« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015.04.19

からだの謎「頭内爆発音症候群」・・・実は、私も経験あり

突然、頭の中で何かが破裂したみたいにバーンと爆発音!
私の場合、入眠時だけじゃなくて、普通に起きて生活している時にも何度か経験。

その音で、一瞬、頭がのけぞったような衝撃を感じるのだが、見た目では何も起こってない……


なんだなんだ、この衝撃音……もしかして、頭の中の毛細血管みたいな細い細い血管が破裂してる? 気がつかないくも膜下出血もあるらしいので、もしやくも膜下の兆候?


などなどと不可解に思っていたけど、ようやく解明。

「頭内爆発音症候群(英名:Exploding head syndrome)」

らしい。

病気の前兆じゃないことが分かって、とにかくホッ。
眠りに落ちる時、突然頭の中で“パーン”、“バーン”あるいは“ガシャーン”といった爆発・破裂音を感じたという経験はあるだろうか。人に言ってもなかなか理解されないこの珍現象について、米「ワシントン州立大学」の精神科医が興味深い事実を発表した。
入眠時に、まるで電気ショックでも受けたかのように頭の中で発せられる突然の大きな爆発・破裂音。同じ部屋で眠っている他の人には聞こえず、痛みなどといった症状もない。よってこの症状を理解している医師は極めて少ないとも言われているのが、「頭内爆発音症候群(英名:Exploding head syndrome)」である。
脳に異変が起きたのかと不安になるが、実はこの現象に悩む人はそう少なくないことが分かった。
このほど米「ワシントン州立大学」精神科クリニックにおいて、ブライアン・シャープレス博士が211人の学生に聞き取り調査をしたところ、頭内爆発音症候群に悩む学生はなんと18%。かつては50代に多い症状などと捉えられていたが、若い人々でも5人に1人という多さにシャープレス博士も驚いている。

また、その3分の1以上が金縛りやほかの睡眠障害の症状を経験しているという。
「てんかん」や「くも膜下出血」を思い浮かべて心配する学生もいたが、シャープレス博士は「脳が軽い痙攣発作を起こしたような状態と言えるが、てんかん発作ではない」と説明しており、ほとんどのケースで心配は無用だそうだ。
実はここ数年、筆者も2か月に1度の割合でこれを経験している。
破裂音に先んじて、閉じた瞼にスクリーンセーバーにあるような渦を巻く光が出現することも多い。そのメカニズムの完全な解明はまだ先になるようだが、脳幹の背側部分に散在する網様体において、視覚がシャットダウンするタイミングと聴覚がシャットダウンするタイミングにズレがあるとそうした現象が起きるのではないかとみられており、その根底には神経の疲れやオーバーワーク、精神的ストレスがあるようだ。

このたびの調査結果は医学ジャーナルの『Journal of Sleep Research』に発表されたが、頭内爆発音症候群というものが医学界においてもっと広く理解され、正しく診断されることを願ってやまない。
            (TechinsightJapan編集部 Joy横手)

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.06

夕暮れご近所花見ドライブ

ちょっと出たついでに、ご近所をぐるっと一回り。

4月4日(土)午後5時前。花見の時間じゃないけどcoldsweats01

まずは連雀通りから武蔵境駅南口へ。

1504041 1504043

ここは日本獣医生命科学大学と付属動物医療センターのある通りで、セントのクッシング症候群の治療で通い慣れた道。
桜のトンネルがあまりに見事で、初めて見た時はその美しさに感激したものです。

動かなくなったセントを運んで救命措置をしてもらい、待ってる間、号泣してた……
あんなに号泣したのは生まれてはじめてかも。

そんな思い出が甦ってしまうけど、桜のトンネルはあの年と同じように見事に咲いていました。

そして、武蔵境駅南口から亜細亜大学前の道へ。
この抜け道、以前は一通だったのに、二車線に拡張され、きれいに舗装されている。

亜細亜大学横の桜堤通り。

1504045 1504047

1504044

五日市街道の南側にあるこの道は、桜堤の名前のとうり桜がきれい。
前はこの近くに住んでいて、この道もラブとセントの治療のためによく通っていた道。
この辺りは、どこを走っていてもラブとセントの思い出に結びついてしまう。
引越しして正解だったかも……なんて、走りながらまたあの子達のこと考えてるcrying

桜堤通りから五日市街道へ。
この道も桜で有名。玉川上水沿いに桜の古木がたくさんある。
去年は、“そうだ、桜だ”と思った時にはもう葉桜になっていた。
今年は……

1504048 15040411

間に合ったhappy01
まだ咲いてました。
上写真左は往路、右は復路。
夕暮れの桜です。
出掛けるのがあと1時間早ければ、もっときれいな桜が撮れてたかもbearing

小金井といえば小金井公園。小金井公園といえば桜。都内でも有数の桜の名所。
で、一応、行くだけ行ったんだけど、この日は桜祭りらしい。
混んでる駐車場は敬遠して、駐車場前のロータリーから見える範囲の桜をパチリ。

1504049

15040412

15040410
公園の中には入らなかったけど、この公園の桜は本当にすごいですよ。
お花見時期に行ったこともあるけど、ここは上野公園や井の頭公園みたいな花見宴会のドンちゃん騒ぎはないし(両公園花見はずいぶん前に行ったことがあるけど、かなり賑やかだった)、夜は照明があまりなくて怖いくらいで、昼間の家族連れのお花見に最適という感じ。

おまけとして、小金井公園内・江戸東京たてもの園前の桜を。
『公園へ行こう!』サイトの写真です。(2015年3月31日)

Koganeiparksite35886

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »