« 名作の力 | トップページ | 映画『ホワイト・オランダー』 »

2007.10.26

我が家もやっと子離れ?

数日前から、夜になると心を鬼にして仕事部屋のドアを閉めるようにしている。

というのも、前の住まいは、居間と寝室と仕事部屋が引き戸で仕切られており、引き戸はラブ&セントが自由に行き来できるようにいつも隙間を開けていた。

夜になるとセントは勝手に私のベッドに上がって一人で寝ていた。
クッシング症候群になって、筋力が落ち自力でベッドに上がれなくなってからは、居間の暗がりのペット用ベッドの中で静かに寝ていた。

ラブもセントも生後二、三ヶ月で我が家の子になった初めの頃は、ペット用のハウスの柵の中で寝かせていたが、ベッドに飛び上がれるようになると私と一緒に寝るようになり、ペット用のハウスは使わなくなってしまった。

いつもマイペースで、眠くなると勝手に一人で寝ているセントはそれで良かったんだけど、問題はラブ。

ラブはとにかく私のそばから離れない。
夜になると寝室か居間で寝ているセントに対して、ラブは私が仕事をしている間中、私のデスクの下か椅子の背後で寝ている。

私が台所に行くとトコトコついて来るし、トイレに行く時ももちろんトコトコついてくる。

これじゃ熟睡できないだろうと思い、仕事部屋に入れないように引き戸を締めると、不安なのか怒っているのか必死でドアをカリカリやるし、果ては吠え立ててドアに体当たりする始末・・・。

人間時間と犬時間のけじめがどうしてもつけられなかった。

071001_mobile_187 で、今度引っ越した住まいは居間・寝室と仕事部屋が玄関を挟んで廊下で隔てられている。
(←写真:上方のドア奥が仕事部屋。玄関前の廊下を挟んで手前の方に居間のドア)

引き戸一枚越しだと、戸を閉めても私の気配が分かるからラブは「私もそっちいく~!」とドアに体当たりしていたけど、今度は仕事部屋のドアを閉めてしまえば、仕事部屋でテレビを見ていても、大きなクシャミをしても居間には聞こえない。

人間時間とワンコ時間のけじめをつけるいい機会だ。

こっちに引っ越してきても夏場はドアを開けっ放しだったもので、彼女らは前の家と同じく自由に行き来できた。

だが、寒くなってきてドアを開けっぱなしというわけにはいかなくなり、さて、どうしたものかと考えて、やっぱこの際、人間時間とワンコ時間のけじめをちゃんとつけるのが一番ベストという結論に(遅すぎたかもしれないけど^_^;)

というわけで、夜、仕事部屋にこもる時間になると、ラブ&セントに宣告する。

「お母さんは、今からお仕事に行ってくるから、良い子にお留守番して寝ていてね」

歯にくっつかないおやつを与えて、食べている間に私は居間のドアを閉めて仕事部屋へ。

これは、私が仕事で外に出て行く時、毎回やっていること。
その習慣を利用して、「仕事部屋へ行く」=「お仕事に行く」と彼女たちの前から姿を消すわけ。

そうすると、ラブも納得するのか、おとなしくセントと寝ているよう。
(灯りは、適当な時間が経つと、ドアの外からリモコンでそっと消す)

実は、最初の何日かは一人で仕事部屋にいるのが淋しくて仕方がなかった
だって、ラブが我が家に来てから8年と7ヶ月、その内、8年間くらいラブは私の仕事中は、いつもず~っと私のそばにいたから。

ラブがそばにいないと思うと、つい様子を見に行こうか、そうすればラブはまた私のそばに来たがるだろうな・・・私はその方が安心なんだけど・・・だけど、そうするとラブはまた人間時間に合わせる生活に戻ってしまう・・・

そう迷って初めて気がついた。

そんな私って、子離れ出来てない親と同じじゃん・・・と。

子の方は、親が離れても、結構平気だったりして。

問題はやっぱ、親かもな。

などと、今、世間を騒がせているあの問題と重ねて考えてしまったラブママでした。

|

« 名作の力 | トップページ | 映画『ホワイト・オランダー』 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/16883307

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家もやっと子離れ?:

« 名作の力 | トップページ | 映画『ホワイト・オランダー』 »