« 耳に痛いテレビへの苦言 | トップページ | 緊急!本日『日本脚本アーカイブズ』について放送! »

2008.10.18

本日、世界同時開催『ホームムービーの日』

もう、本日になってしまいましたが、日本脚本アーカイブズ倶楽部では世界同時開催イベント『ホームムービーの日』に参加して、足立区北千住のシアター10108mmフィルムの上映会を行います。

家庭に埋もれている8mmフィルムの提供を呼びかけたところ、北千住会場だけで100本以上の8mmフィルムが集まりました。

最も古いフィルムでなんと1957年のものが。

一般市民の方々が家族の記録・旅行の記録として撮ったものがほとんど。
先日、集まったフィルムの一部を見る機会があったのですが、8mmフィルムに映された町並みは、まるで『ALWAYS 三丁目の夕日』の世界。

この日はフィルム提供者とそのご家族も来られて、フィルムを一緒に拝見したんですが、8mmに映っている4才の女の子も今や50代・・・。誰もが時の流れをしみじみと感じたり。

足立区以外にも、ネットのシナリオライター集団『P-Labo』のメンバーからもフィルムを提供していただいたりと他地域の方々からのフィルムもあります。

私は進行役として当日北千住会場におりますので、ご来場の節にはどうぞ声を掛けてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちいさなフィルムのためのちいさな祭典
第6回《ホームムービーの日》

あなたの撮影した映像も、貴重な文化遺産です!

ちいさなフィルムのためのちいさな祭典、第6回 『ホームムービーの日-HOME MOVIE DAY-』 は、家庭や地域に埋もれている名もなきフィルムに光をあてる記念日です。

個人的に撮影したまま、押し入れの隅に眠っている8ミリフィルはありませんか?
そんなフィルムを発掘・上映し、地域の歴史や家族の思い出をみんなで楽しむために企画されたのが、この国際イベントです。

この日をきっかけに、家庭用8ミリフィルムが記録してきた20世紀という時代を再発見する貴重な映像が、続々と発掘されています。

今年、2008年は世界11カ国(アルゼンチン、オーストラリア、カナダ、スロベニア、オランダ、メキシコ、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、アメリカ)、62都市が参加。
日本では、三沢、弘前、仙台、東京7会場(北千住、北区十条、谷根千、下北沢、杉並、小平、八王子)
、名古屋、大阪港区 で同時に開催されます。

足立区・千住会場(北千住)は、今年、はじめての参加となりますが、区内の小型映画作家はもとより、近郊近県から120本以上ものフィルムが出品されています。
すべての映像をご覧いただけないのが残念ですが、ぜひ、「ホームムービーの日」を見に来てください。おそらく、あなたの映画の観方が変わります!

「ホームムービーの日 in シアター1010」上映会
日時: 10月18日(土) 13:00~18:00

招待上映:おもてとしひこ監督 『東京ホームシック・ブルース』
       (1988年度製作 カラー43分)

入場:無料

会場:シアター1010  11階 視聴覚室
    東京都足立区千住3-92 千住ミルディスⅠ番館 10F
    会場地図
    

主催:日本脚本アーカイブズ倶楽部・放送映画文化講座【てら】
    足立区千住5-13-5 学びピア5F

問合先:日本脚本アーカイブズ 【てら】
     TEL:03-3882-1071(火曜日~土曜日 11:00 - 17:00)

共催:シアター1010
後援:足立区・足立区教育委員会
協力:特定非営利法人 映画保存協会

|

« 耳に痛いテレビへの苦言 | トップページ | 緊急!本日『日本脚本アーカイブズ』について放送! »

日本脚本アーカイブズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/42823011

この記事へのトラックバック一覧です: 本日、世界同時開催『ホームムービーの日』:

» ライターの求人募集転職全国情報センター [ライターの求人募集転職全国情報センター]
高待遇のライターの求人募集転職情報のことならお任せください [続きを読む]

受信: 2008.10.18 16:06

« 耳に痛いテレビへの苦言 | トップページ | 緊急!本日『日本脚本アーカイブズ』について放送! »