« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011.02.22

朗読発表会の潤色&演出します!

放送映画文化講座「てら」 朗読講座 後期発表会の日時が決まりました。

発表二作品とも、原作は足立区在住の作家で日本脚本アーカイブズ倶楽部代表・大石もり子さんのオリジナル作品です。

受講生のひとりが、とてもキレイなチラシを作ってくれました。

2010kokirodoku2

 日時 
  3月13日(日) 午前11時~12時
        (午前10時45分 開場)

 場所 
   学びピア21  5階 研修室1
        東京都足立区千住5-13-5
        アクセス・地図 

 入場無料 

 (← PDFチラシはこちらをクリック






『ヤブ椿慕情』
     原作・脚色:大石もり子・
              潤色:清水喜美子

 江戸後期の国学者で足立郡の梅田神明宮の神職だった井上正鉄(まさかね)。
 江戸で独自の神道を唱え、武士や農民など身分を越えて多くの信者を集めたが、人気が高まるにつれ幕府からの弾圧が厳しくなり、正鉄の教えは「世を惑わす異学異説」とされて、ついに三宅島に流刑となりました。

 三宅島での正鉄と島の人々との交流、そして島の娘との純愛をオリジナルストーリーで語ります。

『クローバーの誓い』 原作:大石もり子・脚色:高谷信之・
              潤色:清水喜美子


 日光街道の宿場町として古くから栄えてた足立区千住。北千住の宿場町通りを歩くと今でも古民家など昔からの宿場町の風情が残っています。

 物語の主人公は、その宿場町通りで生まれ育った少年。
 昭和初期、地域での互助の係わりが自然にあった時代、遊びを通して成長していく子供達の姿を生き生きと描きます。

 さらに主人公が少年から青年になり、太平洋戦争を経て天職を見出すまでの成長の物語を楽しく、そして優しく語ります。

口上『千住のネギ』 その他

 千住は葱の最高品「千住ネギ」でも有名です。
 この千寿ネギは、約二百年前からありますが明治時代に東京の鍋屋が「飛び切り甘くて煮崩れをおこさず、それでいて口の中に入れるととろける葱がある」といって評判をとり、蕎麦屋からは「薬味にすれば一本でほかの葱の倍以上取れる」といって瞬く間に東京中の鍋屋、蕎麦屋、焼き鳥屋、すき焼屋など、葱を多く使う料理職人の間に広まったそう。(「千住葱商 葱茂」より引用)

 そんな千住ネギのことをオリジナル口上にして、ご披露します。
      

≪出演≫
大石もり子・有山きよ江・有村和子・市川順子・今井好恵・岩上波枝・上杉武子・大橋洋子・川崎静江・鈴木市代・田中幸子・根崎朋美・林節子・町昭雄・松永彩子・
丸美津子・南進・宮崎友子 
 
≪演出≫ 清水喜美子
≪協力≫ 劇団ギルド・彩 貴恵
≪後援≫ 日本脚本アーカイブズ

  book  book  book  book  book  book  book  book  book  book

【縁は異なもの】

pencil 私の住んでいる小金井市には幕末の侠客・小金井小次郎のお墓があります。
 小金井小次郎は武士の家に生まれながら、ドロップアウトして博徒となり、若い頃からメキメキと頭角を現したそうです。しかし、ついに 安政3年(1856)、博打の罪で「御用」となって三宅島に流されてしまいます。

 当時、三宅島は慢性的な水不足に悩んでおり、それを見た小次郎は一肌脱いで、大きな井戸を掘って島の人たちにプレゼントしました。そのおかげで水不足は解消され、その井戸は「小次郎井戸」という名で島民に親しまれたそうです。 

 そんな歴史的なゆかりを絆として、昭和44年に小金井市の花「サクラ」を三宅村に、昭和51年には三宅村の花「ガクアジサイ」の苗木を小金井市に互いに贈り合い、昭和53年に小金井市と三宅村は友好都市盟約を結びました。

 梅雨時、小金井市の五日市街道・玉川上水沿いに瑞々しく咲くアジサイはその時に贈られたアジサイでしょうか。


 ところで、足立郡の梅田神明宮神職・井上正鉄のことを調べていて、意外なことが分かりました。

 正鉄が三宅島に流刑になったのは天保14年(1843年)。嘉永2年(1849)に三宅島で病没しています。在島中の6年間に正鉄は病人の看護や養蚕の改良など島民の生活向上に貢献しました。
 そしてもう一つ、内地から土と石灰を取り寄せて天水をためる溜池(たたき井戸と呼ぶ)を作って、島民の水汲み重労働を軽減し、感謝されました。


この正鉄の病没から7年後、遠島になった小金井小次郎はなんと、正鉄が作った溜池を参考にして堅牢で容量の大きな溜池を作ったんです。


歴史を辿れば、井上正鉄と小金井小次郎によって足立区と小金井市は縁があったんですねぇ。

P1000620

縁といえばもう一つ、小金井公園内の江戸東京たてもの園にある銭湯「子宝湯」はアニメ「千と千尋 の神隠し」に登場する巨大湯屋「油屋」のモデルとして有名ですが、この銭湯は1929年(昭和4年)に建てられた足立区千住元町の銭湯「子宝湯」を移築したもの。


なんの因果で、毎週毎週、片道1時間半もかけて小金井市から千住まで通うことになったんだろう・・・トホホなどと思うこともありますが、歴史を辿ってみると、小金井と千住は何かしら縁があったんだなぁと、なんとなく納得です。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.12

匿名性の幻想:新宿無差別殺人予告犯人逮捕

<威力業務妨害>ネットに通り魔予告 中3少年逮捕…警視庁  (毎日新聞)

 

インターネット掲示板にJR新宿駅前で通り魔事件を起こすと書き込んだとして、警視庁捜査1課は12日、横浜市の中学3年の少年(15)を威力業務妨害容疑で逮捕したと発表した。少年は「1人でやった。どれぐらい騒ぎになるのか見てみたかった」と容疑を認めているという。「予告」を受け、警視庁は約80人態勢で警戒。ネットなどで知った約500人のやじ馬が集まったが、大きな混乱はなかった。

 逮捕容疑は、今月6日夕、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDSi」を使い、インターネット掲示板に「2月11日午後21時ぴったりに新宿駅ハイウェイバスの入り口あたりで通り魔を起こす。死にたくない人はゲームに参加しないことだな!!」などの文書を投稿し、バス会社や警察などに対応を強いたとしている。

 捜査1課は、IPアドレスからゲーム機を特定。11日午後4時半ごろ、川崎市内の電器店内で自分のゲーム機でネットに接続している少年を発見したという。少年は大阪行き深夜バスのチケットを持っており、騒ぎを見た後に大阪に逃げようとした可能性があるという。

 書き込みでは、3人で事件を起こすとしたうえで、「1人は車で通行人に突っ込み、残りの2人はナイフで通行人を殺す」とも記していた。08年に起きた秋葉原無差別殺傷事件を意識してあおった可能性もあるという。【袴田貴行】

2月6日の書き込みから間もなく、『予告in』で IPアドレスや神奈川在住であること、ニンテンドーDSiを使っての書き込みであることなどが判明していたようです。


ネットは匿名性が特徴なので姿を隠しているつもりでも、足跡は必ず残っています。

よほど巧妙に、計画的に足跡を辿れないようにしない限り、普通のPCの知識では必ず足跡から身元が割れます。

今回も早く捕まってよかった。

なにより、ただの釣りであったこと、ホッです・・・・・。


バカタレがっ annoypunch

※参考:『予告in』
   http://yokoku.in/detail?num=21639

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.11

おさみし村に雪がふる

ブログ『たたかう犬@セント』更新 → 「おさみし村のおさみし公園」 
                             
ラブの命日に寄せて



一夜明けて、おさみし村は雪です。


みんな閉じこもって、身を寄せ合って・・・・・
・・・・・・雪の日は意外に暖かいかも。



平日の昼間の人気のない公園を歩きながら、ふと浮かんだ「ここだけ、まるでおさみし村だなぁ」という言葉。



そういえば、「おさみし谷」は昔から知っているけど「おさびし山」もありました。




おさみし谷の別れ唄』(作詞:かぜ耕士、作曲:小室等)という歌、むかし、ギターを弾きながらよく唄っていた。


 notes夜にまぎれてあの人が、ひとり静に(ひそかに?)村を出る。
  おさみし谷のお月さま、情けあるなら、道照らせ、道照らせ・・・・・



こんな感じの歌詞で(うろ覚えで勘違い部分もあるかも)、素朴なメロディーのフォークソング。


この曲が入っている小室等さんのファーストアルバム『私は月には行かないだろう』を改めて調べてみると・・・。

「雨が空から降れば」           詞 別役実
「守らずにはいられない」「あげます」  詞 谷川俊太郎
「三途川ロック」               詞 高橋睦郎
「アルカディア」「おさみし谷の別れ唄」  詞 かぜ耕士
「比叡おろし」                作詞・作曲 松岡正剛
「今夜 きみ」                詞 吉岡剛造
「12月のうた」                詞 茨木のり子
「賞状」                    詞 滝沢耕平
「私は月には行かないだろう」      詞 大岡信


す、すごい! 当時を代表する現代詩の詩人たちの名前がずらり。
(吉増剛造さんは、詩を書いていた頃、お会いしたことがある)                 

『おさみし谷の別れ唄』のかぜ耕士さんは、作詞家やDJであると同時に放送作家だったんですね。知らなかった。



おさびし山」はムーミンが住むムーミン谷の東にそびえる山。


 notes雨に濡れ立つ おさびし山よ われに語れ 君の涙のその訳を
  雪 降り積む おさびし山よ われに語れ 君の強さのその訳を
  夕日に浮かぶ おさびし山よ われに語れ 君の笑顔のその訳を



スナフキンが歌う「おさびし山の歌」は作詞:井上ひさし 作曲:宇野誠一郎 ですと!




ふむ、ではでは「おさみし村」の唄作りにチャレンジしてみます?




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.10

取材&新春パーティー

1月後半から2月にかけて、脚本アーカイブズ関連で取材に。


川崎市市民ミュージアム

110127syuzaikawasaki12 川崎市の広大な等々力緑地の一角にある博物館&美術館。


等々力緑地にはJリーグ・川崎フロンターレのホームスタジアムである陸上競技場の他、体育館、野球場、プール、テニスコートなどのスポーツ施設が充実。

市民ミュージアムは見るからに堂々とした建物でした。


110127syuzaikawasaki1

←入ってすぐに目に飛び込んできたのが、岡本太郎作の有名な『坐ることを拒否する椅子』。

坐ってみたかったんだけど、時間がなくて写真を撮っただけ。
けど、実物を目にすることが出来てLucky!

平日のためか、入館者は少なかったけど、土日はファミリーで賑わうんだろうなって感じでした。

子供向けのプログラムもいろいろと工夫があるようです。

映像・ビデオなどの担当者にいろいろとお話を聞き、そのあと、所蔵庫を見学させていただいたけど、美術館と博物館を兼ねた所蔵庫で、管理は完璧! 素晴らしい所蔵施設でした。


座・高円寺

110208syuzaithekoenji1

中央線の電車から見える独特の建物、座・高円寺。
前から気になっていたけど、ようやく足を踏み入れました。

110208syuzaithekoenji3

入っていきなり光のアート→

全館にちりばめられた丸窓からの光が壁や柱に差し込み、非日常の不思議な空間を作り上げています。


110208syuzaithekoenji13

2階のカフェ「アンリ・ファーブル」はとてもゆったりした空間。

壁面には常時約300冊の絵本が展示されており、カフェ内で手にとって読むことが出来ます。

バリアフリーで、車椅子やベビーカーでも気軽に立ち寄れ、子供連れのお客様も多いとのこと。


書籍や演劇台本などの担当の方にいろいろと取材、こちらでも所蔵庫を見学させていただきました。


川崎と高円寺に共通していること

pen 公立(川崎市・杉並区)の建物であること
pen 所蔵庫がしっかりと存在すること
pen 次世代を育てるべく子どもへのプログラムにも力を入れていること
pen 特集などテーマ性のハッキリとした脚本・台本の展示をしていること

などなど。
両方共に、羨ましいと同時に、とても勉強になりました。


その取材の合間の2月3日、日本放送作家協会の新春(名刺)交歓会がANAインターコンチネンタルホテル東京で行われました。

110203sookai3

司会は、な、なんとあの徳光和夫さん!

日本放送作家協会では初めての盛大な大パーティー。

さすが秋元康新理事長の企画です!

このパーティーの前に日本放送作家協会の総会があり、私は会員になって約20年で初めて出席。

ナマ秋元さんのご挨拶や抱負など聞きましたが、さてはて、市川森一前理事長体制から秋元新体制になって、日本放送作家協会はどのように進化していくんでしょう。
楽しみです。

来賓に、束の間、蓮舫議員が来場。

ナマ秋元氏に徳光氏に蓮舫氏・・・一瞬、ミーハーになったワタシでした。

このパーティーの最大の収穫は、約30年ぶりに会った放送作家のK氏。
プロを目指していた頃、シナリオ勉強会で出会って以来の再会。
その頃、K氏はすでにプロの放送作家で、密かに憧れたものです。

お名前だけは折つにつけ拝見していたけど、実際にお会いしたのは28~30年振りくらでした。

その他にも、10年振りにお会いする放送作家氏とか脚本家氏、お年賀のやり取りだけで長くお会いしてなかった方々にも会えました。

また、若い放送作家の方々との新たな出会いもあり、たまにはこういう集まりもいいなぁとしみじみ。

そして、終わってからの楽しみは・・・

110203sookai1

ポルトガル居酒屋と化した乃木坂『COREDO』へ。

先月も行って、今月も・・・・・・

珍しく月一になってしまいましたが。


110203sookai2

必ず注文するのがポルトガル風コロッケ。

親指より大き目の一口コロッケで、干し鱈が入っているのが特徴。
とても食べやすい大きさ。

先着のパーティー出席者と合流して、終電まで飲んでました。

この一日のどこかで、とんでもないプレゼントをもらってしまったみたい。

・・・・・・風邪・・・・・・・wobbly


今日になって、ようやく鼻水、咳が止まりました。よかったよかったcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011.02.09

春はまだかな

ここのところ、ブログもツイッターもご無沙汰になっていましたが、なんだかんだと元気にしてます。



何年かぶりに本格的に風邪を引いてしまったけど、回復途上。

相変わらず温度差アレルギー(多分)で家にいる間はほとんどティシュが手放せない毎日。(外に出ると鼻水は止まるので多分、花粉症ではない。ハウスダストアレルギーの可能性も大きいが・・・。空気清浄機は24時間稼働中なんだけどねぇ)

2月3日の新春交歓会パーティーの翌日、腹痛で半日ダウン。翌日から鼻水がますます酷くなり・・・加えて、くしゃみもひどく、頭も痛い。ってえことは風邪?

と思っていたら、案の定、咳が出始めて完全に風邪じゃった!

熱はないので、インフルエンザではないと思うけど・・・
自分は大丈夫と思っていても、忍び寄るのが風邪。

昨日、取材で出かけた時に同行のライターから葛根湯を1日分いただく。
普段はよほどのことがない限り薬は飲まないほうなので、薬がよく効くこと♪


今日はずいぶん楽になりました。


皆様も、外出後はうがい手洗い励行で、風邪にお気をつけください。


春よこ~いcherryblossom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.02

日本脚本アーカイブズ・メルマガ21号発行中

日本脚本アーカイブズ・メールマガジン 第21号 2011年1月31日発行

目 次


◆1◆お知らせ:『脚本データベース公開』・『TERA de 落語会』


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃★┃  脚本データベース公開                               ┃
  ━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  日本脚本アーカイブズに寄贈された約4万冊の脚本のうち、109冊の書誌情報を
  サンプル公開しています。
 
  以後、全寄贈脚本の書誌情報公開をめざして、順次公開していく予定です。
 どうぞご利用ください。
 
  脚本データベースURL  http://kyakuhon.qzc.co.jp/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃★┃日本脚本アーカイブズ倶楽部主催・放送映画文化講座【てら】      ┃
┃  ┃     TERA de 落語会 すぺしゃるばーじょん                           ┃
┃━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


  ▼第一部 日本脚本アーカイブズ出前講座
     「日本語って素晴らしい」 講師:奥山コー(人偏に光)伸

  ▼第二部 TERA de 落語会
     出演:立川志らら・立川こしら・立川コー(人偏に光)志ん
  
    日時:2月20日(日)午後2時~午後4時
    場所:竹ノ塚 常福寺
    木戸銭:五百円(ワンコイン) お茶付き
    問合せ:常福寺 電話03-3899-1530
 
   詳細は、日本脚本アーカイブズ倶楽部ホームページをごらん下さい。
    http://www.nk-archives.com/tera-top.html


◆2◆世界脚本アーカイブズ見聞録(19)     :香取俊介

      アメリカの脚本アーカイブズ事情-2
            「マーガレット・ヘリック図書館」         

◆3◆クイズdeシナリオ・アカデミー(22)         :杉原秀一

      『スクール!!』&『LADY~最後の犯罪プロファイリング~』より
 
◆4◆セピア色の記憶(21)平成18年度寄贈脚本より-4 :入山さと子

             横田弘行氏・石濱恒夫氏・小川英氏  寄贈作品紹介      

◆5◆捨てないでっ! ☆寄贈のお願い☆

◆6◆ライターズ・アイ (休載)


◇0◇編集後記 ← 担当は私。読んでね!

 pencil ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。pencil

☆日本脚本アーカイブズ・メールマガジン 無料登録
      http://www.melma.com/backnumber_179041/
  
       このブログ、右のサイドバーからも無料登録できます。

☆日本脚本アーカイブズ
      http://www.nk-archives.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »