« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008.02.16

きらめく新星・女性監督たち

映画界の巨星・市川崑監督がお亡くなりになり、BS・CSで追悼放送が組まれているとのこと。

一番最近、市川監督の作品を見たのは昨年か一昨年か『どら平太』『かあちゃん』
市川監督は、喜劇タッチのものからシリアスなもの、叙情的な女性映画、時代劇、ミステリー、そしてドキュメントとあらゆるジャンルの作品を作り続けた監督だったんですねぇ。

ちょうど、市川監督の訃報が報じられた翌日、企画中のドキュメンタリーの取材でプロデューサー・K氏と終戦の頃の福岡市のお話を伺うために、巣鴨にお住まいの高齢の方をお訪ねした。

その帰り、市川監督の話から、かつての映画界の状況などK氏からいろいろとお話を伺うことができた。

一見派手そうだけど、不安定な映画の仕事・・・そんな仕事を長く続けられている先輩方は、どんなに歳をとってもどこか青年の面影があり、本当に素敵だと思う。

一方、映画の方の打合せには今週から若いプロデューサー・M氏が加わって、連日、昼過ぎから夜まで脚本の直し打合せが続いている。

そのM氏のお奨め作品が横浜聡子監督の『ジャーマン+雨』

0802german002
ユーロスペースでの上映を終えて、
現在は吉祥寺バウスシアターのレイトショーで
上映中とのこと。
神奈川でも上映しているみたい。

この横浜監督の事を調べていて知ったんだけど、CSの日本映画専門チャンネルでは『映画をつくる彼女たち』という特集で1970年代生まれの女性監督6人の特集をやっている。


巨星はおちてしまったけれど、新星が次々と輝きを放っている・・・

映画は不滅ですね。

今週は打合せに取材に加えてセントの通院で連日かなりクタクタ。
でも、どれもみんなやり甲斐あるし、なにより楽しいし、私もまだまだ頑張らなくちゃです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.12

映画『人間の條件』5部・6部

    5 6

映画『人間の條件』、やっと完結編まで見終えました。

全編を通して、戦争が、軍隊が、いかに“人間”を壊していくのか・・・
人間にとって最後に残るものは何か・・・

また、戦争によって翻弄され続ける女達の運命・・・

そういったことが、克明に描かれていた。

“徴兵制”を安易に口にする人々には、この映画を見て欲しい。

徴兵制は、やがては、このような戦争に突き進むための布石にしかならない。

現代人の“精神を鍛えるため”ならば、徴兵制という最悪の選択ではなく、もっと他に方法があるはずだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.11

「羊水腐る」騒動 それにしても気になるのは

「35歳を過ぎるとお母さんの羊水が腐る」

あの歌手のこの発言を知った時、まず最初に驚いた。

25歳にもなって、こんなに無知な人がいるの?! って感じで。

19年前、私のテレビドラマのデビュー作は24歳の女性が結婚問題で心が揺れる話だった。
当時、未婚女性を「クリスマスケーキ」で表現することが流行っていた。
12月25日を過ぎて「売れ残ったクリスマスケーキ」に例えて、25歳以上の未婚者は「売れ残りのクリスマスケーキ」などと言われていた。

「結婚したい時が適齢期」と思っている私としては、世間がなぜ「24歳まで」を結婚適齢期と決め付けているのか理解できず、その根拠について調べた。

「25歳はお肌の曲がり角」=老化のはじまりと言われるが、お肌だけでなく身体全体も老化が始っている。
卵子も精子も、年を経るごとに老化していく。
高齢出産にリスクが多いといわれるのは、そんな経年変化=老化の所以だ。

それからもう一つの原因として、現実的に考えた時、出産・育児というのは女性にとっては重労働。なので一番体力のある20代で結婚・出産をしたほうがいい、というのが一部の人生の先輩達の考え方。

それらが「売れ残りのクリスマスケーキ」と言われる理由だと分かった。

「羊水が腐るから」などの説は、その時もその後も一切聞いたことがない。

問題の歌手は謝罪会見で、「普段から自分の言葉の使い方が良くなかった」と言っていたが、この人は本当に軽率な言葉の使い方をしていると思う。

2月3日の夜の番組でも生産者情報付野菜を作った農家の人に対して、とてもひどい発言をしている。

野菜の生産者の顔写真付きシールについて

「書いてあったもん私が作りましたみたいな(笑) 誰が作りました?私が。 って誰やねんみたいな。ネットで調べてくれても私、有名よみたいな?(笑)」

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2228894
http://jp.youtube.com/watch?v=IyTHsqbvpDI

などと当の生産者が聞いたら傷つくような事を平気で言っている。

この歌手は、自分自身、有名になりたくてどんなチャンスも逃がさずに頑張ってきたんだろう。そんな自分を顔写真付きの野菜の生産者に投影したのかもしれないけど、誰もがこの歌手のように「有名になりたい」から顔写真を出すとは限らない。

それと、この人は「言いたいことをズケズケ言う」というのが売りのようで、「周りに受けるような言い方」をしてしまう人らしい。

私なんか、生産者の顔写真付きの野菜は憧れの的。
顔を出してまで自分の作物に責任を持つということだから、これほど安心出来る食べ物はない。
だから、価格は高い。それが憧れる所以であるわけ、庶民にとってはね。

仲間同士の会話ならどんな冗談も自由だけれど、公共放送での発言には気をつけなきゃ。


今回のこの件でもう一つ気になったのは、一部のコメンテーターたちの反応。

ネット上で非難の声が上がったことについて、勝谷誠彦氏は「ある種のいじめ」と言い、残間里江子氏は「言葉狩り」だとコメントしていた。
両者共に、これでは自由に発言することが出来なくなると。

しかし、両者の受け止め方に、私は違和感を感じてしまった。

両者とも恐らく山田美保子氏のことを意識しての感想ではないかと感じた。
山田氏はあの歌手の「羊水腐る」発言に一早く反応したコメンテーターで、コメントの内容はあの発言を容認・擁護した発言だったらしい。
そのことで、山田氏のブログには批判の書込みが殺到、いわゆるブログ炎上状態になった。(炎上は現在も進行中・・・)

それを知って、これではコメンテーターはテレビで迂闊にものが言えなくなる・・・というのが勝谷・残間氏の底辺にあったと思う。

だが、ちょっと待って欲しいと私は思う。

コメンテーターは擁護であろうが批判であろうが自由にものが言えて、一般人が意見をネット上で言い、批判派の方が多かったら「イジメだ」「言葉狩り」だと押さえつけようとする。ってことは一般人は「黙っとけ」ってこと?

確かに2ちゃんねるのコメントを読んでいると半分くらいは低年齢層、もしくは精神年齢が低そうな議論にもならない、感情的で汚い言葉の困ったちゃんの書込みはある。
しかし、問題の歌手の発言について「間違ったことは、間違っている」とハッキリ指摘する発言も多々ある。

私はたまに2ちゃんねるを覗く程度だが、香川・坂出殺人事件の時は2ちゃんねるをちょっと見直した。
世間では父親を犯人視する見方が濃く、ある女性タレントがブログで父親が犯人だと断定的に書いたことで人権問題に触れ、この女性タレントは無期限の活動停止処分になってしまった。
そのことが話題になっている最中、2ちゃんねるでは「おまいら、早まるな。父親が犯人でなかったらどうするんだ。地元では親戚の○(アルファベット)という人間が犯人だと噂になっている」旨の書込みがあり、そのスレッドでは父親犯人説を懐疑的に見る人も多くなった。

2ちゃんねるでは、メディアが報じない地元の人間からの書込みを読むことが出来る。
と、2ちゃんねるならではの特徴に感心したものだ。

「集団イジメだ」などと2ちゃんねらーを批判している勝谷氏は、実はかなりの2ちゃんねるワォッチャーらしい。

亀田騒動の時は亀田大毅を「偽装ボクサーと断定」「大阪の恥」とも言い切り、「(八百長非難は)社会の正しいバネが働いたのかもしれない」「ネットのチカラ」であり「大マスコミが庶民を騙している時代は終わった」とまで言い切っている。

また、亀田父が興毅に宛てた手紙のことで『侍ジャイアンツ』を引用し、 「(パクリに気が付いた)ネットの連中、君達は偉い」「2ちゃんねらはすごい、可愛くなっちゃった」「君達の力で大きなメディアの虚妄が暴かれていく部分があるよ」などと褒めまくっている。
http://jp.youtube.com/watch?v=hagLmZNLan0&feature=related

結局、コメンテーターと言えども、基底には感情的な好悪の印象があり、それにもとずいてコメンテーターの立場、発言があるのだ。

勝谷氏で言うと、もともと亀一家に対して好印象を持っておらず、なので批判が厳しくなる。よって2ちゃんねるの批判にも共感する。
一方、例の歌手の場合は、もともと好意的に見ており、「失言くらい許してやれよ」と思っているのに2ちゃんねるで批判が高まったことに対して「集団イジメだ」と糾弾したくなる。

ということは、とどのつまり、2ちゃんねらーや一般人と同じレベルの氏の発言・・・と私は感じてしまうわけで。

公共の電波で発言するコメンテーターならば、表現方法に個性は大事だけれど、まずはバランス感覚を持って、「問題になった事例」が正しいか正しくないかを検証した後に、批評・批判のコメントを述べて欲しいと思う。

『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?』(ひろゆき(西村博之)著 扶桑社新書)の中で、

 「2ちゃんねるのニュース速報版に書き込まれた情報を誰もが見ているのかというと、そけはありえません。スレッド数も膨大にあり、その中の一部を見ている人でも、何万人、何十万人しかいないと思われます。

 (注・ケツ毛バーガー事件を引用し)

 リアルのメディアがこの事件を報道しなければ、ほとんどの国民が気づかずに終わっていた、ということではないのでしょうか? インターネット上で10万人だけが知っている情報をテレビや新聞で報道した瞬間、情報を知っている人数が2桁ぐらい増え、何千万人という数になってしまうのではないでしょうか?

 インターネット上の情報というものは、メディアが報じなければ、まだ多くの人に知られるほどフラットな状況ではありませんし、インターネット自体を閉じようと思えば、まだ閉じられる状況にあります。

 しかし、メディア側がインターネットでの出来事をどんどん報道してしまうことで、リアルとインターネットの情報が密に紐付けされるようになり、結果的にインターネットの出来事がリアルの世界での常識とリンクし始めてしまったことは問題でしょう。
 

 (中略)

 テレビやポータルサイトは、大勢が一つの物語を共有するという共同幻想のためには都合がいい道具なのですが、インターネットの基本は、大勢が一つの物語を共有するという世界ではないような気がするのです。
 この2つがかかわり合うと、事件への影響力を過大にしてしまう現象が起こる、そのことをもっと認識すべきだと思うのですが・・・。」

 と問題提起している。

 「イジメだ」「言葉狩りだ」とのコメンテーターたちって、ネットのごく一部で起きた批判の声に対して、過剰反応しすぎでないのかなぁ。

 間違った知識や言動に対して、一般人が「それは間違ってるよ」と言えなくなる社会って、その方が怖いよ・・・・・・・と私は思ってしまうのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.04

雪景色二景(東京・秩父)

080203 昨日はセントの診察予約日。

 朝から降り続く雪に、キャンセルするかどうか迷い続ける。
 スノータイヤもチェーンもない状態で車を走らせるのは恐いっすからねぇ。

 午後、予約キャンセルの電話を入れる直前 、仕事部屋の窓から ← の写真を撮って、ん?

 窓から見える五日市街道は車が結構走っている。
 そのせいで雪は積もってないし・・・

 ということで、吹雪(大ゲサ?)の中、セントを連れて深大寺の病院まで行って来たました。

セントの顎の水、2月2日についに破裂なんと自然にドレーン(排液口)が出来てしまった!
なので昨日は、感染防止のための消毒法など聞いて来ました。

雪がしんしんと降り積もる武蔵野。

日曜日だというのに、車も人も少なく、白い世界・・・
その分、みんな家の中で暖かくしているんだなぁと思うと、ちょっと心がぽっと温かくなる。

そんな雪の日、嫌いではありません。

話は遡り、2月1日は秩父へお墓参りに。

秩父は縁も因(ゆかり)もないんだけど、結婚していた頃に流産した子供のお墓があるんですわ。

ラブ&セントが我が家の家族になってからは、秩父へは必ず一緒に行っていたけど、今回は思い切って私一人で。

疲れ易く体力の落ちているクッシング症候群のセントに往復5時間の長旅は辛いですから、今回はラブと一緒にお留守番です。

この日は車の暖房を切っても暑いくらいの良いお天気。

080201chichibu015 秩父に入っても暑いくらいだったのに、お寺のある山の中へどんどん進むに連れて・・・

空気はヒンヤリ冷気を帯びて・・・

                                                         
080201chichibu016080201chichibu018

 


なんと、残雪発見。

と驚いたんですが、昨日東京に大雪が降ったせいで、インパクト無くなっちゃいましたねぇ(笑)

で、久々の秩父で、ようやっと念願の『安田屋の元祖わらじカツ丼』を食すことが出来ました。

080201chichibu010

噂通りに、外観は昔ながらの町の小さな食堂屋さん。

赤いのぼりがなかったら気がつかないかも。

ここに辿り着くのに、ナビ大活躍。
電話番号入力だけで、ここまで連れてきてくれました。






080201chichibu002
メニューはキッパリ、『カツ丼』のみ。

他のわらじカツ丼屋さんでは、カツの枚数で値段が違うところがあるようだけど、小鹿野の『安田屋』さんは枚数指定は無し。

標準2枚なので、大もりが3枚、子供用が1枚、かな?

子供用の下に“女性に人気”の旨、書いてありましたが。




080201chichibu003_2
やって来ましたMyカツ丼。

これまた噂通りに、蓋からカツがはみ出ています。


080201chichibu005
蓋を開けると、丼一杯に二枚重ねのカツが。

その存在感は強烈・・・

一瞬、全部食べられるか不安がよぎる。




080201chichibu006 他のお客さんを習って、上のカツを蓋の上に幽体離脱させて“いただきま~す!”

カツはお箸でサクサク切れて、柔らかい。
秩父は豚肉の味噌漬けが有名だけど、この豚肉もGood。、
1枚分は厚めのしょうが焼き用の豚肉くらいの厚さかな。
なので2枚でも十分食べられる量。

カツとご飯に掛かっているタレが、とても美味しかった。

とにかく2枚のカツ完食を目差してひたすら食べる食べる・・・
カツは完食できたが、結局、ご飯は半分残してしまった(ゴメンナサイ<m(__)m>)
お味噌汁がついていたら、ご飯はもっと食べられたかも。
でも、お味噌汁さえもメニューにはありません。

ひたすら、カツ丼に徹しているんですねぇ、『安田屋』さんは。

080201chichibu008_2 お昼の営業時間は11時~13時半まで。
午後は5時から。

私は13時半直前に滑りこんだもので、店を出ると ← こんな札が下がってました。

今度はもっと時間の余裕を持って行きます。

秩父に行く楽しみが、また一つ増えました!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.02.01

近況(2)ご近所グルメ

セントの通院している動物皮膚病センターは深大寺のすぐ近くにある。
診察はだいたいが午前中(たまに夕方)。なので診察が終わると、お散歩がてら
深大寺でお蕎麦を食べることが増えた。

そうでなければ、自宅近くまで戻って、小金井公園の中の「江戸東京たてもの園」前
のお店のオープンテラスでおうどんを食べたり。

セントの通院がなければ、ほとんど家に閉じこもって仕事をしていることが多かった
けど今じゃ、三日に一度、朝からお出かけ、そして帰りには公園を散歩、お蕎麦や
おうどん時には焼き立てのお団子にありついたり・・・と、セントのおかげで
健康な生活に(^^♪

そんな中、シナリオ第2稿の仕上げにアセアセしている最中、千葉県に住んでいる甥
からのメールに気がつく。

な、なんと、その日は甥が泊まりに来ることになっていた!
すっかり忘れていた私はさらにアセアセ。

で、夕方、甥とは吉祥寺駅で待ち合わせ。
吉祥寺駅で佐藤監督にUPしたシナリオを渡すことになっており、それが済んだら
甥と「いせや」に行く予定で。

なぜか、数日前から「いせや」の焼き鳥が無性に食べたくて、原稿UPしたら食べに
行こうと決めておったんですわ(笑)

結局、甥と佐藤監督と私と三人で「いせや」ヘ行くことになりやんした。

070427_007
「いせや」のあの雑然とした雰囲気はたまりまへん。

といっても、私は昔から井の頭公園店の方しか知らなくて本店には行ったことがないんだけど。

久々の「いせや」、しかも、原稿UPした直後で、テンションのあがることったら・・・(^^♪



080118_iseya2
両人のご承諾をいただきましたので写真UP。

右:意外とお茶目な佐藤雅道監督
左:私の甥っす。



080118_iseya1

も一つおまけに、甥と伯母。

たまに、甥っ子と飲むのもいいもんです。





0801192_2
 翌日は、ラブ&セントを連れて小金井公園をお散歩。

 寒くなったので売店で甘酒を買って休憩。

  大好きなK兄ちゃんが来てくれて、ちょっとおすましの ラブさんです。






080119woodstock その後、近くの『ウッドストック』へ。

 ここはハンバーグが有名なお店で、杉並に住んでいた頃、 数度行ったことはあったけど、近くに引っ越してきて行くのは今回が初めて。

 甥は300gのスペシャルハンバーグを。
 若い人がバクバク食べていると、なんだか安心しますね。


甥は某老人病院で介護士をしながら、ただ今、ケアマネの資格取得にチャレンジ中。
ケアマネのペーパーテストには合格したらしいので、あとひと息。

4月、ケアマネの資格取れたら、お祝いだぁ!
美味しいものを食べに行こうね! ガンバレッ!

ということで1月のご近所グルメの数々でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況(1)ネット通販にヤフオク

仕事が忙しくなればなるほど、ネット通販やヤフオクでのショッピングが多くなってしまう。
ゆっくり買い物に行けない、ということもあるけど、一番大きいのはストレス解消かも(^_^;)

もしかしたら、ストレス解消にネット通販で買いまくりで ネット買い物症候群・・・
そんな人増えているだろうし、そのうち社会問題になってくるかもね。

とりあえず私の場合は、今のところ不要なものは買ってないつもり。
それでも、化粧品はほとんどヤフオクかネット通販、ペット用品もほとんどネット、あ、
それから本もCDもすべてといっていいほどネットかヤフオク。

う~む、ネット依存度どんどん高くなっている・・・

【1月のネットでのお買い物】

0801212 ラブ&セントのハウス

 
寒さ対策で屋根付きのハウスが欲しくて、
 ヤフオクで相場よりちょっとお安く落札。

 キャラクターグッズは趣味じゃないんだけど、
 趣味より、合理性、経済性を選んだ一品。

0801191 ドッグ・スリング(抱っこ袋)

 セントの診察と、ちょっとしたお出かけのために。
 ネット通販で探したら、ビックリするほどお高いものばかり。
 なのでヤフオクでそこそこのお値段のものを落札。



ブリジット・フォンテーヌのCD3枚
Brigitte_fontaine1_2 Brigitte_fontaine4Brigitte_fontaine5_2


LPからCDに採録するつもりで、その為のソフト等買っているんだけど、あれから数年。
時間が取れずに実現せず。

ブリジット・フォンテーヌの音楽は私にとって創作活動の原点。
たまに、無性に聞きたくなった時はいまだLPで聴いていた。

が、今年に入って思い切ってCDを買うことに。
といっても、私にとって宝物のブリジットのLPがあるので、CDは音さえちゃんとして
いればユーズドでも問題ナシ。

ブリジットの原点の「ラジオのように」(左)と「フレンチ・コラソン」(右)はヤフオクで
落札。
ブリジットの4枚目のアルバム「アレスキーとフォンテーヌ」(中)はイーブックオフで。

あと、下2枚が欲しいんだけど、なぜかヤフオク・ユーズドともお高くて、今は我慢。
お安い情報があったら、教えてくださ~い。
Brigitte_fontaine2 Brigitte_fontaine3
左:「ブリジット・フォンテーヌは・・・」
右:「ブリジット・フォンテーヌ3」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »