« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.10

気分は天気次第?Part2

不快メールが一段落したところで、ふと、あることが気になり始めた。

金曜日、カーラジオを付けたらちょうど国会中継をやっていた。
で、運転しながら何気なく聞いていたら「映画」「オスカー受賞」「コンテンツ産業」などという言葉が質疑の中で出てきた。

一体どんな経緯で、「映画」「オスカー受賞」「コンテンツ産業」という言葉が出てきたのか?
気になって仕方なくなり、改めて調べてみた。


私がたまたま聞いた中継は3月6日(金) 第171回国会・参議院予算委員会。

木庭健太郎(公明)議員の「雇用創出、内需拡大にどう取り組んでいるのか」という質問に対して、現在、“時の人”の二階俊博経済産業大臣が答えたものが、まさに私の耳に残っていた回答だった。


二階経産大臣「(前略)我が国映画オスカー賞を獲得など、日本らしいソフトパワーによる新しい産業分野、いわゆるコンテンツ産業等……」

その前後を加えて二階経産大臣の答えを要約すると

「環境エネルギー政策・医療介護サービス・コンテンツ産業など底力発揮を目標とする三つの柱に、新たな市場と雇用を創出する成長シナリオの策定に全力を傾けている」

ということで、コンテンツ産業は日本の雇用を支える三つの柱の一つになっているらしい。



なぜ、ここまで気になるかと言うと、国がコンテンツ産業をどう捉えているかは日本脚本アーカイブズにとっても、とても大事なことだから。


例えば、韓国は映画・テレビ・アニメなどのソフトパワーを国が明確にコンテンツ産業と位置づけている。なので国の力の入れようが日本とは明らかに違う。

4年前、「第一回東アジア放送作家カンファレンス」で、日本放送作家協会はアジアの国々に“脚本ライブラリー”の設立運動を呼びかけ、脚本アーカイブズ運動ではアジアの中ではリーダーシップを取っていた。

韓国放送作家協会も日本側の呼びかけに関心を示してくれ、日本はこの運動では先輩のつもりでいた。

だが、しかし、気がついたら韓国はわずか3年で「放送台本デジタル図書館」開館を実現させた。
韓国政府が「放送台本デジタル図書館」設立のために10億ウォン(約1億4000万円)を支援したのだ。

開館式に出席していた韓国国会議員の言葉

「私たち議員には、あなた方脚本家が書いたテレビ台本にどれほどの芸術的価値があるのかは分かりません。
ただ、今後二度と放送されない古いドラマの台本には、テレビ資産としての価値があることは容易に理解できますし、そうした希少価値のある台本が保存管理されるセンターができれば有益な文化コンテンツになり得ると判断し、出資をしました。
決して、道楽でやったことではありません」
         
  平成19年度日本脚本アーカイブズ 調査・研究報告書[Ⅲ] 
  市川森一日本放送作家協会理事長 巻頭言 より引用

日本脚本アーカイブズは文化庁の支援事業としての援助金や、場所を提供してくれている足立区の理解・支援などに支えられ、なんとか脚本アーカイブズ事業を維持してきた。
しかし、少ない予算故に専従員を置くこともできず、委員はボランティア(わずかですが有償)、次々に集まってくる脚本・台本の書誌情報入力はアルバイトに頼るしかないというのが現状。


コンテンツ産業を雇用創出・内需拡大の三本柱の一つと考えるのなら、政府はぜひ脚本アーカイブスもコンテンツ産業の一部として力を入れて欲しいものだわ。


日本脚本アーカイブズが脚本のサンプル収集を始めてから4年目、約3万冊の脚本・台本が日本脚本アーカイブズに届いている。
今後、本格的に脚本・台本の収集を呼びかけたら、数十万冊、それ以上の脚本・台本が集まることが予想される。
そのためには建物・収納場所などのハードに加えて多くのマンパワーが必要になる。

Oh~、まさに雇用創出ですよ、日本の国会議員の皆様!





ところで、上記、木庭健太郎(公明)議員の「雇用創出、内需拡大にどう取り組んでいるのか」という質問に対して、二階経産大臣の前に麻生総理が答えているんだわ。

内容は二階さんと同じく環境ビジネス・医療介護ビジネス・コンテンツ産業ビジネスを雇用創出・内需拡大の基本柱とすること。

しかし、麻生さん、コンテンツ産業を語るのになぜか突然、スマートパワーという言葉を持ち出した。麻生さんの中の理解ではスマートパワーというのは(コンテンツ産業の中で)ソフトとハードを含めたものをスマートパワーと理解しているらしい?


ガビ~ンshocksweat01


8日(日)、付けっ放しのテレビから声だけを聞いたので話していたのがどの政治家かは分からないけど、下記のようなことを言っていた。

“麻生さんの漢字の読み違いなんかたいしたことじゃない。麻生さんはオバマ大統領と電話協議した時、通訳を使わずに直接英語で話していた。その時、麻生さんはすごい人だと思った”

やけに英語が喋れる麻生さんに感激しているその言葉を聞きながら、私は「だから、余計、麻生さんが恐いんだよ」と一人突っ込みしてしまった。

だってね、日本語をあれほど誤読する人だもの、英語の単語や用法を勘違いしたり間違ったりして、とんでもない意味になったりって可能性、かなりあると思う。
しかし、英語に関しては、国民のチェック機能が日本語ほど働かない。
それが、恐い~。


もし、麻生さんが国会のコンテンツ産業を語る時に使った麻生流解釈「スマートパワー」を、日米外交の席上で使ったとしたら……失笑を買うか、バカにされるか……

スマートパワーにしてもクールジャパンにしても、意味をしっかり把握しないで、ムードだけで使うのは辞めて欲しいっす、麻生さん。国益のためにもね。


参議院インターネット審議中継 
開会日 : 2009年3月6日 (金) 会議名 : 予算委員会

 ※下の質疑者一覧の木庭健太郎(公明党)さんのところをクリックしたら、
   麻生さん、二階さんの答弁が見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.09

宮野由紀? どこの誰?

どんなに二重三重に対策を巡らせても、あの手この手でやってくるのがスパムメール。

だいたいがタイトル若しくは本文を一目見ただけで迷惑メールだと判断できるものがほとんどなので、それらは即、削除済みフォルダへ直行。

そんな中、不愉快極まりないのが下記メール。

From: "ECO推進委員会" <yuki.miyano@e▲co▲eco1▲92.com>

To: <○○@○○○>
Sent: Sunday, March 08, 2009 7:37 AM
Subject: ECO推進

突然のお知らせごめんなさいm(__)m
ECO推進委員会の宮野由紀です。

知っていましたか。日本は自給率が先進国の中で下位にランク付けされているのに、残飯の出る量は世界一なんですって(ーー;)

一日に出る量で発展途上国の人がどれだけ飢えから生き延びれるか・・・数百万人ですよ(T_T)

そう考えたらこれから先の食事の事や、ゴミを出す時の分別ってとっても大事な事ですよね・・・

地球温暖化に歯止めをかけられるのは一人ひとりの小さな行動ですよね。他愛も無いメール読んでくれてありがとうございます。

一見、ECOに関して、しごく真っ当なことを書いている。内容に異論はない。

で、このECO推進委員会の宮野由紀という人は、このメールで何をどうしたいの?
で、このECO推進委員会というのは、一体どこにある団体なの?

きちんと活動している団体ならば、文面の最後にネット上の住所であるサイトURLやアドレスなどを記すはず。

ところが何も書いてないということは、書かないなりの何らかの理由があるとしか思えない。
ECOを騙って、何かを釣り上げようという意図が見え隠れして、どんどん不快になってくる。

「ECO推進委員会」・「宮野由紀」でググってみたら、あれまぁ、やはり怪しいと思っている人の多いこと。

中でも下記ブログにIPアドレスが書かれていたので、私も早速我家へ来たメールのIPを調べてみる。

http://plaza.rakuten.co.jp/cev86830/diary/200902250001/

上記より送信者IP 「116.214.83.244」 株式会社ビーコンエヌシーというISP
我家への送信者IP 「116.214.83.242」 株式会社ビーコンエヌシーというISP

上記のブログ主さんは株式会社ビーコンエヌシーと総務省所轄・財団法人日本データ通信協会に迷惑メールとして通報したそう。

上記メールは特定電子メールに関する法律に引っかからないように巧妙にECOを使っている?! としか思えず、だから不快でたまらないわけで、私も後者に通報。

IPの他、ドメインリサーチで[ e▲co▲eco1▲92.com ]を調べてみたら、このドメインを作った会社や地域が分かった。


ECO推進委員会の宮野由紀さん、こんなに不審を抱かせるようなメールを手当たり次第にばら撒いていたら、善行も悪行にとられかねませんよ。

もし、本当にECOを訴えたいのなら、団体の所在地(せめてURL)などきちんと書くべし。

受け取った人も、どこの誰かもわからないようなメールに、迂闊に返信しちゃダメだよぉ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

気分は天気次第?

土曜日は天気も良くて気分も上々。
日・月、空は曇天、気分もどんより。

私の場合、気分が天気に左右されることはあまりないんだけど、なぜかここ数日、気分の高低がはっきりしている。

L_f02

090307_007  090307_009  090307_010

土曜日、所用で出掛けたついでに久々に小金井公園へ。
天気も良くて、土曜日だし、駐車場は満杯。
だけど、セントが空へ旅立った場所だけはしっかり空いていた。

それにしても、やけに車の多い土曜日だなぁとは思ったけど、やはり、江戸東京たてもの園前の広場で「東京地酒と酒器うつわ祭 in 小金井 2009」という催しをやっていた。

久々に焼物の器を見て回る。
お~っ、いいなぁ!と目を付けたのが約15㎝×15㎝の四角の土鍋。これでグラタン作ったらお洒落。と思ってお値段聞いたら6000円だとshock 即諦める。

焼物は焼物でも広島焼がやたら美味しそう。

090307_013_3

早速、ベンチでいただきました。
キャベツの量が半端じゃない。だけど、あのあの、広島焼って焼きソバが入ってるんじゃなかったっけ?
って、これは焼きソバの入ってない広島焼だったsad

しかし、大量のキャベツだけでも食べ応えあるし、美味しくて大満足。

090307_008_2 090307_001 090307_004_2

梅林は紅白の梅で花盛り。
桜の蕾も膨らみはじめていたました。

090307_018_2 帰り際、空に向かってセントに声を掛ける。
が、そよとも風は動かず、反応なし。

この近辺だけ空いていた駐車場も帰りには満杯。
賑やか過ぎていつもと雰囲気違うもんね~。

で、この場所を勝手に「セントの森」と名付けることにした。


090307_0211 運転席に座ったところで、「セントの森」の茂みに黒猫発見。

あんまり真っ黒で奇麗な猫ちゃんだったので、姿が見えなくなるまで目で追ってしまった。

090307_0221

090307_023
自宅に戻って、水仙が咲いているのに気がつく。

1年前、咲き終わった水仙をどうしていいかわからず、とりあえず球根に時々水だけは与えていたら、今年もちゃんと咲いてくれた。

何となく嬉しい。





この日は、WBC・日韓戦見はじめて、結局全部見てしまった。
競り合いが予想されたんで気合入れて日本応援しようと思ったのにコールドゲームとは。
韓国、どうしちゃったんだろうね……。

L_f02

翌日曜日、朝から気分が悪い。
原因は……不快な一通のメールを見てからだ。

ECO推進委員会?
宮野由紀?


何やねん? 誰やねん?          つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.07

電子証明書取得

初めて住基カードを申請。
同時に電子証明書を取得した。

今年は e-Tax で確定申告してみようと思い立ったわけで。

税務署に行かなくて済むというのは大きな魅力だけど、住基カードやら電子証明書やらがいまいちよく分からなくて、かつ、それらを申請・取得の手続きそのものが面倒そうで、なんとなく避けてきた。

それに20年近く住んでいた杉並区は個人情報保護の観点から、長く住基ネットに異議申し立てをやっており、その心理的影響もあってか、いまいち積極的に住基カードを利用しようとは思わなかった。

※さきほど杉並区の現状を調べてみたら、住基ネット不参加の杉並区は平成16年に東京都や国を相手取り参加希望区民だけの選択参加を認めるよう求めて東京高裁へ提訴。だが平成20年7月、最高裁は杉並区の上告を棄却。区側敗訴となって、杉並区は住基ネットに参加する方針を表明。そして、なんと平成21年1月から住基ネットに参加、住基カードなどの発行を始めたという。
(現在、住基ネット不参加は国立市と福島県の矢祭町の2自治体のみ)


住基カード申請 手数料500円(※自治体によって手数料は違うかもです)
電子証明書   手数料500円
ICカードリーダライタ 約2000円前後(最もお安いので)

上記で確定申告すると最高5000円の税額控除あり。

今のところ「税務署へ直接持参」、「郵送」、「e-Tax」 と申告方法の選択肢は三つもある。
さて、どの方法になるか?
肝心の集計がまだ終わってないもので……shock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.05

同じ穴のむじなだったりして

『かんぽの宿』売却疑惑がどこかにいっちゃいましたねぇ。

メディアも検察情報から小沢民主党代表を突いてばかりだけど、西松建設政治献金問題は突つきどころ満載。
洩れなく突ついて欲しいものですけど。

西松建設「新政治問題研究会」「未来産業研究会」
献金先一覧
  献金先 95~06年
全献金額※1
(※2+※3)
95~03年
推定
献金額※2
04~06年度
総務省届出分
献金額※3
【民主党】 計 4200万円
小沢一郎   ※4  4000万円 2600万円 1400万円
山岡賢次 200万円 . 200万円
. . . .
【自民党】 計 6632万円 . .
尾身幸次 2080万円 1680万円 400万円
加藤紘一 1400万円 . .
二階俊博 868万円 90万円 778万円
藤井孝男 600万円 200万円 400万円
森喜朗 500万円 200万円 300万円
藤野公孝 400万円 . 400万円
山口俊一 200万円 . 200万円
加納時男 200万円 . 200万円
中島真人 . . 200万円
川崎二郎 140万円 . 140万円
林幹雄 100万円 . 100万円
山本公一 114万円 14万円 100万円
古賀誠 16万円 . 16万円
渡辺具能 14万円 . 14万円
平成研究会(旧橋本派) . . 60万円
. . . .
【改革クラブ】 . . .
渡辺秀央 300万円 100万円 200万円
. . . .
【国民新党】 . . .
亀井静香 ※5 . 97~01年 約
1300万円
.
自見庄三郎 30万円 . .
. . . .
【自治体首長】 . . .
広瀬勝貞大分県知事 . . 100万円
石川嘉延静岡県知事 . . 100万円
阪口善雄吹田市長 . . 100万円
矢田立郎神戸市長 . . 30万円
村井仁長野県知事 . . 20万円

※1:http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2009-01-26/2009012615_01_0.html
    
より。資金提供を受けた側の政治家の資金管理団体、関連政治団体、
    政党支部などの収支報告書を二つの政治団体の設立時まで遡って
    調べた金額。

※2:単純に(※1)の金額から(※3)の金額を引いたもの。

※3:総務省に届け出た政治献金。

※4:民主党岩手県連 900万円も含む

※5:http://yawanews.blog82.fc2.com/blog-entry-1073.html より
   元記事は東京新聞 2008年12月30日朝刊


 clip clip clip clip clip clip clip clip clip clip clip clip clip clip clip clip 

上記表以外で、西松建設がダミーに使っていた政治団体「新政治問題研究会」と「未来産業研究会」から献金を受けていたり、パーティ券を購入してもらっていた議員たち。

(議員リストは順不同。元議員や地方自治体の首長も含む)

阿部 正俊・甘利  明・石井 正弘・泉   信也・板垣 正・井上 孝・上野 公成
衛藤 晟一・大村 秀章・奥野 誠亮・小此木 八郎・越智 伊平・片岡 久議
亀井 善之・河村 建夫・菅  義偉・木村 義雄・後藤田 正晴・後藤田 正純
坂井 隆憲・桜井 新・清水 達雄・滝  実・武見 敬三・竹本 直一・竹山 裕
田村 憲久・棚橋 泰文・月原 茂晧・中川 昭一・中谷 元・中山 利生・林 芳正
細田 博之・堀之内 久男・松下 忠洋・三原 朝彦・目片 信・茂木 敏充
山崎 拓・山下 善彦・山本 公一・横内 正明

http://www.asyura2.com/09/senkyo59/msg/684.html より

細田さんも河村さんも山崎さんも、西松サンにはお世話になってるんだね。

 clip clip clip clip clip clip clip clip clip clip clip clip clip clip clip clip 

以上 『しだらでん』より転記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.04

雪にはやはり……

本日は結局、一歩も外に出ず。
雪、降ってないよね、今日。


昨日はまた北千住へ。
日本脚本アーカイブズ09年度の脚本展と放送文化講座に関しての打ち合わせ。
気がついたら両方とも私、スタッフになっている。

打ち合わせが終わって外に出るとみぞれ模様。傘持って来てないしどうせなら雪になればいいのにと思いながら駅へ向かっていると、雪になりそうな気配。

腹ペコの女二人、「ちょっと食べる?」は即ち「飲む?」ってことで、レトロなガラス戸の入り口に惹かれて入ったお店が大当たり。

090303_002
店内はまさに昭和というか大正というか、隅々までレトロなコンセプトが行き渡っている。

まず最初に来たビールのジョッキ。手びねり風の温かみのあるジョッキに嬉しくなる。

食器一つ一つにもこだわりがあるみたいで、贅沢で豊かな気持ちにさせてくれる。


北千住 創作居酒屋 いぶき



    090303_003    090303_004

上写真左:座布団カバーも昔の厚木綿の風呂敷を手作りした感じ。
上写真右:グラタンはちいさな土鍋で。


こういう器と料理の組み合わせを見ると、自分でも料理を作ってみたくなる。
お客様用に料理のメニューを考える時、必ず器との組み合わせで考えてしまう。
そういう意味では、料理って目で見せる部分も大切にしたいと思うほうなんだけど、ただし、それはごくたまに人のために作る場合のみ。

自分のためだけの料理だったら、器も盛り付けも超雑です……。

料理は脳を活性化するらしいので、やっぱ、毎日ちゃんと料理作るべきかも。
参考『料理で脳が活性化』


外は雪(ホントはみぞれ)……。
こういう日は、やっぱ……ということでビールのあとは焼酎のお湯割をグイグイ。
話が弾み、気がつけばまたまた終電ギリギリ。

中央線組の女二人、雪の中、北千住の駅構内を走りに走る……。


そして一夜明けた本日、二日酔いもなくスッキリと朝を迎えた。

雪は積もらなかったけど、やらなければならないこと、やりたいことが積もりはじめている。

1月2月は外に出ることが多くて落ち着かなかったけど、3月は出来るだけ閉じこもって集中して書く日を作らねば……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.01

「おくりびと」からのメッセージ

遅ればせながら、第81回米アカデミー賞 外国語映画賞『おくりびと』&短編アニメ映画賞『つみきのいえ』 W受賞、おめでとうございます!

『おくりびと』の脚本、小山薫堂氏は売れっ子の放送作家で、映画脚本はこの作品が初めてとのこと。


日本映画の昨年08年の興行収入は、洋画を上回り過去最高の1158億5900万円(前年比22.4%増。洋画興収は789億7700万円で、前年より23.9%減)
http://www.asahi.com/showbiz/movie/TKY200901290316.html より


日本映画が元気になっているのは嬉しい!
さらにアカデミー賞のW受賞で、日本映画の存在感が世界に示せたことは素晴らしいと思います。


『おくりびと』がなぜアメリカのアカデミー賞選考委員たちに支持されたのか?
それについては、アメリカ在住の作家・冷泉 彰彦氏が彼のメルマガ記事の中で分かりやすい分析をしています。

(前略)

一つ象徴的なエピソードがあります。今週発表されたアカデミー賞候補作の中で、作品賞と外国語映画賞でそれぞれに有力になっている『ベンジャミン・バトン、数奇な人生』と『おくりびと』は驚くほど似通った世界を表現している作品なのです。

生と死の問題に真っ正面から相対していること、人の一生ということへの無限の愛おしさを表現しようとしていること、言葉の力の限界を悟りながら静謐の中に豊かな情感を描き込んでいること、そうした点でこの二作は対になる作品とすら言えます。

例えば、『おくりびと』の中で本木雅弘の演じた主人公が、人生の転機にあたって庄内平野の橋の上から河を見下ろす場面が何度かあります。

また『ベンジャミン・バトン』では、ブラッド・ピットが演ずる主役が大西洋の日の出を見に行くシーンが数回あります。

そのどちらも、ほとんどセリフのない静謐な時間を演出しているのですが、その時間のクオリティはほとんど等質なのです。(何故そこに行くかという理由も全く共通です)

文化の成熟ということで、日米は極めて近い場所に立っているということを物語っているエピソードです。

(以下略)
         from 911/USAレポート / 冷泉 彰彦
        第393回 「オバマ就任、そして日米」 2009-01-24 より

冷泉氏は日米のパートナーシップは成立するかというテーマの記事の中で、文化の成熟度においては日米は極めて近いということを示すために、『ベンジャミン・バトン、数奇な人生』と『おくりびと』を引用しているのですが、上記を読むと、『おくりびと』がアメリカの人々の感性にも十分受け入れられる作品であるということがよく分かります。


個人的には『おくりびと』受賞後の、本木雅弘さんのコメントに深く感動しました。
原作に出会ってから15年間、その作品の映画化を諦めなかった本木さん。

映画にしてもテレビにしても、作品にしたいと思う素材(原作や事実)との出会いは大切。
脚本家をしていると、多くの素材と出会い、好運にも作品として実現したものもあれば、企画が通らず作品化を諦めてしまう素材も数知れず。

そんな中、どんなに作品化が難しくても、どうしても諦めきれない素材がある。


実は、私には大事にしている二つの素材がある。
一つは6~7年前から、もう一つは10年近く前からどうしても「捨てられない素材」であり、昨年、両方とも作品化させるチャンスがあったんだけど、一つは最終の企画会議で上手くいかず、もう一つはシナリオ2稿まで書いて資金の問題などなどで頓挫してしまった。

それでも、今後もいろいろな方法でなんとか作品化したいと思っている。

それは、その素材の中に、私自身の生きてきた体験や人生に対する考え方と重なるものがあり、また、世相や時代が変わってもその素材の中に人にとって普遍的なメッセージがあると信じているから。

物書きとして、そこまでこだわれる素材と出会ったことは、本当に幸せなことだと思っている。


そんな私にとって、本木さんが原作と出会ってから15年目にして『おくりびと』を完成させたということに、映画人としての本木さんの素晴らしさ、そして「こだわれる素材」と出会ったことの幸せ、諦めないことの大切さなど、大事なことをたくさん教えられたような気がする。

私も、諦めずに頑張りますからっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »