« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015.07.19

金子兜太さんの語るトラック島のエピソードの中に元日本放送作家協会理事長の故・西沢実(西澤實)先生のお名前を発見

Listening:<戦後70年>「国のため死んでいく制度は我慢できぬ」 俳人・金子兜太さんインタビュー

2015年06月23日


金子兜太さんの語るトラック島のエピソードの中に元日本放送作家協会理事長の故・西沢実(西澤實)先生のお名前を発見。

以下引用・・・

 サイパン島が陥落したとき、矢野兼武(海軍主計中佐。詩人で、筆名・西村皎三=こうぞう)という元上官が戦死したんです。この人が「金子、句会をやれ。(戦況悪化でトラック島は孤立し)今に食糧が逼迫(ひっぱく)する。皆が暗くなる」と言っていたことを思い出した。その遺言に従い、句会を開きました。

すると散文詩をやっていた西沢実(戦後、放送作家)という陸軍戦車隊の少尉が、同僚将校を4、5人ほど連れてきた。最上級は少佐です。こちらは工員10人ほどですから、驚いた。しかし、西沢は「関係ねえ。おんなじ人間だ」。たったの3カ月でしたが、すっかりと打ち解けた。無季(季語のない句)も気にしなかった。ただ、戦場は戦場。神経は張り詰めていた。

引用終わり・・・

西澤先生が理事長の時、私も理事の一人として会議でお目にかかっていた。
見るからに紳士然としたあの西澤先生にそんな戦争体験があったということ、今になって初めて知りました。
憲法無視の安保法案、西澤先生なら何と言われるだろうか。

Nishizawa2010_3

西澤實先生プロフィール

大正7年1月2日生 長野県出身  

中央大学法学部卒

放送劇作家
http://www.liberty-feel.co.jp/bp/bre/ より


トラック島で終戦を迎える。

戦後は、NHK専属契約作家として活躍。架空実況放送「関が原」「タイタニック」「フランス革命」「古代オリンピック」等の脚本を書く。

芸術祭入賞作品ラジオドラマ「狐切支丹」舞台「裸の皇帝」等がある。

NHK時代、アナウンサー・ディレクター研修に係わる。

日本大学芸術学部放送学科の発足と同時に非常勤講師となり、以後40年間「放送脚本論」を講義。脚本ゼミから多くの脚本家を輩出する。

「言語表現研究西澤ゼミ」話芸集団「ぶれさんぽうず」を主宰し、文化庁主催芸術祭にも参加。

元日本放送作家協会理事長・文化庁芸術祭文部大臣選奨審査委員・日本民間放送連盟民放大賞中央審査員。現放送番組センター理事・NHK全国高校放送コンテスト(ドラマの部)審査員長。

放送界への功績により、昭和59年紫綬褒章、平成3年勲四等旭日小綬章受章。平成8年NHK放送文化賞受賞

平成12年春、「創始期ラジオドラマとラジオドラマのことば研究」の論文により芸術学博士となる。

著書に「脚本とは―その歴史と実際」「ラジオドラマ集―富士怒る」「ラジオドラマの黄金時代」「西澤實の朗読の教科書」西澤實 朗読・話芸脚本集「へんな本」上下巻 等がある。

2013年(平成25年)7月2日 死去 享年95歳

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015.07.18

アベ政治を許さない!!

Abe

アベ政治を許さない!! 
同じポスターを全国一斉にかかげよう
7月18日(土)午後1時きっかり

ネットから賛同します!

憲法を都合のいいように捻じ曲げて、誰が見ても明らかな『戦争法案』をごり押しで通そうとする自民党・アベ政権!

気が付けば若者たちが戦場へ・・・そんな法案は絶対許せない!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.03

役者魂にぶっ飛びました! 『ペーパーボーイ/真夏の引力』のニコール・キッドマン&マシュー・マコノヒー、『フィリップ、君を愛してる!』のジム・キャリー&ユアン・マクレガー

Thepaperboy3horz

6月に入って新PCに替わり、動画がサクサク見られるようになったものだから、かなり映画を見まくった。レンタルDVDも合わせて月38本。
今年に入ってから、仕事関連で慌ただしく、映画を観る時間がぐっと減ってしまい、1~5月は月平均17本くらいしか見られなかったので、6月は新PCのおかげもあって、時間さえあれば、とにかく観まくったという感じ・・・。

動画配給もGyao!だけでなくU-NEXTも利用(30日間無料だったので)。
両者、無料配信のラインナップが微妙に違っていて・・・

U-NEXTでは米国アカデミー賞第1回受賞作『つばさ』(1927)やヒッチコック監督のイギリス時代の『第3逃亡者』(1937)、第15回アカデミー賞6部門受賞作『ミニヴァー夫人』(1942、前から気になっていた『砂漠でサーモン・フィッシング』(2011)『世界にひとつのプレイブック』(2012)『大統領の料理人』(2012 フランス『きっと、うまくいく』(2009 インド)『サニー 永遠の仲間たち』(2011 韓国)『建築学概論』(2012)など30本近く視聴。
唯一、購入して観たのは、古沢良太さん脚本の『寄生獣』(2014)

Gyao!では木下惠介監督『陸軍』(1944)『大曽根家の朝』(1946)、そして『箱入り息子の恋』(2013 日本)など。


そんな新旧の作品の中でも、とにかくぶっ飛ぶほど驚いたのが、『ペーパーボーイ 真夏の引力』『フィリップ、きみを愛してる!』だ。



『ペーパーボーイ 真夏の引力』 2012年 アメリカ

監督:リー・ダニエルズ
脚本:ピート・デクスター、リー・ダニエルズ
出演:マシュー・マコノヒー、ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、
    デヴィッド・オイェロウォ、ジョン・キューザック、スコット・グレン

【内容】
 1969年、真夏のフロリダ。人生の目標を見失い、大学を中退して父(スコット・グレン)の営むローカル新聞の配達を手伝うだけの無為な毎日を送る孤独な青年、ジャック(ザック・エフロン)。
 ある日、大手新聞社に勤める兄ウォード(マシュー・マコノヒー)が、同僚の黒人記者ヤードリー(デヴィッド・オイェロウォ)を伴って帰省する。目的は、4年前に地元で起きた保安官殺害事件の再調査をするため。既に判決が確定している死刑囚ヒラリー(ジョン・キューザック)に冤罪の可能性があるというのだ。
 ジャックは運転手としてウォードたちの取材を手伝うことに。そんなジャックの前に、金髪のセクシー美女が現われる。彼女は今回の取材の依頼者で、獄中のヒラリーと文通の末に婚約までしてしまったという女性シャーロット(ニコール・キッドマン)だった。
 挑発的で謎めいた彼女の魔性の色香にすっかり心奪われてしまうジャックだったが…。


物語は死刑囚ヒラリーの冤罪疑惑を巡っての調査を中心に展開していく。
その過程で見えてくる、人種差別問題や同性愛、SMなどのセクシャルマイノリティ問題など。

フロリダに鰐の生息する沼地があり、その奥で自活生活を送る人々がいる・・・というのも驚きだったが、当時はベトナム戦争を背景にヒッピー・ムーブメント真っ盛りの時期で、もしかしたら彼らもそこで自活コミューンを作っていたのかもしれない。

ミッド・ポイントを過ぎたあたりからの展開が、もう凄いことに・・・
なんだけど、この作品で一番印象に残るのは、ニコール・キッドマンとマシュー・マコノヒーのキャラクターの強烈さ。

アカデミ賞女優がここまでやるのと最初は目を剥いてしまったほどアンナことやコンナことまで。『ラビット・ホール』(2010)では抑えに抑えた演技をしていたのに、今回はなんと超ビッチ!

同じくアカデミー賞男優のマシュー・マコノヒーも、実は・・・で全裸まで見せてくれます。

この作品は、強烈なキャラ造形という点で、中途半端はダメなのねって感じでとても勉強になりました。




そしてもう一本は、

『フィリップ、きみを愛してる!』 2009年 アメリカ

監督・脚本:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
製作総指揮:リュック・ベッソン
出演:ジム・キャリー、ユアン・マクレガー、レスリー・マン、ロドリゴ・サントロ

【内容】
 幼い頃に自分が養子だったことを知り、本当の母親を捜すために小さな町の警察官になったスティーヴン・ラッセル(ジム・キャリー)。
 美しい妻と可愛い娘と平穏な生活を送っていたが、彼には「本来は男性が好き」という秘密があった。
 ある日、交通事故に遭い一命を取り留めたスティーヴンは「本当の自分として生きる!」と決心。家を出て、美青年の新しい恋人ジミー(ロドリゴ・サントロ)とともにセレブライフを送り始める。
 そして、「金のかかる」ゲイライフを満喫するためにIQ167の頭脳を駆使して詐欺師に。
 ジミーをエイズで喪い、挙句、詐欺罪で捕まり刑務所に行く羽目に。
 その刑務所で心優しいフイリップ・モリス(ユアン・マクレガー)(タバコと同名?!)と出会い、一目惚れ!
 スティーヴンはフィリップとの愛を守るために脱獄-詐欺-脱獄を繰り返し、ついにはフィリップに愛想をつかされてしまう。
 ついに離れ離れになってしまう二人。そして、スティーヴンはエイズに倒れてしまう。
 命を懸けてまでもスティーヴンはフィリップのために・・・。



IQ169の元警官スティーヴン・ラッセルをモデルにした実話の映画化。
実際のスティーヴンは度重なる詐欺罪と脱獄で167年の刑期を申し渡され、現在、テキサスの刑務所に収監、23時間の監視状態に置かれている。
アメリカでは脱獄キング(King of Cons)とかフーディーニ(脱出術を得意とする奇術師)と呼ばれているそう。

親に捨てられ(探し当てていった母親から拒絶され、彼は二度親に捨てられた)、「自分が誰かわからない」という苦悩を胸の奥深くに抱えたスティーヴンをジム・キャリーがコミカルに、そしてシリアスに演じている。

そして、なにより驚いたのはユアン・マクレガー。
初めてスティーヴンと向き合い、彼から「(君を見た時)電流が走った」と言われた時のフィリップの嬉し恥ずかしそうでいて戸惑ったような表情・・・この時は、「わっわっ、あのユアン・マクレガーが女の子してる?!」と素直に受け止められなかったけど、ストーリーが進んでいくうちに、どんどん女の子、というより可愛い乙女系に見えてきて、最後には性別を超えて、二人の愛に感動してた。

気が付いたら、「わたしは、これほどまでに人を愛し、人から愛されたことがあるだろうか・・・」などと自問してたですわ。


これほどまでにスティーヴンに愛されている(進行形)フィリップはこの人。

Iloveyouphilipemorris2

ジム・キャリーの右隣にいるのがご本人で、この作品のアドバイザーをやって、カメオ出演だそう。

スティーヴン役のために額の毛を刈り込み(IQ169なので前頭葉を大きく見せるため)、エイズ患者らしくするために激ヤセしたジム・キャリーの演技もすごかったけど、今までに見たことのない乙女なゲイを自然に演じたユアン・マクレガーの細かく繊細な演技には、感動しました。


監督・脚本は『バッドサンタ』(2003)の脚本コンビのグレン・フィカーラとジョン・レクア。最低最悪のサンタクロースキャラを描いた『バッドサンタ』。この二人によるキャラクター造形もハンパない。もちろんストーリー展開もジェットコースター並! そして、思いがけないラストに涙し、一途な恋の切なさが押し寄せてきます。





誰もが思いつくようなストーリーであっても、メインキャラの長所と短所を思いっきりデフォルメして描くことで、見違えるような面白いストーリーになるということを教えられた二作でした。


      


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »