« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.12.31

いつの間にやら大晦日(^_^;)

071226_005 クリスマスが過ぎたと思ったらもう大晦日。

お正月の準備はまだ何も・・・なんか例年通りです(ーー;)

一応、玄関のお正月飾りと鏡餅だけは買っていたので、一夜飾りにしないために昨日30日、玄関の内外だけはきれいにお掃除して、ドアに正月飾りをつけました。

お鏡餅は、リビングがメインの大き目のを、玄関と仕事部屋にはちょっと小ぶりのを飾って、それだけでもなんとなく気分はお正月っぽくなったかも。

今日は、洗車に行って、おせちの買い出しに行って、お年賀を書いて・・・
またバタバタとしつつ年を越しそう。

いつもながらの・・・ということはまあまあ平穏な大晦日ということかも。

今年の大きな変化は、引っ越し、そしてセントの病気・・・それからラブ&セントとの初飛行機旅行もあったし、カウンセリングセミナーの受講も今までになかったこと。

改めて振り返ると、うむ、かなり大変な年でしたねぇ。
なにしろ、いつも必死なもので、自分じゃ大変とは思わなかったけど・・・

先日終了した本年度のカウンセリングセミナーでは、はじめて講座が終わってから他の5人の受講生たちとお茶しました。

受講生は男女合わせて16名。最高齢は80代の女性、最も若いのが20代前半の女性。この二人も一緒にお茶を。
80代の女性はカウンセリングセミナー受講だけでなく、高齢者向けの給食サービスのボランティアもされているそう。その前向きなバイタリティは見習いたいです。

071226_004  セントは11月後半から3日に一度の病院通い。

 クッシング症候群の治療は月一回検査のための通院だけで、お薬は検査結果を見ながら郵送してくれます。

 しかし、顎下に溜まる水(唾液腺から漏れる唾液)は、どんどん速度が早くなり3日に一度抜いてやらないと、溜まった水の袋が喉を圧迫して、また呼吸困難に陥る可能性があるもので。

 ドレインが設置できない以上、こまめに抜いてやるしかないので、セントと一緒に頑張って通院するしかありません。

 動物皮膚病センターから、連携が取れて休日がない(深夜もOK)の田無の動物病院(アニマルウェルネスセンター)を紹介してもらい、来年から水抜きはそちらでやってもらうことになりました。

1月1日から早速、病院通い決定(^_^;)

ここだとラブの診療もしてもらえるので安心です。

詳しくは コチラ へ。

071226_008 肝心のお仕事は、年明け早々に直し稿UPしなければならないので、とにかく頑張にゃ!!!

本年、起こしいただいた皆さま。
セントのことでご心配いただいた皆さま。
ありがとうございました。

どうぞ良きお年を(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.24

手作りクリスマスツリー

0712202_004




Xtw1





0712202_010

樅ノ木(のつもり)もポインセチアも、サンタさんたちも全部単品で買って来て、寄せ植えしてみました。

雰囲気だけでも、なんとなく、クリスマスツリーっぽくなったかな(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.22

超多忙弁護士の忘年会へ

映画シナリオ第一稿直しは三、四日かかると覚悟していたが二日間で終了。
直し稿の締め切りは年明けに。

ということで、ちょっとホッとして昨夕は、K藤弁護士事務所の忘年親睦パーティーへ。

おりしも「神世界」問題がクローズアップされ、紀T弁護士は連日コメンテーターとしてテレビ画面に登場しているさ中。

(某ネットストーカーからの検索阻止のために弁護士氏の氏名はアルファベットに(^_^;))

数年前、某件で相談に乗っていただいて以来、毎年忘年パーティーのご案内が来ていたが、参加するのは今年が初めて。
どうしても確認しておきたいことがあり、参加させていただくことにした。

永田町の某ホテルでの宴会会場に、超多忙なK藤弁護士は開始直前に到着。
6名の若い弁護士と超ベテランの客員弁護士を入れて弁護士は総勢8名。
スタッフは約10名。
いくつかの集団訴訟の団長をやり、アッという間に拡大しつつある弁護士事務所を抱え、大変だろうけど、K藤弁護士はお元気そうだった。

来賓には衆院議員の保坂展人氏(全政党にご案内を出したとのこと)や、東京都副知事の猪瀬直樹氏も。
猪瀬氏は壇上で参院宿舎問題を熱く訴えていた。


パーティー終了後、ネット上の某問題に関してちょっと話すことができた。
ご自身にまとわり付いて離れない某ネットストーカーのことで、かなり迷惑され、対応に苦慮されているご様子。

ネットトラブル関連の著書もある弁護士さえも悩ませる、ネットストーカー問題。
一旦関わってしまうと、本当に本当に厄介です。

071221_link
 ビンゴ大会で梨元さん提供の

 『恐縮 味噌トンコツらーめん』

 が当たりました(^_^)v

 梨元さんがらーめん出していたとは知らなかった・・・。


※ お願い
   K藤弁護士の掲示板でのネットストーカーに関して、その対策や今後の
   対応、また問題人物に関して、ご意見やアドバイスがありましたら、
   よろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.12.16

セント、退院!

071213_008 12月13日夜
5日間の入院からセントが帰って来ました。

ドレーン手術は効果がありませんでしたが、でも、何もしないで心配するよりは、できるだけのことをやって、その結果をきちんと受け止めるしかありません。

セントは入院前と変わらず、元気です!

写真は久々のツーショット(笑)

詳しくは コチラ へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.13

泣いたり笑ったりの我が家のトピックス

                  
日が経つのが早すぎるぅ・・・

あっという間に二週間が過ぎてしまった。

ということで、我が家のここ二週間のトピックスをかいつまんで。

■映画『自虐の詩』

 業田良家ファンとしては観に行かないわけにはいかず、11月29日、久々に劇場で見てきました。

 『前略 おかあちゃん
  この世には幸も不幸もないのかもしれません。
  何かを得ると必ず何か失うものがある。
  何かを捨てると必ずなにか得るものがある。
  たった一つのかけがえのないもの、大切なものを失った時はどうでしょう 
  私たちは泣き叫んだり立ちすくんだり
  でも、それが幸や不幸ではかれるものでしょうか
  かけがえのないものを失うことは、かけがえのないものを真に、そして永遠に手に
  入れること!

  私は幼い頃、あなたの愛を失いました。
  私は死にもの狂いで求めました。求め続けました。
  私は愛されたかった。
  でもそれが、こんなところで、自分の心の中で見つけるなんて・・・
  ずっと握り締めてきた掌を開くとそこにあった。そんな感じです。

  おかあちゃん
  これからはなにが起きても怖くありません。勇気がわいています。
  この人生を二度と幸や不幸で計りません。
  なんということでしょう。人生には意味があるだけです。
  ただ人生の厳粛な意味をかみしめていけばいい。勇気がわいてきます。
  おかあちゃん。いつか会いたい。
  そしておかあちゃん、いつもあなたをお慕い申しております。』

                                業田良家『自虐の詩 下巻』より

 原作の最後の方に出てくるセリフです。
 私の中で一番心に残り、そしてメモまでしていたフレーズ。

0711jigyakunouta3 映画は、この“おかあちゃん”への語りからはじまり、期待通りの卓袱台返しへと(笑)

 卓袱台返しで笑い、熊本さんとの友情に泣き・・・
 あとの感想は コチラ からごらんくださいね。

 都心に出るのが面倒だったので、ワーナーマイカルシネマの むさし野ミュー に初めて車で行ったんだけど、武蔵村山は思ったより遠かった(^_^;)
 それに最終日の前日、夕方一回のみの上映で、客は私ともう一人の二人だけというのもちょっと泣けた。

 12月に入って、知り合いのS監督は渋谷で観たらしいけど、渋谷はけっこう入ってたそう。

■映画人九条の会第二回交流集会へ

 12月8日午後 6月に参加したんだけど、はじめて交流集会へ行ってきた。
 大先輩の脚本家・小山内美江子さんの講演等があり、いろいろと勉強になりました。

 映画関係者だけでなく、映画愛好家の人たちも多く参加されているよう。
 関心があったらごらんください→ 『映画人九条の会』
 感想などは  コチラ へ。

■カウンセリングセミナー

 12月8日夕 5回目のカウンセリングセミナーへ。
 カウンセラーとしての技法を学んでいるわけだけど、人とのコミュニケーションの取り方に関して、とても勉強になることばかり。
 いずれ、整理してUPしようかと思っている(今のところ未定だけど)

■セント、ただ今、入院中

 クッシング症候群の方はなんとかコントロールできているんだけど、破れた唾液腺から漏れる唾液の量がどんどん多くなり・・・

 12月2日の深夜には、溜まった水が喉を圧迫したようで呼吸がおかしくなり、動物の深夜緊急病院に駆け込みました。

 12月4日にASC(動物皮膚病センター)の皮膚科の主治医の先生と、火曜日だけ診療に来られている別の専門医の先生お二人にセントの状態を診てもらい、専門医の先生の病院で水を抜くためのドレーン手術をすることに。

 12月9日 4日に診てもらった先生の病院・川口動物医療センターにセントを連れて行き、ドレーン手術のために5日前後、セントは入院することになりました。

 セントを入院させた日は、心配と同時に淋しくて淋しくて、家に帰りつくなり号泣してしまった(/_;)

 詳しくは コチラ へ。

071210_2 ラブのためにも、メソメソばかりはしてられない。

気を取り直してお散歩に行ったんだけど
ラブもなんとなく淋しげ。

セントがいないと家の中はシーンとしています。

私が仕事しているとラブはおとなしくワン用ベッドで丸く
なって寝てるし。

セント、早く元気に帰ってこ~い!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »