« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011.04.17

「被災地支援ボランティア参加 2回目」

あっという間に日曜日。
14日(木)に続いて15日(金)も被災地支援ボランティアに参加しましたが、遅ればせながらご報告を。

16日は土曜日ということもあって、街頭募金の参加ボランティアも多く、加えて把瑠都関をはじめ尾上部屋の力士も参加して、大盛況だったよう。

11日から17日までの被災地支援街頭募金だけれど、ネットで見ていると15日の参加ボランティア数が一番少なかったので、14日に続いて15日も参加することに。


その夕方、車で調布へ。約25分で調布市へ着。迷わず調布市役所の駐車場へ車を停めさせていただく。

集合会場の中は、やはり前日に比べるとボランティアの数は半分くらいの感じ。

調布市内9駅のうち、私は調布駅に配置となった。
前日、仙川でご一緒した2人のボランティアさんの顔があり、なんとなくホッとする。

しかし、調布駅チームは北口と南口に分かれることになり、2人は南口、私は北口へ。
わがチームは、この日初めて会ったボランティア2人、民生委員のおじさん1人、そして私の4人。


さていよいよ、全員で第一声を発した直後、それは怒った(起こったbearing)・・・まさに怒ったんです。
通りかかったスーツを着たおじいさんが、突然、我々に食って掛かってきた。


「こんなとこで、そんなこと(義援金募金)やるより、現地へ行けーーーッ!


(まさに、まさに、現地へ行きたいです。でもね、みんなが気持ちのままに行動したら、却って迷惑になるんです。だからみんな、今、必要とされることの中で自分ができることをやっているんですよ。おじいさんの時代と違って、今のボランティアは・・・)

などと、時間をかけておじいさんと話をしたいところだけど、そんなゆとりはなく、「本当にその通りですね。ご意見ありがとうございます」とおじいさんの気持ちに感謝して頭を下げた。


そんなことから始まった街頭募金。

次の“あらら”が発覚・・・昨日の体験から、旗持の人が道行く人々に呼びかけて、募金箱を持つ人がそれをフォローする呼びかけをするものと役割分担が決まっているのだと思い込んでいたら、それはチームごとに違うらしい。

我がチームの旗持のおじさんは初めての参加らしく、呼びかけの経験なしということがわかった。
こうなったら、昨日一時間半の間に学習したことを、復習のつもりでやってみるしかない。

というわけで、思い切って大声を出して道行く人々への呼びかけをやってみる。

他のボランティア2人も、旗持のおじさんを当てにしていたらこのチームは呼びかけナシになってしまうと悟ったようで、ボランティアの女三人、声を張り上げての呼びかけとなった。

呼びかけにもだんだん慣れて、3人の間合いも良くなってくると、余裕も出てきて、このチームに一体感もでてくる。

おじさんの提案で、3人揃って同時に声を上げてハモってみたり・・・と自分たちも楽しんでみたり。

こちらが楽しく、活気があると、きっとその勢いは通りすがりの人たちにも伝わるはず。
まずは、私たちが楽しくしてなきゃね。


この日の私の課題。腹式呼吸での発声をきちんとやること。
前日よりももっと意識的に腹から声を出すようにしてみる。


その結果、1時間半大声で声を張り上げ続けたけど、喉にはほとんど影響なし。
おじさんからは「(選挙の)うぐいす嬢、やったことがあるの?」といわれて「へっ?」
「声が通るから、絶対、うぐいす嬢をやったらいいよ」とのお墨付きをいただいた。

うぐいす嬢のアルバイトがありましたら、ぜひご連絡ください(笑)


そんなこんなで約1時間半の街頭募金終了。
この日も、沢山の人に募金いただき、本当に感謝の一日でした。


生まれて初めて街頭募金の2日間だったけど、貴重な経験をさせていただいた。

募金とはお金の問題だけでなく、気持ちをいただくもの。

この経験が次の行動につながり、役立てられたらいいなぁと思う。





さてさて、本日はこれから北千住です。
twitterのリツイートを読んで気になっているんだけど、今日の帰宅はかなり遅くなりそうなんで、明日にでも・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.15

「被災地支援ボランティアに参加」

14日、東日本被災者支援街頭募金に初めて参加してみた。

17時、調布市総合福祉センター集合。調布市内の9駅の内、私は仙川チームに入ることに。事前説明の後、チームごとに現地へ向かう。

ネットではボランティア100名募集のところ30数名しか登録がなかったので、少ないなぁとちょっと心配していたけれど、ネット申し込み以外の当日参加者や主催の調布市、調布市社会福祉協議会の人々もいて、説明会の会場には熱気が。

調布から仙川に向かう時、ちょっとしたハプニングが。パスモのチャージをしている間にチームとはぐれてしまい、一人で仙川に向かう羽目にcoldsweats02

仙川って八王子方面だっけ? 新宿方面だっけ?

ながーーーーーいこと京王線に乗ってないので、そんなことも分からず、最初、八王子方面のホームに行ってしまったりshock

前に調布に行った時は新しく出来た知人のレストランでワインをいただくことになっていたので車はやめて、三鷹あたりからバスに乗っていったしなぁ・・・・・。


そんなこんなで、仙川駅前で無事合流。

1104141

説明会で渡されたオレンジの上着を着て、旗を持つ人と募金箱を持つ人とに役割分担。

私は募金箱。

いつもは街頭募金の前を通る人の側にいるわけで、胸の前に下げた募金箱に果たしてどれくらいの人が募金してくださるのか、ドキドキ。

社協の人の挨拶の一声でいよいよ募金活動開始。

旗を持つだけの人は楽で良いなぁ・・・となぁんにも知らなかった私はそう思っていたんだけど、実はその人たちのほうがはるかに大変だということが徐々に分かってくる。

なぜなら、彼らは絶え間なく「東北大震災のための義援金募金をしています!」「10円でも100円でも結構です!」「日本赤十字社を通して被災者にお渡しする募金です!」など呼びかけを絶え間なく大声で発し続けていた。

募金箱係りは、彼らの呼びかけの後に「よろしくお願いしま~す!」

私のように初めて参加の人もいたし、続けて参加している人でも、配置される駅は毎回、説明会に行ってみなければ分からないらしい。

ほとんどみんな、その日に会ったばかりの人たちなのに、この10名余のチームワークは素晴らしかった。

私も「よろしくお願いしま~す!」「ありがとうございます!」を大声で連呼。
最初は大きな声が出せるか心配だったけど、やればできるもんです。
後半は余裕ができて、腹式呼吸での発声を意識してやってみたり。


肝心の募金箱の中味は・・・

10円玉、100円玉、そして諭吉さん、また1円玉を含めた財布の中のコインを全部入れてくれた高校生、なんかのお釣りらしいコインを全部入れてくれたおじさん・・・小さな子どもから中高生、サラリーマンからOL、主婦、おばあさんやおじいさんまで本当に全世代の人々の心の篭もった義援金が入ってきて、募金箱が少しづつ重くなっていくのが分かる。

募金の金額は違っても、被災地を支援する気持ちはみんな同じだということが、ひしひしと伝わってきた。

開始してから約1時間半後の午後7時、募金活動終了。



このボランティアに参加して、お金以上の何かを、私も沢山いただきました。




調布市の味の素スタジアムは福島からの震災被災者と原発避難者の避難場所となっている。

ここで中心となって情報発信しているのが調布市被災者支援ボランティアセンター

3月中旬頃からボランティアの募集を開始。3月末に私がこのサイトに気がついた時には1000人を超えるボランティアの登録があった。

私も、できることがあったらとボランティア登録した。

その後もボランティア登録者はどんどん増えて、今現在、2488名。

味の素スタジアムでのボランティアは体制がきちんと出来ており、それほど多数の人員を必要としていないらしい。

本当なら、直接、避難所で何か手伝いたいんだけど、それも出来ないようなので、すぐにできる街頭募金ボランティアに参加してみることにしたわけ。



車はネットで調べて市役所隣りの文化会館に駐車するつもりだったのに、行ってみたら地下駐車場は午後10時までのはずが午後5時前には閉まっていた。

困ってしまって、駐車場のおじさんに聞いたら、1階の駐車場に停めさせてもらえるらしいので、1階駐車場の入り口を探しているうちに間違って市役所の駐車場に入ってしまった。

けど、不幸中の幸い。調布市の募金ボランティアだと告げたら無料にしてくれた。
最初から市役所に入れればよかったわけで・・・happy01sun


たった1日だったけれど、沢山の人たちとの出会いがあり、本当に良い1日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.11

「ケニアの子供たちから 祈りのうた」

  悲しくて涙が止まらない
  大勢の方々がこの世を去り
  大切なものを失った
  衝撃が大きすぎて みんな悲しんでいる
  日本の方々を想って

  悲しくて涙が止まりません
  大勢の方々がこの世を去り
  大切なものを失いました
  衝撃が心を貫き みんな悲しんでます
  日本のみなさんを想って

  元気を出して 日本にいる私たちの兄さん
  悲しまないで 日本の私たちのお姉さんたち
  いつも想っています 私たちのお母さんたち
  無事でいてください 私たちのお父さんたち
  祈り続けています 私たちのお婆さんたち
  ご無事でしょうか 私たちのお爺さんたち
  元気でいてね 私たちの友達 子供たち
  祈り続けています 日本のみなさんを想って




ケニアの首都ナイロビにあるキベラスラムの、マゴソスクールの子供たちが、地震と津波による大きな被害を受けた日本のみなさんのために、歌い、そして祈りました。


この学校には日本人のかたも関係しており、日本との交流もあるそう。


年に一度、この学校を訪れ、子供たちからママと慕われている石原邦子さんという方が仙台で被災され、「石原さんや日本のみなさんへ向けて、励ましと祈りの歌を歌って届けよう」という想いから生まれた歌だそうです。


この子たちは原発災害のことはまだ知らないのかも。


日本の原発が原因で、地球の海や空や大地が放射能で汚染され、澄んだ目をしたこの子たちの上に放射能が降り注ぐことがないよう、そんな心配をしないでいいよう、ちゃんと考えなきゃ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.10

「大の男を泣かす」

9日午後7時を10分過ぎて、下北沢着。

電車を降りると、用心深く辺りを見回しサングラスをかける。

寒いか暖かいか分からんので迷ったが、上着はロサンジェルスのアウトレットで見つけて、その安さに一目ぼれしたANNE KLEINの春用のトレンチコート。

トレンチコートにサングラス・・・。ふふ、なんかサスペンスぽい恰好かも。

んなことより、周囲を用心深く見回し、急いで階段を駆け下りる。

もし、万が一、運悪く彼に出くわしてしまった場合の言い訳については、前もって指令が届いている。

気付かれてしまったら、この一ヶ月近くの計画がすべてパーになってしまう。

なにがなんでも出くわさないように、、下北の商店街を走って指定の場所へ。

午後7時20分、彼が下北沢の駅に到着したとの連絡が入る。

店内に緊張が走った。

やがて、電気が一斉に消えた。

店内は暗く静まり返る。

秒読み開始・・・・・・・・

そして、再び電気が点灯。

入り口に呆然と立ち尽くす彼に向かって、クラッカーが鳴り、みんなが一斉に叫んだ。


「おつかれさまでした~!」



“彼”とは、日本映画学校1年生担当の脚本家・伊藤康隆さん。

伊藤さんは2004年(19期生)から7年間、1年生の脚本・映画制作を指導。

名監督・今村昌平さんが始めた日本映画学校(前身・横浜放送映画専門学院)は今年から日本初の映画単科大学・日本映画大学を開校。
日本映画学校は現在校生(2、3年生)の卒業を待って、終了する。

それに伴い、日本映画学校での伊藤クラスも終了することになった。

そこで、2004年~2010年度まで伊藤クラスで学んだ学生たちが参集して「お疲れさまでしたスペシャル・サプライズパーティー」を企画したというわけ。

私は2006年~2010年度、伊藤クラスの夏休み前プロット指導を担当。
(そのうち1年は別クラス、1年は休止)


そんな関係でこのサプライズ・パーティーに参加させていただいた。


貸し切りの店内一杯に集まった在校生、卒業生、講師たち。

在校生、卒業生たちは自主的にサプライズ・パーティーの実行委員会を作り、企画・進行。加えてこの日のために小冊子まで作成。

さすがです。

みんな、熱血教師・伊藤さんが大好きだということがひしひしと伝わってきた。

伊藤さんは驚きのほうが大きかったのか、涙こそ見せなかったけど、きっと心の中では泣いていたと思う。

学生たちにこれほど慕われる伊藤さんが羨ましくなった。

カタチに嵌めるのではなく、嫌われても憎まれても、その学生のためと思うとビシバシ、ズケズケ。

そんな伊藤さんの学生を思う気持ちは、学生たちに確かに伝わっている。


シナリオを書くことは、自分をさらけ出すことでもある。


そんなふうに、伊藤さんは自分をさらけ出して学生たちと接していたのだと思う。

だからこそ、学生たちに慕われる先生となり得たんだろう。



私も、毎年、学生たちと長編シナリオのためマンツーマンでプロットを作っていく中で、いろいろなことを発見した。


伊藤さんと学生たちに、そして、この出会いに感謝。

初めて伊藤さんとじっくり話した時、伊藤さんはこう言った。

「現役でなくなったら、学生たちに教えることはやめます」

自分の本業は映画作りであって、それがあるからこそ学生たちに教えることができるのだと。

映画学校のクラスは無くなってしまったけど、伊藤さんは脚本家としてますます仕事に励まれるだろう。

伊藤さんの言葉、私も心します。



在校生、卒業生には若いパワーをたくさんいただいた。

将来の映画産業を支えるであろう彼ら。

大地震、大津波、深刻な原発事故・・・日本の歴史上、類のない大災害の渦中にいて、今、ひとりひとりの心に刻まれた思いは、きっと彼らの作る作品の中に反映されていくと思う。

映画は人々に夢や希望や勇気や生きていく力を与えるもの。

今回の大震災で映画産業も放送業界も大きな影響を受けるだろう。

だからこそ、これから人たちに頑張って欲しいと思う。

伊藤さんを追い越して学生たちが成長した時、伊藤さんはもっと泣くだろう。

伊藤さんをもう一度泣かせてくれ、教え子たち!





わたしも、負けないから・・・・・



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.08

「小金井・ご近所桜めぐり」#koganei

1104082

外に出たついでに、小金井公園まで行ってみました。

午前中、風は強かったし、薄曇りだし、桜が散る前に・・・と。

玉川上水沿いの桜はかなり終わっていたので、ほとんど期待してなかったけど、公園内は花盛り!

唯一、まだ咲いていた梅はなんと、白梅・紅梅が一本の木に!
こういう種類なんでしょうね。

1104083_2

1104087_2











1104089_2

11040811_2
















11040812

ついでに私の好きな桜スポットを回ってみることに。

←桜堤通りの桜並木。

五日市街道から亜細亜大学までの間の桜。

満開っ!




11040814 武蔵境駅前通⇒イトーヨーカ堂前⇒獣医大

ここも好きな桜スポット。

見事に咲いてました!

ラブとセントの獣医大通院で見つけた桜並木。

小金井公園も桜堤通りもこの道も、いつも一緒だったラブとセント。

悲しい思い出が甦ってくる・・・。




11040815_2

帰り道の栗山公園。

ここも満開。

子供たちが遊んでいて元気な声が一杯。

わたしも元気もらいました。

11040816

11040817












農工大のしだれ桜。
一度、車で通り過ぎたけど、濃いピンクの花が見事だったので、撮りに戻りました。

約1時間ちょっとの桜めぐり。

花見酒もごちそうもなかったけど、花に酔い、自然の美しさ胸一杯いただきましたnote





それにしても、写真の色、悪いなぁ・・・

新しい携帯は(今、チェンジを検討中)、もっとキレイに撮れるやつにしよう。

デジカメはほとんど持ち歩かなくなったものでcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.07

花✿花✿花

1104052


ほとんど手入れをしていない水仙。

2、3年前から、土が乾いた頃に水をやっているだけなのに、今年も綺麗な花を咲かせてくれました。

1104051













1104055


庭の雑草も花盛り。


紫の小さな花がいっぱい咲いてます。


あまりに健気なので草むしりは止めて、小さな花に心和ませてもらうことに。




1104053



ご近所に咲いていた白木蓮


青空を背景に、白がとても綺麗なので、思わず撮りました。


花の色・・・自然の色にはほんとうに心癒されます。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

「計画停電:4月7~10日は中止」#koganei

4/7(木)~4/10日(日)計画停電中止

 東京電力武蔵野支社からの連絡

   小金井市内、4月7日(木)、4月8日(金)、4月9日(土)、
   4月10日(日)の計画停電は
全て実施なし

      (こがねい安全・安心メール 4月6日 より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.02

味の素スタジアム・ボランティア

味の素スタジアムは我が家から最も近い避難所。

これまで、サッカー観戦やすぐ傍の武蔵野の森公園にラブとセントを連れて遊びに行ったりと、何度か行ったことがある。

自分に何ができるかわからないけど、まずはボランティア登録(仮登録)しました。


味の素スタジアムでは福島原発事故による避難者と地震による被災者、約180名を受け入れています。

ボランティアを募集して10日余でボランティア仮登録した人はもう1900人を超えている!

その一人一人が書き込んだボランティアに参加するコメントを読むと、避難者・被災者の役に立ちたいという真剣な思いが溢れており、一つ一つが心に響きます。


味の素スタジアムでは、ペットの受け入れもやっています。
http://311.chofu-cw.com/?p=738


雑用でも、力仕事でも(見た目より力があります)、運転手でも、ペットの世話でも、障害をもった方のお手伝いでも、傾聴でも・・・できることはなんでもお役に立てればとの思いで一杯です。


東京都によると都内施設の受入期間が3月31日から4月半ばまでに延長したそうですが、しかし、その後は?


心身ともにダメージを受けている避難・被災者のみなさんが一日でも早く安心できる環境が整うこと、祈り続けます。


調布市被災者支援ボランティアセンター(仮登録受付)
http://311.chofu-cw.com/?p=120



武蔵野の森公園:わんちゃんたちも子供たちも伸び伸びできます。
     ↓                  ↓

0507musasinonomorikoen42

0507musasinonomorikoen142




 






| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本脚本アーカイブズ・メルマガ23号発行中

日本脚本アーカイブズ・メールマガジン 第23号 


◆お知らせ◆


  ★脚本データベース公開

   
日本脚本アーカイブズに寄贈された約4万冊の脚本のうち、109冊の
   書誌情報をサンプル公開しています。
 
    脚本データベースURL  http://kyakuhon.qzc.co.jp/

 ★日本脚本アーカイブズ倶楽部主催・放送映画文化講座【てら】

   あだちまちづくりトラストの支援を受けて開講していた放送映画文化
   講座【てら】は3年を経て、全講座終了しました。

   受講生の皆さま、ありがとうございました。   


   日本脚本アーカイブズ倶楽部ホームページをごらん下さい。
    http://www.nk-archives.com/tera-top.html


◆クイズdeシナリオ・アカデミー(24)◆ 杉原秀一

   『美咲ナンバーワン!!』&『四十九日のレシピ』より


◆「月刊ドラマ」2011年4月号ご案内◆

 
◆セピア色の記憶(23)平成18年度寄贈脚本より-5◆ 入山さと子

       日本放送作家協会の初代理事長・内村直也氏のご遺族より1117冊の
   脚本寄贈。そのうち昭和22年のラジオドラマなど作品紹介。      

◆ライターズ・アイ(18)脚本は人の絆◆ 増田貴彦


◇編集後記◇ ← 担当は私。読んでね!

 pencil ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。pencil

☆日本脚本アーカイブズ・メールマガジン 無料登録
      http://www.melma.com/backnumber_179041/
  
       このブログ、右のサイドバーからも無料登録できます。

☆日本脚本アーカイブズ
      http://www.nk-archives.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.01

「計画停電:4月2~4日は中止」#koganei

4/2(土)~4/4日(月)計画停電中止

 東京電力武蔵野支社からの連絡
   小金井市内、4月2日(土)、4月3日(日)、4月4日(月)の計画停電は
   
全て実施なし

      (こがねい安全・安心メール 4月1日 11:15 より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »