« 「脚本塾」などご案内 | トップページ | 父の眼差し・父の記憶 »

2008.11.08

ランチバイキング

目痛い、頭痛い、首痛い、肩痛い……
が、ワイン飲み放題のランチバイキングの魅力には抗えず、昨日はいそいそと地下鉄に乗って「国会議事堂前」へ。

『ホームムービーの日』に8mmフィルムを多数提供してくださったW氏、K氏と当日のスタッフたち6人が日比谷高校裏手の星陵会館レストラン『シーボニア』に集合。


お昼時、ワインを飲みながらのランチタイム。8mmの話やら映画の話やらで久々にちょっと贅沢な気分を味わいました。

飲み放題だったんだけど、飲んだワインは結局一杯のみ。やっぱ昼間は飲むより食べるでした。

0801107_0042 帰り道、黒澤明監督ゆかりの「永田町黒澤」の前で、(なぜか自然に)みんなで記念撮影。

千代田線で帰る皆さんと別れて、私は丸の内線の「国会議事堂前」駅へ……向かっているつもりだったら、案の定、間違って南北線の「溜池山王」駅に向かっていた(汗)

←途中、水が流れる人工池発見。
都会の真ん中で水の音を聞くとなぜか嬉しくなって、思わず写真をパチリ。

どうにか首相官邸前交差点まで戻って、無事丸の内線入り口まで辿り着く。

この近辺は警備が厳重で、角々に警察官が立っているので、道に迷ったら即尋ねることが出来る。
私のような超方向音痴に、警備の警察官の人々はありがたかった(行き帰りに計三度も道を尋ねたcoldsweats01


飲むといえば……夏以降、仕事で外に出かけることが多く、それに応じて外で飲む機会も増え、再び行ってみたいお店が出来たり。

北千住ではW氏の息子さん・T氏がやっているカフェバーに連れて行ってもらい、T氏が日本映画学校出身と判明! 映画学校時代に書いた手書きの長編シナリオや今、コツコツ書いているというシナリオを見せていただき、なぜか感激。
このお店だったら一人でもフラッと立ち寄れそうで嬉しくなる。

それから先日、打ち合わせも兼ねて同業のI氏と行った高円寺の沖縄料理「きよ香」も落ち着いた感じでまた行ってみたいお店。なんといっても沖縄料理が美味しかった。

ここ何年か、沖縄の島々を舞台にした企画書を書くことが続いて、名前だけ知っていた料理の数々……グルクンのから揚げ、島らっきょう、パパイヤの漬物、スヌイ(もずく)の天ぷら、ゆし豆腐などを初めて食した。

極めつけは、噂の「豆腐よう」に初チャレンジ。臭いがすごいと聞いていたので恐る恐る口に入れたのだが、ここで出された「豆腐よう」はまるでチーズのように美味しかった。
他の店で食べた「豆腐よう」がひどく不味かったと言っていたI氏も恐る恐る再チャレンジしてビックリ。このお店の「豆腐よう」は美味しいとのこと。



それにしても、どこで飲んでも確かにお酒の量は減った……。
食べるよりは飲むほうとばかりにセッセセッセと飲んでいた昔に比べて、今はペースはゆったり。飲み方にも歳が出ているということかも……wineshock

|

« 「脚本塾」などご案内 | トップページ | 父の眼差し・父の記憶 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/43044535

この記事へのトラックバック一覧です: ランチバイキング:

« 「脚本塾」などご案内 | トップページ | 父の眼差し・父の記憶 »