« 車券、初めて買ってみた! ガールズケイリン・A級ガールズ決勝観戦記。やっぱレベッカ・ジェームズ (英)は強かった! | トップページ | 映画『さあ帰ろう、ペダルをこいで』(2008年ブルガリア)二人乗り自転車で亡命先のドイツからブルガリアの故郷に向かう、祖父と孫の心温まるロードムービー。 »

2013.09.27

小説『サクリファイス』:自転車ロードレースを舞台にした青春ドラマでありサスペンスドラマ。ロードレースのルールが分かると同時に、その奥深さがよく分かり、サスペンスとしても面白かった!

Sacrifice

ここ数日、資料読みの日々。
約29冊・・・といってもほとんどコミックなんだけど。

その中でとても面白かったのが小説『サクリファイス』(中島史恵著)。

自転車ロードレースといえば映画『シャカリキ!』(2008年・監督:大野伸介)を観た程度で、ほとんど未知の分野。

有名なロードレース、ツール・ド・フランスは名前だけは知っているし、ヨーロッパでは自転車競技はとても人気のあるスポーツらしい・・・とその程度の知識しかなかった自転車競技に無知の人間でも、とても面白く読めた。

高校時代、陸上のトップアスリートだった主人公はいつも優勝を期待されるプレッシャーにさらされており、

一番になることに、どんな意味があるのか?

と心に鬱屈したものを抱いている。その彼が

一番を目ざさなくてもいい」スポーツ、

自転車ロードレースと出会う・・・。

ロードレースは個人競技に見えて、実は団体競技。エースが優勝するためには優秀なアシストが必要であり、主人公はそのアシストの道を選ぶ。

アシストは自分の勝利を犠牲(サクリファイス)にして、エースのために働く。

そんなロードレースの人間模様に“ある事故”を巡ってのサスペンスが絡まり、ドンデンに次ぐドンデンで、さらなる壮絶なサクリファイスの事実が見えてくる。

その事実が明らかになった時、思わず涙がこみ上げた。

人間ドラマと同時に、ロードレースのルールや魅力を知るにはとても良い一冊でした。

小説を原作にしたコミック『サクリファイス 1~3』(漫画:菊地昭夫)も読んだけど、とても原作に忠実に書かれていた。絵は迫力あります!


  

|

« 車券、初めて買ってみた! ガールズケイリン・A級ガールズ決勝観戦記。やっぱレベッカ・ジェームズ (英)は強かった! | トップページ | 映画『さあ帰ろう、ペダルをこいで』(2008年ブルガリア)二人乗り自転車で亡命先のドイツからブルガリアの故郷に向かう、祖父と孫の心温まるロードムービー。 »

WORKS」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/58273949

この記事へのトラックバック一覧です: 小説『サクリファイス』:自転車ロードレースを舞台にした青春ドラマでありサスペンスドラマ。ロードレースのルールが分かると同時に、その奥深さがよく分かり、サスペンスとしても面白かった!:

« 車券、初めて買ってみた! ガールズケイリン・A級ガールズ決勝観戦記。やっぱレベッカ・ジェームズ (英)は強かった! | トップページ | 映画『さあ帰ろう、ペダルをこいで』(2008年ブルガリア)二人乗り自転車で亡命先のドイツからブルガリアの故郷に向かう、祖父と孫の心温まるロードムービー。 »