« 久々の秩父 | トップページ | ご案内:特別講座『イギリスのアーカイブとシェークスピア』 »

2008.12.15

映画『テープ』&『スターマン』など

DVDで『テープ』『スターマン』を観る。

どちらも、たまたま読んだあるシナリオ術の本に引用されていた作品。

『テープ』は出演者三人だけの密室劇。
高校時代の出来事をめぐって男女3人の記憶と真実が錯綜し、密室というシチュエーションが緊張感をより高めていく……。
1幕ものの舞台を観たイーサン・ホークが惚れ込んで、映画化が実現したという。

カメラマンは二人。そのうち一人はリチャード・リンクレイター監督自身で、デジタルビデオを駆使して撮影したそう。

密室劇というと『十二人の怒れる男』が有名だが、『十二人の』は撮影期間二週間。
『テープ』は登場人物三人だけで撮影期間は一週間。(リハーサル三週間)

イーサン・ホーク、ロバート・ショーン・レナード、ユマ・サーマン・・・三人の演技も素晴らしい。イーサン・ホークとユマ・サーマンは夫婦共演だが、この作品から三年後に離婚している。
ユマ・サーマンは不思議な美しさをもった女優さん。本当に奇麗。

『スターマン 愛・宇宙はるかに』は大人版ET?だとか。
1984年製作なので主役のジェフ・ブリッジスがとにかく若い~っ!
ジェフ・ブリッジスの人間の姿を借りた宇宙人の演技は、さすがでした。

 

Lipen1x_

昨夜はフィギュアを見るべきか、サッカーを見るべきか迷い、メインでフィギュアを見ながら、時々、サッカーって感じ。

結局、フィギュアは三日連続見てしまった。
ミシェル・クワンが好きでフィギュアを見はじめたんだけど、腰から下に安定感のあったミシェルの時代に比べて、浅田真央ちゃんやキム・ヨナ選手のトータルの身体のバランスの奇麗なこと。

ダイナミックさを増してきた真央ちゃん、うっとりするほどしなやかで優美なキム・ヨナ・・・心では真央ちゃんを応援しながらも、どっちが勝っても納得するしかない。

一瞬のミスが大きく勝敗を分けるスポーツ。一回性の究極のドラマ。
だから、見だしたら止められないんだよね。

真央ちゃん優勝、ガンバ大阪勝ってよかったhappy01good

|

« 久々の秩父 | トップページ | ご案内:特別講座『イギリスのアーカイブとシェークスピア』 »

スポーツ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2008.12.27 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/43427799

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『テープ』&『スターマン』など:

« 久々の秩父 | トップページ | ご案内:特別講座『イギリスのアーカイブとシェークスピア』 »