« 脚本塾特別講座、締め切りました! | トップページ | ラブ、虹の橋へ・・・ »

2010.02.01

余命一ヶ月・・・・・・・・・

いろいろと書きたいことがあるんだけど、なんだかいろいろと重なってしまって、どうも気持ちが落ち着きません。


ラブのことで心配いただき、早くお返事を・・・と思いながら、遅れてしまっています。
もう少しだけお待ち下さい。


ラブは昨日、レントゲンを撮ったところ、また肺の腫瘍が大きくなっており、余命一ヶ月といわれてしまいました。


丸山ワクチンで以前に比べて少しだけ呼吸も落ち着いてきているかな・・・と感じ始めていただけに、ショックです。



余命一ヶ月といわれても、何をどうしたらいいのか分かりません。



食欲はあるし、おやつはしょっちゅう欲しがるし、便も毎日立派なのが出てます。
外の風に当たると嬉しそうで、お散歩に行きたそうにします。
宅配便のおじさんが来ると、ぴょんぴょん跳ねて歓迎します。



そんな毎日が一ヶ月といわず二ヶ月、三ヶ月、半年とずるずると続いてくれることを願っています。


いつものように、平常心で、ラブが苦しまずに毎日を過ごせるよう、できるだけ一緒にいること・・・


それしかできない。


とにかく、ラブとの生活がなくなるなんて今は想像もできないし、想像もしたくないし、今のままがず--------っと続くことだけを考えてようと思う・・・。

|

« 脚本塾特別講座、締め切りました! | トップページ | ラブ、虹の橋へ・・・ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

・・・コトバがありません。

今年は、マザー・テレサの生誕100年だそうです。マザーを評して
ある人は、もう「死ぬばかりの人に,包帯を巻いているだけ」だと
酷評したとか。治療の効果だけなら、確かに《ムダ》なんでしょう。

でも、マザーの活動は「愛を求める者に、愛を与える」ことだった。
死にゆくもののに、寄り添って、あなたは「愛されていた」んだと、
あなたは「精一杯、生きた」と「愛の中で、旅立たせる」看取りを、
愛の実感を必要とする者へ、自らの使命としていたように感じます。

投稿: たまり | 2010.02.09 11:39

こんにちは・・・
雪交じりの寒い一日ですね・・・
こちらへは初めて来てみましたが
「余命・・・」と言われていたのですね
知らなくて、突然だったので
本当に驚きました

今日もラブちゃんはスヤスヤ眠っていますか?
いつものラブちゃんがいますか?

あの公園で
セントちゃんが舞い降りて
2人で上って行くんですね・・・

ラブちゃんとの時間
大切に・・・

投稿: ルルママ | 2010.02.13 16:05

たまりさま

ありがとうございます。
マザー・テレサの行為でさえそのように批判する人たちがいたんですね。

ペットの闘病に関しては、厳しい見方をする人もいて、密かに傷ついたりもしました。

しかし、死を前にして人間も動物も同じです。
教えていただいたマザー・テレサに救われました。

これまでのセントとラブへの愛情、ありがとうございました。

投稿: ラブママ | 2010.02.23 09:17

ルルママさま

こちらにもお越しいただきありがとうございます。

今も、ラブにお送りいただいたお花、ラブとセントをその香りで包んでくれています。

ルルママさまとルルちゃんズがいつまでも平穏に楽しく暮らせますよう、心からお祈りいたしております。

投稿: ラブママ | 2010.02.23 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/47445973

この記事へのトラックバック一覧です: 余命一ヶ月・・・・・・・・・:

« 脚本塾特別講座、締め切りました! | トップページ | ラブ、虹の橋へ・・・ »