« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008.07.31

放送映画文化講座【てら】影絵講座

放送映画文化講座【てら】 の夏休み特別講座の影絵講座、少し内容が変更になりました。

影絵の作り方や上演の裏側などビデオや写真などをまじえて、いろいろとお話をしていただきます。

ぜひ、お遊びに来てください。

Kagee_engeki3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.30

長崎北高校放送部より嬉しいメール

今年の初め頃だったか、長崎北高校放送部の生徒さんからメールをいただいた。

私が数年来、関心を持ち続けている“もと二日市保養所=秘密病院”の件での問い合わせだった。

私自身はいろいろな資料を集めてはいるが、ネット上では公表していない。
なので、どれほどお役に立てるかどうかは分からないが、何度かメールのやり取りをした。

その頃、私はテレビドキュメントとして企画を提出しており、当時働いていた看護婦さんや事務方の人などに取材をしたが、結局、テレビ企画としては成立しなかった。
一番大きな理由は「被害者が名乗り出ていない」ということらしい。

終戦直後、大陸からの引き揚げ途中にソ連兵・中国人・朝鮮人に暴行・強姦された女性たちがいたということは紛れもない事実。

外国人からだけではない。同じ日本人からも暴行・強姦、あるいは自分たちが無事帰国できるよう外国人に人身御供として差し出された日本女性もいた。

そんな被害女性たちの妊娠を“不法妊娠”として、日本政府は密かに九大医学部に密命を出して堕胎させた(国立療養所内)
当時は厳密な堕胎罪が存在しており(現在も堕胎罪はあるが)、どんな理由があろうと堕胎は公然とは出来なかった。

日本政府が秘密裏に堕胎をさせた理由は、名目は性病蔓延阻止だったが、実際は民族純血主義によるものだった。

一方、人道的見地から堕胎罪(医師免許剥奪)を覚悟で、被害女性たちの将来のために堕胎を行っていた医師たち(もと京城大学医学部)がいた。それが二日市保養所だった。

両秘密病院で堕胎した女性たちの数は、現在残っている資料だけで三千人を超える。

心も身体もボロボロで引き揚げてきた女性たち。
そして引き揚げ港に着くと同時にトラックに乗せられ、堕胎秘密病院に運ばれていった女性たち。

彼女たちがその事実に口を閉ざし、誰にも語ろうとしない、ましてや被害者として名乗りでないのも当然だろうと私は感じている。

当時、二日市保養所で看護婦だった人も、事務方として当時のことを見てきた人も、そして私も、願いは一つだ。

二度とそんな時代にもどらないように・・・
二度とあんな戦争が起こらないように・・・

そのためには、戦争の悲惨な事実を語り継いでゆくしかない。

そんなふうに、思っていたところに長崎北高校放送部の生徒さんからメールをいただき、若い高校生がその事実に関心をもってくれていることが本当に嬉しかった。

そして、昨日、再びメールをいただいた。

なんと、水子や不法妊娠についてのラジオドキュメント作品『戦争に犯されて』がNHK杯全国高校放送コンテスト 全国大会で準優勝したというのだ!

http://www.nhkk.or.jp/ncon/ncon_h/nyuusyou_top.html
http://www.nhkk.or.jp/ncon/ncon_h/nyuusyou_3.html

放送予定

テレビ番組部門優秀作品の紹介
 「ティーンズビデオ2008」 9時30分~10時15分 教育テレビ
  8月12日(火) テレビドキュメント部門
  8月13日(水) 創作テレビドラマ部門

ラジオ番組部門優秀作品の紹介
  「ティーンズラジオ2008」 9時30分~10時00分 ラジオ第2
  8月14日(木) ラジオドキュメント部門
  8月15日(金) 創作ラジオドラマ部門

高校生がどのように過去の戦争の事実を作品化したのか、ぜひ、聴いてみてください。

ちなみに、ラジオドキュメント部門で昨年、一昨年と続けて優勝したのは我が母校・大分県立中津北高校ではないかっsign03

後輩たちもがんばれdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり時間掛かったメモリ増設

デスクトップが使えなくなって、ノートPCをメインで使用中。

ノートはデスクトップの緊急事態用に置いていたので、使用頻度はきわめて低かった。
なので、256MBでも全く不便さはなかったけど、メインで使い始めるとどんどん重くなり・・・

ついにメモリ増設決行。
昨日、注文していた512MBが届いたので、今朝、増設してみた。

デスクトップの増設に比べると、ノートは簡単簡単。
と思ったのが間違いの始まりだった・・・

キーボードの向かって左側がなかなか抜けなくて、これに四苦八苦。
しかし、キーボードが抜けたらあとは、あっという間に取り付け完了。
なのに、なぜか認識してくれないwobbly
再度やり直し。取り付け方が甘くて、差し込みが不十分だっただけだった。

今度はちゃんと増設を認識。
お~っ、確かに早くなったぞhappy01

と喜んだのもつかの間、キーボードが全く反応しないではないかshock

なぜだぁcoldsweats02
富士通のHPで対処法を探す。
BIOSの初期化はキーボードが反応しないので、キーボードドライバを再インストールしてみる。
それでもキーボードは全く反応してくれない。
それでようやく、基本中の基本に立ち戻ってみることに。
メモリ増設する際、キーボードがなかなか外れなかったが、その時、変なところを傷つけた?
と思って再度、キーボードを外して中を見たところ、キーボードを引き出すための帯状のビニールだと思っていたのがキーボードの接続用コードで、キーボードを強く引き抜いた際にそれが外れていたのだ・・・bearing
二度ほど接続し直して、ようやっと普通に使えるようになった。
その間、二時間も・・・
原因が分かってみれば、20分もあれば出来たことなのにweep
もともと不器用で大雑把な性格は自覚しているが、その上、PCの構造に無知。
時間の掛かった原因はすべて、自分自身にあり・・・でしたpunchdown
けど、富士通さん、マニュアルでも動画でも、キーボードの接続コードのことには一切触れてないけど、初心者でキーボードの接続コード外してしまってアタフタしている人、他にもいると思うので、ぜひ、一言書いててよっ、って感じですcrying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.23

緊急告知! 学生演劇の現場から

Kageebu1
http://www.asahi.com/national/update/0410/TKY200804100121.html
http://www.kagee.info/tsurukawa/
http://kagee.info/

現在、講演詳細準備中です。

学生演劇の意義、その教育効果、ある学校での足跡について、現場の先生方に語っていただこうと思っています。

学生演劇に関心のある人、教育関係者、その他多くの人に聞いていただきたい講座です。

夏休みの一日、ぜひいらしてください。

申し込みは下記より

放送映画文化講座【てら】
http://www.tera1010.net/mousikomi_kageebu.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放送映画文化講座【てら】夏休み講座

放送映画文化講座【てら】 では夏休み講座の受講生を募集しています!

Kakiren1

■滝洸一郎のザ・殺陣!

 千秋楽特別講座 2008年7月26日
 ザ・殺陣!~殺陣師が教える、時代劇体験講座(最終回)

■夏休み☆スペシャル アニメーション講座

Animeren1_2

■こども作文教室

日 程  8月4日(月)6日(水)8日(金)13:00~15:00

参加費 無料!!!

対象
  ①小学校4~6年の方(親子での参加もどうぞ)
  ②その他、作文の方法を初歩から学びたい方 ..

講 師
  監修:香取俊介 (日本脚本アーカイブズ委員長)
  講師:熊谷章一 (元国語教師 美しき日本語の会主宰)

■演劇塾

Kaki_engeki2

上記詳細・受講申し込みはすべて下記へ

放送映画文化講座 【てら】

 http://www.tera1010.net/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.21

13時間寝た。。。

昨日は久々にベッドの上で昏々と眠ること13時間 sleepy

ん~、よく寝た・・・

遅れてしまったシナリオ直しを上げるために、ここのところ仕事部屋での仮眠が続いており、ベッドの上で寝るのは久々だった。

考えたら、数日は顔も洗ってないし、シャワーも・・・coldsweats02

かの森瑶子さんも、締め切り前は髪もクシャクシャの悲惨な姿になるために、夫にはその姿を見せられないということを書いていたと記憶する。

物書きの宿命? 習性? ということにしておこう。

しかし、宮尾登美子さん(記憶は不確かだけど多分宮尾さん)のように、きちんと家事をこなしてから仕事場へ行くという作家もいるわけで、単純に時間配分の要領が悪いだけかもhappy02

ということで、今日は午前三時に起きてまずは借りたままになっている映画『害虫』(宮崎あおい)と『ワールド・トレード・センター』を観た。

う~む、なんかどっちもスッキリせん映画だった。

シャワーを浴びる前に体重を計ったら37㎏まで落ちていたwobbly

2週間前にセントが亡くなり、たった1日で2キロ減った。
悲しみのエネルギー消費量というのはスゴイと思った。

それから1週間はあまりに悲しくて身体が固形物を受け付けず・・・。1週間過ぎてようやっとご飯が食べれるようになった。

で、昨日はご飯食べるより眠るほうが先・・・ということで食べるのも忘れて寝てしまった。

私の場合、もともと長いこと38キロが普通で、ここ数年でやっと太ってきて40キロに達したところだった。太ろうと思えば食べればいいので、これからはまたしっかり食べます。

午後、ラブを連れて散歩がてらコンビニに行く途中。

080721_004 農家の直売所にお野菜発見。

すべて100円だったので、玉ねぎ(4玉)、紫玉ねぎ(4玉)、茄子(4個)を買う。

さて、何を作ろうか・・・。

当分、豚肉と焼きソバだけは身体が受け付けないみたい。
間接的にセントの命を縮めた・・・から・・・

仕方がないね。
時間が癒してくれるのを待つしかないもの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.15

セントのgifアニメ

              
             080714saint

  初七日の昨日、嬉しいプレゼントをいただきました。

  セントそっくりのgifアニメ。

  Yさんご夫婦の温かいお心遣いに、感謝です。

  嬉しくなって、こんなん作ってみました⇒ 【 虹の橋のセント 】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.13

セントへの2通の手紙

             20080710_p10002753_2

7月7日、永い眠りについたセント。
7月8日、大好きな公園の緑に囲まれながら、空に昇っていきました。

                 20080708_p10002622

手作りの可愛い骨壷に入って帰ってきたセント。
仕事に行く時もセントと離れているのが辛くて、遺骨と遺髪をいつもお母さんの胸に。

             20080710_p10002733   20080709_p1000267

       Rain52

                    セントへ(7月13日)

セント、お前がいなくなって、ラブ姉ちゃんと二人だけの家の中はとても静かすぎる。
キッチンに行けば、お前はいつもお母さんの足元をウロウロしておこぼれを狙っていた。
お風呂場では、いつも脱衣籠をひっくり返して、お母さんのパンツや靴下を咥えて逃げた。
お母さんがこっそり何か食べていると、お前は必ず嗅ぎつけて、気がつくと大きな目で「ちょうだい」とお母さんを見つめていた。
おしっこはちゃんとトイレトレーで出来るのに、ウンチだけはトイレトレーの外。なので、ウンチはラブ姉ちゃんとセントのウンチが区別できて、「お~、今日も立派な良いウンチしたね」と言うとちょっと誇らしそうな顔をしたセント。

お前がいた頃は、叫び声や怒鳴り声や笑い声がいっぱい溢れていた。

今、あまりにも家の中が静かになったので、ラブが可哀想になって家の前の道に散歩に行った。いつもラブとセントとお散歩した道。
そしたら、セントがいないことがますます悲しくなって、泣きながら歩いていた・・・

お母さんは毎晩、眠る時、最後にセントを包んでいた二枚のバスタオルを抱いて寝ているよ。右側にラブ姉ちゃん、左側にセントのバスタオル・・・そしたら、悲しさと寂しさがちょっとだけ治まるような気がするんだ。

分かっているよ。これからお母さんがしなければならないこと。
ラブ姉ちゃんのためにも、めそめそし過ぎずに仕事頑張るから。
見ていてね、セント。

                    20080711_p10002782_2

        Rain52

             セントへ(7月8日 空へ昇るセントへ渡した手紙)

0010091 生後三ヶ月でお母さんのところへ来たセント。
それから8年近く。セントとラブ姉ちゃんとお母さんとでいろんなところへ行ったね。
富士山、山中湖、河口湖、十和田湖、相模湖、秩父、城ヶ島、それから九州のおばあちゃんにも会いに行ったよね。
どこへ行っても、セントは皆を、知らない人までも和ませ笑わせた。

いつもチョロッと出ている舌が可愛くて、誰もが思わず微笑んでしまう。
セントは人に可愛がられる天才だったね。

セントと出会え、セントのお母さんになれて、とても幸せだったよ。

0010093 お母さんが一番辛くて、苦しい時期、お前はいつも傍にいてくれた。
病気で体が動かなくなって、外に出られずお散歩にも行けなかった時、お前はお家の中を元気に動き回り、お母さんを励ましてくれた。

セントは神様がお母さんに送ってくれた天使だと、その頃から感じ始めた。
お前はクッシング症候群という難病になっても、奇跡的な強い生命力で頑張る姿をお母さんに見せてくれた。
やっぱり、セントは神様がくれた天使だったんだとお母さんは確信したよ。

2008021712 毎日、一日二回ご飯の前に、お空の神様にお祈りを続けたよね。
セントがあんまり頑張っていたので、お空の神様が「もう頑張り過ぎなくてもいいよ」と呼び戻してくれたのかな。

やっと楽になったんだね、セント。

お母さんは、お前がいなくなって胸が張り裂けそうなほど悲しくて、涙が止まらない。
動かなくてもいい、そこに在るだけでいい。眠ったままのセントを一生お母さんの傍に置いておきたい。でも、それはお母さんの勝手な願望。
ならば、いっそのこと、お前を抱いて一緒に 虹の橋 を渡りたい・・・
しかし、お前は一人で虹の橋に向かって旅立たなきゃならないんだよね。

お母さんはセントから言葉に出来ないほど多くのものをもらった。
今、お母さんはセントにありったけの愛をあげるよ。

0601013 いつかきっとお母さんもそこに行くから、それまで、健康で食いしん坊のセントに戻って、他のわんちゃんたちと仲良く遊んでいてね。
その時までの、さよならだ。

よく頑張ったね。
そんなセントはお母さんの誇りだよ。
そして、ありがとう、セント。

     ありったけの愛を込めて、お母さんより。


          Rain52

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.07

セント天使、虹の橋へ

本日、7月7日午前10時半、セントは虹の橋に旅立ちました。

昨日、午後、呼吸が辛そうだったので日曜日も診療している田無のAWCで喉の水抜きをやってもらいました。

溜まっていた水の量は10ccと少なく、呼吸が辛いのは喉の水のせいではなく、クッシングの症状のせいのよう。

昨夜と今朝は大好きなバナナにもリンゴにもそっぽを向いて食べようとしない。

今朝、9時過ぎ、大学病院に電話を入れ、予約外診療を依頼。
この時はまだ動けており、午後に連れて行くことで電話を切りました。

その後、脱水症状を危惧してシリンジで水を飲まると、大きな目で私を見つめて水を飲んでくれました。

その時は、それほど重篤だとは思いもせず、仕事部屋に行きパソコンの前に・・・
ふと気がついたらセントがリビングから仕事部屋に来ており、長座布団の上に寝ていました。

しかし、声をかけても、頭を撫ぜても、動かず・・・

体は温かいので、そのままバスタオルに包んで獣医大病院へ。

気道確保のための気管切開、電気ショック、数十分に渡る心臓マッサージ・・・

あらゆる手を尽くしてもらい・・・

今、セントは私の横で、静かに眠っています。
声をかければ、すぐにでも起きてきそうに・・・

病院の行き帰りの車の中で「セント、一人でお空に行っちゃダメだよ! 早く戻っておいで!」と叫び続け、病院でも泣きっ放し・・・

それでも、まだ涙がどんどんあふれてきてしまう。

ラブが時々不思議そうに動かないセントを見ている・・・

セントは、これまで奇跡的な回復力を見せたりと、お医者様も驚くほど、すごく頑張りました。


今日はただただ、セントのそばについててやろうと思っています。

ご心配をいただいた皆様、ありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.07.06

ドジは続くよ・・・

我ながら本当にヒドイと思う。自分のことねannoy

実は、昨日土曜日は正座着地の影響のせいか、体中痛だるくて、朝起きられずsad
カルチャー講座『てら』の受講はお休みさせていただいた。

殺陣やドラマケーションの講座はぜひ受講してみたかったんだけど・・・
すみませんrain

ドラマケーションは、改めて勉強してみたいと思っている。

で、この日の夕方、私は取り返しのつかないドジをやってしまった・・・

仕事部屋で仕事をしていたら、リビングのほうで何か落ちるようなドスンという音が。
急いでリビングに行くと、異常なし。
キッチンを覗いたら、解凍するために調理台の上に出していた三玉入りの焼きソバの袋が床の上に落ちていた。

ドスンという音はこれが落ちた音だったのかと、拾い上げて再び調理台の上に戻した。
原因が解明して、やれやれと仕事部屋に戻った時、信じられない光景が目の前にimpact

な、なんと、セントが解凍していた生の豚肉を食べていたshockpigshock

私が台所に入っていったと同時にセントが台所から出てきたが、私の視線は床の上の焼きソバの包みに行っていたために、セントの口元には気がつかなかったcoldsweats02

この日は、元気を出すために野菜たっぷりの焼きソバを作ろうと思って、冷凍していた焼きソバ一袋(三玉入)と、小分けしてラップ冷凍していた豚肉(約125グラム分)と、やはり冷凍していたベーコンのパックを調理台の上に横一列に並べて解凍していた。

ではなぜ、調理台の上の焼きソバと豚肉が下に落ちたのか?

調理台の上の食器の水きりラックに小型のまな板を洗って立てかけていた。そのまな板が少し前にあった地震で不安定になって、ついに焼きソバのほうに倒れてしまい、その衝撃で焼きソバと豚肉が下に落ちてしまった・・・らしいwobbly

青くなってセントの口から豚肉を奪おうとしたが、残っているのは豚肉の血がにじんだラップの残骸とわずかな豚肉の切れ端。
120グラムはしっかりとセントのお腹の中に入ってしまった・・・

豚肉・・・生食・・・トキソプラズマ・・・怖い・・・Gan03

クッシングの上にトキソプラズマまで発症したらどうしようcrying

まずは生豚肉を食べた時の対処法を、ネットで調べたがよく分からん。
一番確実なのはドクターに直接聞くこと。というわけで、獣医大がお休みのため、ラブもセントもお世話になっているアニマル・ウェルネス・センターに電話。

トキソプラズマに感染したかどうかはすぐには分からない。直近の症状として、もし、下痢や嘔吐が見られたら、病院に連れてきて・・・ということだった。

人間でも、トキソプラズマは感染しても発症する人としない人がいるらしい。

セントが感染してませんよう・・・それを祈るしかないbearing

今回の件、セントは悪くない。本能に忠実に行動しただけだもんな。
やっぱ、悪いのはワタシ・・・人間側の不注意。
取り返しのつかないドジ・・・になったらどうしようcrying

カウンセリングではネガティブな見方をポジティブに変換させるために “リフレーミング” という技術を使う。
これは、出来事の意味の枠組み(フレーム)を変化させることで、不幸と考えがちな出来事にプラスの意味を見出すこと。

どんなドジをしてもリフレーミングで考えれば、悪いことばかりとは限らない。

しかし、今回のセントの豚肉生食はいいことなんか一つもない・・・pig

すっかり、落ち込んで、食欲がなくなってしまったsweat02

とりあえず、一夜明けて、今のところセントに下痢も嘔吐もない。
あとは祈るのみです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.05

大ドジ週間だった・・・

◎ドジ連発の始まりは先週末のカウンセリングセミナーから。
 某大手スーパーの5階駐車場に車を停めて、(自分的には)颯爽と隣の別館のカルチャーセンターの教室へ。
 講座が始まって間もなく、とんでもないことに気がついた・・・

 なんと、長袖の綿ブラウス、裏返しに着ていたshock

 休み時間になったらトイレで着替えようと思い、休憩を待ちに待ったが、ついにその日は休憩なしで1時間半のぶっ通し講義。この日は1対1のロールプレイがあって、私はなんと講師の先生と組むことに。 先生と正面から向き合って・・・(裏返しに着ていること、気づかれなければいいけど)と気になって仕方がないsad

 しかし(自分が気にするほど他人は私のことを気にしてないから大丈夫)と居直ることに。

 講座が終わると同時に離れた席に座っていた数人の女性受講生から声をかけられた。
  Aさん「あのあの、もしかして、それって今どきのファッション?」
  Bさん「裏返し風とか・・・」
  Cさん「実は私も裏じゃないかと・・・」 
  わたし「ゲッ、やっぱり気がついてました?」

 ということで日ごろ親しく話しをしない受講生まで巻き込んで大笑いになってしまった。
 やっぱ、女たちの目は鋭かったcoldsweats01

◎翌日、脚本アーカイブスの全体会議で北千住へ。
 雨の中、自宅から最寄り駅までは車で行き、駅近くの駐車場へ。最も安い駐車場で1日最大800円なので、バスとタクシーで往復するより駐車場に入れといたほうが安くつく。
 この日は800円のところが満車だったので、900円の駐車場へ。

 会議から戻ってきて、なんか車の停め方が不自然なことにやっと気がつく・・・
 雨の中、バックで駐車場に入れた時、てっきり車止めがあるものと思い込んでおり、ガツンと手ごたえがあるところまでバックして入れた。が、なんと、その駐車場には車止めがなくて、ガツンと来たのは、料金メーターの柱にぶつかってしまったからだったshock

 見事に車の後部バンパーが少し凹んでた・・・
 十数年車に乗っていて、これほどの自損事故は初めてcrying

 車止めのない駐車場なんて、信じられない! 許せない!
 と腹が立ったが、しかし、なによりも怒るべきは自分自身の不注意。
 料金メーターに異常はなかったし、自損事故でよかった、大きな事故でなくてよかった・・・と思うことにした。

080630_0172 ◎その翌日、ラブを病院に連れて行った帰り、久々にセントも一緒に小金井公園へ。


平日の昼間、人も少なく、大きな広場でラブ&セントのリードを外して、小一時間、自由に遊ばせる。

で、帰ろうと車に戻ったところ、
ないっsweat01  車のキーがないっshock

予備キーはあるにはあるけどメインキーはリモートキーなので、それがないとドアの開閉が不便だ。
 

080630_0212とりあえず予備のキーでドアを開けて、ラブ&セントを後部座席へ。

ジーパンのポケット、バッグの中、車の中を探し回るが、やはり、ないっ・・・

ふと、後部座席を見たら、ラブ&セントが呆れ果てたようにダラッとしらけた顔・・・despair

 

080630_0152 ここまで探してないとなれば、広場のどこかで落としたとしか考えられないので、面倒ながら再度、広場へ。

ありましたありました。すぐに見つかった。

広い広場だけど、この日は何となく『こどもの広場』の表示棒のすぐ横にペットカートを止めてそこを中心に動いていた。で、キーは表示棒のすぐそばに落ちていた。

不幸中の幸いにホッ・・・coldsweats01

◎さらに、その翌日、ご飯を食べていたら口の中に何か硬いものが?

何の前触れもなく、歯に詰めていた金属(インレー)が取れていたshock

◎さらにさらに、その翌日、映画学校の玄関でまたやってしまった・・・
プロット指導の合間に、表に出ようとして玄関へ。何度も通っている玄関なのに、その時は何故か段差に気がつかず・・・

あっ、と思った瞬間、体は宙をダイブして、コンクリートの上に両膝から着地。気がついた時、コンクリートの上に正座していたshock

思い起こせば遥か昔、新宿駅の階段を降りていた時、ホームまであと三段というところで、なぜか蹴躓いてcoldsweats02、三段分宙を飛んで、気がついたらホームのコンクリートの上に正座で着地していたbearing
その時一緒にいた友人は、衆人環視の中、正座している私を見て、あまりの恥ずかしさに、他人の振りをしていたっけweep

今回は、すれ違った学生が一人だけ。周りに観ている人はいない。
正座状態からすぐには立ち上がれなくて、しばらく正座のまま。そして、足が動けるようになっても段差にしばらく腰掛けていた。

その後は普通に動けたんだけど、日が経つごとに体に異変が。
頭に鈍痛、首や肩、腰、全身が痛い・・・
もしかしたら、むち打ち症の時の様な衝撃が体に掛かったのかもしれないwobbly

ここまで散々なことが続いた1週間は初めて。
ただ、幸か不幸か、すべて自分の不注意が原因で他人を巻き込んではいない。それだけはホッ。

5月末から6月はラブ&セントの病気で病院通いが続き、仕事で出かけることも多く、これまでになく連日外へ。
疲れが溜まりすぎて、どうも注意力散漫になっているみたい。

こんな時、一番怖いのは車の事故。
ガソリン代もどんどん上がっているし、出来るだけ車に乗らないのが一番!
大ドジ週間を早く終えて、とにかく気をつけますcoldsweats01

080701_0043 6月15日に手術したラブは順調に回復して、6月30日に通院終了しました。

写真向かって右側下の乳腺腫瘍と右側乳腺全部摘出。
写真向かって左下にも米粒ほどの腫瘍があり、それも摘出してもらった。

通院最終日に病理組織検査の結果が分かった。

左右ともに乳腺癌だった。

どちらとも転移はなかったけど、米粒ほどの小さいほうが浸潤性の厄介な癌だったので、今後、定期的な観察が必要とのこと。

それにしても、早い内に摘出してもらってよかった。
手術を迷っているうちにリンパにでも転移していたら・・・と思うとゾッとする。

すっかり元気になったラブを見ていると、健康のありがたさをしみじみ感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »