« また会いましょう | トップページ | 2010年5月24日事業仕分け録画:JKA »

2010.05.18

向田邦子さんの幻のデビュー作

5月15日(土)、向田邦子さんの幻のデビュー作を発見したフリー編集者・烏兎沼(うとぬま)佳代さん のお話を聞く機会がありました。

10mukoda6

デビュー作発見までの経緯や、向田家との係わり、それに向田さんトリビア(?)のようなことまで、二時間余があっという間に過ぎた。

(←幻の台本といわれたテレビデビュー作『ダイヤル110番』を収録)

ブログにもう少し詳しく書こうと思いながら、今のところ仕事の優先順位が滅茶苦茶になっており、とりあえず、直近に迫った仕事からやっているので、向田さんの話は、少し落ち着いてからということで・・・


それはそうと、我が家の向田さんのシナリオ集(全文庫:新潮10冊、文春2冊、講談社1冊)のうち初版本は6冊。あとは重刷を重ねたものばかり。

『男どき女どき』はなぜか同じ本が2冊ある・・・

  ① 昭和60年5月25日 発行  昭和60年6月20日 2刷

  ② 昭和60年5月25日 発行  平成 4年6月30日 28刷 

発行から1カ月も経たずに2刷が発行され、なんと、約7年間で28刷・・・

向田さんの人気のすごさがよく分かります。



|

« また会いましょう | トップページ | 2010年5月24日事業仕分け録画:JKA »

日本脚本アーカイブズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/48391163

この記事へのトラックバック一覧です: 向田邦子さんの幻のデビュー作:

« また会いましょう | トップページ | 2010年5月24日事業仕分け録画:JKA »