« トンネルを抜けると、そこには…… | トップページ | 『叫び』で有名なエドヴァルド・ムンクの“永遠” »

2014.10.02

初まんだらけ

141001mandarake1_2

10月1日、放作協に行く途中、中野で下車。用事のついでに『まんだらけ 』に寄ってみた。

平日の昼過ぎだというのにアーケードのサンモールはすごい人出でビックリ。

そういえば、中野に行くのは大体、夕方か夜。ん~、昼間っからこんなに活気がある街だったとは、さすが中野。

『まんだらけ』の入っている中野ブロードウェイには行ったことがあるし、すぐ近くの飲み屋さんにも何度も。が、じっくり『まんだらけ』に寄ったことがなかったんだよね。

各フロアーともいろいろすごくて、ちょっと圧倒されっぱなし。で、見つけたのが『まんだらけ活動写真館』。

141001mandarake2

このショーケースの奥に販売の棚があって、メインはポスターらしい。
それ以外にパンフや映画関連の書籍、そして映画・テレビの脚本。

ここはついつい入り込んでじっくり見てしまった。やっぱ、一番関心があるところだもんね。

で、ショックと言うか驚いたのは……

141001mandarake3

古い脚本がかなりの高額で売られていたこと。

『太陽にほえろ!』なんて ン万ン千円とか。

※金額のところはあえて伏せました。
本来ならば、テレビ脚本は局から貸与されている物なので、売買の対象にしてはいけない物なんだけど、古書店などでも売られているという現実は止めようがなく……

1950年代の脚本も数千円で。

141001mandarake4

で、で、さらに驚いたのはこのチラシ。

『太陽にほえろ!』第111話が8万円

『探偵物語』 各話が5万円
『探偵物語』 最終回が10万円

な、なんじゃこりゃ! 

の世界ですぅ……

古い脚本は、日本のテレビ文化の足跡の一つとしてぜひ脚本アーカイブズに寄贈をお願いしたいところなんだけどねぇ。複雑……。

 

|

« トンネルを抜けると、そこには…… | トップページ | 『叫び』で有名なエドヴァルド・ムンクの“永遠” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/60407543

この記事へのトラックバック一覧です: 初まんだらけ:

« トンネルを抜けると、そこには…… | トップページ | 『叫び』で有名なエドヴァルド・ムンクの“永遠” »