« この空気感は何だ? | トップページ | 役者・長門勇さんのオーラルヒストリー »

2009.01.17

ブルースシンガー・新井英一を知ってますか?

先日、先輩(元)脚本家・桃井章さんのカフェバー「COREDO」から月一の「COREDO通信」が届いた。

同封されていた一枚のチラシを見て、驚くと同時になぜかすごく感激してしまった。

20090213iventaraieiichi
新井英一さんのライブをCOREDOでやるという!

夕方、桃井さんに電話して、何が何でも聴きに行くと即予約した。

初めて新井さんの『清河への道』を聴いた時、なぜか涙が溢れ出た。

その歌には強烈なドラマがあった。
その歌にはシンガーの魂がほとばしっていた。
その歌を聴いていると、なぜか母のことを想った。

新井さんは在日韓国人一世の父と、日朝ハーフの母をもつ自称「コリアン・ジャパニーズ」

『清河への道』は亡き父への故郷と自らの半生を綴った歌で48番までつづく。

私の父も母も日本人だが、なぜ新井さんの歌を聴いて母を想うかというと、今に比べれば誰も彼もが貧しく見えた私の子供時代、父に早くに死なれた母は十年近く一日も休まずに働き通して子供三人育ててくれた。

新井さんの歌に描かれた時代のどこかに、自分たち家族もいたような、同じように必死で生きていたような、そんな姿が浮かび上がってくるのだ。

改めて、新井さんの歌といつ出会ったのか記憶を探ってみたのだが、どうしても思い出せない。
『清河への道~48番』は1995年38回日本レコード大賞でアルバム大賞を受賞。
同じ年、TBSのニュース23で筑紫哲也さんが『清河への道』を紹介しスタジオで曲の一部が歌われており、同年の7月~9月の間エンディングテーマとして流された。

多分、恐らく、その時、新井さんの歌を聴いてCDを買いにいったような気がする。

改めて久しぶりに『清河への道~48番』『新井英一全集第1巻VOL.1 果てなき航路』を聴いた。

これまで何度も何度も生で聴きたいと思い、ライブ情報を調べたことがあるが、どうしても実現しなかった。
それが『COREDO』で聴けるとは、本当に嬉しい。

新井英一さんの歌を聴いてみたい人……
桃井章さんの店『COREDO』に行ってみたい人……
乃木坂のお洒落なカフェバー体験してみたい人……
ぜひ、ご一緒しましょう。

日時 2月13日(金) 20時~
場所 乃木坂コレドシアター
料金 4000円

完全予約制 80名限定ですので、行きたい人は早めに予約を。
私のほうに連絡くださるか、直接、お店に予約を入れてくださいね。

詳細PDF  http://www.tc-coredo.join-us.jp/20090213ivent.pdf

amazonで『清河への道~48番』の第1章~6章の最初が試聴できます。

                

|

« この空気感は何だ? | トップページ | 役者・長門勇さんのオーラルヒストリー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

2010.8.9 新井英一ライブ!
@高円寺ShowBoatです。
http://www.showboat.co.jp/pick_up/201008.html#09

投稿: ayumi | 2010.05.23 04:03

Oh~ ご案内、ありがとうございますnote

投稿: ラブママ | 2010.05.26 05:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/43762914

この記事へのトラックバック一覧です: ブルースシンガー・新井英一を知ってますか?:

« この空気感は何だ? | トップページ | 役者・長門勇さんのオーラルヒストリー »