« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.27

メルマガ『彼女がネットストーカーになった理由(わけ)』 4号

メルマガ『彼女がネットストーカーになった理由(わけ)』 4号

本日発行しました。

前回の発行から、ずいぶん時間が経ってしまいました。
半年間発行がない場合は、休刊扱いになるとか。

ということで、今号はネットストーカー・人格障害問題に関して、私が参考に読んだ本をご紹介させていただきました。

読んでみてくださいね。

メルマガ登録はこちらからどうぞ。
http://blog.mag2.com/m/log/0000192734/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダイエット成功 ?!

昨日、動物病院にセントを連れて行った。

なんと、体重が5.5kg.に減っていた・・・ラブより痩せた ?!

0607_food2 5月に計った時には7kgを.オーバー。成犬になってからこの5年近く6kg.以下になったことがなく、ずっとダイエットが大きな課題だったのに・・・。
ハードフードを減らして温野菜やお豆腐や納豆などをトッピングしてダイエットの努力はしていたけど、動物病院の体重計の5.5kgの数字を見て逆に心配になってしまった。

食欲は相変わらず恐ろしいくらい旺盛。
数日前も、手の届かないところに置いていたつもりの小袋入りのジャーキー、気がついたら袋が破れて空になっていた。
ごほうびとおやつにラブとセントに同じ量だけ与えており、4、5日分はあったのに(ーー;)
(セントを超怒ったのはいうまでもない。怒った後はいつも自分自身を反省。手に届くところに置いていた私が悪い・・・と。怒るほうも心が痛いんです^_^;)

当然、また体重が増えているかな・・・と恐る恐る動物病院に連れて行ったんだけどね。
あ、動物病院に連れて行った目的はそれじゃなくて、セントの喉のあたりの皮膚が肥厚してきたと思ったら、あっという間に化膿して、悲惨な状態になってしまった。
ラブは全く異常がないのに・・・。

いろいろ原因を考えるに、ドッグフードのアレルギーの疑いがかなり濃い。
いつものドッグフードが切れたけど、仕事で篭り中でいつものところに買いにいく時間が取れなかったので、すぐ近くの「ロー○ン100」で売っている一袋100円のドッグフードを数日間与えた。ドッグフードの大手メーカーの品だから大丈夫と思っていたんだけど・・・

同じシーズーで同じものを食べさせても、人間と同じで体質が違うんだということを改めて突きつけられた感じ。

1週間分の飲み薬を貰い、体重減少の原因として糖尿病の疑いがあるので検査することになった。5月の検査では糖尿の気は全くなかったんだけどなぁ。

ハァ、病気に対する心配は人間と同じだ・・・。

↓ ダイエット用トッピングのいろいろ ↓
キャベツ、納豆、煮干、糸こんにゃく、トマト、キューリ、ニンジン、ヒジキのペースト等など。
0607_food1  0607_food3  0607_food5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.23

崖っぷちわんちゃん、やっと救出!

助かったワン! 徳島市の眉山斜面、孤立の犬を救出(徳島新聞)
http://www.topics.or.jp/News/news2006112210.html

仕事をしながらも気になって仕方がなかった崖っぷちわんちゃん。
レスキュー隊の皆様には本当にご苦労さま。

・・・・・・なんだけど、どうも、あまり犬のことを知らない人たちが救出計画を立てているようで、最後までハラハラしてしまう。

テレビのコメンテーターは犬が尻尾を振っているのは「(救出を)喜んでいる」みたいなコメントをして、動物学者に「犬は緊張した時も尻尾を振るんです。ストレスを和らげるために」と叱られていた。

なにはともあれ、救出されてホッ。

2006112212_1 200611226_1 200611223_1

2006112210_1 2006112211_1 200611222_2

2006112214_1 2006112213_2

救う神あれば、殺す鬼畜もいる。

11月18日、4月に公園で拾った生後1年未満の猫を惨殺してネットで公開した男(20)が動愛法違反で書類送検された。

男は「殺したことを自慢したかった」と話しているという。

“野良猫が増えたら困るだろう。みんなそう思ってるくせに自分の手を汚すのがイヤだから見て見ぬ振りしてんだろうよ。だから鬼畜といわれるかもしれんが、オイラが自分の手を汚してまで始末してやったんだよ。ホラ、この画像見て、命の尊厳ってやつでも議論してくれや”

・・・・・と思ったかどうかは知らないが、坂東理論がここでも当てはまるような気がする。
「ニュース速報板公式まとめWik」は坂東眞砂子・子猫仔犬殺し事件の経過・詳細がすばらしく良くまとめられたサイトだったのに、全体的に閉鎖されたのか見られなくなってしまった。

ポリネシア政府が坂東起訴のニュース、その後の経過はどうなったんだろう?
経過が分かるサイトをご存じの人は教えてください<m(__)m>

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.11.19

立てるんです・・風太クン的犬

   061020_mobile_062_1  061020_mobile_0592

かなり長時間このカッコウで立っています。
特におやつが欲しい時、二匹が立ったままじっと私を見つめて無言の要求・・・
四つの目のプレッシャーに負けて、ついおやつを・・・はい、私はおやつより甘い親です。

ラブ(左)は二本足で立ってますが、お尻の重いセント(右)はお尻を床に下ろして立ってることが多いです。(肥満児セント。お腹のポヨポヨ具合が違うでしょう(^_^;))
ちなみに・・・立ったままでは歩けません。歩く練習したけど・・・

ついでにもうひとつ我が子自慢。
「待てるんです」

Gohoubi_2

一昨日の「ぽちたま」で“よし”の合図があるまで両手にチーズを置いたままの黒ラブちゃんが紹介されてましたが、ラブ&セントも“いただきま~す。よし!”の合図があるまで↑のカッコウでずっと待ちます。
かなりの長時間でも、待ってます。

緑のおやつは歯によいグリニーズ。白い棒は、犬用ガム。
私が仕事などで長時間出かける時に与える定番おやつ。

おやつを夢中で食べている間に、そっと出かけます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.11.18

もしかして、怒ってる?

061112_mobile_003
実は仕事の合間に、ラブの伸びた前髪が気になって、ちゃっちゃっちゃと切りはじめたのはいいけど・・・

収拾がつかなくなって・・・・・・・

よく見たら・・・
切り口が
ギザギザグチャグャグチャ(>_<)


061112_mobile_011

ラブ「美人が台無しだワン(怒)」

と怒っているように見え・・・

しかし、あまりに変な髪型になったので、ラブを見るたびに笑ってしまう。

ラブよ、すまん。許せ。




061112_mobile_008_1 ラブ「お詫びに、なんかちょうだい!」

←おやつを要求するときのポーズ

ちなみにうちのワン子達は、おやつが欲しいときには口の中でなんかゴニャゴニャ言いながら、立ってじっと私を見る。

私「こんにちは」→ラブ&セント立つ→おやつをあげる
とトレーニングしてきたのでラブ&セントには「立つ→おやつ」とインプットされているらしい。

仕事をしている背後で、ラブのモゴモゴ愚図る声(吠えるのは禁止しているので、吠えない)が聞こえるので振り向くと、写真の格好でラブがじっと私の背中を見つめている・・・のは毎日繰り返されている光景です(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.11.14

ま、またPCが・・・

「入力信号がありません」

メインスイッチを入れると上記文字が表示され、ウンともスンとも画面が変わらない。
いやいや、今回はウンともスンともじゃなくて、規則的にビープ音が鳴り続ける、というイヤな状態。

9月に「入力信号がありません」状態になった時にサポセンにSOSして対処法を教えて貰った。なので今回はちと余裕で早速対処。といっても、周辺機器の接続をすべて取り外し、電源を一端抜いてから、再度接続し直す・・・前回はこれですぐに回復した。

が、が、が、今回は何度やり直しても「入力信号がありません」とビープ音状態が続く。
10回ほど繰り返して、ついにお手上げ。
サポセンに電話したら、もしかして、マザーボードに不具合が生じているのかも、持ち込み修理しないとダメだろうと、恐ろしいことを言われる。

企画書の締め切り、遅れており焦りまくっているところに・・・まさに泣きっ面に熊ン蜂
ここのところ、PC酷使していたからなぁ・・・一端立ちあげると20時間くらい連続つけっ放し、しかも連日そんな使用状況だった。
我がPCは少し前から立ち上がりが非常に遅くなっており、メモリー増設した方がいいなと思いながらもズルズル今日まで来ている。
立ち上がりが遅いので、食事などでPCから離れる際も付けっ放しにしている。
前回、「入力信号がありません」の原因の一つとしてサポセンの人が「休止状態」にするよりは付けっ放しの方がまだいいかもしれないと言っていたので、それ以来、「休止状態」や「スタンバイ」にせずに付けっ放しにしているわけなんだけど・・・

それでもまた出てしまった「入力信号がありません」・・・

前回は認識しなくなったDVDも一緒に持ち込みで修理して貰う予定だったけど、PCが使える状態に回復したので持ち込み修理はキャンセル。以降、外付けHDD増設、メモリースティック10GBでバックアップ体勢は整えていた。
が、が、が、順調にPCが動き出すと、いつの間にかバックアップも疎かになって、最新のバックアップが取っていないままだ。

しかし、今回に至ってマザーボードの不具合の可能性と言われると、個人ではもうどうにも対処できない。
修理に出すと1週間はかかるというけど仕方がない。ここは潔く最新の企画書はもう一度書き直す覚悟を決めて、修理を依頼した。

翌午前中(これを書いている時点では今朝)に富士通から手配の宅配業者が取りにきてくれることになった。
また、これで仕事が遅れる事になって、待っていただいているPの顔がチラホラするが、PCの故障を理由にするわけにも行かず、ここは黙って黙々と仕事を進めるしかない。

そんなこんなで、夕飯前にデスクの上のHDDとディスプレーをリビングに持っていって、汚れやホコリを掃除。すぐに宅配業者に引き渡せるよう準備OKの状態に。

最後の最後に、念のため床の上に置いたHDDとディスプレーを繫いで立ちあげて見た。
すると、なんとなんと、正常に立ち上がった!!!!!

ラブ&セントが床の上に置かれたPCの周りを何事かとウロウロ。
5時を回ると今度は夕飯を要求して私にまとわりついてくる。
彼女らの腹時計は正確だ。
「おかあさんは大事なお仕事をしてるんだから、ちょっとだけ待ちなさい!」
と彼女らに怒鳴って、正常なうちに最新の仕事をメモリースティックにバックアップしてホッと一息。

そして考えた。
不安定なまま使い続けるのは不安だけど、仕事が差し迫っている今、このまま使えるものなら使い続けたい。
それにマザーボードやDVDの修理などで5万円くらいの出費は必要かも。だが、その出費、今はヒジョーに痛い・・・
というわけで、明日の修理予定はまたまたキャンセルを入れる。
昨日は結局半日PCのことで空転してしまった。
やれやれ・・・

今のパソコンはノートPCを入れると4台目。
初代のデスクトップPCは約5年目に突然弾ける音と共に真っ暗になってしまい、サポセンに電話して状況を話したら、すぐに新品のディスプレーを持ってきて取り替えてくれた。
「弾ける音がした」と伝えた時、「火花は出ましたか」と聞き返された。「火花」そのものは目では確認してないが、「そんな感じだった」と私が答えたので、部品の不具合か不良品として即対処してくれたんだと思う。

その後、新たに購入した今使っている問題のデスクトップは、いつの間にかもう4年目だ。今のPCや家電は5年くらいで故障するようになっているなどと聴いたことがあるけど、そうだとしたらそろそろヤバイ時期に入っているのかも。

今回の教訓。

悪あがきはしてみるもんだ。
そして
バックアップはこまめに。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.11.08

早朝、セント逃走・・・

「おかあさんのお手伝いおねがいね。ラブはおかあさんとゴミ出し、セントはしっかりお留守番しててね」

というのが、我が家のゴミ出しの日の決まり。
お散歩に連れて行けない日が続くと、ちょっとでもワン子達を外の空気の中に連れていってやりたいと思う。
それで半年くらい前から、ノーリードでラブだけゴミ出しに連れていっている。

ゴミ出しの時間は朝6時から7時の間。7時過ぎると他の住民と出会う可能性があり、うちのワン子達は人を見ると嬉しがって飛びついていくので、ノーリードでは連れて行けない。

ドアを出て、エレベーターで1階まで降りて、マンション前の道の所定の位置にゴミを出して13階まで戻ってくる・・・この間6、7分。

ラブに関しては、ノーリードでも絶対に私の傍から離れないという確信があったが、その通り、ラブはノーリードでちょこちょこと私の傍を着いて歩く。
エレベーターの中でもお利口に「シット(お座り)」している。
エレベーターに関しては乗る前と中にいる時、端の方で静かに「シット(お座り)」しているよういつも厳しく躾ている。

うちのマンションは便利がいいこともあって古くからの住民が多い。ということは高齢者もたくさんいるので、ラブ&セントがお年寄りに飛びついたりして、怪我でもさせてしまったら大変。なのでエレベーターの乗り降りも、私が「ゴー」の合図をするまでは勝手に出入りしないよう躾けている。
なにより、事故を起こしてペット禁止になったりしたら困るし・・・
集合住宅に住んでいる限り、ペットにきちんとマナーを躾けるのはペットのためにも他の住民のためにも大事。

そういうわけで、ラブは何の問題もなく週に数回、ゴミ出しにノーリードでついてくる。
ゴミ出しが終わり部屋に戻ると「お手伝いありがとう! お留守番ありがとう!」とラブ&セントを思いっきり誉めてやる。

で、で、で、いつもラブばかり連れて行くので、ふと、今日はセントを連れていってみようかと“魔が差した”。

エレベーターの中では、超お利口に静かに「シット(お座り)」していたのに、セントはやはりセントだった。

表の道に出た途端、歩道を走り出したのだ!

061108_mobile_0052_1早朝といえどもすぐそばを車がビュンビュン走っている。
私は真っ青になって、セントを追いかけた!

脳裏に数年前のセント逃走事件が甦る。
新宿西口でギリヤーク尼ケ崎さん恒例の広場での舞踏公演があった時、ラブ&セントを連れて近くの歩道の上から広場のギリヤークさんの踊りを見ていた。すると通りかかった若い女性三人がラブ&セントを見て、「可愛い~」と撫でてくれた。ラブ&セントは喜びまくり。その時、大きめだった胴輪からセントの体がスルリと抜けて、ノーリードでセントが歩道を疾走・・・

女性三人と私とでセントを追いかけた。なにしろ、すぐそばは西新宿の幹線で車がビュンビュン。
私は思わず「セント! 待ちなさい! とまれっ!」とか喚いた。
すると女性の一人が言った。「名前を呼ばない方がいいですよ。もっと逃げていくから」

なるほど、そうか!!!!!!
名前を呼ぶと、遊んでもらっていると思って、もっと逃げる?!

その時のことを思い出したので、私はセントが車道に向かわないことだけを祈りながら、早朝の街をひたすらセントを追いかけて走る、走る・・・・・・・・・・・・・

ようやく、散歩の時に左折する脇道までセントが差しかかったので、「レフト、レフト」と叫んでみる。
と、セントは幹線沿いを外れて細い脇道に入ってくれて、ようやっと身柄確保!
疲れた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

早朝の青梅街道、すっぴんで髪振り乱して、犬を追って疾走していたのはわたしです(*_*;

061108_mobile_0032_1  しっかりセントを腕に抱いて戻ってきたら、今朝は富士山がとても綺麗に見えていた。
昨日の強風のせいで、今朝は空気が澄んでいるらしい。ホッ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.11.04

blog『おーるさんの猫日記』

作家・板東眞砂子の「子猫・仔犬殺し」について考えている間、いつもおーるさんのことが頭の片隅にあった。

この問題、おーるさんなら、なんと言うだろうか?

今年2月初めに、可愛がっていた野良の“ブサイクちゃん”が死んだ時、おーるさんはこんな詩をブサイクちゃんに送っている。

   
   ブサイクへの鎮魂歌

   今日の散歩はブサイク、おまえだけだ
   さあ、オレを振り返らず行くんだ
   そう、その道だ
   天に届く道

   振り返っちゃダメだ
   こっちに来ようとしたって無理なんだよ
   オレ、ここで見守ってるから
   安心して行け
   登れ

   どうだ?
   体、軽いだろ?
   戻って来ちゃダメだ
   この世は苦しむだけの世界
   二度と戻って来るんじゃない

   そして飛べ!ブサイク
   あの陰鬱な雨雲を突き抜けて
   燦々と輝く太陽へ
   大気圏を突き破って
   漆黒の宇宙へ
   飛べ!

   さようなら
   おまえはもう自由だ
   またいつかきっと会える
   いつでもオレが見守ってるから
   オレを振り返るな
   安心して
   その光の中へ
   飛び込むんだ

   ラブラブも、イチコもニコも、ナメタロウだって、クロベエもハナも、
   チロやウサやミーだって、エリと、えーとマアだって
   きっとそう思ってるんだ
   ブサイクありがとうって
   だから安心して
   そして
   また会うまでのサヨウナラだ

それから1ヵ月半後の3月21日午前、おーるさんは日記を書いたあと自転車でスーパーに行き、駐車場で膝を折るようにしゃがみこみ、そのままブサイクちゃんやご両親の待つ天へ行ってしまった。

遺されたのは面倒をみていた十数匹の猫たちと、足掛け10年に及ぶ膨大な日記。

その日記には、地方の不況に喘ぐ町工場からインターネットを通して巨悪を告発し続けたおーるさんの言葉がぎっしり詰まっている。
また、耐震偽装事件やライブドア事件でおーるさんの作った巨悪の相関図は、マスコミ関係でも使用されたほど、解りやすく、かつ緻密なものだった。

同時に日記には野良猫たちとの生活が、愛情溢れる優しい眼差しで書かれている。
極貧といってもいい生活の中で、不妊・去勢手術の費用もままならず、かといって間引きも捨てることもできず、生まれた命には責任を持つと言い気がつけば十数匹の猫と暮らしていた。

膨大なおーるさんの日記の中から、猫との生活を抜き出したのが

『おーるさんの猫日記』
http://allsan-nekonikki.cocolog-nifty.com/blog/


おーるさんと猫たちとのこと、読むごとにいろいろと考えさせられます。


参考: ●おーるさんの『No War♪』 (しだらでん 06年3月24日)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.11.03

『よむ-きく-あそぶ-Amazon MyStore』開店

よむ-きく-あそぶ-Amazon MyStore』 を開店しました。

本、コミック、DVD、CD、ゲームなど私のお勧めアイテムというか、私が欲しいものなどをご紹介。

サイドバー左下のAmazonコーナーからも行けます。

早速、友人知人の本をご紹介しております。

『心からのメッセージ―Message from the Heart』
by 倉田 知典   ¥ 1,470
重度肢体不自由の倉田さんが足でキーボードを打って書き綴った珠玉の一冊。

コミック『鉄板少女アカネ 1 』
by 青木 健生   ¥ 550
青木建生さん原作で、テレビドラマ好評放映中!

コミック『ナイトエンジェル 1』
by YUKO   ¥ 580
原作は銀座ホステス経験ありのYUKOさん。好評発売中!

あ、追加で関ジャニ∞「山田」主演の原作「自転車少年記-あの風の中へ 」を入れました。

『自転車少年記-あの風の中へ』
by 竹内 真  ¥ 460


ぜひクリックしてみてね!!!

| | コメント (4) | トラックバック (6)

映画『ターミナル』

      See-Saw☆サロンにUPしました。

      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.01

ショック! ついにセントが・・・

私がベッドに横になると、ラブとセントはどこにいても走ってきてベッドに駆け上がる。

ところが約1年ほど前、ラブがベッドに飛び上がれなくなったのを知った時はショックだった。見た目は全然変わらないのに、やはりちゃんと年を取ってるんだ・・・とその現実を突きつけられたようで。
ラブ自身も駆け上がれない自分がもどかしいようで「ワンワン」と吠える。家の中での無駄吠えは厳しく叱るんだけど、この場合は仕方がない。
なので、軽く手を添えて「ワン、ツー、スリー!」で上がらせてやる。
そうしている内に最近では再び身軽にベッドに飛び上がれるようになった。

ホッとしていたら、見てしまった。今度はセントが飛び上がれなくなっていたのを。
ラブよりも体重が1キロも重い肥満児セントだけど、ベッドには軽々と飛び乗っていた。それが、飛び上がろうとしてお尻からズルッと落ちてしまったのだ。
セントよ、お前までも・・・(涙)
ラブ7才7ヶ月、セント6才2ヶ月・・・人間でいえばもう中年か・・・

0611_bed_001
それで彼女達のために、使ってない三角のクッションを二つ繫げてシーツで包んで階段を作ってやった。

0611_bed_003

セントさん、こんな感じでいかが?

0611_bed_004
これなら上がるの簡単だよね。
名案でしょう!


0611_bed_005
降りる時も大丈夫だね。

何事も慎重なラブは恐る恐る。

0611_bed_006_1
とりあえず、一応、OKということで。

0611_bed_007
わ~い、ベッドの上は天国じゃ♪

と、あられもない姿のセントさん。





老いは静かに忍び寄っている・・・

他人事ではありませぬ・・・(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画『やさしい嘘』


Depuis_quotar_est_parti_1 See-Saw☆サロンにUPしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »