« 故・市川森一氏追悼 シンポジウム企画  『失われた脚本・台本を求めて――文化リサイクルの意義』開催のお知らせ | トップページ | なぜかハマった韓国ドラマ! »

2012.04.29

終わりの始まりから

気がつけば、ずいぶんのご無沙汰でした。

この数か月、いろいろありました。

まず、平成24年2月15日(水)に国会図書館で行われたシンポジウムは満席のうちに無事終了。

そして、3月31日、日本放送作家協会日本脚本アーカイブズ特別委員会は約7年間の活動を終え解散。

4月に入って、東京フィルムセンター映画・俳優専門学校の新学期が始まり、フレッシュな新入生たちとの1年間が始まりました。



今年に入ってから、日本脚本アーカイブズの解散に向けての準備や最終報告書の編集・作成でかなりヘトヘト、クタクタ。

それ以外のことは思考停止状態に。

解散後は、まずは自宅仕事場の山脈のように山積みになったアーカイブズや学校指導用の資料の整理開始。何年ぶりかの大掃除です。

この大掃除、今も進行中。連休中にはスッキリさせる予定。


放作協のアーカイブズ活動が終わり、これまでやりたかったこと・やるべきことなど改めて再始動させる予定です。

|

« 故・市川森一氏追悼 シンポジウム企画  『失われた脚本・台本を求めて――文化リサイクルの意義』開催のお知らせ | トップページ | なぜかハマった韓国ドラマ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/54586619

この記事へのトラックバック一覧です: 終わりの始まりから:

« 故・市川森一氏追悼 シンポジウム企画  『失われた脚本・台本を求めて――文化リサイクルの意義』開催のお知らせ | トップページ | なぜかハマった韓国ドラマ! »