« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011.11.20

『遠い空の向こうに』&『スペース・バディーズ』&『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』

Photo_2『遠い空の向こうに』

制作年: 1999年
制作国: アメリカ
制作 : チャールズ・ゴードン , ラリー・フランコ
監督 : ジョー・ジョンストン
脚本 : ルイス・コリック

【内容】
1957年10月、ソ連は人類初の人工衛星スプートニクの打ち上げに成功した。
ウエスト・バージニア州の炭坑町に住む高校生ホーマーは、スプートニクが夜空に描く美しい軌跡に心奪われる。
感動したホーマーはロケット作りを決意し、3人の仲間と"ロケット・ボーイズ"を結成するが、炭坑の仕事に誇りを持つ父親と対立してしまう。失敗を繰り返しながら、教師や町の人々の応援でついにロケットの発射に成功!ところが思わぬ大事件や困難が少年たちを待っていた…。

【感想】
実話を基に、とても素直に作られた感動作。
夢を抱き続けることの大切さ、夢の実現に向けてひたすら努力することの素晴らしさ・・・。それらにケチをつける気は毛頭ないけど、私が見たかったものに全く触れられてないので、その意味で感動が薄れた感じ。

夢に向かっていく上での大きな障壁・・・父との確執はまるで『エデンの東』。父に認められたいと強く願う息子の在りようは、何時の時代も変わらないのだなぁとしみじみ。

『エデンの東』は悲劇の匂いがしたが、『遠い空の向こうに』は爽やかで感動的な青春物語。

Photo_3 『スペース・バディーズ 小さな5匹の大冒険 』

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
製作: ロバート・ヴィンス アナ・マクロバーツ
監督: ロバート・ヴィンス
脚本: ロバート・ヴィンス アンナ・マクロバーツ

出演者: ジェイソン・アールズ エイミー・セダリス ジョシュ・フリッター リリアナ・マミー フィールド・ケイト スカイラー・ジソンド

メーカー: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント

【内容】
可愛い5匹のしゃべる子犬たちが大活躍する「バディーズ」シリーズ最新作。おなじみ5匹のバディーズたちは、飼い主であるサムたちが通う小学校の民間宇宙旅行会社への社会科見学に隠れて同行してしまう。宇宙船ビジョン・ワン号は無人でコントロールもできる宇宙船で、その日は、遠隔飛行による宇宙への打ち上げの日であった。サムたちが見学中にバディーズたちは宇宙船への興味から船内に乗り込むと、そのまま打ち上げられてしまう。

【感想】
犬・・・宇宙・・・この二つの要素だけで、ぜひ見ておきたいと思って借りてきて、初めてディズニー映画だと知った。しかも、シリーズものだとも知らずに(~_~;)

とりあえず、理屈は抜き。理屈で考えたら、ありえな~ぃ!の連続ですからぁ。

しかし、確かに映画は嘘(フィクション)だけど、嘘の中にもリアリティがあれば・・・おっとっと、だぁかぁらぁ、理屈で考えちゃダメなんだってばぁ・・・って感じの全編でした。

それでも、しかし・・・なんで5匹全員ゴールデン・レトリーバー? 子犬ッたって中型犬くらいの大きさに見えるし、皆同じ色だし・・・。燃料補給のために立ち寄ったロシアの宇宙ステーションで出会う宇宙飛行犬・スプードニクと、ロシア人宇宙飛行士・ユーリは作りすぎてるしぃ。

なんてことは考えちゃダメ。
ディズニー映画だからね、と何度も自分に言い聞かせながらワンちゃんたちの活躍大冒険を楽しく見なくっちゃ。

一つ勉強になりそうなのは、同じ色、同じ大きさのゴールデン・レトリーバーの性格付け。
飼い主の子供たちや生活環境によってそれぞれの犬にキッチリ性格付けがされている。
これはシナリオ初心者にはとっても分かりやすく参考になる性格付けの仕方。

ところで、私は字幕派なんで、吹き替えには関心なかったんだけど、この作品、バナナマンの二人が声優やってたんだね。
宇宙飛行犬・スプードニクに設楽さん、ロシア人宇宙飛行士・ユーリに日村さんだと。




犬、そして宇宙がモチーフになった作品では、やはり『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』が最高。

Photo_4製作年: 1985年
製作国: スウェーデン

製作: バルデマル・ベルイェンダール
監督: ラッセ・ハルストレム
脚本: ラッセ・ハルストレム バルデマル・ベルイェンダール
原作: レイダル・イェンソン

出演者: アントン・グランセリウス 、ラルフ・カールソン、 マンフレド・セルネル 、アンキ・リデン 、メリンダ・キンナマン

【内容】
舞台はスプートニクショックに揺れる50年代のスウェーデン。病に倒れた母の下を離れ、叔父の住む田舎で暮らすことになった少年・イングマル。母親の死、さらに愛犬との別れという悲劇的な環境の中で、周囲の人々との出会いを通して成長していく姿を描く。

【感想】
要領のいい兄に比べて不器用な12歳の少年イングマルは、いつもドジをしてしまい病弱な母をイライラさせてしまう。誰よりも母を愛し、母を求めているのに・・・。
どんどん悲劇的な境遇に追いやられるイングマルに対して、田舎に住む叔父夫婦や村人たちの大らかさにイングマルだけでなく、観ているほうも心癒され、救われる。

この映画を見て、原作があの“犬”のことをどう捉えているのか知りたくて、レイダル・イェンソンの原作を買った。まだ読み終えてないけど、私の知りたいことはこの原作の中にあるような気がする。


考えてみたら、映画を見てどうしても原作が読みたくなった『サイダーハウス・ルール』もラッセ・ハルストレムの作品。

原作と映像作品はそれぞれが独立した別物の作品。と分かっているが、ラッセ・ハルストレム監督の作品は、背景をもっと突っ込んで知りたいと思わせる何かがあるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まとめてUP

ここ1、2ヶ月で観た映画(DVD)、忘れないうちにまとめUPしときます。

あ、これから少しづつUPしますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.10

「福島にいこう!」第三回ご案内

「福島にいこう!」第三回ご案内

福島原発災害収束に関心をお持ちの皆様


 「福島にいこう!」の第三回を、11月26日土曜日に行います(雨天決行

 前回に引続き【福島原発行動隊】の有志及び外部の方々を含めたボランティアによる活動として企画いたしました。

 前回までと同じくいわき市久之浜で、「望まれる事・できる事」を行おうとしています。
 現地の災害復旧活動グループや、各地域の区長さんなどと活動内容につきご相談をしており、追ってご連絡いたします。

 寒冷期を迎えて、被災地の暮らしはより厳しくなっていくでしょう。少しでも役立つ活動に取り組むことにしましょう。
                        
              
               世話人:安藤博
               木下かずえ、清水喜美子、西本武彦、平井秀和Lb018lin

  日 時:11月26日(土) 日帰り
  場 所:いわき市久之浜
  集 合:7時15分、7時30分出発(時間厳守)
  集合場所:日本橋3丁目交差点ローソン前 ⇒地図
  参加費用:バス料金(税込み90,000円)
        高速道路料金等の合計を参加者数で按分
        ※参考 第一回 ・ 第二回

  募 集:先着50人 締切11月24日(木)24時 

  申し込み:下記申し込みフォームに必須項目をご記入の上、お申し込みください。
       ⇒申し込みフォーム

  その他:⇒ 「福島にいこう!」ボランティア活動の心得      
       ⇒ 携行品・装備等
       ⇒ 携行品・装備チェック表

  ※参加の皆さまへは、費用(決定後)・保険のことなどメールでご案内いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.07

「パパ ママ ぼくの脱原発ウォーク 」 in 武蔵野・三鷹&井の頭公園

「子ども達の未来と原発を考える1000人アクション」主催の「 パパ ママ ぼくの 脱原発ウォーク 」 in 武蔵野・三鷹に参加しました。


雨混じりの曇天、風邪が治っておらず、しかも仕事は遅れており・・・

くじけそうになる気持ちを立て直して、とにかく井の頭公園へ。

吉祥寺の井の頭線ホームで手作りのプラカードを持ったおじいさん二人組みを見かけて、嬉しくなって思わず声をかけてしまいhappy01、一緒に井の頭公園へ向かうことに。

おじいさんの黄色いセーター(黄色はこのパレードのシンボルカラー)は、奥さんのお古だとか、微笑ましいエピソードを聞いているうちに井の頭公園駅着。

会場に向かっていると、つい友(=FB友)の東京G座・K氏が案内のお手伝い中。
知らない人ばかりの中で知り合いの顔を見つけるとホッとします。

11110611 会場にはすでにかなりの人々が集まっている。
止んでいた雨がまたポツリポツリと降り出したけど、黄色いセーターのおじいさんは雨具の用意なしで「雨くらい平気だよ!」とすごい気合!

風邪をこじらせないために、傘とビニールコートを用意していったんだけど、おじいさんにビニールコートを差し上げた。

おじいさん、最初はビニールコートを固辞された。その理由は「パレードではぐれてしまったら、お返しできないから」となんとも気配りの利いた理由。おじいさんの美意識からすると借りっ放しは許されないらしい。

1111062_2 なので種子あかしを。「これ、100円ショップで買ったものなんです。だから、お返しいただかなくても結構ですよ」

そしたらおじいさん、キッパリと「では、お言葉に甘えて、いただきます」

なんとも潔くて、気持ちのいいおじいさんだった。

※手作りプラカードのおじいさん

いよいよ、パレードスタート。
吉祥寺の閑静な住宅街を抜けて、吉祥寺駅付近の繁華街へ。

住宅街ではシュプレヒコールも音も出さないようにとの事前の注意通り、パレードは粛々と進む。

私のすぐそばのグループは高円寺のサウンドデモの参加者たちらしく、あまりに静かな行進に「お葬式みたいだなぁ」「デモは楽しくやらなくっちゃ」って。

「楽しく」ってのは私も必要だと思う。だけど、音入りで賑やかにやればいいってもんじゃないし、住宅街をドンチャカ騒ぎながら行進しても、多分、騒音を出す集団として反感を買う恐れのほうが大きい。

住宅街を抜け、繁華街に出たら、みんなで大きな声で脱原発をアピール。
今回は、こどもたちや高齢者も多く、またわんちゃんたちも一緒。
(雨に濡れっ放しで歩かされていたわんちゃんもいて、それはちょっと可哀相だった)

音楽の代わりに、男も女も、老いも若きも、みんなで「子どもを守ろう 原発いらない!」のシュプレヒコールで充分意思は伝わったと思う。

1111064 小金井のパレードの時に作ったプラカードが今回も役に立った。

プリントアウトして、厚紙に張って濡れないようにしただけのもの二種類。

今回、おじいちゃん、おばあちゃん世代の人は手作りのプラカードを持っている人が多かったような。

子供たちや孫たちの世代を守りたいという熱い思いが感じられた。


ゆっくりしたペースで進み、井の頭公園のゴール地点まで1.8km. 約二時間のパレード終了。

K氏たちにご挨拶して、私は井の頭公園散策に。
吉祥寺といえば「いせや」。昔、詩人やジャズメンの友人たちと昼間っから飲んでたお気に入りのやきとりやさん。
久々に一緒に行きたかったんだけど、彼らは明日には公演先の大分に飛ぶというし、私は仕事が残っているし・・・今回「いせや」は断念。

1111066 1111065








方向音痴の本領発揮! ラブとセントと何度も来ているのに、自分の居る場所がどこかわからなくなり、まずは銭洗い弁天へ。

1111067 ここを起点にして、ラブとセントとお散歩した場所、上京した母と歩いた場所などをぶらぶら。

どこを歩いてもラブとセントの微笑ましい思い出ばかりが甦る。

小金井公園についで、想い出の多い公園なのです。



1111068

1111063_2

11110612_2


1111069

11110610


胡桃みそだれのおだんご。

どんな福を運んでくれる?

帰り道通りかかった「いせや」さん。日曜のせいかすごい行列(@_@;)
111106131 111106141








| | コメント (2) | トラックバック (0)

復興支援ボランティア『福島にいこう!』ブログ公開

福島原発行動隊』隊員・賛助会員の有志の呼びかけではじまった復興支援ボランティア『福島にいこう!』ではブログを公開しました。

職業・年齢・性別問わず誰でも参加できます。
ぜひ、ご一緒に!

『福島にいこう!』ブログ
   http://fukushimaniikou.blog.fc2.com/
  

第三回は以下のように計画しています。

 日 時:2011年11月26日(土)
 
 活動地:福島県いわき市久之浜(予定・変更の場合も有ります)

 参加費:3500~4000円(学生1000円)
      ・貸し切り大型バスで向かうため、参加費は参加人数によって
       決定されます
      ・昼食代込みです

 活動内容:調整中です。

 日時以外の詳細は現在調整中ですが、決まり次第、ブログにUPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「福島にいこう!」第二回参加

原発行動隊』隊員・賛助会員の有志が呼びかけた復興支援ボランティア活動「福島にいこう!」に参加しました。

 日 時:2011年10月22日(土)
 
 活動地:福島県いわき市久之浜

 参加費:3500円(学生 1000円) + 昼食代 500円

 参加者:合計42名(東京からバス組36名、現地合流組6名)

  ≪活動内容≫   
 ・現地の災害復旧グループ【チーム結(YUI)】と共同で市街地環境整備作業
 (ガレキ撤去、側溝の除染)

 私は主にガレキ撤去の活動を。
 
 やるべきことがいろいろ重なり、結局、一睡もしないまま参加。
 大雨の予報だったけど、いわき市に向かうに連れて雨は上がり、ちょうどいい曇り空の下、存分に活動ができました。

 今回は大学生も参加。
 『原発行動隊』には理系、文系問わず大学の教授や名誉教授も多々、参加されています(しつこいですが、小出裕章先生も隊員)。先生の活動を見て賛同してくれた学生さんです。


活動の様子はコチラからどうぞ。写真もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥山コーシンちゃんねる『台本にない台本』第4回

奥山コーシンちゃんねる『台本にない台本』第4回

放送作家・奥山コーシンの半生をひも解く番組 第4回公開中

日本放送作家協会 日本脚本アーカイブズ特別委員会制作
出演:奥山コーシン、立川こしら


第4回は「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」からはじまり、伝説の名プロデューサー・井原高忠さんや落語界のカリスマ・立川談志さんの話などよこ道・わき道の裏話満載。

­今回も舌好調!

聞き手の立川こしらさんの真打ち昇格が決まりました。
ヨッ、師匠! おめでとうございますfujishine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まとめてUP

ブログが留守がちになっていますが、取り急ぎいくつかまとめてUPしていきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »