« 2018年1月 | トップページ | 2018年9月 »

2018.07.26

映画評論家・町山智浩氏の著書、大人買い

一本映画を見終えると、必ずネットで他の人の感想を読んでみる。
良かった! 面白かった!そんな映画は☆数、あるいは点数の多い感想から読み、
つまらない! ヒドイ! そんな映画は☆数、あるいは点数の低い感想から読む。
つまり、共感し合える感想を求めてしまうというわけ。

あまりに評価が分かれている映画の場合は、外国の映画批評サイトも参考にする。
IMDbRotten TomatoesMetacritic など。

日本とは異なる歴史的、文化的、社会的、宗教的背景の外国映画の場合、製作国や他国でどう評価されているのか知ることで、その映画をより理解することができる。

その意味で町山智浩氏の評論はグローバルな視点を持ち、映画の背景をより深く知ることができる。なのでWOWOW映画塾やyoutobeでの“たまむすび”は必見、必聴。

その町山氏の著作、ちゃんと読みたいと思いつつ、やっとやっと大人買い。
出版日時順に

2002/9/9: <映画の見方>がわかる本-『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで  (洋泉社)

2006/1/4: 〈映画の見方〉がわかる本-80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀 (洋泉社)
2011/3/30: トラウマ映画館(集英社)
2016/10/31: 最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 まで(集英社)
2017/1/17: 映画と本の意外な関係! (集英社インターナショナル新書)
2017/9/19: 今のアメリカがわかる映画100本(サイゾー)
2018/2/12: 「最前線の映画」を読む (集英社インターナショナル新書)

夏の間にじっくりと読みたいと思っているんだけど、積読本ばかりが増えてしまい、さて、達成できるかどうか……。

   
  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.20

「ZONE NIGHT」へ行ってきた

20180718kouenji1

「ZONE NIGHTとは
インディーズ・レーベルのRQ(現 製作工房 赤の女王)から生み出された、三本の自主製作映画「ZONE」(2003)「ZONE2」(2004)「ZONE3」(2005)のZONE3部作の上映会。
7/18 (水) 「ZONE」
7/19 (木) 「ZONE2」
7/20 (金) 「ZONE3」
連日開場18:30 上映開始19:00
場 所 シアターカフェ「プロセニアム」
  杉並区高円寺南3−46−9プラザU地下一階
  JR高円寺駅徒歩3分、丸ノ内線新高円寺駅徒歩9分
  03−6383−2813
チケット 1500円/1ドリンク付き
今日が最終回です。
ZONE3部作は映画「ゴジラ」シリーズの脚本家・三村渉さん主宰のプロ・アマのシナリオライターを中心とした企画集団Plan-net Labo(プラネット・ラボ)のメンバーたちの監督・脚本で製作されたショート映画のオムニバス作品。

私もプロとしてPlan-net Laboに参加しており、黒澤明監督を敬愛する金子大志監督・脚本の「空蝉(うつせみ)」製作に車での機材運搬などでお手伝いさせていただきました。
脚本の打ち合わせで撮影スタジオに行き現場を見る機会は多々あったけど、自主製作映画の現場は初めてで、手作り映画の大変さと面白さを体験。

金子さんは「空蝉」の後、数本の自主製作映画を撮り、東京国際ファンタスティック映画祭デジタルショートアワード「600秒」の笑い部門グランプリを受賞してプロに。

Plan-net Laboからは多くの監督、脚本家、漫画原作者などがプロデビューしており、私もこの仲間たちと脚本を作り、初演出にチャレンジして芝居を上演したことも。

超久々に、メンバーたちと会い、高円寺の不思議楽しい居酒屋「薄利多賣半兵ヱ」で飲みました。

20180718kouenji22

20180718kouenji32



20180718kouenji42

20180718kouenji5























「ZONE」(2003)から15年……歳は経たけど、みんな中身はあの頃と同じく熱い!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.19

長いご無沙汰

7月半ばを過ぎ、異常な酷暑の日々。

ブログとは、本当に長~いご無沙汰でした。

ぼちぼち復活しようかと思っとります。

ぼちぼち、マイペースでhappy01

次の週、日帰り旅行を計画していたのですが、
あまりの暑さに同行者の体調も考えて延期することに。

熱中症と言えば、私も体験あり。
以前、ロサンゼルスに取材に行った際、迎えに来てくれた現地の案内の人が真っ先にスーパーに寄って「水を買っといたほうが良いよ」と。

家で仕事中にはコーヒーを切らさないのだけど、外ではほとんど水を飲まない私。

ロサンゼルスのスーパーで水は買ったもののほとんど口にしなかった。
ところが、2日目吐き気に襲われ、ホテルに戻ってから吐き気との戦いで何も口にできずにダウン。翌日もホテルで寝込み……。後で考えたら、完全に熱中症でした。

La040307_047

La040307_048










写真は3月のロサンゼルス。日陰は涼しいけど、陽の当たる場所はかなり暑かったのに、日本と同じ感覚で水分を取らなかったのが熱中症になった原因。

熱中症予防に暑い日の水分摂取は本当に大事です。
皆さまもお気を付けください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年9月 »