« 悲しみは深く沈んで積もっていく | トップページ | 記者会見へ »

2010.04.01

 「ザ・脚本-放送作家たちの80年」のご案内

◆江戸東京博物館 企画展 「ザ・脚本-放送作家たちの80年」

Edohakujpg

会期:平成22年4月6日(火)~18日(日)
     ※休館日 毎週月曜日
開館時間:9時30分~ 17時30分
       土曜日は 19時30分まで
      ※(入館は閉館の 30分前まで)
会場:江戸東京博物館 
    常設展示室5階第2企画展示室
入場料:常設展観覧料でご覧になれます。
主催:東京都 東京都江戸東京博物館
        社団法人 日本放送作家協会
協力:日本脚本アーカイブズ




    (PDF画像

本邦初公開の向田邦子さんの脚本など貴重な脚本・台本が多数展示されます。

最も古い展示台本はラジオでは大正14年の「桐一葉」(作:坪内逍遥)。
テレビでは放送開始年の昭和28年の人形劇脚本「竜と珊瑚」(作:滝沢てるお)。

大正・昭和・平成に渡る放送作家80年の歴史を会場でご覧下さい。

◆会場詳細などは下記ホームページをご覧下さい。
 http://www.nk-archives.com/nka-1004edohaku_kyakuhonten.html


【展示構成】

 ①江戸-作者は軍師なり

 ②明治-明治の東京をみせた「坂の上の雲」

 ③ラジオ放送開始 

 ④五00円ドラマはじまる-ラジオ放送の普及

 ⑤放送作家の誕生

  ⑥戦後-連続放送劇の時代

 ⑦民放ラジオ局開局

 ⑧テレビ放送開始

 ⑨バラエティーの幕開け

 ⑩ラジオバラエティーの世界

 ⑪アニメの60年代

 ⑫ドラマの60年代

 ⑬脚本家の時代

 ⑭80年代を支えた作家たち(ドラマ・バラエティー)

 ⑮FMドラマの時代

 ⑯情報ドキュメンタリーの展開

 ⑰脚本アーカイブズの誕生

 【特別展示1】台本の印刷
 【特別展示2】向田邦子
 【特別展示3】森繁久彌

◆特別イベント:「殺陣(たて)パフォーマンス+トークショー」

Tateomote1

Tateura1_3

  

 

   











PDF画像)                 (PDF画像

文字で書かれたものがいかにビジュアルとして表現されるのか。
時代劇脚本に描かれた迫力ある殺陣シーンを、ぜひ実演でご覧ください。

 日時:平成22年4月9日(金) ・ 4月11日(日)
  時間:13時30分~15時
 会場:江戸東京博物館1階会議室(定員120名)
  参加費: 無料・当日会場へお越しください。
 出演者:菊地竜志・日本殺陣道協会・菊地剣友会他
  トークショーゲスト:山本昌平氏(俳優)

 企画:社団法人日本放送作家協会 日本脚本アーカイブズ

|

« 悲しみは深く沈んで積もっていく | トップページ | 記者会見へ »

日本脚本アーカイブズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/47963620

この記事へのトラックバック一覧です:  「ザ・脚本-放送作家たちの80年」のご案内:

« 悲しみは深く沈んで積もっていく | トップページ | 記者会見へ »