« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.31

なぜ・・・悲惨すぎるネグレクトの日本

2幼児死体遺棄:室内に放置 23歳の母親逮捕 大阪
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100730k0000e040089000c.html

<2幼児死体遺棄>冷蔵庫に飲み物すらなく 飢えて死亡か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100731-00000012-mai-soci

2幼児死体遺棄:熱気と異臭 「毎日のように泣き声」
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100731k0000m040100000c.html?inb=yt

児童虐待:過去最多4万4210件 強制立ち入り1件--09年度
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100728dde001040031000c.html?inb=yt

映画『トゥモロー・ワールド』 

子供が誕生しなくなった西暦2027年の地球を舞台に、人類の運命を左右するひとりの少女を巡る人々の攻防を描く。『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のアルフォンソ・キュアロン監督作品。

 この映画を見た時、真っ先に考えたのは、なぜ原作者は、そして監督は少子化を飛び越えて無子化の世界を描こうと思ったのか? ということだった。


 キリスト教文化が底流にある欧米において、“神の怒り”というメッセージを感じた。

 飢餓や病気や虐待など世界中で子供の命が危険に晒されている。
 この映画は近未来を舞台にして、そんな人類への警鐘だと思った。


 日本においても少子化は深刻であり、近未来の日本に警鐘を鳴らす『「若者奴隷」時代』という本まで登場した。

 ところが、少子化が叫ばれる一方、子供への虐待、ネグレクトは増え続けている。

 そして、またもや今回の事件・・・

 かつて、4歳と5歳の子供を持つ友人一家と総勢6人でサンフランシスコに個人旅行に行った。
 10日間、レンタカーを借りてサンフランシスコからサウサリート、ナパバレーやリノ、モントレーなど案内してくれたのは現地に住む日本人女性Sさんだった。

 幼い子供連れの旅行で、いろんな発見があった。
 それはさておき、とても印象に残った出来事がひとつ。

 サンフランシスコ市内での宿泊ホテルは「ウェスティン セントフランシス」。歴史のある重厚なホテルで、ここに泊まったのはこの旅行で最大の贅沢。

 その出来事は、このホテルのロビーで起きた。

 フロントに用があってロビーに行く時、友人の4歳の子供がついてきた。ところが、ロビーを歩いているうち、靴下が気持ち悪いと言ってグズり出し、挙句、大声で泣き出してしまった。

 すると、Sさんが慌ててすっ飛んできた。


 アメリカでは子供の泣き喚く声がしたら、すぐに警察に通報される! というのだ。


 Sさんの真剣な顔を見て、アメリカと日本の違いをしみじみと感じた。

 確かにアメリカでは子供への虐待問題は日本より昔から社会問題視されているし、治安の悪さも関係しているだろう。


 しかし、今の日本は子供の命を守るということに対して、緩すぎるのではないかと思う。

 子供への虐待や虐待死が報道されるたびに、テレビに児童相談所の何がしかが登場して「残念です」

 亡くなった命は、二度と戻ってこない。
 なのに「残念です」が繰り返されている。


 典型的なお役所仕事。法に則って段取りを踏まないと命さえ守ってもらえない日本の被虐待児の現状。


 そんな法律なんか変えてしまえ! と叫びたい。


 激しい泣き声を聞いたら、即、警察に通報。
 警官が駆けつけて事情を聴取して、ケースに応じてその家庭に専門家のヘルプが必要かどうかなど対処すればよい。


 少子化対策をいうなら、まずは今ある幼い命を救うことからでしょうが(怒)



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.29

やはり『違う』・・・twitter

26日に “つぶやき” を記事に貼り付け、昨日一昨日と仕事の関係でネットの書き込みからは遠ざかっていた。


2日ほど置いてみて、やはり twitter をブログに張るのは違うような気がしてきた。

第一に、ブログと twitter では時間の流れが全然違う。

ブログはあくまでも、マイ時間、マイペースで書いた記事を置いておける。

しかし、twitter は即時性、そしてインタラクティブ性があり、それはどんどん流れていく“今”という時間の中に言葉を置くことで、一瞬だけその言葉が生き生きと生きる。

そんな時間の流れの違う twitter  という環境下で発した言葉を、ブログに貼り付けたところで、即時性もインタラクティブ性も失われた言葉たちに、面白味も意味もないような気がしてきた。

とりあえず、自分の“つぶやき”のログは保存しようと思えば3000“つぶやき”まではダウンロードして保存できるので、ブログにまで貼り付ける必要はないか・・・


ということで、三日坊主ならぬ、一日坊主で twitter とブログのコラボは終了!




ところで、 twitter 、いろいろと喧しいようで・・・

もともと大雑把人間なので、あまり負担になったら、たぶんササッと一抜けるだろうな、私は。


ツイッターに疲れた...なう

   「名言をつぶやかなきゃ」「有名人にフォローされたくて必死」etc.
   はやくも“つぶやき疲労”が蔓延中
           (SPA! 2010年6月22日号掲載) 2010年7月28日(水)配信

Web SPA!

   ⇒ じわじわと"ツイッター疲れ"が蔓延中!?

仕事×ツイッター=疲労な人々
   ⇒ 『大企業の特命宣伝部長』
   ⇒ 『Webデザイナーです。業界全体が「ツイッター、ツイッター」と騒ぎすぎてて
     疲れます』

プライベート×ツイッター=疲労な人々
   ⇒ 『ツイッター中毒』
   ⇒ フォロワー50万人にして、疲れ知らず! その秘訣とは!?
   ⇒ 対談 津田大介氏×中川淳一郎氏「ツイッターとはバカと暇人のもの」なのか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.26

twitter:7月26日(月)

突然ですが、これから twitter でのつぶやきもできるだけUPしてみようと思います。

わりとつぶやいてますcoldsweats01

Twitterc 7月26日(月)

T_smalla帰宅なう。途中から雨。小金井は雷雨。稲妻、すごくて怖いよ~。
posted at 19:34:46

T_smalla新百合ヶ丘なう。http://twitpic.com/28t3e2
posted at 18:08:40
  ※携帯からの画像UP、失敗してます・・・happy02

T_smallaおはようございます、の時間になってしまった・・・。昨日お昼寝してしまったので、夜は結局寝ないまま朝を迎えてしまいました。今日も良い一日でありますよう♪ #ohayo
  posted at 05:53:02

T_smallaブログ更新:『変わる夏、変わらない夏』 http://bit.ly/aX6pmr  #petloss
posted at 05:50:39

T_smalla久々にブログ更新:『悲しみのプロセス』 http://bit.ly/b6zv5u
posted at 02:37:47

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.07

生☆育

100603

七夕の日、セントが旅立ってから、ちょうど2年。

昨日は、あの日のことを何度も思い出しては、何度も泣いてしまいました。

今日は仕事で外に出かけます。



家の中にいて、思い出してはメソメソしなくてすみそう。

仕事に感謝です。

ラブとセントに心配かけないよう、しっかりしなくちゃ、と思うんだけど・・・
まだまだ、だめかなぁ。

でも、生きてる限り、頑張るっきゃないね。


久しぶりに『新・たたかう犬@セント』 更新しました→ 「生☆育

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.06

日本脚本アーカイブズ・メルマガ14号発行中

日本脚本アーカイブズ・メールマガジン 第14号 2010年6月30日発行

目次

◆1◆お知らせ:日本脚本アーカイブズ倶楽部主催・放送映画文化講座【てら】

        脚本塾・前期(6月~10月) 受講申込受付中です。
               ・ドラマ基礎講座(全5回)
               ・ドキュメンタリー講座-足立物語(全5回)
               ・朗読講座は定員に達したため、前期募集は締め切りました。
                ・脚本おもしろ講座② 「実践テレビドラマ講座」

    夏休みお楽しみ教室(全 無料)
        ・こども作文教室
        ・親子で楽しむチャンバラ教室
        ・楽しいアニメの見方講座

    詳細は下記ホームページをごらん下さい。
    ☆日本脚本アーカイブズ倶楽部
      http://www.nk-archives.com/tera-top.html

◆2◆世界脚本アーカイブズ見聞録-英・仏の収集と補修(休載)

◆3◆クイズdeシナリオ・アカデミー(15)          

◆4◆セピア色の記憶(14)
          輿水泰弘氏・松本基弘Pの「相棒」トーク【2】

◆5◆捨てないでっ! ☆寄贈のお願い☆

◆6◆ライターズ・アイ(13)「脚本書きこぼれ話」-3 

◇0◇編集後記

  pencil゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。pencil

☆日本脚本アーカイブズ・メールマガジン 無料登録
      http://www.melma.com/backnumber_179041/
  
☆日本脚本アーカイブズ
      http://www.nk-archives.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.05

カウンターについて

6月下旬に入ってアクセスカウンターが正しく表示されなくなっていました。

無料レンタル先のサイトを見たら、サイト自体、通じなくなっていたので、サイトごと消滅したのか?! とショック。

改めてこのniftyブログで解析・集計しているカウント数でカウンターを設置しなおそうかと思っていたところ、どうやら無料レンタルサイトが復旧したよう。

しかし・・・

「2010年06月27日23時00分 ハードディスクの故障により約1年間のデータが紛失してしまいました。
みなさまの貴重なデータを紛失すると言う多大なご迷惑をおかけしました事深くお詫び致します。                                                  また、その間に新規に登録されたにつきましては、再度登録頂けますようよろしくお願い致します。」 
                                      
    http://wanz.net/index.html

とのこと。
つまり復旧時のカウント数は1年前のもの。

そういう経過があって、このブログのカウント数は、niftyアクセス解析の「see-saw日記」累計アクセス数を表示することにしましたので。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »