないでしょうか。

良い放送時間に時間を変更したことを
マスコミの善意だというつもりはありませんが
『4年に一度の熱意にあふれた市場』
があったからこその結果だと思っています。

スポーツは結果がすべてです。
もちろん、マスコミの都合でわざわざ猛暑の中
試合させられた選手たちには大変気の毒ですが
それでも戦わねばならないのであれば
その状況の中で全力を出すしかありませんよね。

実際に戦い、自分たちの非力さも体力のなさも身にしみた
選手たちからではなく、
監督からの告発であったことが情けない気分でもあります。
選手たちをかばったつもりなのかもしれませんが。

スケジュールは各国で調整のうえ、連盟が認め
公式に発表されているものです。
勝てなかった試合の後で騒ぎ立てることに、
何の意味があるのでしょうか。

今頃 そんなことを言い出して波風を立てるくらいなら
もっと早い時期に発言し、改善を求めるなど
選手を守るためのアクションを起こせなかったのか。
試合が終わった今となっては、言い訳にしか聞こえない気もします。

ご覧になって気分を害された方がいらしたらごめんなさい。
管理者さま、不適切でしたら削除お願いします。

長文にて失礼いたしました。

投稿: 通りがかりの者 | 2006.06.20 12:36

貴重なご意見ありがとうございました。

スポーツだけでなく、何事にも結果がすべて。
そのことは百も承知しております。

だから、どの時間帯に試合をしたにせよ、勝っても負けても選手たちが全力を尽くしたことに代わりは無いので、結果は結果として受け止めるしかないと思っています。

ただ問題は、不自然に試合の時間を変更させたことです。

私が(個人的)怒りの記事を書いた背景には、今のテレビ業界=視聴率至上主義に対する苛立ちが前提にあり、その背後で日本のメディアを操るD通に対する苛立ちがあるわけで。

世界的に、サッカーがそしてW杯が巨額が動くスポーツ産業になっていることも知っています。
産業にあっては通りすがりさんが書かれているように『4年に一度の熱意にあふれた市場』で「稼ぐ=視聴率を取る」ことが最大の命題です。

私はクロアチア戦が終わってのジーコ監督の一言を聴くまで、試合日程が変更になったのだということを知りませんでした。
知ってしまった以上、スポーツまでもが産業に食いモノにされている現状をヨシとすることはできません。

選手たちはプロです。だからこそ、選手たちの中から時間変更に対する不満が出せないのだと私は感じています。
その意味で日本の選手たちが気の毒・・その気持ちは変わりません。

終わった後に言うな・・・

しかし、次のために、今、言っておかなければ、また同じことが繰り返されますからね。

そういうことで、いろんな意見が表に出ること・・・それが一番大切かと。

投稿: ラブママ | 2006.06.20 13:58

ラブママさま。

丁寧なコメントありがとうございます。
おっしゃること、まさにその通りです。
私もD通をかばうつもりは毛頭ありません。
てか、大嫌い!<をい。

ただ、監督からの発言であったことがショックだったという点。
そしてこんな自体を招いてしまったことの一因が
普段はまったくサッカーに頓着せず、ルールも知らないのに
こんなときだけ熱狂する一部(とはいえかなりの多数)の
似非ファンたちの熱狂ぶりだったことは否めないのでは
との思いから、コメントさせていただきました。

そういう方たちは、もしも勝っていたら
日曜の夜に放送されたことに誰よりも感謝したはずなのに
そのくせ、今回の件で一番騒ぎ立てているように
感じたものですから。
ああ、私って心が狭い。

スポーツが金儲けのタネになってしまっていること。
これはもう、戻れない悪癖なのかもしれません。
大変悲しいことですが。
マーケットがあるところ、経済は存在し
潤すためのシステムが生まれ、それを享受する人々が存在する。
それがヒトが作ってきた「経済」という歯車なのかもしれません。

たびたび長文で失礼いたしました。
また、そっと
立ち寄らせていただきます。

お体ご自愛ください。

投稿: 通りがかりの者 | 2006.06.20 14:50

あ〜?まだ「終わって」ませんよ(笑)

日本時間では、6月23日の早朝4時から、
現地時間では、6月22日の夜9時から。
すでに、決勝トーナメント進出を決めた
ブラジルとの1戦が、まだ残ってます。

条件的に対等の、初戦のオーストラリアに
「1ー3で逆転負けした」ことが全てです。
「引き分けた」ことに、怒りはありません。

「本気でくる、ブラジルに、1点差で勝つ」のと
「無理をしないブラジルに、2点差で勝つ」のと
どっちが「難しい」のか?私には判断できません。

たかがスポーツの「サッカーで飯を食える」のは、
「プロスポーツのマーケットが出来てる」おかげ。
マーケットの要望とあれば、放送時間変更ぐらい、
まあ「やむを得ない」んじゃ、ないでしょうかね?

投稿: たまり | 2006.06.21 23:29

>通りがかりの者さま
>たまりさま

コメントありがとうございます。

皆さんのご意見は、それぞれによく分かります。

ただ、私の場合、どうしても選手たちの在りようと自分の仕事をついつい重ねてしまうんですよね(^^ゞ
視聴率(お客様)に支えられている仕事ではあるけれど、一時的に視聴率(お客様)を得ても、内容が悪ければ視聴率(お客様)は離れていく・・・

一つ一つ気を抜かずに全力で戦うことが、選手にとっては自分の人生の明日に繋がっていくわけで。

私はできることなら、視聴率のためなどと妙な変更をしないで、選手たちに悔いが残らないよう、予め決められたスケジュールでやらせてあげて欲しかった。

(さすがにブラジル戦だけは、ブラジルを動かすことができなくて変更できなかったようですが)

スケジュールを金の力で変更させる=視聴率までもお金で買おうとする日本のやり方に怒りを感じます。

・・・ということです(^_^;)

投稿: ラブママ | 2006.06.22 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/10604242

この記事へのトラックバック一覧です: ●わざわざ猛暑の試合を選んだ日本?!:

« さようなら、多田先生 | トップページ | 終わりの始まり »