« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.31

ようやく・・・

なんとか、このブログ更新まで辿り着きました(ーー;)

お恥ずかしいことに、先日、見るに見兼ねた方から、HPがまだ年賀になっているよと
いうメールをいただいてしまいました。

先ほど、やっと年賀を外しました。
ご指摘ありがとうございました<m(__)m>

今年に入ってからは、仕事で出掛ける以外は、ほとんどセントの通院治療中心の日々が続いています。

昨日30日の通院で1月はもう10回目。3日に1度の通院です。
セントと同じクッシング症候群と闘っているワンちゃんのために、なにかお役に立てれば
とセントの治療記録は、できるだけきちんとUPするようにしています。

ということで、セントのブログを先にUPさせると、その後はいつも時間がなくてバタバタ。
こちらの更新が止まってました。

セントのブログ 『 たたかう犬@セント 』

んじゃ、ボチボチ、近況などを・・・(別記事に移動→)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.15

mixi ミュージックの謎解明

mixi station のプラグインがONになっていた……

単純な話でした(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ギョッ! mixiって・・・

半年振りくらいに mixi にアクセス。

この半年の間に、メッセージを下さった皆様、本当に申し訳ありません。

日記を本家とリンクさせているもので、 mixi にアクセスすることがめっきり減って……

今年はもうちょっとマメにアクセスしようかと思っておりますが、

確実にメッセージをいただくには、下記から送っていただくのが確実かと。

http://homepage2.nifty.com/see-saw/see-saw%20mail.html

んじゃ、mixi に入ってる意味ないじゃん!

というお叱りの声も大きいかと思いますが……

我が儘で、申し訳ありません<m(__)m>

ところで、久々の mixi アクセスで、ビックラしたのなんのって!

「ミュージック」のところに、先日、仕事中にウィンドウズ・メディア ・プレイヤーで聞いた曲が全て勝手にアップされている……

そういう仕組みだったんでしょうか、mixi って。
知らんかった……

私が無知だっただけなんでしょうが、仕事中に私の聞いていた曲が全部晒されていたなんて……知ったその瞬間はちょっと青くなりましたです。

あ、別に危険な音楽とか、法に引っかかるような音楽ではないんですけどね。

それにしても、完全個室で聴いていた音楽が、知らないうちに公開されているなんて……油断もすきもない世の中になったものです。

ウィンドウズ・メディア ・プレイヤーに取り込んでいるのは、数曲だけで、音楽はCDプレイヤー、もしくはLPをCDプレイヤーで聴くことの方が圧倒的に多いので、そこまではオート公開の手は延びてこないでしょうね(恐)

何だかんだ言いつつ、なんだか新しい発見をしたみたいで、ちょっとワクワクしてきました。

本当にウィンドウズ・メディア ・プレイヤーで再生した曲が、mixi に公開されるのか、関ジャニの曲が入っているので、試してみよう……ワクワク……。

あ、仕事の方は遅れ気味……焦っている最中……なんですけどね(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.09

メルマガ『かの・わけ』7号発行

実在のネットストーカー関連のメルマガ『かの・わけ』7号を発行しました。

今回は、ネットストーカーである彼女から、被害者たちに送りつけた 誹謗中傷文 や 告訴すると脅す通告文・損害賠償請求文 など、実際に届いた文書などを画像で紹介。
それらの画像が見えるようにURLを記載しています。

ネットストーカーというものが、とれだけ厄介なものか・・・

どうぞご覧下さい。

http://www.mag2.com/m/0000192734.html

または ↓ から

http://ok-curry.hp.infoseek.co.jp/kanojyo_wake1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『人間の條件』

年末年始、なんか異常に「お笑い」系の番組が多くなかった?

ここのところ、ずっとお笑いブームといわれているが、テレビに出ている「お笑い」の人たち、彼らの本業であるはずの「芸」をほとんど見たことがない。

例えば、出始めた最初の頃は好きだった青木さやかさん。
切れキャラで売っていて、最初の頃は切れて反論する言葉の中にドキッとしたり、共感できたりする言葉があって、彼女の出る番組はよく見ていた。

しかし、写真集を出した辺りから、「芸」ではなく「キャラ」だけを売るようになったように感じる。
包装紙だけ面白そうで、中身がなかったら、あとは捨てられていく運命・・・

「芸人」ではなく「タレント」になってしまった青木さんを今は見たいとは思わない。

青木さんだけでなく、一見、「キャラ」は面白いけど「芸」を感じさせない「お笑い」系の人が多いんだよね。

なので、いま時の「芸」のレベルってどんなもんなんだろうと、昨年末は「M1グランプリ」の後半から見てみた。

ついつい、「お笑い」の中に「毒」を期待してしまうのだが、そういう意味では期待はずれ。

たけしさん、さんまさん、紳介さんのように、しっかり残っていける人たちが何人いるんだろう、なんて余計な心配をしてしまう。

結局、年末年始は「お笑い系」「歌番組系」を避けて、「K1」とか「駅伝」とかのスポーツとドキュメンタリーしか見なかった。

そして、やっと本題です。

年末にDVDで映画『人間の條件』1部、2部を見た。

  1   2

続いて、今年の初めての映画鑑賞は『人間の條件』3部、4部。

  3  4

この映画のことは昔から知っていたが、見る機会がなかった。
今になって、終戦直後の引揚げの様子が描かれた映画はないものかと探していて、ふと、この映画を見てみようという気になった。

1・2部を一気に見る。

これまで、日本の戦争映画はそれなりに見ているつもりだけど、その中でもこれは重い作品です。

正月早々、重い作品もなぁ・・・と思いながらも、続きを観らずにいられなくて、3・4部が届くと早速一気に。

普通の戦争映画では、2時間前後の中に登場人物たちのヒューマニズムとの葛藤などが部分的に描かれ、軍国主義に潰されていくものだが、この作品は、これから観る予定の5・6部までを通して主人公・梶の軍国主義VSヒューマニズムとの葛藤が延々と描かれている。

権力側に立った途端に、安易に「徴兵制」を口にする某知事にはぜひ観てほしい作品だと思う。

そういえば、「お笑い系」出身のこの知事も、年末年始、テレビによく出ていたねぇ。

「タレント」本業、「知事」副業なんてことにならないように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年に入ってもう4回目

セントの通院、今日行く分を入れると、今年に入ってもう4回目になる。

1日1日元日からASCが紹介してくれた田無の動物病院で顎下の水抜きをしてもらい、4日からは、またASCへ。

080104_jindaiji12 元日、初詣に行きそびれたので、4日はASCのすぐ近くにある深大寺に初詣。

 三が日を過ぎているというのに人出がすごかった・・・。
 さすが深大寺。

 いつも停める神代植物公園の駐車場はほぼ満車だったために、ドッグランのすぐ前にある臨時駐車場へ。

 ラッキー! 深大寺境内へ行くのは、臨時駐車場の方が近いんだよね。

 本殿の前で撮った写真、人出に興奮しているラブさんの顔が変・・・(^_^;)

いつもはこんなに(↓)可愛いんですけどね(親バカ)
※写真:1月1日 自宅にて
  0801013   0801012

それにしても、初詣にワンちゃん連れの多いこと。
駐車場の車から降りてくる数組に一組はワンちゃんも一緒。

境内に通じる道も、境内も、いたるところにワンちゃん連れが。

以前、妹が来た時に一緒にお蕎麦を食べた“犬OK”の茶店。
こんなに、初詣客で混んでいるので、正月は“犬NO”かもしれないと思って、「犬、一緒でも大丈夫ですか?」と聞いたら、「一緒にどうぞ、どうぞ」の返事。

ここにも次々に犬連れのお客さんが入っていた。

昨年末に、京都の金戒光明寺(黒谷さん)で「初詣からは犬の散歩禁止」のニュースを読んで、ちょっと暗い気分になっていた。

テレビのニュースで、犬のおしっこのせいで、建物の柱などが変色してしまっている現状を見て、お寺側の処置も仕方がないのかなぁ・・・とは思ったけど。

結局は、飼い主側の意識の問題なんだと思う。
糞尿の始末、犬の躾・・・

本能なんだからと野放しにすることが愛情ではない。
昔と違って自然はめっきり減り、車は走り、人工物に囲まれて暮らす現代。

動物と上手く共生していくためには、飼い主である人間が上手くコントロールしてあげるしかない。

飼い主の意識一つで、動物たちの行動範囲が広くも狭くもなるんだなぁとしみじみ思う。

東京でも、小さな公園では「犬・猫立ち入り禁止」って看板が多いよね。
一方、大きな公園では犬のお散歩組が本当に多い。

ヨーロッパ諸国のように、どこでも犬連れで行けるようになりますよう。
そのためには、飼い主である人間側の意識の向上が必須ですけどね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.01

新年おめでとう!

           Ankat1_2

           明けましておめでとうございます。

             ラブ&セントともども

       本年もどうぞよろしくお願いいたします。

              2008年元旦

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »