« どくだみシスターズ近況 | トップページ | そして天使になった・・・ »

2009.06.26

ショック! 僧帽弁閉鎖不全症

P10004702_2 (←トリミング前のラブ)
 
先日、ラブのトリミングが終わってから狂犬病予防ワクチンのために動物病院へ。

1月以来、久々の病院。しかもはじめての病院です。

セントが旅立って間もなく1周忌。
まだセントの遺骨を手放すことができず、毎日毎日手を合わせて言葉をかけています。


思い出しては泣き、写真を見ては泣き・・・


そしてセントを抱いて通い続けた病院に行くのが辛くて・・・ついに病院を変えました。




P10004952_2              (トリミング後のラブ→)

予防注射のついでにいろいろ気になっているところを診てもらう。


少し前から、光の加減で黒目のところに白く膜が張り始めているような気が・・・。

もしや・・・まさか・・・の悪い予感は当たってしまった。

白内障が始まっているとのこと。

若くして両眼が白内障で真っ白になったワンちゃんを見たことがある。
いつかはあんなふうになってしまうのか、と思うと暗澹。


犬の場合は5才くらいで老化現象が始まり、白内障のワンちゃんが多くなるのだと。
今のところラブはまだしっかりと見えており、進行を少しでも食い止められるように目薬を処方してもらう。


皮膚のほうもちょっと痒がっているので薬用シャンプーを購入。




しかし、しかし、それらはすべて、この後の宣告に比べたらまだまだ序の口。
お楽しみ・・・じゃなくて“お苦しみ”はこれからだった。


P10005002 ラブは現在10才3ヶ月。人間でいえば56~60才。
昨年の6月15日に左乳腺全摘出と右最下の米粒ほどの悪性腫瘍摘出。同時に避妊手術をした。

術後は順調で、問題なく退院して、傷跡もきれいに治癒。
その後の大きな問題としては避妊手術後の肥満。
いつも食いしん坊セントよりは軽くて、6キロオーバーすることはあまりなかった。が、避妊手術後は7キロ近くに・・・。
なのでダイエットには気をつけている。


ドクターはラブの肥満を指摘した後、聴診器で心音を聴く。
なにやらとても慎重に、二種類の聴診器で丁寧に聴いた後、ついに・・・。



「心臓に問題があるようです」



そして、立てかけてあった本を開いて、該当のページを開いた。



僧帽弁閉鎖不全症



中高年以降の小型犬に多い心臓病だとのこと。


そう言われてみたら、最近のお散歩時に、じっと立ち止まってしまうことが多々あり。
また、時々、喉に骨が刺さった時のように「ゲッ」とやっているが、それは犬の咳だとのこと。

近々、詳しい検査をやってもらう予定。


目下のところ、ダイエットと塩分制限をしっかりとやらなければなりません。




セントに続き、ラブまでを失うことになってしまったら・・・
考えただけで恐ろしい事態。



なので、何が何でも、病気とうまく付き合いながらちょっとでも長く一緒にいられるように頑張りたいと思います。

それにしても、病院選びは難しい・・・。


今回行った新しい病院。とても立派な建物の中にあり、大手動物病院の分院。
初診料は普通よりお安いし、狂犬病ワクチンも期間割引料金だった。


心臓病が分かりショックで、お勧めの処方食を購入。
また薬用シャンプーもお勧めのものを。
そして、白内障用の点眼薬を出してもらう。


帰宅して、病院で購入したものの与え方や使用法を改めてネットで確認するために検索していて、驚きの事実を知ってしまった。


白内障点眼薬「ライトクリーン」がネットでは1000円~1500円くらい?!

病院での値段は全く同じものがなんと4200円!

セントの時も、処方されたお薬に関しては効能や用法や値段などをネットで調べていたが、3倍以上ものお値段のものってなかったと思う。

すでに支払っており、それに関してはいいんだけど、ただ、なぜそんなにお高いのかどうしても納得できずに、もしかして処置料も込みで外用薬に値段をつけているのか? と病院に問い合わせをしてみた。


すると、処置料は含まれず、あくまでも白内障点眼薬「ライトクリーン」だけのお値段とのこと。


処方食もシャンプーも、全く同じものがネットよりは病院のほうが少しはお高い。それは納得できる。

しかし、1000円~1500円くらいのものが4200円もするとなると、う~む、これから先のことちょっと考えてしまう。



病院選びは、まず病院やドクターへの信頼感が第一。


やはり、少し遠くても前の病院のほうがいいかなぁ・・・。


ああ、悩みは尽きないっす。

|

« どくだみシスターズ近況 | トップページ | そして天使になった・・・ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。
ラブちゃん心配ですね。。。
ママさんが先に倒れないよう、がんばってください。

お薬の値段。あれって、あってないようなものだそうですよ。
むしろ、ネットのほうが安すぎるのかも、、、
大量に仕入れられたりすると、安くなるでしょうからね、、
病院ではそれほどいっぺんに出ることもないでしょうし、
古くなると安売りってわけにはいかないでしょうし、、、
とはいえ、4200円は高いですね。。。

投稿: ron | 2009.06.26 10:32

>ronさん

本当にお久しぶりですねhappy01
ご心配いただき、ありがとうございます。

お薬の値段って、やはりあってなきが如しですか。
ペットのだったら、なお更かもしれませんね。
病院選びは最終的にはドクターを信頼できるかどうかですよね。
微妙・・・。

ウサちゃんはお変わりありませんかhappy01
beerの夏ですが、飲みすぎないようにね~wink

投稿: ラブママ | 2009.06.26 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/45439466

この記事へのトラックバック一覧です: ショック! 僧帽弁閉鎖不全症:

« どくだみシスターズ近況 | トップページ | そして天使になった・・・ »