« 競輪場初体験。ガールズケイリンを観に行ってきた!+加藤ミリヤのミニライブ! | トップページ | 小説『サクリファイス』:自転車ロードレースを舞台にした青春ドラマでありサスペンスドラマ。ロードレースのルールが分かると同時に、その奥深さがよく分かり、サスペンスとしても面白かった! »

2013.09.25

車券、初めて買ってみた! ガールズケイリン・A級ガールズ決勝観戦記。やっぱレベッカ・ジェームズ (英)は強かった!

1309231_3

9月23日(月・祝)は立川競輪場 にて「報知ゴールドカップA級ガールズ決勝戦」観戦してきました。取材です。仕事の事前取材。でも、仕事といいつつ、なんかワクワクしているのはなぜbicyclesmilebicycle



ところで、先日、京王閣に行った時は・・・
教訓:たとえどんな風雨が強くても、競輪は車で行くべきではないっ!

と書いたけど、その舌の根も乾かないうちに、立川へは車でcardash
だって、だって、立川は市営競輪で駐車場2カ所 計1320台分がタダ、無料ですと。
京王閣6カ所合わせた台数の3倍以上の収容力!
順調に行けば30分くらいで着くし(京王閣も同じくらいの時間)、電車やバスを使うより早いし。

というわけで、立川ではスムースに無料駐車場に入れました。ホッ。

競輪場には12時15分着。ちょうど5Rのガールズ一般決勝が終わったところで、小林莉子選手(20才)が1着だったよう。9月15日の京王閣では3着。小林選手、ホームバンクの立川で頑張りました!

flair※ガールズ一般決勝:決勝まで進めなかった選手の中でのトップ争い

目的のA級ガールズ決勝戦(9R)の発走(14時33分)まで約2時間近くあり、まずは競輪場内をブラブラ。

全体の雰囲気としてバンク(競走路)の周長が同じ400mなのに京王閣よりは立川のほうが広くて開放感があり、キレイな感じ。
これは立地が大きく影響しているのかも。京王閣のある調布は立川よりはずっと都心に近いし、地価も違うだろうし。

flair※開設は京王閣1949年(昭和24)、立川1951年(昭和26)

密かな楽しみとして、場内グルメがあるんだけど、これは京王閣のほうが良かったかも。お一人さまに慣れているワタシといえども、あの雰囲気の中、さすがに女子一人で男子の中に分け入って“飯を食う”ってのはちょっと・・・。その点、京王閣は池の向こうにカフェと名のつく(といっても食堂だけど)食べ処があって一人でも落ち着いて食べることができたし。

ザッと全体を歩いてからいよいよメインスタンド下の野外席へ。
金網にへばりつくようにして6R、7R(男子)を観戦。目の前を選手たちが駆け抜けて行き、ラインの読み方もなんとなく分かり、いつ、どのラインが仕掛けていくのかドキドキ。ジャン(打鐘)が鳴ってからの熾烈なトップ争いは迫力あります。

flair※ジャン(打鐘):残り1周半で打ち鳴らされる鐘

レースは面白かったけど、京王閣と雰囲気が違う・・・・・。それは何かというと、野次がほとんどないんだわ。レースによって違うんだろうけど、今日の立川はなんとなくお客さんがおとなしい。野外席の熱い野次を期待、楽しみにしていたのに、その意味では期待はずれ。

野次が聞けないのなら、今日は初めてのことにチャレンジしてみようと、特別観覧席 に行ってみることに。
特別観覧席は全席指定席でロイヤル席(5000円)以外の3階4階席は500円。警備のおじさんと売り場のおねいさんに教えてもらって、スタートラインがよく見える3階席の一番前の席をゲット。

「この席なら目の前で選手が見れるよ」と笑って教えてくれたおじさんの言った通り、スタートラインが目の前だった。

特観席は全席にデスクがついており、灰皿までも(ワタシは喫煙席を選んだけど、全体的には禁煙席のほうが多い)。自販機のコーヒーはなんと50円!
煙草を吸いながら、コーヒーを飲みつつ、車券購入のためのマークシートにチェックを入れていく(ほとんどオッサン化しとるがなhappy02 )。快適快適!

1309239

そしていよいよ人生初の車券購入にチャレンジ。
京王閣でもそうだったけど立川もマークシートとお金を発売機に入れるだけで購入できる。だけど、マークシートが正しく記入できているかどうか自信がなかったので、二つしかない窓口のおねいさんの所で購入。やっぱ、ワイドの書き方が間違っていて、改めて書き方を教えてもらい、予想してきた車券、全無事購入。

準備が整ったところで余裕を持って8Rを観戦。
そしていよいよ、待ちに待った9R「報知ゴールドカップA級ガールズ決勝」。

よほどの波乱がない限り1着2着はほぼ決まり。
1着は特別参加のレベッカ・ジェームズ  (21才・英)。日本初来日だけど自転車競技世界トップクラスの実力を発揮して、日本での勝率は100%。ここまでで出た5試合全1位sign01

2着は日本のガールズケイリントップアスリートの石井寛子 (27才)。直近4カ月の平均競走得点順位は加瀬加奈子(33才)に次いで2位だけど、加瀬は自動車事故の影響とかでここ最近のレース参加を自粛中のため日本ではダントツで石井押しです。

問題は3位。その他の日本選手誰もが可能性があるけれど、忘れてならないのは2人目の特別参加選手ペイジ・パターソン (19才・ニュージーランド)。二度目の来日で今回はまだ一度も1位はないけど、レベッカ・ジェームズに触発されてかなり頑張るのでは。

ということで、やってきました発走の時間。

1309232 1309233

↑写真上の白ヘル1番が石井寛子選手、下の黄ヘル5番がレベッカ・ジェームズ選手、赤ヘル3番がペイジ・パターソン選手。

1309234


1625m.4周の競走の始まりです。

後方から走ってきた先頭員がスタートラインを通過すると同時にスタートの号砲が鳴り一斉にスタート。選手は位置取りをしながら先頭員の後を走ります。


※先頭員(先頭誘導選手)
  :競争選手を誘導する選手。車券の対象とはならない。

   一定のペースを保つため、周回ごとに基準となるタイムが設定。
     また、風よけの役目も果たしている。


ガールズケイリンは2012年にケイリンがオリンピック種目に正式に加わったためルールは「先頭固定競走(インターナショナル)」に則して行われます。男子の「先頭固定競走(オリジナル)」よりは厳しいルールのようで、例えば先頭員の後方車輪を絶対に越えてはならないとか。男子を見ていると先頭員の後方車輪より選手の車輪が前に出ていてもOKのよう。
(※まだ競輪に詳しくないので、解釈が間違っていたらすみません)

先頭員は400m.バンクの場合、残り1周半で退避。丁度残り1周半でジャン(鐘)が鳴り響くので、先頭員が退避するとここからが本当の勝負。トップを競って熾烈な争いが繰り広げられます。

1309235_2 1309236

最後の1周で中盤にいたレベッカ・ジェームズ選手が猛然と追い上げ開始。グングン前の選手を抜いてトップでゴール。石井寛子選手は2着。3着はペイジ・パターソン選手。
大本命そのままのレース展開でした。

1着と2着の差は3車身。この差が世界との差ということでしょうね。

4着は増茂るる子選手(21才)。ホームバンクの立川で頑張りました。
5着:矢野光世(22才・福岡)、6着:田中まい(23才・千葉)、7着:白井美早子(25才・大阪)。各選手、みんなみんな頑張りました。


競走後、クールダウンも兼ねて1周して敢闘門(選手の入場門)に戻っていく石井選手とレベッカ・ジェームズ選手。↓

1309237 1309238

レースの興奮が落ち着いた頃、レベッカ・ジェームズ選手の優勝インタビューと、ニュージーランドから参戦のペイジ・パターソン選手のご挨拶。両選手ともとってもチャーミングsun

13092312 13092313crop2

ワタシも10Rをゆっくりと見て興奮をクールダウン。

え、払戻し金? ほぼ+-ゼロでした。堅く大本命をメインに買ったので倍率は1倍ちょっとだったりして。

かくて立川競輪場でのガールズケイリンの観戦終了。
一応、これで競輪場での観戦実地取材は終わりになるかな。

車券を買うのも、この先あるかどうかは分からないけど、面白い体験ができました。
タイムと着順を競うスポーツとしてのケイリンは、まさに心技体が一体となった競技であることを身をもって知りました。

一方、ギャンブルとしての競輪はそれはそれは奥の深い競技。ライバルたちの脚質やレーサー(競輪用自転車)のギヤ比、風向き、風速、バンク周長などいろいろな要素を考えながら駆引きしてトップでのゴールを目指す。

ガールズケイリンは昨年から始まったばかりで、全選手51名 。これだけなら選手情報は把握できるけど、男子選手はプロスポーツの中で最多の約2800人。過去の成績などをチェックして・・・となると賭けるにはちょっと怖気づいてしまいますcoldsweats01

賭けなくても、特別観覧席で選手たちの駆引きとスピードを楽しむ・・・これって結構デートにもいいかも、なんて感じました。

競輪と同時にロードレースなどもルールがちょっと分かってくると面白いものですね。
これからも自転車競技、機会があれば見ま~すっsign03


|

« 競輪場初体験。ガールズケイリンを観に行ってきた!+加藤ミリヤのミニライブ! | トップページ | 小説『サクリファイス』:自転車ロードレースを舞台にした青春ドラマでありサスペンスドラマ。ロードレースのルールが分かると同時に、その奥深さがよく分かり、サスペンスとしても面白かった! »

WORKS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/58257882

この記事へのトラックバック一覧です: 車券、初めて買ってみた! ガールズケイリン・A級ガールズ決勝観戦記。やっぱレベッカ・ジェームズ (英)は強かった!:

« 競輪場初体験。ガールズケイリンを観に行ってきた!+加藤ミリヤのミニライブ! | トップページ | 小説『サクリファイス』:自転車ロードレースを舞台にした青春ドラマでありサスペンスドラマ。ロードレースのルールが分かると同時に、その奥深さがよく分かり、サスペンスとしても面白かった! »