« 危ない食(4)・・フェイク(もどき)食品、その他 | トップページ | ありがとう&さようなら、まさお君 »

2006.12.14

危ない食(5)・・異論・反論ありましょうが

危ない食(1)~(4)に書いたことは、あくまで私がそれらの記事を読み、そして私自身の生活の中で危ないか安全か、食べるか食べないかを決めたことを書いたものです。

いくつかの記事をもってして、「絶対危険」と危機を煽るのが目的ではありません。

取り上げた記事の中に疑問を感じたのなら、どうぞご自分で調べて、ご自分の食生活はご自分で守ってください。

ところで、これまでの記事に対して、熱処理をしてないマヨネーズはどうなのか?という疑問が提示されました。

危ない食(1)
■健康を守るのトランス脂肪酸対策
http://www.food-safety.gr.jp/syokuhinhyouji/kennkouwomamorutaisaku.htm


の中に③マヨネーズは多く摂り過ぎない。と書かれています。
その根拠を私なりに調べてみました。

マヨネーズは植物油(サラダオイル)、鶏卵、醸造酢から作られています。
サラダオイルの昔の製法は、原料から機械で搾り取るという単純な作り方でした。しかし、現在のほとんどの製法では高温下での化学処理を経て製品化されている。トランス脂肪酸は「高温」で発生するので、現在の製法では出来上がった油にトランス脂肪酸が含まれてしまいます。
よって、トランス脂肪酸を含んだサラダオイルで作ったマヨネーズは多く取り過ぎないほうがいい、ということなのでしょう。

【参 考】 油脂中のトランス脂肪酸測定結果2006年6月27日

http://homepage2.nifty.com/smark/TrFAMeas.htm

上記HPの表から、大豆、ナタネ、コーン、米など高温で生成されたものや人工合成油脂、圧搾絞りの油脂でも高温で処理されたと思われるナタネ油は、トランス脂肪酸含有が多い。またマーガリンはトランス脂肪酸含有が桁違いに高値であるということが分かります。

マヨネーズにも食用油にもいろいろな種類があり、それぞれの情報を収集した上で、自分に合ったもの、自分が安全だと判断したものを選んでください。

Lipen1x__2

私の場合、1年以上前から「危ない食」に取り上げた多くの記事を知りながら、ここに書かなかったのは、私自身が身近に「食の危機」を感じなかったこと、「安い食材」への魅力が断ち切れなかったこと・・・などがあります。

すぐ近くに格安のコンビニができて、喜びました。わざわざ身支度を整えて時間をかけてスーパーまで出かけなくても、仕事の合間に普段着でちょこっと行くだけで食・住関連は格安で手に入る。
ペットフードやペット用のおやつまで格安ショップで百円玉一枚で買うことが出来る。

そしてある日気がついたら、セントがとんでもないことになっていました。
061112_mobile_005 首の下広範囲に出来た湿疹はただれて瘡蓋になり・・・湿疹は首だけでなく、後頭部から背中、お腹にも出てしまいました。

動物病院では原因は分からないとのこと。
二種類のお薬を投薬し続けていますが、今のところなかなか改善は見られません。

同じ住環境、同じ食生活、同じ行動範囲なのにラブには全く症状が現れていません。

セント個体の体質の問題なのでしょうか・・・
おそらく、格安ショップで購入したドッグフードの成分か、おやつのササミやソーセージ(多くは中国産)の原料がセントの体に合わずにアレルギー反応を起こしてしまったのではないだろうか・・・

毎日、セントのただれて血が滲む皮膚を薄めた消毒薬で拭いてやっています。そのたびに涙が出てしまいます。
安全性よりも安さに飛びついてしまった私のせいではなかろうか・・・と思うと。

ラブに何の症状も出ていないように、食に関しては体質に合う合わないや、その時の体調などによっても個体差があるとは思います。

でも、私はセントのことから、「食の危機」に関する大切なメッセージを貰った気がしています。
ブログに「危ない食」をアップする気になったのも、セントのことがあったから。

皆様もどうぞ、一つの情報からだけでなく、多くの関連情報を読んだ上で、ご自分が安全と思うものを選択して、美味しい毎日をお送りください。

|

« 危ない食(4)・・フェイク(もどき)食品、その他 | トップページ | ありがとう&さようなら、まさお君 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

参照サイトを見ても(確かに「書いて」ある)マヨネーズを
トランス脂肪酸と関係付ける「根拠」は、分りませんでした。

チーズとバターを「混同する」人がいるように、マヨネーズと
ソフトタイプのマーガリンとを「混同して」んじゃないの?

はっきりしているのは、トランス型脂肪酸は、悪玉といわれる
LDLコレステロール値を増やし、善玉HDLコレステロール値を
減らす作用があるというだけです。それ以外の「学説」は眉唾。

コレステロールは細胞壁を作る脂肪で、人体に必要なものです。
「悪玉」コレステロールといわれるのは動脈硬化を起こすから。
動脈硬化がいけないのは、心臓疾患を彦起こす要因になるから。

トランス脂肪酸が危険というのは、コレステロール経由ですよ。
かなり持って回った危険性で、ニコチンなどとは質が違います。

もし、植物油を加熱すれば生じるなら「自然界にある」のです。
もし「自然界にない」としても、危険性の証明ではありません。
今のところ「役に立つ」とは言われないので、ないほうが良い。

程度問題と思いますよ。マグロの水銀問題はどうなりましたか?
亜鉛の、大量摂取は毒だけど、欠乏すると味覚障害になります。
アルコールも、食塩(Nacl)も、酸素も、毒と薬は裏と表です。

本来「外敵」に対応する「自衛隊」だった免疫が、外敵を失い
タンパク質に異常反応する、アレルギーが起きたといわれます。

セントちゃん。必ずしも「食」だけが、原因とは限りませんよ。
ストレスもあるし、ウイルスもある。人が媒介することもある。
確かに何かに弱い「体質」っていうのは、犬にもあるようです。

投稿: たまり | 2006.12.14 19:24

市内の俳遊館?とかなんとかが主催の・・・
よくわからないんですけど、
特選取りました☆
図書カード2000円ゲットです((笑

投稿: ゆみ | 2006.12.15 15:12

>たまりさん

なぜ、トランス脂肪の有害論が世界の食品業界に多きな影響を与えて
いるのか、分かりやすく丁寧に書かれているサイトがありましたので、
お時間がありましたら、ご覧ください。

(トランス脂肪酸)
第一話--トランス型脂肪酸の終焉
 http://www.botanical.jp/libraries/200501/20-1535/#more
第二話--アメリカン・ブレックファーストとトランス型脂肪酸
 http://www.botanical.jp/libraries/200502/10-1539/
第三話--トランス型脂肪酸訴訟とマクドナルド社
 http://www.botanical.jp/libraries/200502/19-1541/
第四話--トランス脂肪酸は追放できるか?
 http://www.botanical.jp/libraries/200506/23-1622/
第五話--トランス脂肪フリーの食用油-市場寡占化を狙う欧米企業
 http://www.botanical.jp/libraries/200612/12-0803/

トランス脂肪酸以外の飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸にも善玉作用と悪玉作
用があるということは認識しています。
その上で、これまで得た情報の中から、トランス脂肪酸に関してはその
摂取は出来るだけ押さえたほうがいい、その意味で「マーガリンよりも
バターを選ぶ」と私は決めたわけです。

同じ資料を読んでも、別の解釈をして「なぜことさら危険視して、騒ぐ
のか?」と思う人もいるでしょう。
情報をどう解釈して、どう生活の中に活かしていくのか、人ぞぞれで
いいと思います。

投稿: ラブママ | 2006.12.15 16:13

>ゆみさん

俳遊館、ってことは俳句ですか!?
確か、国語は苦手とか言ってなかったっけ(笑)
作文、論文、俳句・・・とかなの優秀じゃありませんか!
おめでとう(^_^)v

UFOの時、コメントしそびれたけど、私も見たことあるよん。
友達と一緒の時1回と、一人の時1回。
私も信じてるからね~!

投稿: ラブママ | 2006.12.15 16:26

訂正

作文、論文、俳句・・・とかなり優秀じゃありませんか!

^_^; ^_^; ^_^;

投稿: ラブママ | 2006.12.15 16:28

はい!書き忘れてました;俳句です♪
夏の想い出~初秋あたりの俳句をまとめた冊子にて発表でした。
特選やと、選んでくれた大先生(?)から評がもらえたので
うれしかったです(^o^)
その2000円で∞のカレンダーを買う予定です♪

投稿: ゆみ | 2006.12.15 16:35

>ゆみさん

>>その2000円で∞のカレンダーを買う予定です♪

まさに努力が報われて、生きたお金の使い方だね(^^♪
そのカレンダーを毎日見ながら、来年も頑張るのだ(^_^)v

投稿: ラブママ | 2006.12.17 09:24

人生には、確かに「白か、黒か」を決めねばならないときがありますが。
99%は「白でも、黒でもない」白っぽい灰色と黒っぽい灰色の間です。
私の言いたいことは「白か、黒か」ではなく「程度だ」ということです。

「どっちかを」決めるでなく、どの「程度ならいいか」というだけです。
多分この問題は、健康の問題じゃなく。製菓や食品業界の経済問題です。
悪者になってますが、脂肪は「人間に必要な3大栄養素の一つ」ですよ。
(コレステロールもそうですが「程度」です。「量・質」転化でしょう)

常温で固形である飽和脂肪酸(動物性油脂)が、動脈硬化の原因とされ
これに代わって、植物性油脂を「固形」にしたことが、全ての原因です。
(たぶんバターでもマーガリンでも「常温で固形」なので動脈硬化要因)

投稿: たまり | 2006.12.18 09:32

>たまりさん

>>私の言いたいことは「白か、黒か」ではなく「程度だ」ということです。

了解です。

投稿: ラブママ | 2006.12.19 06:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/13064978

この記事へのトラックバック一覧です: 危ない食(5)・・異論・反論ありましょうが:

« 危ない食(4)・・フェイク(もどき)食品、その他 | トップページ | ありがとう&さようなら、まさお君 »