« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013.02.25

映画『ハッピーエンドのできるまで』~人生が物語なら、作者は誰?アラフォー女性の幸せの見つけ方。

Novel_romance

北千住の帰り道、ふとある映画の冒頭の言葉を思い出した。

人生が物語なら、作者は誰?
あなた? 私?
それとも見えない力?

私の答え

100人いれば100の物語がある。
あなたの人生の物語の主役はあなた
そして、作者はあなた

良い物語を書きたいね。




ついでにこの映画の紹介を。

ハッピーエンドのできるまで
2006年 アメリカ
 監督・脚本・製作:エミリー・スコポフ
 出演:トレイシー・ローズ、シェリリン・フェン、ポール・ヨハンセン

【ストーリー】

他人の原稿には冷静な“アカ入れ”をするのに自分の恋愛ときたらいつも決まってダメ男に騙されてばかりの
敏腕女編集長・マックス。

40歳を目前にして、仕事は順調なのにこのまま結婚できない?
男はいらないけど、子供は欲しい……。
で、結婚は諦めて人工授精で子供だけは作ることに。
そんなある日、彼女は若くてハンサムな新人作家と出会った。
そして彼の小説を出版する代わりに彼女が出した条件とは……

果たして彼女は望みどおりの幸せを手に入れることが出来たのか?

【コメント】
男はいらない、子供だけが欲しい……で真っ先に思い出すのは『ガープの世界』
それから24年後に作られたこの作品。

ガープ(ロビン・ウィリアムズ)母・ジェニー(グレン・クローズ)があまりにも潔く、かつ衝撃的な方法でガープを生んだストーリーを真っ先に思い出したもので、マックスの子種の入手方法がなんだかまどろしくって、そこで先ず躓いた……。
精子バンクもあるだろうに。

しか~し、この作品は出版と引き換えに彼の子種をもらうというその駆け引きの面白さが前半のメインなので、精子バンクじゃダメなんだよね。

ラストは彼女も、そして彼もかけがえのない大切なものに気がついてハッピーエンド。

88分の作品としてはとても上手くまとまってはいるけど、最初の躓きが疑問としてづっと引きずっていて、今ひとつ乗れなかったなぁ。

でも、冒頭のナレーションはとても良かった。

人生が物語なら、作者は誰?
あなた? 私?
それとも見えない力?
シェークスピアによると、私たちは人生を書くことは出来ずただ演じるだけ
冒険や財産やロマンスを願っているのに
ホラ話や、果たされない契約の世界に1人でいる
出来るのはネット通販での不要な買い物
それが、おとぎ話が誕生した理由
現実の人生が行き詰ってても、もう1つの人生を体験できる
求めていた愛が手に入る
同じ孤独ならよい本があるほうがマシよ
そうよね?

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北千住の熱い夜……

Dsc_0416

昨日は久々に墨田川、荒川を渡って北千住へ。
少し早めに行って、荒川やスカイツリーの映像をビデオに撮ろうかと思っていたのに、結局、予定より遅れて到着。

ビデオ撮影は諦めて、携帯で宿場町通りをパシャ。

江戸時代の古民家と今風の居酒屋が混在する不思議な町並み。

名物「槍かけだんご」のかどやさんも改装を終えてピカピカの明るい店舗で営業再開してました。

大きく変わっていたのは……いつものコインパーキング、12時間上限が1000円から1200円に値上げしてた。キビシィ~(ーー;)


『よみかき座』例会。昨年末に池袋でやった忘年会では作品合評が出来なかったので、今回は久々に各々の作品について話が弾む。

『よみかき座』では創作の表現方法は朗読劇。

アレやコレや書きたい素材、面白いアイデアなど思いつくけど、どうしても作品としてまとめることが難しいと頭を抱えるAさん。

う~む、日記帳ならば思ったことを思いつくままに並べて書けばいいんだけど、作品は日記帳ではないんだよね。

書きたいと思ったそのテーマを、どう人に伝えるか? 
そのためには「構成」というものが必要になる。

脚本を書く上でよく言われるのが、「蟻の目(主観)と鳥の目(客観)を持て」ってこと。
主観だけで書き進めば日記帳になりかねない。客観的な視点も必要。

「書く」ことに関してはとても熱い思いを持っているAさん。
その熱い思いが消えない限り、Aさんの作品化への挑戦は続く。

人を励ましながら、自分をも叱咤激励する北千住の夜でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.09

映画『今、このままがいい』不仲の異父姉妹が父親を探す旅に。辿り着いたのは驚きの事実・・・人間の多様性を暖かく描く感動のロードムービー

Imakonomama2

2008年 韓国
監督・脚本:プ・ジヨン
出演:
 コン・ヒョジン
 シン・ミナ
 チュ・グィジョン
 ムン・ジェウォン
 キム・サンヒョン

【ストーリー】

容姿、性格、職業はもちろん、考え方までまるで違う姉妹ミョンジュ(コン・ヒョジン)とミョンウン(シン・ミナ)。

気さくで熱しやすい性格で母の魚屋を継ぎ、故郷済州島の家を守る姉ミョンジュとは違い、大学に入ったあと家から足が遠退いたミョンウンは、ソウルの大企業に勤める明晰で鋭敏なキャリアウーマンだ。

父が違うという理由から、二人の距離を当然と受け止めてきたミョンジュ、ミョンウンは、突然の母の死を契機に、遠い昔に消息を絶ったミョンウンの父を探しに旅に出る…。

そんな姉妹を待っていたのは予想もできない事件と事故、そして誰にも明かすことができなかった驚くべき家族の秘密・・・。


【コメント】

Gyao!のラインナップの中に偶然発見。コン・ヒョジンシン・ミナのW主演となると見ないわけにはいかない・・・

コン・ヒョジンは連続ドラマ『ありがとうございます』(2007)で輸血ミスからHIV感染してしまった娘を持つシングルマザーを演じていた。寡黙で不器用だけれども芯の強い母親役で、不思議な存在感のある女優さん(身長173cm!)

その後に見た映画『ミスにんじん』(2008)では赤面症で超思い込みの激しい嫌われ者の高校のロシア語教師の役をコミカルに暴走。わっ、コメディもこなす役者さんなんだとファンになりました。

シン・ミナは今年に入ってから見た映画『甘い人生』(2005 イ・ビョンホン主演)とその少し前に見た映画『最強☆彼女』(2008)に出演していた。
『最強☆彼女』では大学生の役だったけど、同じ年に製作された『今、このままがいい』では実年齢(24才)に近いOL役。彼女もまた、個性的な存在感のある女優さん。

面白くても面白くなくても二人が見られるのならいいやって感じで、全く予備知識なしに視聴。

ACT1のセットアップは小気味いい姉と妹のカットバックで始まり、二人の今の生活と性格の違いがテンポ良く描かれている。

母の突然の死で、妹は仕方なく故郷に帰ってくる。そして、突然消息を絶ったという父親を探そうと決意する。

姉の父は亡くなっている。その姉が子供の頃、ある事故をきっかけに母は一人の男と知り合い妹が生まれた。妹は父の顔を知らない。だから、父の顔を知っている姉を伴って父探しの旅に出る。

ロードムービーの移動手段は船→レンタカー→タクシー→船。
その間に姉妹の生活観や性格の違いが露わになり、大喧嘩ありーの大事故ありーので・・・

そんな中、姉の回想のある言葉で、私は気がついてしまった。
そしてなぜか『オール・アバウト・マイ・マザー』(1999 ペドロ・アルモドバル監督)を思い出してしまった。

『オール・アバウト・マイ・マザー』を観た人なら分かると思うけど、真相はつまりそういうことだったわけです。

子供の頃、父なし子といじめられた故郷を嫌い、また、がさつなシングルマザーの姉やダサい叔母を嫌っていた妹に姉はぽつりと言う。

「どんな人も一生懸命生きているんだよ・・・」

妹はやっとやっと気がつく。自分がどれだけ愛され、見守られてきたか。本当に欲しい物がどれだけ近くにあったかに・・・。

多様な「生」と「性」を自然に、包み込むように優しく受け止めている姉の在り方に、じわじわと感動がこみ上げてくる。

■Gyao! 無料配信中

  配信期間 2013年2月6日~2013年3月5日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.06

静かな朝・・・雪・・・春待つネコヤナギ

Dsc_0425
静かだと思ったら、雪・・・。

雪が音を吸い込み、いつもより静かな朝。

たっぷり、8時間は寝て、スッキリです。

生まれて初めての血圧140超えはかなりショックで、昨日は歩き回るはずだった予定を変更して、とりあえず「寝る」ために早々に帰宅。

若い時から低血圧気味だったので、どんなに無理をしても高血圧にはならないと過信していた自信が打ち壊された(ーー;)

実は母方の家系は高血圧なんですよね。
気持ちは以前と変わらなくても、体は年齢と共にちゃんと変化しているわけで、これからは無理な徹夜などはしないよう、気をつけようとしみじみ。

血液検査はまったく異常なし。また食事も高血圧に引っかかるような食事は摂ってないし(粗食だし(^_^;))、問題は生活サイクルだなぁ。

昨日の健診は、自分の現実を知るいい機会でした。

(写真:文京区白山の喫茶店の生け花。いつもキレイに生け花が。ネコヤナギ、思わず触ってみたらビロードのように気持ちよかった・・・)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.04

映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』


2009年 スウェーデン、デンマーク、ドイツ
監督: ニールス・アルデン・オプレヴ
原作: スティーグ・ラーソン
脚本: ニコライ・アーセル 、 ラスマス・ヘイスターバング
出演:ミカエル・ニクヴィスト、ノオミ・ラパス

【ストーリー】
ジャーナリストのミカエル(ミカエル・ニクヴィスト)は、ある大物実業家の違法行為を暴露し、名誉棄損で有罪になる。

そんな彼に目をつけた大企業の前会長が、40年前に失踪(しっそう)した自分の血縁にあたる少女についての調査を彼に依頼する。

ミカエルは天才ハッカーでもある調査員リスベット(ノオミ・ラパス)と協力して、未解決事件の真相に迫る。

【コメント】
この作品をリメイクしたハリウッド版はまだ観てないので比較できないけど、スウェーデン版2時間32分、一気に見た。
解明すべき謎に関しては、原作を読んでなくても先読みできるし、「やはり」なんだけど、それでも総合的にはとても面白かった。

気になったのは主人公二人・・ミカエル(ミカエル・ニクヴィスト)とリスベット(ノオミ・ラパス)が初めて顔を合わせて言葉を交わすまでに1時間12分。ここからやっと本格的謎解きに。ここまでが長すぎるのでは? リスベットのキャラを見せるためにはこれくらいの長さが必要だったのかなぁ。

ハリウッド的構成でいえばアクト2に入るまでがとても長いんだけど、そこが欧州映画とハリウッド映画の違いかも

デヴィッド・フィンチャーの「ドラゴン・タトゥーの女」がどんな構成になっているのか楽しみになってきた。

「セブン」は七つの大罪の謎解きだったけど、本作は聖書
の言葉による謎解き。D・フィンチャー監督の好きそうな素材だし。




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『トゥームレイダー1&2』


『トゥームレイダー』 (Lara Croft:Tomb Raider)
2001年 アメリカ・イギリス・ドイツ・日本

監督:サイモン・ウェスト
脚本:パトリック・マセット、ジョン・ジンマン
原案:サラ・B・クーパー、マイク・ワーブ、マイケル・コリアリー
製作:ローレンス・ゴードン、ロイド・レヴィン、コリン・ウィルソン
製作総指揮:ジェレミー・ヒース=スミス、スチュアート・ベアード

出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・ヴォイト、イアン・グレン、ダニエル・クレイグ


【ストーリー】
幼いころ父であるクロフト卿を亡くしたララ・クロフト(アンジェリーナ・ジョリー)は世界各国の遺跡から宝物を発掘する一流のトレジャー・ハンターとなっていた。
父が残した邸宅の中に残された時計を発見したララは、その時計を狙う謎の組織との戦いの中で父の死の真実を追う。


『トゥームレイダー2』(Lara Croft Tomb Raider: The Cradle of Life)
2003年 アメリカ・ドイツ・日本・イギリス

監督:ヤン・デ・ボン
脚本:ディーン・ジョーガリス
原案:スティーヴン・E・デ・スーザ、ジェームズ・V・ハート
製作:ローレンス・ゴードン、ロイド・レヴィン
製作総指揮:ジェレミー・ヒース=スミス、

出演:
アンジェリーナ・ジョリー、ジェラルド・バトラー

【ストーリー】
ギリシャのサントリーニ島で地震が発生し、地中海海底から“月の神殿”が姿をあらわした。ララは仲間とともに遺跡に直行し、アレクサンダー大王像胸部にはめ込まれたメダリオンと鉄の檻に入れられた黄金の珠を発見する。

だが、その2つを取り出そうとしたとき、彼女は謎の部隊に襲われ、2つとも奪われた挙句、仲間を殺された。
これら2つは恐るべき兵器となるパンドラの箱のありかを示すもので、襲った一味は生物兵器の専門家ジョナサン・ライス博士が差し向けたものだった。
ララは、元恋人にして傭兵のテリーとともに世界の様々な地域を移動しながら、博士とその一味を追いつめていく。


【コメント】

いやはや「な~んも言えねぇ!」くらいにアンジーのハマリ役。

女インディー・ジョーンズか、女シュワルツネッガーか! 
女が見ても、SEXで、華麗で、それでいて最強のボディに見とれてしまう。
(ゲームのララに近づけるためヌーブラ三枚重ねにしたとかの噂。あくまで噂ね)


『トゥームレイダー』
宝探しのストーリーはシンプル、突っ込みどころ満載だけど、ロンドン、
カンボジア、ベニス、シベリアと縦横無尽に飛びまわる姿を追っているだけでゲーム終了、って感じ。

アクション部分、ほとんどスタントなしでアンジー自ら演じたらしく(シリーズ2も)、お見事!

実父ジョン・ヴォイトとの初競演も話題になりましたね、この作品。
ジョン・ヴォイトといえば真っ先に『真夜中のカーボーイ』(1969)を思い出してしまうんだよね。『エネミー・オブ・アメリカ』とか『穴/HOLES』とか他の出演作品も観てるんだけど、やはり『真夜中・・・』のイメージが強い。

それからなんと、ララの恋人役に現007のダニエル・クレイグ
10分のショート作品を集めた『10ミニッツ・オールダー』の中の「星に魅せられて」(2002年 マイケル・ラドフォード監督)で地球に帰還した宇宙飛行士の役で初めてダニエル・クレイグを見て、静かで哀愁漂う演技にとても惹かれた俳優。

それからそれから、世界征服を目論む悪の親玉として秘密結社「イルミナティ」が!
「フリーメーソン」も「イルミナティ」の下部組織という説もあり、世界最強の秘密結社?!

少し前にレディー・ガガとか、きゃりーぱみゅぱみゅのPVで目を強調した映像を見て、あれは「イルミナティ」や「フリーメイソン」のシンボルであるプロビデンスの目(万物を見通す目)だぁ!とか一部で騒がれてましたっけ。さすが伝説の最強秘密結社!


『トゥームレイダー2』
引き続きララ・クロフト(アンジェリーナ・ジョリー )大活躍。

冒頭から鮫を素手で殴り倒したり?! ってあり得んだろう・・・があるのが映画の醍醐味(爆)

今回はフリーフォール、乗馬、パラセイリング、バイク、剣道などのアクションをビシバシとこなし、ギリシャ、イギリス、ナイロビ、カザフスタン、中国、香港、アフリカと飛び回るララ姫(88部屋もあるロンドンの大豪邸のお嬢様)

以前、ララ姫を振った元カレとの宝探しで、結果、私欲に走ろうとする元カレをララ姫は世界人類を救うために・・・

さらに好奇心と見たい欲望に打ち勝ちパンドラの箱を開けないままのララ姫。アンタは偉い! だってパンドラの箱を開けちゃえば世界に大厄災が広まるんだもの。
世界征服を狙う細菌学者(ノーベル賞受賞者の設定!)と同レベルにならずによかったよかった。

『トゥームレイダー3』が2013年公開(主役はアンジーではない)らしいけど、本当に公開されるのかなぁ? DVDになったら観ようっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »