« 祝・世界遺産決定!小笠原諸島&平泉 | トップページ | ドキュメンタリー『放送禁止歌~唄っているのは誰?規制するのは誰?~』 »

2011.06.26

今更ながら愕然:『放送禁止歌』を読んで

ずっと前から気になっていた森達也さんの『放送禁止歌』。
読み出したら止まらなくて、あっという間に読んでしまった。

放送禁止歌の実態・・・
メディアのあり方・・・

それらに今更ながら驚いたのはもちろんだが、個人的にもっと衝撃的な事実が分かった。

私が、『竹田の子守唄』の竹田のすぐ近くに住んでいたという事実!

なんということだろう・・・
なぜ、今までそのことに気がつかなかったんだろう・・・




私が赤い鳥の歌う『竹田の子守唄』を知ったのは京都の大学(短期大学部)のフォークソング部にいた頃。

クラブの誰かが歌っているのを聴いて、いい曲だなぁと思い、1人でギターを弾いて歌ってみたりした。

その頃、私の関心はアメリカンフォークに向いており、日本のフォークソングを人前で歌ったのは五の赤い風船の曲ぐらい。

日本のフォークソングはクラブの人が歌っているのを聴いて、心動かされた曲(岡林信康とか休みの国とか)は家で1人で弾き語りしていた。

それで『竹田の子守唄』は初めて聴いた時から、私の出身県大分県竹田市の竹田だと思い込んでいた。

私が幼い頃、寝る前に祖母が『五木の子守唄』(熊本県)や『稗搗き節』(宮崎県)を歌ってくれたのが記憶の底に残っている。

子供心に祖母の歌う『稗搗き節』の悲しいメロディーに心惹かれていた。

なので竹田&子守唄で大分県の竹田の子守唄と思い込んでしまったのかもしれない。



『放送禁止歌』を読み進めているうちに、竹田が京都の地名だと分かり、いろいろな記憶が蘇ってきた。


京都の大学に進学して、初めて住んだのは学校から紹介された女子専門の下宿。
といっても、南区東寺のすぐ近くのお寺の中に作られた女子大生専用の寮のような建物だった。

そこから伏見区深草の大学まで通っていた。

いろいろ経過があって、社会福祉の勉強がしたくて選んだ学校がたまたま京都にあったわけで、京都のことは何も知らないまま京都に住み始めた。

それから間もなく、誰かから京都市内のある地域について、そちらは行かないほうがいいよと忠告された。
理由を聞いてみたらいわゆる“部落”といわれる地域だからと。


私は驚き、そしてショックを受けた。
九州の小さな地方都市で育った私だけど、部落の差別については全く聞いたことがなかった。
韓国人や朝鮮人の友達はいた。しかし、普通に友達だったし、親からも友達について一切差別的なことは言われた記憶がないし。


私の周りには“差別”はなかった。
そう思った瞬間から、私の中に“差別”という言葉が重く沈んでいった。
本当に“差別”はなかったのか?
私が「なかった」と思っているだけではないのか?


(この思いは、シナリオ習作時代、初めて書いたコンクール用の長編シナリオに繋がっていった・・・。そして、やがてこの作品がプロデビューのきっかけを作ってくれた)


ともあれ、知人から忠告された地域には行く機会もなく、学生生活を送っていた。


やがて、お寺の中の女子寮のような下宿から、大学の近くの伏見区深草のおばあさんが1人暮らしをしていた家に下宿先を変え(他の大学の女子学生と2人で一部屋づつ借り)、さらに伏見区深草七瀬川のアパートに転居。

そして『放送禁止歌』を読んでいて、突然、思い出した。
確か、伏見区深草七瀬川の近くに“竹田”という地名があったことを。

大学のすぐ傍の道は師団街道といい、さらに竹田街道の地名も記憶に蘇る。


『放送禁止歌』に書かれた駅名や川の名前を地図で辿ってみたら、やはり、かつて私が住んでいた伏見区深草七瀬川のすぐ近くの“竹田”が『竹田の子守唄』の竹田だったのだと分かった。


なんてことだ・・・
そもそも『竹田の子守唄』が放送禁止歌としてステージから消えていたことも、
その歌が歌われていた場所が京都だったことも、
かつて住んでいたすぐ近くに重い歴史を抱いた土地があったことも知らなかった。


身近な“大事なこと”に、気づかずに人生は過ぎてしまう・・・。

『放送禁止歌』にそのことを突きつけられ、愕然としてしまった。

今、自分の中で何かが揺れている。
この痛い教訓をどう生かして生きていくべきか・・・と。


          

|

« 祝・世界遺産決定!小笠原諸島&平泉 | トップページ | ドキュメンタリー『放送禁止歌~唄っているのは誰?規制するのは誰?~』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/52049430

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら愕然:『放送禁止歌』を読んで:

« 祝・世界遺産決定!小笠原諸島&平泉 | トップページ | ドキュメンタリー『放送禁止歌~唄っているのは誰?規制するのは誰?~』 »