« 役者・長門勇さんのオーラルヒストリー | トップページ | CMに小野君&サスケさん発見! »

2009.01.29

食べること即生きること

090123_004_2
先日、久々に銀座でランチ。

と言ってもそのためにわざわざ出かけたわけじゃなくて、銀座方面に仕事で行き、その流れで。

女同士で行くとなると、やっぱお得なランチバイキングでしょう。

70分間 食べ放題で1.480円。
普段の食生活からして、お昼に1.000円以上かけるのはちょっと贅沢だけど、たまには、まっ、いいっしょうdeliciousrestaurant


090123_002 期間限定でしかも平日限定のランチバイキングは「コラーゲンたっぷり美食火鍋つき中華ビュッフェ」

火鍋のお肉は鹿児島XX(ダブルエックス)豚だそう。野菜はバイキング方式で取り放題。湯葉があったので、たっぷりと入れました。

中華ビュッフェは20種類近い中華料理に、スープも数種類、蒸したての点心は次々にワゴンサービスで来るし、デザートの種類も多く、飲み物もアルコール以外だけど飲み放題。

090123_001 ←最初の一皿目、たくさんの種類を盛りすぎたけど、デザートも含めて三度も取りに行きました。

アルコール抜きでひたすら食べて、久々に食べる幸せを感じたひと時……lovely

しかし、心残りは、全種類は食べられなかったこと。スープとご飯物と料理の1/3種類は手を付けられなかった。2/3種類を一口づつ食べてもうお腹一杯なんだもの。

食べきれない種類のお料理を見て、シングルの女二人、思わず「タッパがあれば(持って帰りたぁ~い)……coldsweats01

それから数日後の午前中、ラブを連れて車で動物病院へ。
が、渋滞といちいち信号に引っかって午前中の受付締め切り時間(11時45分)より5分遅れてしまった。
なんとか滑り込みで診てもらえないだろうかと懇願したけど、若い受付の人は頭から「もう締め切りました」としか言わない。

これ以上しつこく懇願したら、きっと“モンスターペアレント”というか“モンスタークランケ”に見られてしまうだろうな……。

5分とはいえ、確かに受付締め切り時間に遅れた私のほうが悪い。
午後の受付の3時半にまた来るとなると、この日、明るい内はほとんど仕事が出来なくなってしまう。午前の部で診てもらえたら、午後からは仕事に集中できるし、そのつもりで午前中に行ったんだけど、それはこっちの勝手な都合。だったらもっと余裕を見て家を出るべきだったんだ。

しかし、大病院だったら受付に1分遅れてもアウトってのは分かるけど、個人の病院で全く融通が利かないってのも……などなにかスッキリしない気分で午前の診察は諦めて、久々に小金井公園へ。

090126_005  090126_003
   冬枯れの公園。        白梅が前よりは少しだけ多く咲いていた。

090126_006 小金井公園の売店特製の熱々カレーパン(140円)とミネストローネ(250円)でランチ。

なんと、スプーンは木で作ったスプーンだったflair
木の使い捨てスプーンにお目にかかったのは初めてでちょっと感動。

もしかして、公園内の伐採した木で作ったsign02
090126_008 

←このベンチでランチ。

外で食べるカレーパンランチも美味しかった。


木のスプーンは温かいね。

捨てるのがもったいなくて、持って帰りました。






090126_0112 090126_013

車はいつも同じ場所に駐車。
セントが天に昇った場所……。

そしていつも、ついつい、空に向かって「セント~」と呼びかけてしまう。
すると、突然、風が動いて木がザワザワと揺れだす。

しかし、この日は風がなくて、ちょっと淋しかった。
でも、家に帰って撮ったデジカメを見たら左の写真の木の中に明るい光が。
同じ時に撮った右の写真には何の変化もないんだけど。
単純にレンズの問題なんかな?


今でも何日かに一度は「なんでセントがここにいないんだろう」と突然涙が出てしまう。

とくに、私が食事をしたり何か食べていると、いつも食い入るように私の口元を見ていたセント。セントにつられてラブも。
なので、私は長い間、いつも右と左から四つの目にじっと見つめられながら食事していた。

病気のせいもあったけど、食べることに貪欲だったセント。

『のんちゃんのり弁』という昼ドラを書いた時、「なぜ人は食べることに執着するんだろう?」という単純なことについて考え込んでしまった。
そして、単純な答えに行きついた。

「食べることは生きること」だから。

「食」を楽しむことは「生きる」ことを楽しむこと。
「食」を工夫することは「生きる」ことを工夫すること。

誰よりも「食」に貪欲だったセントだけれど、難病に連れ去られてしまった。

セントのためにも、残されたラブのためにも、私、しっかり食べて頑張らなくちゃね。

|

« 役者・長門勇さんのオーラルヒストリー | トップページ | CMに小野君&サスケさん発見! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/43889846

この記事へのトラックバック一覧です: 食べること即生きること:

« 役者・長門勇さんのオーラルヒストリー | トップページ | CMに小野君&サスケさん発見! »