« 脚本アーカイブズの(多分、きっと、明るい)未来 | トップページ | 「6.12 さよなら原発!小金井パレード」で歩く »

2011.05.26

井上ひさしさん&坂本九さんの貴重な直筆に緊張・・・

先日、日本脚本アーカイブズ・メルマガ連動企画の件で、奥山侊伸さんと打ち合わせを。


奥山侊伸さんは、芸能界でこの人を知らない人はモグリか全くの新人・・と言われるほど、業界では知名度の高い放送作家。かの秋元康さんの師匠としても知られている。


なんだけれど、実は私、約三年前、日本脚本アーカイブズで委員としてお目にかかるまで、奥山侊伸さんのことは存知上げなかった。

(・・・私はモグリだったのか・・・coldsweats01

テレビ制作はドラマやバラエティ、情報などジャンルによって制作担当がきっちり分かれており、ドラマ畑まっしぐらだった私はバラエティ方面との接点がほとんどなく、よってテレビ画面に登場する放送作家の方々(昔は青島幸男さんとか高田文夫さん、影山民夫さん、今では鈴木おさむさんとか)くらいしか知らなかった。


pencilメモpencil

Q:脚本家と放送作家って?

A:厳密な定義はないようだけど、現実的には下記のように使い分けられている。
  pen ドラマの台本は脚本(シナリオ)と呼ばれ、ドラマ作家は脚本家(シナリオ
     ライター) といわれる。

  pen ドラマ以外(クイズ番組などのバラエティ、情報番組、ドキュメンタリーなど)
     の台本は構成台本であり、作家は構成作家とか放送作家といわれている。



会議でお会いする奥山さんは、独特の存在感を放っていた。
ムダなことは喋らない。が、会議がヒートアップして混迷してくると、タイミングよく一言呟く。
その一言が思わず笑ってしまうようなウイットに富んだ一言で、ヒートアップした空気を上手くクールダウンしてくれる。


この人はタダモノではない!


それで、調べてみたところ、やはりタダモノではなかった。

昭和33(1958)年 北海道より上京。ジャズ喫茶やジャズバンドなどでバイト。
           その時知り合った前田武彦氏のアシスタントや青島幸男氏の
           アシスタントを経て、放送作家に。

pencil
メモpencil
 2010年度日本脚本アーカイブズ 文化庁への調査・研究報告書のオーラルヒストリー
でマエタケ氏と奥山さんは久々に師弟対談している。



昭和46(1973)年 作家集団『ペンタゴン』設立を経て、昭和48(1975)年 大橋巨泉
           事務所に放送作家として所属。

昭和59(1984)年 放送作家集団DNPを設立。企画・制作及び放送作家のマネー
           ジメント、若手育成などを手掛け、現在に至る。


係わったテレビ番組は『シャボン玉ホリデー』から始まって『巨泉×前武 ゲバゲバ90分』『11PM』『8時だよ!全員集合』『ザ・ベストテン』『オールナイトフジ』 『世界まるごとHOWマッチ!!』『アッコにおまかせ!』 『ものまね王座決定戦』などなど。

バラエティにおける伝説のプロデューサー・井原高忠氏や故秋元近史氏と共に、奥山さんはテレビの黄金時代【※ 「テレビの黄金時代」(文春文庫版) (キネマ旬報社版)小林信彦編・著】を駆け抜けた放送作家だったのだ。


奥山さんのスゴさはそれだけではない。
作詞家であり歌手であり作家であり現役DJであり、さらに立川談志の立川流に入り、2000年5月には『立川侊志ん』の名前まで手に入れ、同年の9月に国立演芸場で『立川侊志ん命名記念落語会』を行い、今でも落語家としての活動もしている。


今回のメルマガ連動企画は、そんな日本バラエティの生き字引・奥山侊伸さんにバラエティ番組の裏話と同時に日本のテレビの歴史を語っていただこうというもの。


打ち合わせでお話ししているだけで、次々といろいろな番組のエピソードが語られて尽きない。


そして、スゴイものを見せていただいた。

3月の大地震で仕事部屋の本棚が崩壊、部屋中に散らばった本や資料を整理していたら次々に貴重なものが出てきたという。


な、なんと、井上ひさしさんからの直筆の葉書!
消印は1979(昭和54)年となっていた。
井上ひさしさんは『ひょっこりひょうたん島』の作家として有名だが、1969(昭和44)年から始まった『巨泉×前武 ゲバゲバ90分』では奥山さんと一緒にコントを書いていたそう。

それから坂本九さんが自分で作詞作曲した曲の手書きの歌詞。
編曲の楽譜もできており、次のコンサートで歌う予定だった。しかし、その歌を歌うことなく坂本九さんは飛行機事故で御巣鷹山に散った。

井上ひさしさんの葉書と坂本九さんの手書きの歌詞・・・両方とも個性的でありながらとても丁寧な字で書かれており、あまりに貴重なものであり、緊張して持つ手が震えそうだった・・・。


そんな奥山侊伸さんのお話を6月末からのメルマガで配信していく予定です。
乞うご期待を!

1105246

この日、打ち合わせしたのは四谷の喫茶『ロン』。

新宿通に面したこの喫茶店、入ったのは初めてだった。

というのも、東京で初めて住んだ家は麹町三丁目の一戸建ての借家で、四谷三丁目のスーパー丸正まで京都から持ってきた原付きバイク(ラッタッタ)で新宿通を走って買い物に通っていた。

ということは、この『ロン』の前を何度も走っていたわけだけど、昨日に至るまで、ここに喫茶店が在るということさえ知らなかった。


1105247

中はごく普通の喫茶店。
しかし、今は「普通の喫茶店」が貴重らしく、純喫茶を愛するマニアたちにはとても有名な店らしい。

二階にも行ってみたかった。今度はぜひ二階に。





pencilメモpencil

四谷丸正に買い物に行った時のこと。
一階で休憩していた上品そうなおばあさんとちょっとしたキッカケで言葉を交わした。
おばあさんは「上でお茶でも飲みません?」と言ってくださった。上にお茶を飲めるところがあるとは知らなかったもので、おばあさんと一緒に上の階へ。

初対面同士、いろいろ話をしていて分かったこと・・・娘さんのご主人=婿はな、なんと映画評論家の荻昌弘さんだった! まだまだ荻昌弘さんがご健在の頃。

私がシナリオの勉強を始める前だったような。
まさに一期一会の出会いでした。

1105248

奥山さんから、四谷「わかば」の有名なたいやきをいただき、帰宅して早速食した。

「殿方は頭から、ご婦人は尻尾から・・・」がお勧めらしいが、それぞれ頭からと尻尾からを試してみる。





薄い皮に尻尾までアンコたっぷりで、どっちも美味しかった!!!


|

« 脚本アーカイブズの(多分、きっと、明るい)未来 | トップページ | 「6.12 さよなら原発!小金井パレード」で歩く »

WORKS」カテゴリの記事

日本脚本アーカイブズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/51762748

この記事へのトラックバック一覧です: 井上ひさしさん&坂本九さんの貴重な直筆に緊張・・・:

« 脚本アーカイブズの(多分、きっと、明るい)未来 | トップページ | 「6.12 さよなら原発!小金井パレード」で歩く »