« 創作:「天邪鬼タマ」の独白(2) | トップページ | 映画「グエムル 漢江の怪物」 »

2006.08.29

創作:「天邪鬼タマ」の独白(1)

※注:ここに記されたことは、あくまでも創作であり、事実とは異なります。

創作:「天邪鬼タマ」の独白(1)


生まれて初めて見た色は青だった。
天空に広がる輝く空の青。
その青はきらきら光る海へとつながっていた。

空と海が青でつながるところ。
ここはフランス領ポリネシア。「南海の楽園」といわれる美しい島・タヒチ。

わたしはこの島で生まれた。

ジャーマンシェパードのママとパパは誰もが褒めるほど毛並みが美しく、賢そうな顔をしている。
だけど、わたしはママやパパのように美しくはない。
なぜなら、わたしは本当のパパが誰か知らないから。
私たちのご主人は、わたしが生まれた時、てっきりパパの子供だと思ったらしい。でも、一ヶ月経ち、二ヶ月経ち、毛並みや顔立ちからわたしはパパの子供ではないことが分かった。
どうやら、名前も寝床もない野犬とママが仲良くなってわたしが生まれたらしい。

「なぁんだ、雑種か。だったら・・・したのに」

「・・・」のところはよく聞こえなかったけど、ご主人をガッカリさせてしまったのは間違いない。
パパとママはちゃあんと血統書ってのがあるけど、雑種では血統書がもらえないらしい。
あまりご主人がガッカリするので・・・

(わたし、生まれてないほうがよかったのかなぁ)

一瞬だけど、そう思ってしまった。

でも、野犬に比べたら、わたしはずいぶん幸せだと思う。
餌を探して歩き回らなくても、朝と夜、ちゃあんとご主人が食事をくれるんだもの。

「クマ、ミツ、それからタマ、ご飯だよ」

あ、食事の時間だ。
今日のメインは予想通り鶏だ。なんで予想通りかっていうと、ご主人が車で出かけると時々、野生の鶏を拾ってくるの。

この島には野生の犬や猫だけでなくて野生の鼠や鶏もたくさんいて、車に撥ねられたそんな動物の死体が道端によく転がっている。

ご主人はこの島に住んで8年になるけど、楽しみの一つはドライブ中にそんな鶏の死骸を発見することなんだって。
この前もドライブ中、道端に茶色の塊を見つけて

「今夜のディナーは決まりだね」

と嬉しそうに笑った。
でも、近づいてよく見るとそれは野鶏じゃなくて野猫の死骸。

「チッ、残念」

ご主人は野猫の死骸から目をそらしてアクセルを踏んだ。

実はこの時、わたしも内心、(残念)と思った。
だって新鮮な鶏の死骸だったらお肉はご主人が食べて、骨はわたしたち犬のご馳走にもらえる。
もし、傷んだ鶏だったら、そのまま丸ごとわたしたちのディナーになるもの。

この前、日本からやって来たお客さんはその話を聞いてビックリしていた。
日本も昔は野犬や野猫がたくさんいて動物の死体が道端に転がっていた時代があったそうだ。それに、その時代には家で飼っている鶏を殺して食べていたという。だけど、今では野犬や野猫は減り、鶏の肉はすべてパックに詰められて売られているんだってね。
ここでは鶏の肉はスーパーで買わなくても道端に落ちている。いつもってわけじゃないけど。

車に撥ねられた鶏さえも粗末にせず、食べつくしてあげる。

「鶏も本望じゃないの。道端で腐っていくよりは」

ご主人はそう言っていた。
確かに、そうかもしれない。

ようやく私の前に鶏のお皿が来た。
美味しそうなお肉はパパとママが先で、わたしのお皿には骨の方が多いけど、でもわたし好き嫌いはないから。

(いただきま~す!)

美味しい物を食べている時に不機嫌になる人はいないって言うけど、本当に食べている時って幸せ。
でも、そんな幸せな気分も長くは続かなかった。
明日は月末だということを思い出してしまったのだ。

いつも月末になるとご主人はパペーテに行く。
パペーテというのは仏領ポリネシアの首都で、タヒチ島最大の都市。
仏領ポリネシアの118の島の中には椰子の木よりも高い建物を建てることを禁じている島もあるけど、パペーテには大きなビルやショッピングセンターやスーパーなどがあって大都会だ。
で、なぜご主人のパペーテ行きのことを思い出して憂鬱になったかというと、パペーテは車の渋滞がすごい。ご主人はこの渋滞が大嫌いなのだ。

「なんてことなの。日本の渋滞が嫌でタヒチに移り住んだというのに、タヒチでも渋滞に遭うなんて。そもそも、渋滞に甘んじる心理は、社会の流れに唯々諾々と従う心理に繋がるのよ。つまり渋滞は、人が自由に生きたいと思う欲求を無意識に潰す効果を生み出している。だからそれに巻き込まれるなんて我慢できないの」

だったら、まずは車に乗らなきゃいいのに、とわたしは思ってしまった。
だって渋滞ってたくさんの車が走るから生じるわけで、そんなに渋滞が嫌いなら車に乗らなきゃ“自由に生きたいと思う欲求を”潰されることもないわけでしょう。
あ、もう一つの方法として、自分だけの抜け道を発見する努力をするとか。
などと、わたしは思うんだけどね。

そういうわけで、パペーテから帰って来るとご主人は必ず不機嫌になっている。そのことが一番辛い。
ご主人が喜んでくれることがわたしたち犬にとっても一番の喜びなわけで、どうすればご主人のご機嫌が早く良くなるかいろいろ考えてしまう。
この前、土に埋めておいた取っておきの骨をご主人にあげようと思ったけど、

「汚い骨なんか持ってこないで!」

って怒らせちゃって、骨はゴミ箱に捨てられてしまった。

パパやママは何もしなくてもそこにいるだけでご主人を和ませることができる。
でも、わたしはどんなに努力してもご主人をイラつかせてしまうらしい。
だから、パパとママには立派な犬小屋があるけど、わたしにはない。
わたしが雑種だから嫌われてしまうの・・・?

|

« 創作:「天邪鬼タマ」の独白(2) | トップページ | 映画「グエムル 漢江の怪物」 »

創作:「天邪鬼タマ」の独白」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/11664740

この記事へのトラックバック一覧です: 創作:「天邪鬼タマ」の独白(1):

« 創作:「天邪鬼タマ」の独白(2) | トップページ | 映画「グエムル 漢江の怪物」 »