« 優先順位 | トップページ | 「オイスター・ボーイの憂鬱な死」 »

2009.05.18

忙中酒あり

09051812_2 朝10時より、荻窪にてすぎなみ地域大学『住民ディレクター講座』第1回を見学。
この講座の企画運営は杉並TV

脚本アーカイブズで一緒に活動をしている杉並区在住のNさんが間に入ってくれて、私は今回は前住民として参加させていただいた。

講座の初回、早速三人一組でチームを組んで自己紹介ビデオを制作。

出演者・ディレクター兼タイムキーパー・カメラマン、三人でその役を分担してそれぞれ一人30秒の自己紹介ビデオを撮影。

参加者は私を入れて21人。撮影終了後は早速21人分の自己紹介ビデオの試写会。

スクリーンに大写しにされた自分の姿は、ちょっと……coldsweats02

しかし、全くの素人である住民の人々がいきなり、出演者・ディレクター兼タイムキーパー・カメラマンとして作った作品、なかなか微笑ましくて、久々に楽しい時間を過ごした。

楽しくって次が待ち遠しくなる講座……学ぶってことは、こうでなくっちゃねと教えられた講座だった。



午後2時からは六本木の日本放送作家協会にて脚本アーカイブズの会議。
六本木に移動する前に、荻窪のチェーン店薬局にマスクを買いに行ったら、朝入荷した時点でたちまち売り切れになったとのこと。

六本木の会議にも一緒に参加することになっているNさんが予備のマスクを持っていて、それをいただき、マスク女二人六本木へ移動。
(追加:怪しいマスク女二人、どうしても見たい人はコチラへどうぞhospital )

09051821_2 会議終了後、再び荻窪に戻って、お疲れ様のちょいと一杯。

ここのところ、諸々優先順位が違っているのではないかと、自問自答、憂鬱な気分が抜けきれない。


どうせなら、ガッと飲んで気分をスッキリさせた方がいいだろう。多分、いいに決まっている。いや、絶対いいはずだ。

なんてことで、Nさんと5階テラス席のある居酒屋へGObeer

私が荻窪に住んでた頃は大手スーパーがあった場所に、なんともお洒落な居酒屋が入っていた。



P093239_3_s1 話に夢中になっているうちに、いつしか夜。

シナリオライターとしての本分は何を置いても脚本を書くこと。

それにプラスアルファで、シナリオライターだからこそ出来ることはないのか?

私の中で、そんな模索が延々と続いている……。
やはり最大の問題は、優先順位。




難しい……。

|

« 優先順位 | トップページ | 「オイスター・ボーイの憂鬱な死」 »

WORKS」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日本脚本アーカイブズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/45063383

この記事へのトラックバック一覧です: 忙中酒あり:

« 優先順位 | トップページ | 「オイスター・ボーイの憂鬱な死」 »