« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009.04.30

日本脚本アーカイブズ☆メールマガジン創刊準備号

日本脚本アーカイブズのメールマガジン・創刊準備号を発行しました。

編集担当は私。

香取俊介委員長のご挨拶からはじまり、創刊準備号から脚本クイズを開始。
誰でも楽しめる内容になっています。



ぜひ、下のフォームから読者登録お願いします。


 up と、登録フォームを貼ったのですが、なぜか上手く送信できませんdown

        dangerngcrying 下の送信欄は使用不可 cryingngdanger

メルマガ登録・解除
日本脚本アーカイブズ・メールマガジン
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

ニフティの場合、メルマのフォームをブログ本文に貼ると、一部が勝手に書き換えられるみたいです。(メルマによると一部のブログでは正常に動かないと)

一応、貼り付ける前のソースと後のソースを比べてチェックしてみたんだけど、見た目上は変更個所はなし。
私の能力では原因追求はこれ以上はムリっwobbly


しかし、左のサイドバーの登録フォームは正常に動いています。

念のために、左のサイドバーのソースを本文に貼ってみましたが、やはり本文からはメールアドレス送信が出来ない……。

PCについての無知が悲しいけど、これ以上時間を掛けられないので、登録は下記三ヶ所のいずれかからお願いします。


日本脚本アーカイブズ 登録フォーム

 ■左のサイドバー 登録フォーム
 
 ■日本脚本アーカイブズ メルマ
    http://www.melma.com/backnumber_00179041/
 
 ■日本脚本アーカイブズ メルマガブログ
    http://nka.cocolog-nifty.com/blog/
    

【関連】

日本脚本アーカイブズ公式ホームページ
    http://www.nk-archives.com/

日本脚本アーカイブズ倶楽部ホームページ
    http://www.nk-archives.com/tera-top.html

    放送映画文化講座【てら】・脚本塾 6月より開講。

    開講特別講座は脚本家・市川森一氏(日本放送作家協会理事長)決定!

    1回500円でどなたでも受講できます。
    詳しくは日本脚本アーカイブズ倶楽部ホームページをご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.27

ネットで観られるパブリックドメイン映画

先週は資料として映画史初期の頃の作品をたくさん鑑賞。

学生たちに見てもらう映画を選んでいて、私自身がとても勉強になった。
こんな機会でもないと、1900年前後の作品なんて改めてじっくり見ることはないもんね。

世界初の職業映画監督といわれるジョルジュ・メリエス(1861年~1938年)の無声映画作品13作品。

09boyage_to_moon2  09boyage_to_moon

中でも代表的なのが1902年の映画『月世界旅行』(上写真)
美術がとてもシュール。
もとマジシャンらしく、映像のマジックで当時の人々を驚かせようという喜びの意思がどの作品からもひしひしと感じられる。



09karigari さらにシュールだったのが『カリガリ博士』(1920年独)

監督:ロベルト・ヴィーネ
脚本:ハンス・ヤノウィック

撮影手法、美術、メイク、衣裳、演技…どれをとっても革新的。ドイツ表現主義はすごい。
もちろん、物語構成も練られており、観ながらシナリオ採録してしまった。




ホラー映画の元祖といわれる『カリガリ博士』は著作権の切れたパブリックドメイン
その他のパブリックドメイン作品も含めて下記で観ることが出来ます。

月世界旅行』(1902年 フランス )
製作・監督・脚本:ジョルジュ・メリエス
  http://www.alz.jp/221b/archives/000673.html 

大列車強盗』(1903 アメリカ)
製作:トマス・エジソン
監督・脚本・撮影:エドウィン・S・ポーター   
   http://www.alz.jp/221b/archives/000680.html

カリガリ博士』(1919 ドイツ)
監督:ローベルト・ヴィーネ
脚本:ハンス・ヤノヴィッツ、カール・マイヤー 
  http://www.alz.jp/221b/archives/000674.html


戦艦ポチョムキン』(1925 ロシア)
監督:セルゲイ・ミハイロヴィチ・エイゼンシュテイン
脚本:ニーナ・アガジャノヴァ・シュトコ
   http://video.google.com/videoplay?docid=-7296988958997169032


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.24

服を着ていて何が悪い?

なぜ、いつも服を脱がなければならない?

誰がそんなこと決めたの?

頭の中に、突如そんな疑問が浮かんでしまい、
服を着たままお風呂の中にザブン。

服を着たままお風呂に入るってのも、結構、気持ちいいもんだよ。



そんな私を見て、夫(当時)はどうしていいのか困ったように背中を向けた。

昔、詩を書いていた頃、まだボーダーの性格が強く残っていた頃のことだ。

お酒を飲むと、いつも心が爆発していた。
あらゆることに対して、泡のように「なぜ?」で一杯になっていた。


お酒さえ飲まなければ、普通だったんだけどね。



のちに、シナリオの勉強を始めて、それでセルフ・カウンセリングして、自然とお付き合い以外ではお酒は必要なくなった。



お酒さえ飲まなければ……

醒めた後の自己嫌悪は自分で引き受けるしかない。
でも、それに潰されないようにね。


人生は長いんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.23

『10ミニッツ・オールダー』 公式読本

西葛西TFC シナリオゼミ初授業終了。

10minutesolderbook_2 帰宅したら『10ミニッツ・オールダー 公式読本』が届いていた。

一昨日注文したばかりなのに早っsign03

内容をざっと見たところ、ちょっと期待はずれ。
15作品の内、1本くらいはシナリオ採録、もしくは構成が書かれているのではと期待してたんだけど。


気に入った作品、自分で採録しろってことか……。
10分作品だし、時間がある時にやってみようかと思う。

監督についてや作品解説はしっかりと書かれているようなので、改めてちゃんと読みま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『10ミニッツ・オールダー』 究極のショートフィルム

借りたままになっていたDVDをようやく観た。

『10ミニッツ・オールダー』……10分間のショートフィルム・オムニバス。
な、なんと贅沢な内容だことっ!

10minutesolderred_2 『10ミニッツ・オールダー RED』
監督:アキ・カウリスマキ
   :ビクトル・エリセ
   :ヴェルナー・ヘルツォーク
   :ジム・ジャームッシュ
   :ヴィム・ヴェンダース
   :スパイク・リー
   :チェン・カイコー

10minutesoldergreen『10ミニッツ・オールダー GREEN』
監督:ベルナルド・ベルトルッチ
   :マイク・フィギス
   :イジー・メンツェル
   :イシュトヴァン・サボー
   :クレール・ドゥニ
   :フォルカー・シュレンドルフ
   :マイケル・ラドフォード
   :ジャン=リュック・ゴダール

ジャン=リュック・ゴダールは10分間のショートフィルムの依頼に「1分のものを10本作る」と言ったそう。さすが。

どの作品も、10分の中にその監督らしさがぎゅっと詰まっている。

本日は時間がないので詳しい感想はいずれ鑑賞ブログにUPしますが。

インスピレーションをいただく宝庫のようなオムニバス作品集だった。
中でも、チェン・カイコー監督の作品は現代中国の一面をユーモラスに悲しく描き、心に残った。

日本人監督が入っていないのが、ちと淋しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.19

春を食らい、春を歩く

18日15時から始まった会議、終わったのはなんと20時30分。

同業女三人、旨い肴を求めて北千住の夜を歩く。
といってもすぐ決まったんだけどね。
この前行った『いぶき』の隣の『旬肴旬菜げんぺい

まずは、旬の味、たらの芽・初かつおを食す。

0904192 090419

シナリオライター女三人、なぜかうまいこと仕事のジャンルが全然違う。
アニメ、特撮、ドラマ……。
もろもろ話の弾むこと。最高の肴は“おしゃべり”だったりしてね。


一夜明けて日曜日。久々にたっぷり寝て、元気回復。天気はもう初夏。
ここ数日、仕事でお散歩に連れて行けなかったラブへのお詫びに、自転車で小金井公園へ行こう……と思っている矢先に仕事関連の長電話。

勢いを削がれて、結局、お散歩はいつものご近所コースに縮小。
数日、外を歩かないだけで自然は日々変化、花盛りのお散歩道でした。

090419_3 0904196 0904199

0904192_2 0904195 0904197

0904194


空き地にはなんと、菜の花が群生。


暑くて早くもバテバテ気味のラブさん。









0904198
お散歩終了。

お向かいのシーズー・チロちゃんち。

年中、奇麗なお花が咲いてます。




帰宅後、仕事関係の電話が次々。長電話が多くて電話だけで計4時間近く……。

……かなり疲れた……down

朗報電話も1本。S監督と作ったマンガ原作のドラマ企画、テーマに関心を持ってくれたP氏がいて、映画用に作り直すことになりそう。
ここいらで1本スカーッと決めたいところっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.18

初恋レタ友発見

お~い、nanaseちゃん、初恋レタ友発見したよsmile

文面の面白さではnanaseちゃんのに敵わないけど、こっちはイラストがズバリhappy02scissors

http://www.shirous.com/staff/?cat=9

昨日、1年生の女の子と話していたら、初恋レタのこと知ってた。
やっぱ、なんか当たってると感心してたよ。

それから、以前から小説を書いている彼女は、作中人物のキャラ作りの参考に占いサイトなど利用しているとのこと。(自分の作ったキャラを入力してみたり……とか)

お~っ、そういう利用法もあるかflair と1年生に教えられましたcherryblossom




昨日、西葛西、本日、北千住。
なんか、連日、東京の端から端へ移動です。



実は本日は、以前から楽しみにしていた『ドラマケーション』のシンポジウムの日。
パネリストに山崎哲さんの名前があり、ご案内いただいて即参加を決めた。

なのになのに、後からアーカイブズの会議が入ってしまい、泣く泣くシンポジウム出席は諦めることに……crying

関心のある方、無料ですのでどうぞ。


学校法人東放学園30周年記念シンポジウム
「コワレかかった“ニッポンの現場”」
~ドラマケーションによる人間関係づくり~

  主催:学校法人東放学園 ドラマケーション普及センター 
 協賛:東放プロデュース

   「教育や職場に限らず、あらゆる現場において人間関係が壊れてしまっている」と、マスコミの話題をにぎあわせて数年が経とうとしています。若者のコミュニケーション不足が叫ばれもしましたが、いっこうに改善の兆しが見えないのが現状です。
 家庭が悪い、学校が悪い、社会が悪い、小学校が悪いから中学校ではどうしようもない、小.中学校がしっかりしていないから高校では手遅れだ、近頃の大学生は…、新入社員は…。嘆きと責任のなすりあいは、耳を覆うばかりです。
 本日はこのような状況の中で、絶えず現場と向き合い、各々の立場で活動し続け ているシンポジストにおいでいただき、現状と人間関係修復のための具体的な方策等について討論していただきます。

会   場 : 東放学園大学映画専門大学院大学(西新宿)
日   程 : 2009年4月18日(土)

14:40 受付(1F)
15:00 ドラマケーション体験(7F)
16:00 記念シンポジウム(2F)

  コーディネーター
 渡部 淳 (日本大学文理学部教育学科教授)

 パネリスト
 梶野光信 (東京都教育庁地域教育支援部計画担当係長)
 生重幸恵 (NPO法人・スクール.アドバイス・ネットワーク理事長)
 山崎 哲 (劇団・新転位21、劇作・演出家)
 橋本光生 (川口若者サポートステーション・オフィス・マネージャー)
 正 嘉昭 (東放学園教育顧問・ドラマケーション主任研究員)

18:00 終了

受  講  費  : 無 料

詳細は → コチラ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.04.17

DUEL 激突!

一昨日からスピルバーグの『激突!』、何度も見直した。

やはり、面白い。

映画の勉強を始めたばかりの1年生への一番最初の脚本の授業に、どの作品をメインに話すかなかなか決まらなかった。

昨年の先生は『タイタニック』らしい。

私は私らしくスタートさせたい。


そしてやっと昨日、決定。第一回目の授業は『激突!』だ。

スピルバーグ、24才の時に撮った出世作(最初はTV作品→映画として外国配信)

短期間、低予算でもこれだけの作品が作れる。

リチャード・マシスンの原作・脚本があったからこそだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.14

眠眠打破!

0904142
 深夜、久しぶりに買ってきた。

 
 時間がない、

 頑張らなきゃ、

 でも、ドライアイも恐いし、


 結局、まだ飲んでない……





0904141
 ↑ を買ったコンビニでは抽選券でいろいろ当たるというフェア実施中で、タバコも一緒に買ったので、くじ引きの箱の中から6枚抽選券を引いた。

で、6枚中4枚で左の飲み物が当たった。
なんか、すごく得した気分smile
外はすごい雨だったけどsun




おかげさまで、ラブはその後、異常なく普通に食べてま~す。

 ↓トッピングは宮崎産・霧島鶏の角切り
P1000401 P1000404_2 P1000408

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドライアイ注意報

乾燥注意報は天気だけじゃないみたい。

昨日、突然、やってきました。
緊急ドライアイ注意報。


朝からずーーーーーっとパソコン画面を見ながら仕事をしていたら、夕方突然、画面がハレーションを起こしたように眩しくなって、目を開けてられなくなった。

無理に画面を見ようとすると、画面がまさに粒子の大きい点描画みたいに見える。
直線がブツブツに途切れて、歪んで見える……って感じ。


数日前から目の奥に鈍痛のような違和感を感じ始めていたので、ドライアイ対策の市販の目薬をまめに注すようにはしていたんだけど。


無理をして昨年のように寝込むほどに痛くなってはかなんなぁと、とりあえずは仕事を中断。パソコンから離れる。


そういえば、昨年、はじめてドライアイの辛さに耐え切れずに眼科に駆け込んだのも4月。ちょうど母がセントの病気を心配して上京してくれている最中だった。
改めて過去ブログを調べたら、病院に行ったのが昨年の4月16日


なんとも律儀にほとんど同じ時期に同じ症状が……
私の眼球乾燥注意報は、気象庁の乾燥注意報と連動しているのか?







パソコンから離れて、ラブの夕食。
ドライフードにトッピングは霧島鶏のささみ角切り。
自家製のささみ水煮が品切れの時は、最近は市販の霧島鶏シリーズをトッピングに代用している。
いつものように全部ご飯を食べて、立派なウンチをして、快食快便。


ラブの夕飯後、チラシ寿司の素でちゃちゃっとチラシ寿司とお稲荷さんを作って、食べていたら、ラブが妙なことを……。

人間で言えば、喉に小骨が刺さった時にするようなカーッという咳払いをし始めた。

ラブはたま~に、構って欲しかったり、関心を引きたい時に喉に何か詰まらせたような演技をすることがある。なので、またそれかな? と横目で様子を見ていたら、どうも明らかに喉に何かが引っかかっているようで、カーッ、カーッと喉を鳴らし続けている。

ついに心配になって、口の中を見ようとしたら、口の周りの一部の毛がうっすらピンク色に? 出血の色!?  ギョッ! ゲッ! 
と、ラブが何か吐いた……

白っぽい糊状の吐しゃ物に混ざって真っ赤な鮮血がいく筋も……。


ラブは小さい頃からよく吐く子(セントはほとんど吐かない子だった)で、食事の時間が遅れてお腹が空き過ぎるとすぐに黄色の胃液のようなものを吐いた。なので、吐くことそのものにはそれほど驚きはしないのだけど、今回は鮮血が混ざっているということで、諸々心配が怒涛のように押し寄せてきた。


吐しゃ物から判断すると、食後間もなくなのに固形物が全く混ざってない、ということは胃からの逆流ではない。つまり、出血は胃からではない。


では、やはり喉に異物が? レトルトの霧島鶏の角切りにもしかしたら小骨が紛れていたのだろうか?


ラブの様子がちょっと落ち着いたので、私が食べていたチラシ寿司をお箸に乗せて与えるとさっと食べた。(ラブもセントも酢の物系は平気)

人間も小骨が刺さったりした時、ご飯飲み込んでみたりするでしょ。そのつもりでラブに。二口目も三口目も普通に食べた。

で、カーッ、カーッも収まり、ようやくホッ。

しかし、喉から(もしかしたら口内)の出血のことは気になるので、当分、様子見ということで。





人間もワンも変調の春です。我が家は……。



090331_005そういえば、この前、いきつけのスーパーでメチャクチャお安い炭酸飲料発見。

コカコーラの『リアルキアイダー』

な、なんと1本35円で売っていた。

あまりお安いのでつい3本買って冷蔵庫へ。

1本目飲んだ時には 気が付かなかったけど、2本目飲んでやっと気が付いた。





090331_004

リアル-キアイダーって、
←この人の「気合だーっ」の気合だったのね。



コカコーラの公式HPによると『気合入魂ドリンク』だそう。

気合飲んで春の変調ぶっ飛ばしますか……。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.13

山火事

昨日の昼間、たまたまテレビをつけたら、ちょうど私の郷里・大分県中津市での山火事のニュースをやっていた。

2005年の町村合併で山間部の三光村、本耶馬渓町、耶馬溪町、山国町が中津市に編入。山火事はそういった山間部で発生したらしいが、正確な場所はニュースでは分からない。

その山間の地域には高校時代の同級生や知人などの実家があったりで、その後も山火事のニュースが気になる。

空気が乾燥している今の時期は山火事多発の季節らしい。
ここ数日だけでも宮城・角田市、熊本・阿蘇市、山梨・甲州市、その他規模の小さいものも含めると30件以上も山火事が発生しているという。

2009041200000021annsocithumb000smalで、結局、大分県中津市の山火事のニュース、今朝ようやく、ネットニュースで鎮火されたことを知った。

12日午前11時頃発生、約8時間燃え続け午後7時頃鎮火。10ヘクタール以上焼失したが怪我人はないとのことでホッ。

九州に帰省する時、いつもしみじみ思うんだけど、飛行機から見た日本は本当に山林が多く美しい。
森林面積は国土の約70%、先進国の中で日本は最も森林の多い国らしい。


以前、カナディアンロッキーに旅した時に、現地日本人コーディネーターがカナダの国立公園内では落雷など自然発生的な火災では消火活動はしない、それは太古から続いた地球の営みの延長にあることだからと言っていた。

国土面積が日本の20数倍、世界で二番目に大きい国土面積を持つ国だからの考え方であり、国土の狭い日本じゃそうは行かないよね。


本日も全国的に乾燥注意報が出ています。
お気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.12

初恋の人からの手紙

Kちゃん、ひさしぶり。
今でもフリマに自作の詩を出品していますか?会うたびに詩を書いておれに見せてきたKちゃんをなつかしく思います。

Kちゃんが「なんで私が面倒を見ないといけないのよ」とおれに言い捨てて別れたあの日から、もう○年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのには特に理由はないんだ。ただ部屋の掃除をしていたらKちゃんからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせたかな。

思い返してみると、うちらの恋愛ってひどいものだったなぁと今さらながらに思います。わりと若者らしい恋愛をしたがったおれと、すぐドライになっていったKちゃん。Kちゃんの決めぜりふはいつも「ごちゃごちゃ言ってると別れるよ」でしたね。どんだけ上からだ!と思ったけれど、怖くて文句の一つも言えませんでした(苦笑)。

そういえば、おれはともかく、Kちゃんにとっては初恋でしたね。最初のころのKちゃんは、手をつないだときに手汗をびっしょりかいていたと思います。あれはなんだか、こっちも緊張しました(笑)。

まだラブラブだったころ、Kちゃんはおれに「私ね、男って顔で決まるとは思わないの」といつも言っていましたね。よかれと思って言っている言葉が人を傷つけるあたりは、天然爆弾のKちゃんらしいなぁと思います。今も相変わらずなのかな。

今だから言えることだけど、おれはKちゃんと付き合ったことを後悔していません。毒舌にあまり傷つかなくなったのも、女から説教されても聞き流せるようになったのも、Kちゃんのおかげだと思っています。

いろいろ書いたけど、おれはKちゃんが大好きでした。これからもKちゃんらしさを大切に、そして当時のように黒柳徹子のモノマネをみんなに披露しながら(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

いやはやいやはや、この手紙読んで大笑いしてしまった。
と、同時に、なんかどっかが当たっているような気もする。

実は 『初恋の人からの手紙』 というサイトでいくつかの質問に答えたところ出てきた結果の手紙。

う~む、昔、詩を書いていたなんて一言もアンケートに書いてないのに、一行目から自作の詩なんてフレーズが出てきてギョッとしてしまった。

ところでもっと驚いたのは、分析結果。


Kさんについての分析結果は以下の通り。

【短評】
タフで強気。甘ったれた男性が受け付けられないが、依存されやすくもある。男性を「面倒くさい」と感じやすい。

【あなたの恋愛事情を考察】
Kさんは基本的に、何でも自分の力でなんとかしようとするタイプだと思われます。それによって獲得した能力は誇れるものですが、逆にその強さが男性を引き寄せません。いや、Kさんにとってあまり恋愛感情が起きないような、ドキドキできない男性たちは引き寄せるようですが。

Kさんは無意識に、甘える自分というのを封じ、人に頼らなくていい強い自分を目指していることと思われます。自分の中に「弱い自分」がいてはならない状態では、当然、他の人の中にも「弱さ」を感じるとイライラするのです。自分以外の男性が弱いとき、腹立たしく思うのです。

その結果、自分よりはるかに器が大きい男性(完成品)を求めさまよい続けるか、Kさんのほうに振り向かないような男性と恋愛しやすくなります。例えば「特定の彼女はいらない」という男性だったり、彼女持ちの男性だったり。

ここから言える、Kさんにありそうな問題点を列挙します。

◆素直に甘えられないので、男性と対立的になるか、男性がヘコむ。
◆弱い男性は生理的に受け付けない。彼氏が弱ると冷める。
◆消去法の結果、「悪い男」との恋愛率が高まる。





な、ななな、なんか「女としてかわゆくない(強がって見えてしまうらしい)」ってとこなんか、かなり当たってるかもぉ……
あくまでも過去、過去ですけどね。

今は甘い辛いも経験して、人間としても女性としてもま~るくなってますです(のつもり)。デヘッ


ところでこのサイト、最終的には……

【もっと上手な恋愛のために】
そういうタイプになったのはなぜなのか、もっとモテるためにはどうすればいいのか、もっと恋愛上手になるためにはどうすればいいのか、どう考えればいいのか。恋愛の疑問は尽きないと思います。


ということで、このサイト、携帯の恋愛相談サイト(有料)に誘導するのが目的のようですが、私はここまでで十分。

ワタシ的にはかなりツボにハマったお試しサイトでした。

『初恋の人からの手紙』と『分析』は無料なので、やってみてください。
それなりに笑えるし、遊べます。

『初恋の人からの手紙』質問
http://letter.hanihoh.com/q/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.11

花の色は 移りにけりな

090411_007
本日。
咲き誇っていた桜はあっという間に葉桜に。

代わって隣の別種の桜が満開中。

葉桜を挟んで向かって右側(仕事部屋からは見えにくい)にも、また別種のピンク色が濃い桜が満開中です。

090411_002

それにしても電線が多いというか邪魔ですねぇ。

090411_008
あらっ、ココにも黄色いお花が咲いてました。

引き抜くのが可哀相なので放っておいた雑草の鉢。

ほとんどがクローバーなので、もしかしたら四つ葉が出て来るかもなんて、ちょっと期待したりしてclover




先日は久々に京王プラザの喫茶ルームで仕事打ち合わせをして、終了後、同業4人で大久保の本格的韓国料理『大長今(テチャングム)』へ。

焼き肉、チヂミ、キムチとお料理が美味しかったのはもちろん、チャムイスルや百歳酒などお酒も美味しくてグイグイ。
百歳酒は韓国の漢方伝統酒で、飲んだら百歳まで生きるという意味のお酒だそう。

来週から担当することになった学校の授業、ギリギリまで準備に忙殺されそうだけど、百歳酒を飲んだのでなんとか頑張れるでしょっ deliciousgood

というか、頑張らなくちゃ、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ブログ3月号私的&花だより編

3月10日以後の私的&花だよりです。

090316_006
3月16日 我が家の前の桜の古木に花がちらほら咲き始めました。

玉川上水沿いの散歩道にも春の花がいっぱい。

090316_005_2

090316_024
この日は愛娘・ラブの10才の誕生日。

(人間で言えば50代 coldsweats02

そういえば、昨年の避妊手術以来、太ってきて中年体型に。階段の一挙駆け登りができなくなったし、ラブもしっかり年取ってるなぁ。

大事なパートナーとして、これからもよろしくね、ラブheart04


090321_002
3月21日 お散歩で近くの小さな神社へ。

去年の今頃はちょうど母が上京中で、セントと一緒にココで写真を撮ったね。

セントの病気、放射線治療を開始することになるかもって時で、母が心配して九州からセントに会いに来てくれた。

去年と同じように、今年も桜は奇麗だった。



090321_003 090321_004_2

090330_005 3月30日 トリミングへ行く前に小金井公園をお散歩。

桜かなり咲いてて、お花見の人出も多かった。

4月最初の桜まつりにそなえて、団子屋さんも出ていたので、みたらし団子を買った。

やっぱ、女はいくつになっても花より団子でしょう。

090330_003 












ペットフォレスト駐車場にて。せっかく奇麗にトリミングしてもらったのに、カメラのほうをちゃんと向いてくれないラブさん。
白く輝いている建物がペットフォレストさん。この10年間ではじめて男性のトリマーさんにやっていただきました。(しかもイケメン。次が楽しみbyラブ)

090330_011 090330_012

090331_005
3月31日

仕事中、熱い視線を感じて振り向くと……

立つ=「おやつ欲しいの」と躾けてしまったので、おやつが欲しい時は立つことで意思表示。

この時だけは穴の開くほど真っ直ぐな視線でママを見つめ、カメラからも視線を逸らせません。






090405_009
4月5日

自宅前の桜、満開です。

この桜の木はちょうど私の仕事部屋から見える木。
満開の花が見えるって、いいもんですね。

自宅のお花も奇麗に咲きました。
といっても、買ってきて植え替えたばかりですが。

090405_014

090407_004
4月7日 近くの桜堤通り

名前の通り、桜が奇麗。

玉川上水沿いのいつもの散歩道も桜並木になってました。


090407_016





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.10

月刊ブログ3月号エンターテイメント編

いやはやいやはや、またまたご無沙汰してしまい、すっかり『月刊ブログ』になってしまいました。
梅の季節から、気が付いたら、な、なんと、桜ももう終わりかも……

ずっとUPしようと思っていた私的エンタメ系、とりあえずUPしておきます。

3月のエンタメ
090310pw_im 090310pwtop_2

お誘いがあり、舞台『PW-PRISONER OF WAR』を観ました。
舞台演出家として著名な鐘下辰男さんの作・演出。
台本の構成はもとより、舞台空間の使い方、照明、舞台装置、どれをとっても圧倒され、そして目からウロコ。すごい作品でした。

私にとって驚きであり、嬉しかったのは出演者に仁科貴さんがいた!
仁科貴さんは一目で誰の息子さんかわかるほどお父さんの川谷拓三さんにそっくり。
私が脚本を書いた1997年の『のんちゃんのり弁』(TBS系昼ドラ)、1998年『のんちゃんのり弁2』で主人公・渡辺典子さんの弟役でレギュラー出演されていた。

その頃は、まだ役者さんになり立てで、撮影時にいつも大汗をかいていたのが、役者としてとても初々しく感じたものだ。

それから10年余、堂々たる役者さんになられて、舞台でも個性的な存在感を見せていた。
なんだか、甥っ子の成長を喜ぶ叔母さんの心境だったりして(笑)


『PW』を見に行った次の日、アースマラソンで太平洋をヨットで横断していた間寛平さんがようやくロサンゼルスに上陸のニュース。

日本を発った時から気になって、時々、アースマラソンの公式ブログをチェックしている。
寛平さんも『間寛平少年物語』(関西テレビ)のドラマを書いた時、少年時代を過ごされた高知県宿毛市の山間の地を訪れたり、寛平さんにお会いしてお話を聞いたり、またなんば花月の寛平まつりの舞台を拝見したりで、全くの他人とは思えず、いつも気になる存在なのだ。

ある意味、理屈を超えた生き方をしている寛平さん。
太平洋上の寛平さんのブログを読みながら、ふとアメリカ・ネバダ州を目指してヘリウム風船で消えてしまったあの風船おじさんのことを思い出して不吉な思いに捉われたりで、ただただひたすら「とまったら死ぬ男」=寛平さんの無事を祈り続けておりましたです。

             アースマラソン応援バナー

なので、ロサンゼルスに無事到着には心からホッ。
ただいま寛平さん、アメリカ縦断・ロッキー山脈爆走中。
先は長い、ガンバレィッ!!!!!!dash






今年に入って、DVDのレンタル枚数がパタッと減ってしまった。

『ストーリーアナリスト ハリウッドのストーリー分析と評価手法』という本を去年からぼつぼつ読みはじめ、今年に入ってDVDで観た映画をその分析手法で分析してみようかと思ってしまったのが停滞の原因。

分析のためには何度か見直さなければならないので、一度見終わったからとすぐに返却できなくて、長く手元に借りっぱなしってことに。以前なら月に6枚借りていたところが今は2枚に。
1カ月定額制なので何枚借りてもOK、また1枚をどんなに長期間借りてても定額以上の延滞金は発生しない。

う~む。私にとってはどちらがBESTなのか?
見終わると同時に分析して、サッサと次を借りる。それが理想的とは分かってるけど。

現実問題として、ブログに未UPの作品が70本近くになろうとしている。
単純な感想さえ未UPな訳で、分析などはとてもそこまでできっこないかなぁ。
無理をせずに、とりあえず出来ることからやるっきゃないか。

というわけで、最近見た映画DVD

『ハムレット ゴーズ ビジネス/マッチ工場の少女』 (フィンランド)
  監督・脚本・製作:アキ・カウリスマキ
  とくに『マッチ工場の少女』は静かな衝撃が走るほど深い作品だった。

  不幸が不幸を呼び、どんどん不幸の極みに……というとまずは『西鶴一代女』
  (田中絹代主演・溝口健二監督・依田義賢脚本)を思い出す。はじめてこの映画
  を見た時はショックだった。これほど転落に次ぐ転落で救いがない映画というのは
  はじめてだったような気がする。

  『西鶴一代女』はこれでもか、これでもかというほど何度も何度も不幸の坩堝が
  襲ってくるが、『マッチ工場の少女』は70分の映画で不幸にハマっていくストーリー
  ラインもシンプル。それだけに深く心に突き刺さるものがあった。

『あの子を探して』 
  監督:チャン・イーモウ(張芸謀)
  プロの役者を一人も使っていない作品。でも、観終わって泣いていた。
  13才の代用教員の少女が、教員としてどんどん変化、成長していく姿が描かれ、
  そのひたむきさに心揺さぶられる。
  この作品も、構成や時代背景などちゃんと分析しておきたい作品。
  

『靖国 YASUKUNI』
  監督 : 李纓
  話題を振りまいたこの映画、ようやっとちゃんと観た。
  見た限りでは、なぜあれほど反対派が過剰反応したのか訳わかんね。

  なぜなら、全体の3分の2は靖国の現実を映しているだけで、一水会顧問の
  鈴木邦男さんが言ったようにまさに「愛日映画」といっても過言ではない。

  もし、反対派がカチンと来たとしたら台湾の人々のくだりか。
  たとえどんなに短い映像でも、作った人間からのメッセージがより強く感じられる
  部分かも。私はそう感じた。
  ただ、観る人の思想信条、立場によって受け取るメッセージはさまざま。

  なのに右方向からしか取ったドキュメントしか認めないなんて、それこそ変だよ。

『青の炎』
  監督・脚本:蜷川幸雄 主演:二宮和也
  原作のテーマに惹かれて観たんだけど、松浦亜弥が出るたびにまえけん(前田健)
  のあややが重なり、困った。

  そういう意味で、あややの特長を完璧に押さえたまえけんはすごいと思った。
  あ、映画の感想にはなってないか……。 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »